沖縄マングローブカヤック体験17選!離島のおすすめ観光ツアーも

沖縄マングローブカヤック体験17選!離島のおすすめ観光ツアーも

豊かな自然と希少な生物が暮らす南国、沖縄では、日常ではできないような様々な体験を楽しめます。マングローブカヤックもその一つだと言えるでしょう。ここでは、沖縄でマングローブカヤックが楽しめる体験ツアーを、エリアごとに17種類ピックアップしてまとめてみました。

記事の目次

  1. 1.マングローブって何?
  2. 2.カヤックとはどんな乗り物?
  3. 3.沖縄のマングローブカヤック観光の魅力
  4. 4.沖縄本島・慶佐次川エリアのマングローブカヤック体験ツアー3選
  5. 5.沖縄本島・億首川エリアのマングローブカヤック体験ツアー3選
  6. 6.沖縄本島・比謝川エリアのマングローブカヤック体験ツアー3選
  7. 7.沖縄離島・西表島のマングローブカヤック体験ツアー3選
  8. 8.沖縄離島・宮古島のマングローブカヤック体験ツアー2選
  9. 9.沖縄離島・石垣島のマングローブカヤック体験ツアー3選
  10. 10.沖縄観光でマングローブカヤックに挑戦しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

マングローブって何?

Photo by yoshitomo1014

マングローブとは、単独の種類の樹木や植物を指す言葉ではありません。熱帯もしくは亜熱帯地域に形成される森林のことです。別名、紅樹林もしくは海漂林とも呼ばれています。

日本では沖縄県、鹿児島県に存在する他、人工的に植樹されたマングローブが本州にも存在します。また世界で見ると東南アジア、インド沿岸、南太平洋、オーストラリア、アフリカ、アメリカなどに分布しています。

その語源は、マレー語で植物を意味する「マンギ・マンギ」と森林を表す英語の「grove」となっています。マングローブを構成するのは70~100種類にも渡りますが、主要な樹木はヒルギ科、クマツヅラ科、ハマザクロ科の3科です。

Photo byPexels

また、マングローブには様々な動物が生息しています。その種類は非常に豊富で、甲殻類や貝類からスナドリネコや哺乳類、鳥類などが主要な生息動物です。

沖縄、石垣島のマングローブには、オヒルギをはじめとする6種の植物が生育しています。特に、宮良川河口のマングローブは「宮良川のヒルギ林」として国の天然記念物に指定されているのです。

こうしたマングローブは、近年環境破壊や開発の影響を受けて破壊されつつあることがわかっています。これに対し、日本ではマングローブの再形成を目指す事業が各地で行われています。

カヤックとはどんな乗り物?

Photo bythatsphotography

カヤックとは、アリューシャン諸島にてエスキモーたちが漁をするために使用していた小舟を起源とする船です。詳しくは後述しますが、分類的にはカヤックはカヌーの一種ということになります。

カヤックには、さらに使用する場所や形状によって細かい分類があり、海で用いるものはシーカヤック、川で乗るものはリバーカヤックなどといったように呼び分けられています。

本来のカヤックは、木と鯨の骨を用いた枠組みにアザラシの皮を全体に張って作られています。乗員が上半身を出すための穴が空いているのが特徴です。強い波が来ても水が入りにくく、転覆した場合でも簡単に元通りの姿勢に戻ることができるメリットがあります。

Photo byPexels

カヤックの操船に用いられるのは、シャフトの両端にブレード(水かき)があるダブルブレードパドルです。これをうまく回転させるようにしてカヤックを漕いでいきます。基本的には一人乗りですが、アラスカ南西部やカナダ東部には複座式のものもあります。

かつてはエスキモーたちが狩猟や運送に用いてきたカヤックですが、現代ではその目的はもっぱらレジャーやスポーツ・レースとなっています。そして、沖縄ではこのカヤックに乗ってマングローブの林を進むマングローブカヤックを楽しむことができるのです。

カヤックとカヌーの違い

フリー写真素材ぱくたそ

カヤックと頻繁に混同されるのがカヌーです。では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、カヌーとカヤックの様々な違いを見ていきましょう。

最もわかりやすい違いは、船を漕ぐのに使うパドルです。カヤックのバドルは、シャフトの両端にブレード(水かき)が付いています。対して、カヌーのバドルは一般的な櫂と同じようにシャフトの片方のみにブレードが付いているのです。

Photo byKanenori

また、船の構造にも違いがあります。カヤックの構造は船体上部までをアザラシの皮、現代のものでは合成樹脂や強化プラスチックで覆っている「クローズドデッキ」という構造です。対して、カヌーは一般的な船のように上部が開放されている「オープンデッキ」となります。

また、そもそも分類が異なるという部分もあります。カヌーはより広い分類であり、広い意味ではカヤックはカヌーの一種であると言えるのです。

初めてでも漕げるの?

Photo byjr_jurassic

沖縄をはじめとする観光地では普段できない様々なことにチャレンジできるのが大きな楽しみです。しかし、実際にカヤックを漕いだことがある人はあまりいないでしょう。では、全く経験のない人でもカヤックを漕ぐことはできるのでしょうか。

結論から言うと、経験のない初心者であってもカヤックを漕ぐことは十分可能です。カヤックの漕ぎ方にはいくつかのコツがあり、それがわかっていれば快適にカヤックを操ることができます。

Photo by Kentaro Ohno

まず、カヤックに乗る際にはパドルを座席の後ろに置き、岸と船をしっかり固定します。そして、足元に注意しながら慎重に片足ずつ乗り込みます。シートに腰を下ろしたら、両膝をカヤックの内側に着けて下さい。

次は、パドルの使い方です。肘を曲げて、両手を肩幅程度に開きます。そして、パドルを左右対称に持って下さい。腕を伸ばした時に右手のブレードの表側が手前を向くようにします。右手はしっかい、左手はゆるく握るのがコツです。

Photo byFree-Photos

いよいよパドルを使ってカヤックを漕いでみます。胸に膝を近づけるようにして前傾姿勢を取ります。このとき、猫背にならないように気をつけて下さい。カヤックの基本的な漕ぎ方は「フォワードストローク」と言います。

上半身を右前方にひねる感覚で右腕を伸ばし、ブレードで水をすくうようにして漕ぎます。すくい上げる位置は右足のつま先付近をイメージするのがいいでしょう。右に捻った上半身を戻し、今度は左半身を出して漕ぎます。

沖縄のマングローブカヤック観光の魅力

Photo by r-lab

非日常的な体験ができるのが、各種の観光地の大きな魅力です。では、沖縄のマングローブカヤックには、どのような魅力があるのでしょうか。

沖縄のワイルドな自然を川から楽しめる!

Photo byQuangpraha

沖縄の魅力と言えば、なんと言っても都会では決して見られないワイルドな大自然でしょう。マングローブカヤック観光では、沖縄の雄大な自然を川から眺めるという貴重な体験ができます。

また、観光地によっては、普段見られないような珍しい動植物を見ることができます。もちろん、沖縄のマングローブカヤック観光地には、珍しい動植物たちが住んでいるのです。ここでは、沖縄のマングローブカヤック観光で見られる代表的な動植物を紹介していきましょう。

マングローブの珍しい植物

Photo byCOLIBRISPIRIT

そもそも、「マングローブ」とは単独の植物の名前ではありません。マングローブは、熱帯や亜熱帯地域にある淡水と海水が混じる「汽水域」という特殊なエリアに生息している数種類の植物の総称なのです。

マングローブを構成しているのは、「ヒルギモドキ」「ヤエヤマヒルギ」「ニッパヤシ」などの7種類の植物です。こうしたマングローブは日本では沖縄や鹿児島などの限られた地域でしか見ることができず、沖縄の名物の一つともなっています。

Photo byhbieser

マングローブの特徴は、通常の植物であれば土の中に埋まっているはずの根が、空中に伸びていることでしょう。これは「呼吸根」と呼ばれるもので、泥の中だけではなく空中でも呼吸ができるように独自に進化した姿なのです。

マングローブの一種である「オヒルギ」をよく観察すると葉の中に1枚だけ黄色いものがあることが分かるでしょう。これは、海水に含まれる有害な塩分を1枚の葉に集中させているのです。

このように、マングローブを構成する植物は一般的な植物とは大きく異なる生態をしており、見るものを驚かせてくれるのです。

マングローブの珍しい生き物

Photo bymovmy

マングローブを構成する植物は珍しいものばかりですが、動物もまた珍しいものばかりです。まず挙げられるのが「ミナミトビハゼ」があります。これは水や泥の上を飛び跳ねているハゼの一種で、その愛らしい姿からマングローブ地帯では一番の人気者となっています。

「シオマネキ」も沖縄のマングローブで人気の生き物です。大きなハサミを左右に振るおなじみの求愛のダンスはとても可愛く、注目を集めています。時々縄張り争いでケンカをしていることもあります。干潟の時間を狙うと見られるでしょう。

Photo by r-lab

「ヒルギハシリイワガニ」も沖縄のマングローブ周辺で見られる生き物です。マングローブの木々の上を、逆さまの姿勢で上っていく姿が見られます。時には、自分よりも大きな魚を捕食したりすることもあるようです。

沖縄のマングローブ周辺には、珍しい貝の姿も見られます。「シレナシジミ」もその一つで、大人の手のひら程もある大きさが何よりの特徴です。マングローブ地帯の代表的な貝で、最大で20cmほどまで成長すると言われています。

沖縄本島・慶佐次川エリアのマングローブカヤック体験ツアー3選

Photo by r-lab

沖縄では、たくさんの魅力的なマングローブカヤックツアーが企画されています。ここでは、沖縄本島・慶佐次川エリアのおすすめのマングローブカヤックツアーを3つピックアップして紹介していきましょう。

【本島北部・慶佐次川(げさしがわ)開催】マングローブカヤック|定価から500円OFF!ツアー中写真CD-R付♪

Photo by r-lab

沖縄本島最大級のマングローブの中で、自然の魅力を満喫できるツアーです。慶佐次エリアは「やんばる国立公園」の認定を受けたエリアで、手つかずの自然の中でたくさんの希少な動植物を間近で見ることができます。

慶佐次川は、海から近い位置にあるものの波も穏やかです。そのため、ツアーの参加可能年齢は3歳以上となっており、小さなお子様からご年配の方まで安心して、沖縄最大級のマングローブを楽しむことができます。

ツアーを開催しているショップは沖縄県カヤックガイド協会の加盟店です。レクチャーやガイドを行なうのもガイド協会の認定を受けたスタッフなので、安心して参加することができるでしょう。

Photo by r-lab

ツアー中に撮影した写真は、ツアー後にCDにして渡してくれます。帰宅したあとでも自宅で沖縄での思い出を繰り返し楽しめるでしょう。また、温水シャワーや更衣室も完備されているので、ツアー後もスムーズに着替えることができます。

【本島北部・慶佐次川(げさしがわ)開催/1時間30分~】マングローブカヤック|やんばる国立公園でカヤック体験♪

Photo byPatjosse

慶佐次川エリアは、国立公園にも指定されている沖縄でも特に貴重な動植物の生息エリアです。本ツアーでは、そのマングローブの中をカヤックでゆっくりと進んでいくツアーとなっています。日常では決して見られないような自然を堪能できるでしょう。

ツアーのガイドにあたるのは経験豊富なベテランガイドです。慶佐次川を河口から上流に向けて進みながら、楽しいトークで楽しみながら沖縄のマングローブの植生や動物につい学ぶことができます。

本ツアーは、時間によって3つのコースに分かれています。1.5時間コースはお手軽にマングローブカヤックツアーを楽しめるコースでなので、短い旅行スケジュールの中でなんとかしてマングローブカヤックを楽しみたいという人におすすめのコースです。

Photo byWikimediaImages

2.5時間コースは、マングローブの魅力をたっぷり楽しめるコースです。マングローブのトンネルを通り、川のより上流へ進むことができます。海にも出ることができるので、沖縄を堪能したいという人におすすめのコースです。

4.5時間コースは、最長の時間をとったコースです。2.5時間コースの内容に加え、海でカヤックを操るシーカヤックが追加されています。透明度の高い沖縄の海をたっぷり楽しめる、体力に自信のある方におすすめのコースです。

【本島北部・慶佐次川(げさしがわ)開催/4時間30分】釣り&カヤック|<手ぶらでOK>カヤックフィッシング♪

Photo byQuangpraha

カヤックに乗るだけでなく、その状態で沖縄の海での釣りを楽しめるユニークなツアーです。本ツアーでは二人乗りカヤックもあるので、女性同士やカップルでも気軽にカヤックを操船できます。また、釣り道具も全て用意してくれるので手ぶらで参加できます。

本ツアーのプランは2種類あります。カヤックフィッシングプランでは、やんばる東村の大海原で手軽に釣りが楽しめます。ポイント移動は足漕ぎカヤックなので楽々です。プランの想定時間はおよそ2.5時間となっています。

Photo by yuko_ppp2501

満喫プランでは、カヤックフィッシングに加えてマングローブカヤックも楽しめます。想定時間は3時間とたっぷりと時間を取っているので、沖縄の自然をカヤックの上からじっくり楽しめるでしょう。

カヤックフィッシングはルアー釣りとなっており、釣った魚はキャッチ&リリースとなっています。竿、釣り道具、ルアーなどのレンタル料もプラン料金に含まれていますが、釣り道具の持ち込みも可能です。

沖縄本島・億首川エリアのマングローブカヤック体験ツアー3選

Photo byMacotoSeimori

ここでは、沖縄本島・億首川エリアのおすすめのマングローブカヤック体験ツアーを紹介していきます。沖縄の有名な観光スポットである億首川で、普段はできないマングローブカヤック体験を楽しみましょう。

【本島北部・億首川(おくくびがわ)開催/約3時間】マングローブカヤック|カヤック体験withネイチャーガイド!

Photo byCCPAPA

3歳から参加可能で、沖縄でのカヤックデビューに適したツアーだと言えるでしょう。マングローブから海、そしてビーチへのコースを取っています。また、レインウェアの上下を無料で貸し出してくれるので着替えはいりません。

フィールドは波も穏やかで安全なので、小さなお子様からお父さんお母さん、ご年配の方まで安心して楽しめるプランとなっています。さらに、熟練のガイドさんによるガイドは起承転結がはっきりしており、楽しくカヤックデビューができるでしょう。

Photo by Kentaro Ohno

本ツアーの魅力は、沖縄のマングローブに生息するたくさんの生き物が見られる点です。特徴的な鳴き声のアカショウビン、ハサミを振り回すシオマネキの群れ、特に希少なルリマダラシオマネキなど、ここでしか見られないたくさんの生き物を観察できるでしょう。

ツアー終盤では、マングローブの林を抜けて海へと向かいます。行き先はガイドブックには載っていない沖縄でも秘密のローカルビーチです。おやつを食べて休憩したり、ヤドカリを探したり、浜辺を散策したりと様々な過ごし方で沖縄を楽しめます。

【本島北部・億首川(おくくびがわ)開催/約2.5時間】マングローブカヤック|2才から参加OK♪

Photo bysarangib

満2歳から70歳まで参加可能な安心のツアーです。波や風の影響を受けにくい安全で穏やかなコースを進んでいくので、小さなお子様から年配の方まで安全に沖縄のマングローブを楽しめます。また、ガイドを担当するのはすべてベテランのインストラクターなので安心です。

億首川は、沖縄本島は金武町にあるマングローブを観察できる珍しい観光スポットです。淡水と海水のちょうど境界線にあたる汽水域に生育するマングローブでは、たくさんの珍しい生き物に出会うことができるでしょう。

Photo byscw1217

カヤックに乗るのが初めてという人でも、事前に簡単な説明があるので安心です。コツを掴めば、すぐにパドルの使い方がわかるでしょう。ゆっくりとマングローブの林の中を進めば、ジャングルのような沖縄のマングローブを楽しめるでしょう。

本ツアーの予約可能人数は2名以上となっています。申し込み人数が奇数の場合は、スタッフと同乗という形となります。また、下半身は濡れてしまうので、必ず濡れてもいい短パンなどの衣服を着用しておいて下さい。

【本島北部・億首川(おくくびがわ)開催/約3時間】マングローブカヤック|大自然のマングローブを楽しむ!

Photo by Kentaro Ohno

沖縄本島の金武町に流れる億首川には、熱帯・亜熱帯地域の汽水域特有の植生であるマングローブを観察できるのが本ツアーの魅力です。沖縄のマングローブを構成している4種類の植物を観察できるのはここだけとなっています。

カヤックでの移動は穏やかな水面を水上歩行するような感覚なので、小さなお子様から年配の方まで、体力や年齢に関係なく楽しめるようになっています。もちろん、沖縄でカヤックに乗るのが初めての初心者の方でも、安心してカヤックデビューが可能です。

Photo by Kentaro Ohno

億首川の魅力は、なんといってもその起伏に富んだコースです。ジャングルのように入り組んだ場所や木々が作ったトンネルなど、次々と変わる光景は見るものを飽きさせません。また、沖縄のバードウォッチングの名所としても有名で、様々な野鳥を観察できます。

沖縄のマングローブの木は、地球温暖化の原因である二酸化炭素を大幅に吸収固定する能力を持ち、その根のあいだにある空間は、様々な生き物を育てる場所として珍重されています。このツアーではそうしたマングローブの重要性を、実際に目にすることができるのです。

沖縄本島・比謝川エリアのマングローブカヤック体験ツアー3選

Photo by r-lab

ここでは、比謝川エリアのおすすめマングローブカヤック体験ができるおすすめツアーを3件ピックアップして紹介していきます。それぞれコンセプトや時間などが異なりますので、自分に適したコースを選びましょう。

【本島中部・比謝川(ひじゃがわ)開催/約2時間】マングローブカヤック|パワースポット「がじゅまるの木」への冒険!

Photo by Kentaro Ohno

沖縄本島中部の西海岸にある比謝川は、主要な観光スポットからも容易にアクセスできる場所にあります。沖縄本島でも最大の流域面積を誇る比謝川では、多くの渡り鳥の姿も見ることができるのです。

本ツアーは2歳から参加可能で、当日予約も可能となっているおすすめのツアーです。さらに、ペット同伴での参加も可能となっています。濡れた気ない方には防水長ズボンの無料レンタルも行っているので、着替えを用意していなくても大丈夫です。

Photo by Kentaro Ohno

比謝川は、潮の満ち引きの影響を受けずに開催することができますので、よほどの悪天候などにならない限りツアーは中止になりません。さらに開催時間も長いので、スケジュールの調整も簡単に行えます。

本ツアーで注目のスポットとなるのは、なんといってもガジュマルの木でしょう。比謝川のシンボルとも言えるこのガジュマルの木には、「キジムナー」と呼ばれる精霊が宿っていると言われています。見た人を幸福にしてくれるというガジュマルの木を、ぜひ見てみましょう。

【本島中部・比謝川(ひじゃがわ)開催/約2時間】マングローブカヤック&サンセット・ナイトツアー|当日予約OK♪

Photo by Kentaro Ohno

初心者でも安心のカヤックツアーで、日常から離れた沖縄特有のレジャー体験ができます。参加可能年齢は2歳以上となっていますが、それ以下の年齢の小さなお子様でも相談可能となっていますので、小さなお子様がいる場合は相談してみましょう。

カヤックでのクルージングが始まるのは夕方です。西海岸の美しいサンセットを眺めながら、比謝川の上流へと移動します。暗くなると今度はアロマキャンドルが、夜の比謝川を美しく彩り、幻想的な雰囲気が楽しめるでしょう。

Photo by Kentaro Ohno

比謝川は、そのアクセスの良さも特徴です。沖縄の主要幹線道路である国道58号線からのアクセスはもちろんのこと、那覇空港のある南部、美ら海水族館がある中北部からも行きやすい位置にあるので、観光スケジュールに組み込みやすいでしょう。

せっかく沖縄に来たのだから、できるだけたくさんの観光スポットを見て回り、色々な体験をしてみたいという人でも、マングローブカヤック以外に海水浴やシュノーケリングも楽しめるので、比謝川はおすすめのポイントです。

【本島中部・比謝川(ひじゃがわ)開催/約2時間】マングローブカヤック|自然大満喫カヤックツアー♪

Photo by Travel-Picture

那覇市内から車で約45分の好立地にある観光スポットである比謝川を、心ゆくまで楽しめるツアーです。毎日5回開催されているので、都合の良い時間を選んで参加できます。参加可能年齢は4歳からとなっています。

マングローブは、日本国内では沖縄と鹿児島でしか見られない珍しい植物群です。本ツアーではそのマングローブを、間近で観察できます。引き潮、満潮でそれぞれまったく異なった姿を見せてくれる不思議なマングローブをよく観察してみましょう。

Photo by Kentaro Ohno

比謝川の両岸には、たくさんの亜熱帯性の植物が生育しています。その中でも注目すべきなのがガジュマルの木です。ガジュマルの木はパワースポットとしても知られており、キジムナーという精霊が住んでいるとも言われています。

もちろん、比謝川の魅力はそれだけではありません。普段は見られない亜熱帯性のカニやハゼ、植物ならオオゴマダラやミサゴといった珍しい動植物がたくさんいます。運が良ければ、オオコウモリが寝ている姿も見られるかもしれません。

沖縄離島・西表島のマングローブカヤック体験ツアー3選

Photo byArtTower

ここでは、沖縄随一のおすすめ観光スポットである西表島周辺のマングローブカヤックツアーを紹介しています。マングローブはもちろんのこと、西表島の珍しい生き物の姿を見ることもできるでしょう。

【石垣島or西表島発/西表島開催/1日】マングローブカヤック&トレッキング|

Photo byJoe_Hillsund

マングローブカヌーと同時に、沖縄で最もおすすめの観光スポットである西表島、そして由布島観光もしたいという人におすすめの欲張りツアーです。時間も約7時間とたっぷりあるので、沖縄の自然を満喫できるでしょう。

午前中に出発し、まずはマングローブカヌーで沖縄の自然の姿をのんびりと満喫します。午後からは西表島の中でもおすすめのスポットである由布川へと移動し、水牛車を体験できます。なお、当ツアーでは送迎が行われますので移動も楽です。

Photo bylarsen9236

マングローブカヌーのコースについては、マイラ川、ピナイサーラの滝、サンガラの滝のうち、その日に最も楽しんでもらえるコースを熟練のガイドが選んでくれるので安心です。カヌーだけでなく滝でも遊べるので、沖縄の楽しさをたっぷり味わえます。

マングローブカヌー、由布川観光を楽しんだあとは、宿泊先や港に送迎してくれます。また、観光中に撮影した写真はあとからネットダウンロードで写真データを配布してくれるので、思い出を楽しむことができるでしょう。

【西表島開催/1日】マングローブカヤック&トレッキング|ピナイサーラの滝上滝つぼ満喫カヤックツアー♪

Photo by Nao Iizuka

沖縄の代表的な観光スポットである西表島の魅力を、約7時間かけて満喫できるツアーです。まず、流れも少なく安全なマングローブの林の中を、カヌーでゆっくりと進んでいきます。川幅が狭くなってくると、ピナイサーラの滝が見えてきます。

島に上陸したあとは、沖縄の名所の一つであるピナイサーラの滝を目指してトレッキング開始です。マングローブのジャングルを探検気分で歩いていきましょう。滝壺にたどり着けば、マイナスイオンたっぷりの癒やしのスポットを楽しめます。

Photo by Nao Iizuka

ピサイナーラの滝の上に登れば、鳩間島まで西表島までの大パノラマを一望できます。マングローブ原生林、干潟、海といった沖縄の持つ魅力を一点に凝縮したかのような眺めは見事なもので、ここでだけしか見ることはできないでしょう。

滝の上にまでトラッキングを行なう頃には、お腹も空いているでしょう。そこで暖かい八重山そばの出番です。滝上でのアウトドアランチは、眺めと合わせて素晴らしいものです。なお、参加者の体調などによっては滝壺でのランチになることもあります。

【西表島開催/1日】\6月新プラン/マングローブカヌー&滝遊び|マングローブカヌー&滝遊びファミリーツアー♪

Photo by Nao Iizuka

下は5歳から上は60歳まで安全に楽しめるツアーです。体力に自信がない方でも十分沖縄の自然を楽しめるツアー構成になっているので安心して参加できます。さらに、繁忙期でも混雑しにくいフィールドを選んでいるので、混雑することなく余裕を持ったツアーが楽しめます。

ヘルメット、膝当て、ライフジャケット、専用シューズは無料で貸し出してくれます。準備ができたら、まずは川をゆったりと移動していきます。沖縄の開放的な自然の景色を楽しみましょう。冒険心をくすぐるフィールドを抜けたあとには、ゆっくり休める場所でランチを取ります。

Photo by JIRCAS

ランチのあとは滝遊びのできる場所に移動し、思い切り滝遊びを楽しめます。なお、繁忙期で滝遊びポイントに人が多い場合でも、カヌー体験と滝遊びの時間を入れ替えるなど、スケジュールを工夫してくれますのでゆっくり遊べます。

沖縄離島・宮古島のマングローブカヤック体験ツアー2選

Photo bylarsen9236

ここでは、宮古島エリアのマングローブカヤックが楽しめるおすすめのツアーを紹介しています。カヤック以外にも、沖縄の海でのシュノーケリングなども合わせて楽しめるツアーとなっています。

【宮古島/伊良部島(青の洞窟)開催/1.5~2時間】シュノーケリング&カヤック&グラスボート|

Photo byollietcool

グラスボートに乗って島の歴史を学べるツアーです。ツアーを主催するのは、地形を知り尽くしたベテランのガイドなので、安全な状態で観光を楽しめます。また、オリジナルカヤックツアーとして、宮古島の伝説的な洞窟を探検することができます。

このツアーでは、カヤックだけでなくシュノーケリングも楽しむことができます。シュノーケルを着けて海に潜れば、当たりは水深10mの沖縄の青い海です。狭い洞窟の入口を通り抜ければ、そこには鯨の潮吹きの音が響き渡り、ハタンボやイセエビの姿があります。

Photo byQuangpraha

カヤックでは、沖縄にある神秘的な洞窟の数々を風に吹かれながら楽しむことができます。沖縄には数々の洞窟があり、それらの洞窟には海賊や竜神などの伝説が残されているのです。そうした伝説を思い浮かべながら、カヤックを楽しみましょう。

本ツアーの目玉となるのが、このグラスボートです。世界で5艇しかないと言われるグラスボートは、喫水25cmなので、浅瀬ではすれすれの状態でサンゴを眺めたり、海底散歩を楽しんだりすることができます。

沖縄離島・石垣島のマングローブカヤック体験ツアー3選

Photo byKanenori

ここでは、石垣島エリアのマングローブカヤックが楽しめるおすすめツアーを紹介しています。海の方まで出ていけるシーカヤックが魅力です。

【石垣島/底地(すくじ)ビーチ開催/約2.5時間】シーカヤック|★たびらい限定特別価格★『6000円→5000円』

Photo byMonikaP

底地(すくじ)ビーチは石垣島の川平(かびら)エリアの代表的なおすすめスポットです。大きく弧を描く真っ白な砂浜は1kmも続き、エメラルドグリーンも沖縄の海と相まって、まさに沖縄の自然美の象徴とも言えるスポットなのです。

底地ビーチからは、カヤックを漕いで海に出るシーカヤックが楽しめます。石垣島の山々とエメラルドグリーンの美しい海は、都会では決して見られないような美しさです。沖縄が誇る見渡す限りの大自然の美しさが堪能できるでしょう。

Photo by Nao Iizuka

カヤックを満喫したあとは、シュノーケリングもおすすめです。シュノーケルセットは無料で貸し出しているので手ぶらで大丈夫です。また、ビーチ周辺は浅瀬で波も穏やかなので、小さなお子様でも安全に遊べます。

【石垣島/川平湾・青の洞窟開催/1日】シーカヤック|川平湾カヤック&青の洞窟シュノーケル&滝遊び

Photo bysharonang

川平湾は、日本百景の一つに数えられている他、ミシュランガイド3ッ星にも認定されている沖縄の中でも特におすすめの観光スポットの一つです。石灰岩でできた独特の形状の島々を眺めながら、カヤックでのクルージングを楽しめます。

人気スポットである「青の洞窟」をシュノーケリングで探検できるのも本ツアーの魅力です。青の洞窟にはたくさんの熱帯魚が生息しており、その中でも特に人気のクマノミにも出会えるでしょう。洞窟内も神秘的で楽しめます。

Photo by Akihito Fujii

カヤックやシュノーケリング以外にも、本ツアーではトレッキングも楽しめます。日常ではなかなか目にすることのない亜熱帯性の植物が生い茂る渓流をトレッキングしましょう。滝の水とマイナスイオンを浴びれば、日々の疲れも吹き飛ぶはずです。

【石垣島/底地(すくじ)ビーチ開催/約2.5時間】サンセットカヤック|★たびらい限定特別価格★『6000円→5000円』

Photo by jetalone

川平(かびら)エリアを代表する観光スポットである底地(すくじ)ビーチの魅力を、たっぷり味わえるツアーです。美しい夕日が沈む沖縄のビーチにカヤックを浮かべているだけで、日常から離れた特別な気分に浸れるでしょう。

さらに、本ツアーではカヤックを操船して普段は行くことができないシークレットビーチに行くことができます。写真撮影もスタッフに声をかければやってくれますし、写真データはその日のうちに渡してくれます。

Photo bygerson_rodriguez

夕日が沈んだあとは、底地ビーチならではの幻想的な風景を楽しめるマジックアワーがあります。7月~10月中旬で晴れていれば、都会では見るのが難しい天の川も見ることができるでしょう。

沖縄観光でマングローブカヤックに挑戦しよう!

Photo by r-lab

いかがでしたでしょうか。日本有数の観光地である沖縄では、非日常的な体験ができるおすすめの観光スポットがたくさんあります。その中でも、マングローブカヤックは、沖縄の誇る自然をじっくり楽しめるおすすめのツアーとなっています。

小さなお子様からご年配の方まで幅広く楽しめるマングローブカヤック、沖縄に行くことがあればぜひとも参加してみることをおすすめします。

コウロギ
ライター

コウロギ

こちらもおすすめ

人気記事ランキング