横浜で人気の「オービィ横浜」!デートや子連れでのおすすめの楽しみ方を徹底解説♡

横浜で人気の「オービィ横浜」!デートや子連れでのおすすめの楽しみ方を徹底解説♡

最近、横浜で人気のスポットとなっているのがオービィ横浜です。オービィ横浜はエンターテインメント施設で、子連れのファミリーやカップルのデートにおすすめです。そんなオービィ横浜の魅力を最大に活かした楽しみ方をご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.動物好きに大人気の「オービィ横浜」って?
  2. 2.「オービィ横浜」に行くには?
  3. 3.「オービィ横浜」の営業時間
  4. 4.「オービィ横浜」の入館料金
  5. 5.家族でおすすめの「オービィ横浜」の楽しみ方
  6. 6.デートでおすすめの「オービィ横浜」の楽しみ方
  7. 7.お土産も見逃せない!
  8. 8.横浜の「オービィ横浜」で存分に動物たちと触れ合おう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

動物好きに大人気の「オービィ横浜」って?

Photo by Kentaro Ohno

オービィ横浜は、2013年の8月にオープンしました。元々、セガとBBCワールドワイドによる共同プロジェクトで誕生し、現在は、セガホールディングスが展開するエンターテインメント施設です。名前のオービィとは“Orb”(球体)と“Orbit”(軌道)をかけ合わせた造語だそうです。

今後は世界での展開も視野にいれているそうです。国内では横浜と大阪の2施設、海外ではドバイに1号店を展開されていましたが、大阪の施設は思うように入場者数が伸びず2018年に閉館となってしまっているようです。

そのため現在、オービィ横浜は国内で唯一の施設となっています。料金もリーズナブルに楽しむことができ、週末には長い待ち時間が発生するほど大人気で話題の施設です。

Photo byfalco

“大自然超体感ミュージアム”として誕生したこちらの施設は、大自然の迫力満点な映像と、実際の動物との触れ合いが上手く融合されているのが魅力です。お子様のみならず大人まで楽しめるのは、本物の映像や音響があってこそです。

オープン当初より大迫力でリアルな映像コンテンツを楽しめる施設でしたが、2018年の4月にリニューアルされ、本物の動物に触れ合える施設として生まれ変わりました。リニューアルされたことでさらに人気のスポットとなりました。

リニューアル前に比べて、映像ではまだ楽しめないような小さいお子様も、実際に動物と触れ合えたりと楽しみ方が増え、ますますターゲットとなる世代の幅を広げられたようです。

Photo byAlexas_Fotos

大阪では“ニフレル”というコンセプトが少し似ている施設があったのが入場者数の伸び悩みに繋がったのではないかと言われていますが、横浜はリニューアルしたことで、入場者数も右肩上がりして、年間パスポートを所持している方も多い人気の施設に成長しています。

オービィ横浜は家族連れやデートにもおすすめの場所

Photo bycocoparisienne

動物と直接触れ合うことが出来る施設なので、動物が好きな方におすすめです。小さな子どもから大人まで一緒に楽しめるので、子供連れのファミリーに大人気です。また、アクセスの良い好立地で、雰囲気も良いのでカップルのデートにも大人気のスポットとなっています。

お子様連れのファミリーは1日たっぷりと過ごす楽しみ方が出来ますし、カップルなら夜に少しだけ雰囲気のあるデートを味わう楽しみ方も出来ます。動物好きな方ならお一人様でのんびり過ごす楽しみ方も出来るので、それぞれに合わせた楽しみ方で自由に満喫できます。

まだ世界にも国内にも数少ない施設なので、横浜観光のついでに訪れる方も多いようです。施設利用料金やアクセス方法については次項より詳しくご説明いたします。

「オービィ横浜」に行くには?

Photo by yutaka-f

オービィ横浜は、アクセスが良いことも人気の理由です。公共交通機関でもお車でもアクセスしやすい場所にあります。駐車場も完備されており、駐車料金サービスもございますので詳しくご紹介いたします。

電車でのアクセス

フリー写真素材ぱくたそ

まずは、関東各方面からの電車での詳しいアクセス方法についてご紹介いたします。東京駅からは、JR東海道本線品川駅まで約8分、そこから同じくJR東海道本線で横浜駅まで約19分です。新宿駅からは、JR湘南新宿ラインで横浜駅まで約30分です。

品川駅からは、京浜急行で横浜駅まで約21分です。羽田空港からは京浜急行空港線直通で横浜駅まで行くことができます。池袋駅からは、副都心線で渋谷駅へ、東横線に乗り換え横浜駅まで約27分です。新横浜駅からは、地下鉄もしくはJR横浜線で横浜駅までどちらも約11分です。

Photo by keyaki

横浜駅からは、JR根岸線約3分で最寄りの「桜木町駅」、もしくはみなとみらい線に乗り換え約3分で最寄りの「みなとみらい駅」へ到着します。オービィ横浜までのアクセスですが、桜木町駅からは動く歩道で約8分、みなとみらい駅からは直結となっています。

Photo by Koji Horaguchi

みなとみらい駅からは直結ですが、改札口が2ヶ所あります。「元町・中華街方面」改札から出られた場合は、右に進むとMARK IS みなとみらいの連絡口がございます。しかし、朝10:00まではこの連絡口から5階のオービィ横浜に上がることが出来ないため注意が必要です。

10:00よりも前に到着した場合は、3番出口側に回ればオービィ横浜へ繋がるMARK IS みなとみらいの連絡口がございます。「新高島・横浜方面」改札から出られた場合も同じく3番出口の看板にしたがってお進みください。

車でのアクセス

Photo by Ken OHYAMA

続いて、関東方面からのお車でのアクセス方法についてご紹介いたします。横浜駅から高島町MM21築入口まで約5分、首都高横羽線みなとみらいランプより約1分のアクセスとなっています。

オービィ横浜には、提携駐車場が3ヶ所あります。まずは、オービィ横浜が入っている「MARK IS みなとみらい」の駐車場です。収容台数900台で、営業時間は8:45から23:00まで、駐車料金は30分毎に270円です。

次に、隣りにある建物クイーンズスクエアの駐車場「クイーンズパーキング」です。収容台数1700台で、営業時間は7:00から24:00まで、駐車料金は30分毎に270円です。

Photo by Takashi(aes256)

最後に、クイーンズスクエアの向かいにある「ランドマークプラザ」の駐車場です。収容台数1414台で営業時間は0:00から24:00まで、駐車料金は30分毎に270円です。

提携駐車場では、オービィ横浜でのご利用金額によって、駐車料金割引のサービスがあります。2500円のご利用で1時間無料、5000円のご利用で2時間無料、6000円のご利用で3時間無料となります。最大3時間までのサービスとなります。駐車券を忘れず店舗にお持ちください。

早めに到着してしまったという場合や夜遅くまで駐車する可能性があるという方は24時間営業となっているランドマークプラザの駐車場が便利です。

Photo by beopner12

また、各施設でオービィ横浜の駐車サービスとは別に駐車料金サービスが受けられる制度もありますので、他の施設でお食事やショッピングなどを楽しまれる場合は、それを考慮して駐車場を選ばれておくとスムーズに行動できるのでおすすめです。

住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目5番1号 MARK IS みなとみらい 5階
電話番号 045-319-6543

「オービィ横浜」の営業時間

Photo byMyriams-Fotos

オービィ横浜の主な営業時間と合わせて、各コーナーごとの詳細な営業時間についてご紹介いたします。それぞれのエリアによって営業時間が大幅に異なりますのでご注意ください。

月~木曜日

Photo byTonW

まずは、平日月曜日から木曜日までの営業時間です。朝9:00から夜21:00までとなり、最終入館可能時間は閉館1時間前の20:00までです。

長期連休や祝日と重なる3連休前後以外の平日は比較的混雑も感じられずおすすめです。のんびりとデートを楽しみたい方や小さなお子様連れには平日の利用がおすすめです。

金~日・祝・祝前日

Photo byedofs1

続いて、金曜日、土日祝日、祝前日の営業時間です。朝9:00から夜22:00までとなり、最終入館可能時間は閉館1時間前の21:00までです。

休日は人気エリアの待ち時間が120分などになることも少なくないそうです。そのため施設の営業時間も長く設定してくれていますが、それでもやはり大混雑となる日も多いとのことです。

Photo by Freebirds810

休日は、朝の早い時間帯や夜の遅い時間帯の利用がスムーズでおすすめです。特に、デートで訪れたいとお考えのカップルには、みなとみらいの雰囲気が良くお子様も少なくなった夜の時間帯がおすすめです。

遅めの時間帯でご利用の場合は、おそらくいくつものエリアを楽しむことは難しいので、入館料のみで入場し、特に魅力的だと感じられるエリアのみ追加料金で楽しむ方法もございます。横浜デートの新たな人気スポットをぜひ快適に楽しまれてみてください。

Photo byKapa65

しかし、施設の営業時間とは別にそれぞれのエリアごとに営業時間が設けられています。施設営業時間と異なる営業時間のエリアについてご紹介いたします。

ちょっとした休憩にぴったりの「カフェカウンター」は11:30から16:00までの営業となっております。後ほど詳しくご紹介いたしますが、軽食などの取り扱いとなりますので夜間の営業は行っていないようです。ラストオーダーは16:00となります。

「アニマルヴィレッジ」は9:30から19:00まで、最終受付は18:50までです。「アニマルガーデン」は9:30から19:30まで、最終受付は19:15までです。動物たちと触れ合えるこれらの施設は、動物たちの準備などもあり、営業時間が少し異なるようです。

Photo byBlenderTimer

「アニマルスタジオ」は10:30から20:00まで、最終受付は19:40までです。小さな動物たちと触れ合えるこのエリアは遅い時間まで営業されているので、夜のみご利用の際にもおすすめです。

「キャットパラダイス」は10:30から20:30まで、最終受付は20:15までです。こちらも比較的遅い時間まで営業されています。どのエリアも待ち時間によっては最終受付が早まったり、営業時間が予告なしに変更されることもあるようですのでご注意ください。

朝の到着が少し出遅れた場合にも、アニマルスタジオやキャットパラダイスは少し遅めのスタートとなるので狙い目です。9:30には間に合わず10:30より前に到着される時は、ぜひ参考にされてみてください。

定休日

Photo by genta_hgr

決まった定休日はございませんが、MARK IS みなとみらいの施設点検に併せて、オービィ横浜も休館日となる日が年に1回ほどあるそうです。休みが少ないので急な予定変更で訪れることになっても大丈夫なことが多いと思いますが、念のため事前にチェックされておくと安心です。

「オービィ横浜」の入館料金

Photo byNanB

オービィ横浜の入館料金やパスポートの種類についてご紹介いたします。1日中まるごと思いっきり楽しめるフリーパスチケットや、近隣の方にとってはとてもお得な料金設定となっている年間パスポートについてもお調べいたしました。

入館料

フリー写真素材ぱくたそ

まずは、オービィ横浜の施設内に入るためのスタンダードな入館料からご紹介いたします。大人(18歳以上)800円、中人(中学生・高校生12〜17歳)500円、小人(小学生)300円、幼児(4〜5歳)0円、シニア(60歳以上)300円です。

こちらの入館料には、有料施設の体験料が含まれておりません。それぞれ体験の際に、1回あたりの料金がかかりますのでご注意ください。

しかし、無料で体験できるエリアもいくつかございます。短時間のご利用や夜の時間帯で体験エリアが終了してしまっている時にはおすすめです。

パスポート(入館料+フリーパス)

Photo bySponchia

続いて、オービィ横浜を最大に楽しめる、フリーパス付きのチケットについてご紹介いたします。大人(18歳以上)2400円、中人(中学生・高校生12〜17歳)1800円、小人(小学生)1600円、幼児(4〜5歳)1200円、シニア(60歳以上)1800円です。

入館料と有料施設のフリーパスがセットになったお得なチケットで、オービィ横浜を思いっきり楽しみたい方や長時間楽しみたい方におすすめです。

このフリーパスがあれば、館内にあるお食事、お土産やお写真ショップ以外なら、どの施設でも何度でもフリー料金で楽しむことが出来ます。初めてオービィ横浜を訪れる方にもおすすめです。

手帳提示

Photo bytruthseeker08

オービィ横浜では、各種障がい者手帳、療育手帳をお持ちの方と同伴者様1名までは割引料金になる制度があります。

手帳をご提示いただければ、大人(18歳以上)1400円、中人(中学生・高校生12〜17歳)700円、小人(小学生)700円、幼児(4〜5歳)700円、シニア(60歳以上)1400円の割引料金で全ての施設をお楽しみ頂けます。

大迫力の映像エリアなど、バリアフリーで楽しめるコンテンツもたくさんございますので、ぜひご安心して訪れてみてください。

年間パスポート

フリー写真素材ぱくたそ

年に何度も訪れる予定がある方には、さらにお得な年間パスポートがございます。料金は大人(18歳以上)6000円、中人(中学生・高校生12〜17歳)4500円、小人(小学生)4000円、幼児(4〜5歳)3000円、シニア(60歳以上)4500円です。

ご利用開始日から1年間何度でも入館できますが、使用不可日が設けられています。オービィ横浜の大混雑が予想されているGW(2019年5月3日から5日)、お盆(2019年8月11日から17日)の10日間は使用出来ません。

フリー写真素材ぱくたそ

しかし、年間パスポート購入時に、使用不可日10日間の中で特別に1日だけオービィ横浜をご利用いただけるチケットがもらえるそうです。もしもこの期間に訪れる可能性があり、年間パスポートの購入を迷われていた方は、ぜひ参考にされてみてください。

年間パスポートなら1日で回りきることを考えなくて良いので、毎回のんびりと楽しむことが出来ておすすめです。特に、近隣にお住まいの方で、小さなお子様連れのため1日では回りきれるか不安という方にはぴったりです。

各種チケットですが、JAFカードでの割引サービスや、インターネットでオトクな割引チケットが販売されることもあるようですのでチェックされてみてください。

家族でおすすめの「オービィ横浜」の楽しみ方

Photo byComfreak

ではまず、家族連れにおすすめのオービィ横浜の楽しみ方についてご紹介いたします。全天候型施設なので、雨の日のレジャーにもおすすめです。子供だけでなく大人も存分に楽しめる、大迫力のコンテンツが盛りだくさんです。

「シアター23.4」

Photo byqimono

シアター23.4では様々な自然あふれる映像作品を楽しむことができます。国内最大級と言われている、高さ8メートル、幅40メートルのスクリーンに映し出される映像は特殊なオービィオリジナルカメラによって撮影されているそうです。

また、匂いや風、霧やフラッシュライトなどの特殊効果と、超立体サラウンドシステムによって繰り出される重低音の立体音響がよりリアルな体験を作り出してくれます。巨大スクリーンの大迫力の映像に特殊効果やリアルサラウンドも加わり大人も大満足できる内容となっています。 

Photo bymermyhh

映画館が苦手な小さなお子様も様々な特殊効果やリアルな映像に釘付けになることが多いそうです。さらに上映時間が20分から30分程度と短いため、飽きずに楽しむことができます。座席数も340席と広々としたシアターです。

シアター名「23.4」とは何を意味するのか気になる方も多いと思いますが、太陽に対する地球の自転軸の傾きが23.4度となっており、それにちなんで名付けられたそうです。この傾きが、地球に季節や気候の変化をもたらし、生命を生み出したと言われているようです。

フリーパスならそのまま楽しむことができますが、入館料のみでご来館された方は、上映1回につき500円の料金が必要になります。

Photo bymorfar

さらに、23.4シアターでは毎日13時半に「フライトトレーニング」が行われています。フクロウやインコが観客席の上を飛び回ります。鳥たちが間近で飛ぶ大迫力な姿を見ることができます。オニオオハシなどが登場することもあるそうです。

フライトトレーニング中は映像の上映はありません。また、鳥たちの体調により中止となることもあるそうです。こちらもフリーパスが利用可能で、入館料のみで入場した方は500円で体験することが可能です。お子様にも人気のプログラムとなっています。

1日に1度しか開催されていないため、混雑が予想される日は早めにスタンバイされておくことをおすすめいたします。

「メガバグズ」

Photo byRonBerg

メガバグズは昆虫サイズの世界で楽しむ、オービィ横浜のキッズプレイグラウンドとなっています。主に子どもたちが楽しむエリアとなりますが、大人の方も退屈しないように、世界の様々な昆虫の標本を展示してくれています。

映像と遊具が上手く融合した施設で、巨大なテントウムシやカマキリと一緒になって遊ぶことができるそうです。昆虫好きのお子様には特におすすめです。お子様の自由に遊ぶ楽しそうな姿を写真や動画に収めるのにもおすすめのエリアです。

Photo bySaidBraim

フリーパスの利用が可能で、入館料のみで入館された方は300円の料金で楽しむことができます。定員は40名となっており、混雑時のみ時間制限を設けられることがあります。

営業時間が平日と休日で異なります。月曜から金曜日と祝前日が10:00から18:00、最終受付が17:45まで、土日祝日が10:00から20:00、最終受付が19:45までとなっております。平日は営業時間が少し短いので注意が必要です。

オービィ横浜では混雑日にはかなりの待ち時間が発生いたします。各種エリアの待ち時間で退屈してしまったお子様もここで遊ぶとご機嫌になることが多いそうですので、ぜひご利用ください。また、3歳以下のお子様専用のエリアもございますのでご安心ください。

Photo byMirelaSchenk

館内には、ベビーカーで利用することができる多目的トイレや、おむつ交換台、授乳室なども設けられておりますので、赤ちゃん連れでも快適に過ごすことができます。

「ベースキャンプ」

Photo by Kentaro Ohno

ベースキャンプはオービィ横浜の施設中央部にあり、積み上げられたブロック塀に、プロジェクションマッピングが映し出される仕組みとなっています。実際に世界各地で撮影された映像は、とてもダイナミックで迫力があります。

リアルな映像ですので、フォトスポットとしても人気がありおすすめです。様々な動物たちの映像が見られるので、お子様と動物について語り合う方も多いようです。親子の貴重なコミュニケーションがとれる素敵な空間ともなっています。

この付近には椅子が設けられているので、疲れたときの休憩にもおすすめです。料金が必要ないので、のんびりと雰囲気を味わうだけの楽しみ方もできます。

Photo by Osamu Iwasaki

コロコロ変わる動物や大自然の映像に夢中になるお子様も多いようです。他のお子様と仲良くなり一緒に遊ぶ姿も見られます。大人の方がゆっくりと休憩するのに最適のスペースともなっているようですので、ぜひ参考にされてみてください。

「アニマルガーデン」

Photo byskeeze

オービィ横浜のリニューアル時に新設され、常に大人気となっているのがアニマルガーデンです。様々な動物と実際に触れ合うことができます。屋内にある施設なので、天候にも左右されずに動物たちとのふれあいを楽しむことができます。

お子様に大人気のカピバラやリクガメ、珍しいアルマジロやイグアナとは常に触れ合うことが可能です。また、イベント時限定で、普段はあまり触れ合うことの出来ないミーアキャットやニシキヘビ、フクロウやミミズクなどの鳥たちとも触れ合うことができます。

Photo byStelogic

危険なので触れ合うことは出来ませんが、タランチュラなどの動物も展示されています。動物の体調によっては展示をお休みされることもあるようですが、常時たくさんの種類の動物と触れ合ったり見学することができるエリアです。

定員は30名で所要時間は15分ほどだそうです。フリーパス利用可能で、入館料のみで入館された方は500円の料金で体験することができます。動物が大好きなお子様におすすめです。

Photo byWikiImages

動物と触れ合う施設ではいくつかの注意事項が設けられています。まず、入室前後にはしっかりと手を消毒することが必須となっています。また、動物たちにとってもご本人にとっても危険なため、ピアスや腕時計、指輪などの装飾品は外してご利用くださいとのことです。

さらに動物が寝ているのを無理やり起こしたり、顔の前に手を近づけるのは控えてくださいとのことです。お子様からも目を離さないようにご注意ください。写真撮影は可能ですがフラッシュの使用は禁止となっています。

最後に、動物アレルギーの方が症状が出てしまった場合や動物による手荷物などの破損、お客様の不注意による怪我などには一切責任を負うことが出来ないということです。

デートでおすすめの「オービィ横浜」の楽しみ方

フリー写真素材ぱくたそ

続いては、デートにおすすめ、オービィ横浜の大人ならではの楽しみ方についてご紹介いたします。ロマンチックで雰囲気の良いエリアや記念になるコンテンツまで詳しくお調べいたしました。

フリーパスでしっかりと遊ぶのではなく、みなとみらいのデートついでに話題のオービィ横浜に少し立ち寄ってみたいという方にもおすすめの楽しみ方です。初デートにもぴったりです。

「アースクルージング」

フリー写真素材ぱくたそ

アースクルージングは空を飛んでいる感覚で楽しめる映像コンテンツです。地球1周約40000kmの旅を約10分ほどで体験できます。風が吹くなどの特殊効果もあり、リアルな感覚に驚かれる方も多いそうです。

実際に空から撮影された広大な大自然の映像の虜になったという声も聞かれました。映画館とはまた違った雰囲気の楽しみ方が出来てデートにおすすめです。どちらか一方が映画館が苦手だというカップルのデートにもぴったりです。

遊園地のアトラクションのような感覚で楽しむことができるという声が多く聞かれました。旅行好きな方にも人気となっています。

Photo byurformat

このエリアは入館料のみで体験することが可能です。混雑時でも比較的少ない待ち時間で楽しむことができるのもおすすめポイントです。夜に短時間のデート利用にもばっちりで、お子様よりも大人の方に人気のコンテンツとなっています。

また、「マウントケニア」という高山の極寒体験が出来る体験エリアがございます。所要時間は10分ほどで300円の有料エリアとなりますが、アースクルージングで大自然を感じた後にぴったりのエリアでおすすめです。

日中の温度25度から夜のマイナス20度までの温度を一気に体感することができ、極寒の体験となるため、冬よりも夏の季節に人気のエリアとなっているようです。

「インフィニットアクアリウム」

フリー写真素材ぱくたそ

インフィニットアクアリウムはたくさんの水槽にいろんな種類の色鮮やかな魚達が泳いでいます。水槽がライトアップされ、ミラーの効果によって、ロマンチックな雰囲気の空間が無限にどこまでも続くような感覚を楽しむことが出来ます。

水族館とまではいきませんが、ちょっとしたアクアリウムの雰囲気を存分に味わうことができる空間で、まだ初々しいあまりお互いに話しかけることのできないカップルにもぴったりです。

追加料金は必要なく、入場料だけで楽しめるので、夜のみなとみらいデートのついでに立ち寄るのもおすすめの楽しみ方です。

「フォトダイアリー」

Photo byPublicDomainPictures

館内にある、様々なフォトスポットで撮影した写真を購入できるショップがフォトダイアリーです。初デートの記念や記念日デートにもぴったりです。購入した写真のデータはダウンロードすることができるので、SNSなどに思い出として投稿しておくのもおすすめです。

「エクストリームフォトスポット」では、グリーンバックに段差などが設けられており、通常の記念写真とは違い、動物に乗っているかのような合成写真を作成してもらうことができます。普段の撮影とは違う楽しみ方ができ、デートはもちろんご家族連れにもおすすめです。

Photo byFree-Photos

料金はシングル写真が1000円、コラージュ写真が2000円となっています。オービィ横浜でしか体験できない特別なフォトスポットですので、思い出づくりにぜひご利用されてみてください。とても素敵な記念になったとの声も多くおすすめです。

お土産も見逃せない!

Photo byAlexas_Fotos

オービィ横浜では、ご家族や友人へのお土産や記念に思い出の品が購入できるショップも併設されています。商品のラインナップも豊富で人気があるようですのでご紹介いたします。

ショップで触れ合った動物のぬいぐるみも

Photo byAlexas_Fotos

オービィ横浜のお土産ショップは、入館していない方でもご利用いただける造りになっています。そのため、お土産物だけを買いに訪れる横浜観光客の方も多くいらっしゃるそうです。館内に展示している動物たちのかわいいぬいぐるみはお子様に大人気のおすすめ商品です。

また、動物をモチーフにしたお菓子や様々なアイテムなど、常時約2000種類の豊富なラインナップとなっているそうです。長い待ち時間で退屈しがちなお子様におすすめのパズルやブロックなども揃っており、カップルにはおそろいのアイテムなども豊富でおすすめです。

Photo byFree-Photos

ショップのすぐ上の階には、軽食が購入できるカフェカウンターもございます。珈琲や紅茶などの各種ドリンク、肉まんやホットドッグなどの軽めのお食事類、アイスクリームやチュロスなどのデザート類が揃っています。

肉まんなどの饅頭は、豚やヒヨコ、パンダなどの形になっており、お子様も大喜びのフードメニューとなっています。アイスクリームもディッピンドッツという小さなツブツブのものが販売されており、季節を問わずにお子様から大人気です。

ショップエリアは入館料無料

Photo bycongerdesign

ショップエリアに関しては、入館料無料でご利用いただけるとのことです。そのため、横浜みなとみらいらしいお土産を探されている方にもおすすめです。可愛いぬいぐるみがたくさん揃っているので、お子様へのプレゼントにもぴったりです。

横浜の「オービィ横浜」で存分に動物たちと触れ合おう

Photo by Rodrigo_Soldon

オービィ横浜は、アクセスも良く、小さなお子様から大人まで全ての方が楽しめる大人気施設だということが分かりました。天候に左右されずに楽しめるのもとても魅力的です。

ご家族連れの楽しみ方、カップルのデートでの楽しみ方、お一人様や旅行での楽しみ方など、どんなシーンにおいてもそれぞれの楽しみ方ができる素敵な空間です。動物好きの方にはぜひ1度訪れて頂きたい話題の施設です。

MOCHI74
ライター

MOCHI74

子育て中のママです。家族と犬と暮らしています。趣味はカフェに行くこと。楽しんでいただける記事を書いていきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング