レトルトの賞味期限が切れたらどのくらいもつのか調査!1年過ぎても大丈夫?

レトルトの賞味期限が切れたらどのくらいもつのか調査!1年過ぎても大丈夫?

レトルト食品は簡単に調理でき、保存もしやすいので便利です。普段の食事にも、いざというときのために備蓄するのにも適しています。しかし、レトルトにも賞味期限があるのでいつまでも保存できるわけではありません。今回は、レトルトの賞味期限や長持ちする商品をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.レトルトパックの賞味期限はどのくらい?
  2. 2.レトルトパックは賞味期限いつまで大丈夫?
  3. 3.レトルト食品に消費期限はある?
  4. 4.レトルト食品・賞味期限の長いおすすめを紹介
  5. 5.レトルト食品の賞味期限をしっかり確認しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

レトルトパックの賞味期限はどのくらい?

フリー写真素材ぱくたそ

レトルト食品は手軽に美味しく食べられ、賞味期限が長いのが特徴です。常温で半年から1年以上もの長期間、保存ができます。レトルト食品は普段の食事としても、災害時のための備蓄品としてもおすすめです。ご飯やカレー、パスタソースなど、街には多彩なレトルトの商品が売っています。

例えば、レトルトカレーを沸騰したお湯で温めてからご飯にかければ、それだけで美味しいカレーライスの出来上がりです。また、お湯でなくても、レトルトカレーを皿にあけて電子レンジでも温められます。

今回は、レトルト食品を美味しく安全に食べるために、レトルト食品の賞味期限についてご紹介します。レトルト食品がどのくらいもつのかを把握して、日々の買い物に役立ててください。

レトルトパックは賞味期限いつまで大丈夫?

Photo byAnestiev

レトルト食品は長期の保管に向いていますが、賞味期限があるということを忘れてはなりません。では、いつまでなら美味しさがキープされるのかご存じでしょうか。

基本的には3ヶ月以内なら問題ない

Photo byDarkWorkX

商品ごとに賞味期限は異なるので、どのくらい保存できるのかも違います。ただ、レトルト食品は賞味期限が長いので、3か月以内であれば心配せずに食べてよいでしょう。美味しく食べられる期間に3か月も余裕があれば、買い置きしても無駄にすることはほぼないはずです。

それでは、もしレトルト食品を購入してから3か月を過ぎて、半年や1年が経ってしまった場合、いつまでなら食べても大丈夫なのか確認しましょう。古くなったものを食べてお腹を壊さないように注意してください。

半年・1年過ぎても大丈夫?

Photo byjarmoluk

半年や1年が経過したレトルト食品はどうでしょうか。レトルト食品の賞味期限は大半が1年以上です。したがって、半年はもちろん、1年経っても大抵のレトルト食品は安全です。半年も経っていないのであれば、賞味期限の心配をせず安心して味わってください。

しかし、賞味期限があまり長くないレトルト食品もあります。レトルトでも賞味期限が半年ほどの場合もあるので、パッケージに賞味期限の記載があれば、忘れずにチェックしましょう。

また、半年を超えた場合は要注意です。賞味期限が半年のレトルト食品はなるべく半年以内に食べましょう。どのくらいまでなら美味しく食べられるのかを把握することは非常に重要です。

味の変化には注意を

フリー写真素材ぱくたそ

レトルト食品は賞味期限が切れたからと言って、食べられなくなるわけではありません。今回は、賞味期限が切れてからいつまでなら食べられるのかも説明します。

賞味期限後は、味の変化に気をつけましょう。賞味期限後でも食べられるとは言え、味は徐々に落ちていきます。もしレトルト食品が賞味期限後に腐ったような味がしたり違和感があれば、安全のために食べるのをやめましょう。

レトルト食品に消費期限はある?

Photo bystevepb

レトルト食品は長期間の保存に適していますが、いつまでも保存がきくわけではありません。では、レトルト食品に消費期限はあるのでしょうか。

そもそも消費期限とは?賞味期限と違うの?

Photo bycongerdesign

食品の保存には「賞味期限」と「消費期限」という概念があります。賞味期限は、その食品を美味しく食べられる期限です。つまり、賞味期限を過ぎた食べ物は、徐々に美味しさが失われていきます。

ただし、賞味期限は安全を考慮して決められるので、賞味期限から実際に品質が落ち始めるまでには少し余裕があります。レトルト食品は賞味期限が半年ほどの場合、賞味期限から1か月ほどであれば品質には問題ないとされます。

賞味期限が1年なら、賞味期限の日から約2か月もつとされています。しかし、絶対大丈夫という保証はないので、できるだけ賞味期限内に食べるようにしましょう。

賞味期限と消費期限の違い

Photo byFree-Photos

賞味期限はどのくらい美味しさを保てるかという基準で決まりますが、消費期限は、健康に悪影響がないかという基準です。安全に食べられる最後の日が消費期限です。したがって、賞味期限とは違い、消費期限を過ぎたものは危険なので食べないようにしましょう。

消費期限が切れたものを食べると、食中毒になるおそれもあるので、消費期限は必ず確認しましょう。もし食べないまま消費期限を過ぎたら、勿体ないですが捨てた方がよいでしょう。

Photo byCSU-Extension

また、保存の状態が悪ければ、記載されている消費期限よりも早くに傷んでしまします。例えば、保存方法に「直射日光の当たらない涼しい場所に保存」などと書かれている食品があります。

これを日の当たる場所や蒸し暑い場所に置いていれば、記載されている消費期限を守ったから安心とは言い切れなくなります。

食品には、賞味期限と消費期限が両方記載されているわけではありません。賞味期限は保存に適した食品に記載され、消費期限は傷みやすく日持ちしない食品に載っています。

レトルト食品・賞味期限の長いおすすめを紹介

Photo bystevepb

最後に、賞味期限が長いレトルト食品をご紹介します。非常食として保管しておくのはもちろん、普段の食事にも美味しく食べられます。是非それぞれどのくらいの期間もつのか、賞味期限をチェックしてください。

1:カレー レトルト 5年保存 キャンプ ヒートレス ルー

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「カレー レトルト 5年保存 キャンプ ヒートレス ルー」は災害時のための備蓄用として作られたレトルトカレーです。原料の調整や独自の製法により、賞味期限は5年6か月という長さを実現しました。植物性の油脂を使うなど、材料の工夫により、常温でもとろみのあるカレーが食べられます。

非常時に食べるという本来の目的のため、かつお由来の風味があり、温めなくても美味しく食べられるレトルトカレーです。また、野菜もしっかり摂ることができます。具材として入っている野菜のほかに、ペースト状の野菜をカレーソースに溶け込ませています。

年代問わず美味しく食べられるレトルトカレーです。1パックあたりの量は200gです。インターネットのECサイト等で購入できるので、是非お試しください。値段はオープン価格です。

2:吉野家 缶飯セット

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

「吉野家 缶飯セット」は、非常用の食料として製造された缶詰です。缶詰でご飯が食べられるというのは非常に珍しく、コンロや電子レンジが無くても美味しい牛丼が味わえます。牛丼のほかに、豚丼や焼鶏丼など、全6種類の缶詰があります。賞味期限は3年と、長期保存に最適な缶詰です。

米は白米ではなく玄米「金のいぶき」を使用しています。これは栄養価が高く、災害時を乗り切るのにぴったりです。また、牛肉や豚肉は吉野家の店舗で提供しているものと同じお肉を使用しています。

ECサイトのほか、吉野家の公式通販ショップで購入できます。6缶セットで4860円(税込)です。非常時に対する備えとして保管してはいかがでしょうか。ただし、いつまで食べられるのかはしっかり把握しておきましょう。

3:7年保存レトルトパン

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

レトルト食品と言えば、カレーやパスタなどを思い浮かべる方が多いはずです。しかし、レトルトのパンにはあまり馴染みがないかもしれません。

「7年保存レトルトパン」は、賞味期限が7年と長期保存が可能なレトルトのパンです。日持ちしないというイメージが強いパンをレトルト加工するという、画期的なレトルト食品です。「ブルーベリー」「ミルクブレッド」「チョコレート」の3種類があります。

調理は一切不要で、封を開ければすぐに食べられます。値段は1個464円(税込)です。1箱あたり50個のケース買いもできます。50個セットで21492円(税込)です。

4:サタケ マジックパスタ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

パスタソースではなく、パスタそのものをレトルト加工した食品もあります。賞味期限が長く、簡単に調理できるレトルト食品です。

「サタケ マジックパスタ」は、手軽に本格的なパスタが食べられるレトルト食品です。お湯か水があれば簡単に作れるので、アウトドアなどにおすすめのレトルト食品です。熱湯の場合は3分、水の場合は20分で完成します。

また、電子レンジでも調理できるので、自宅で食べるときにはおすすめの調理方法です。「カルボナーラ」「ペペロンチーノ」「きのこのパスタ(デミグラス風味)」の3種類があります。賞味期限は5年です。値段は378円(税込)です。

レトルト食品おすすめランキングTOP17!美味しいおかずが大集合のイメージ
レトルト食品おすすめランキングTOP17!美味しいおかずが大集合
今ではたくさんの種類が販売されているレトルト食品は、簡単に調理できて美味しく食べられることから高い人気を集めています。今回は数あるレトルト食品の中でも特におすすめする商品をランキング形式でまとめました。おすすめレトルト食品のランキングを参考にお楽しみください!
絶品レトルトカレーランキングTOP17!人気の定番商品をご紹介のイメージ
絶品レトルトカレーランキングTOP17!人気の定番商品をご紹介
カレー大国日本では様々な種類のレトルトカレーが作られています。今回は数あるレトルトカレーの中でも特におすすめしたい商品をランキング形式でまとめました。定番のものからご当地レトルトカレーまで種類豊富にまとめたランキングを参考に、レトルトカレーを楽しみましょう!

レトルト食品の賞味期限をしっかり確認しよう!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

今回は、レトルト食品の賞味期限について、どのくらいもつのかや、賞味期限が長い商品をご紹介しました。レトルト食品は調理が簡単なので、疲れていて料理をする元気がないときなどにおすすめです。自宅に買い置きしておけば、いざというときに便利です。

賞味期限はまだ先だからと保管していれば、そのレトルト食品があるということ自体を忘れてしまうかもしれません。だからこそ、いつまでに食べらたらよいか、賞味期限に注意が必要です。

iwalife
ライター

iwalife

jouerライターのiwalifeです。札幌生まれ札幌育ち札幌在住、生粋の道産子です。カレーライスやスープカレーが好きです。ビールも好きです。正しい情報を分かりやすく読みやすい文章で伝えるよう心がけています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング