ハングリータイガーは横浜の老舗レストラン!炭火焼牛肉100%のハンバーグとは

ハングリータイガーは横浜の老舗レストラン!炭火焼牛肉100%のハンバーグとは

ハングリータイガーは横浜で老舗のステーキ・ハンバーグ専門レストランです。1969年の創業以来地元横浜の人々に愛されてきた理由はこだわりのメニューとしっかりとした接客にあります。外食ブームの時代から現代まで愛される横浜の名店ハングリータイガーをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ハングリータイガーは横浜の地域密着レストラン
  2. 2.横浜・ハングリータイガーってどんなお店?
  3. 3.横浜・ハングリータイガーの魅力
  4. 4.横浜・ハングリータイガーの人気メニュー
  5. 5.ハングリータイガーは横浜で愛される老舗レストラン

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ハングリータイガーは横浜の地域密着レストラン

ハングリータイガーは横浜に店舗を構える地域密着型のステーキ・ハンバーグ専門レストランです。ハングリータイガーは外食ブームが始まる直前の1960年代に横浜・保土ヶ谷にオープンしました。横浜では老舗のステーキ・ハンバーグ専門レストランです。

横浜のハングリータイガーのハンバーグは牛肉100%にこだわって肉と塩だけでつくられています。つなぎを使用していないにも関わらず炭火焼きにしても型崩れせずきれいな形を保ちます。

横浜のハングリータイガーは安く食べられるファミリーレストランとは異なります。ハンバーグとステーキにこだわった専門レストランです。スタッフの数を充実させており、便利で安いファミリーレストランとは一線を画します。横浜に根を張る古き良き時代のファミリーレストランなのです。

横浜・ハングリータイガーってどんなお店?

神奈川県民なら誰もが知っている横浜の老舗レストランがハングリータイガーです。横浜で家族連れでハンバーグやステーキを食べるお店と言えばハングリータイガーという方が多いです。リピーターの多い横浜の人気レストランです。

ハングリータイガーの看板は横浜新道を走行中に丘の上に見ることができます。このため行ったことはなくても知っているという横浜の人は多いのではないでしょうか。

1969年に横浜・保土ヶ谷で創業

ハングリータイガーは1969年に横浜・保土ヶ谷で誕生しました。小高い丘の上に立つ一軒家レストランは横浜だけでなく当時の日本ではまだ珍しかった郊外型のレストランでした。

このような郊外型レストランはすかいらーくが先駆け的存在ですがその1号店よりも1年早いオープンでした。さらにすかいらーくオープンの翌年にはマクドナルドの1号店がオープンしました。外食がブームとなったのはこの頃でした。

横浜にオープンしたハングリータイガー1号店はいずれ来るであろう車社会に対応できる駐車場完備のレストランでした。また現在まで人気のごろんと丸めた炭火焼きハンバーグを鉄板に乗せて提供するハンバーグステーキというスタイルもハングリータイガーが日本で最初に始めたものでした。

現在横浜に10店舗展開中

ハングリータイガーは現在横浜市内に10店舗を展開しています。本店の保土ヶ谷店、若葉台店、日野店、甲北センター南店、トレッサ横浜店、横浜モアーズ店、グランツリー武蔵小杉店、ららぽーと海老名店、湘南辻堂店、横浜ハンマーヘッド店です。

かつてのハングリータイガーは横浜のみならず東京にも展開し100店舗オープンを目指して33店舗まで拡大を続けていました。しかし2000年にハングリータイガーで食事をした客がO157による食中毒になってしまう事件が起こりました。

フリー写真素材ぱくたそ

原因はアメリカから輸入していたハンバーグのパテでした。アメリカで加工した際にO157に感染してしまっていたのです。これにより横浜の店舗だけでなく全店営業停止となり、子供を含めた4人の入院患者を出してしまいました。

さらに翌年2001年にはBSE問題が起こります。消費者の牛肉離れが起こったことでハングリータイガーも倒産の危機に瀕しました。しかし応援してくれる地元横浜の客の応援に応えようと3つの店舗のみを残してハングリータイガーの建て直しが行われました。
 

肉はアメリカ産から衛生管理のしっかりとしたオーストラリア産オージービーフへと変更しました。ハンバーグも生焼けでは絶対に提供しないように徹底しました。こうして残した横浜の3店舗から現在の10店舗まで業績を戻したのです。

リピーターの多い人気店

ハングリータイガーは横浜で親子三代でくるお客さんが多いことからもわかるように、リピーターが非常に多いレストランです。本格的な肉らしさを感じる炭火焼きハンバーグ、特製ソース、そして優れた接客がリピート率の高い理由です。

ハングリータイガーは長いときは数時間待つこともあります。このため子供が待つ間飽きてしまわないように横浜・保土ヶ谷店の地下にはゲームが揃う待合室が用意されています。

横浜のハングリータイガーのリピート率は約80%を誇ります。それは接客も徹底して教育が行き届いていることが理由でもあります。チャコールマンと呼ばれる店の司令塔ともいえるスタッフが焼き場や客の状況を把握して店全体のサービス向上を図ります。

Photo byneshom

横浜のハングリータイガーでは注文したメニューが到着するときもスタッフは誰が何を頼んだのか把握しています。このためサーブの際客が手をあげたりすることなく黙ったままで食事の提供を受けることができます。このサイレントサービスは安いファミリーレストランとは一線を画するものです。

横浜の人々が普段の外食のみならず記念日のディナーにもハングリータイガーを利用する理由はこういった行き届いたサービスで満足感を得ることができるためです。

横浜・ハングリータイガーの魅力

ハングリータイガーが横浜の人々に愛される理由は接客以外にももちろん料理の味にもあります。ステーキ・ハンバーグ専門レストランであることにこだわった横浜のハングリータイガーの料理の魅力をご紹介します。

混ぜもの一切なしの牛肉100%

横浜のハングリータイガーのハンバーグは粗く挽いた牛肉を塩と捏ねてごろんと丸めただけのハンバーグです。食べると肉のうまみを感じます。肉をそのまま炭火焼きで食べるイメージのためハンバーグ「ステーキ」と呼ぶそうです。

ハングリータイガーのハンバーグは、一口食べれば従来のファミリーレストランのハンバーグとは違う肉をダイレクトに感じられる本格的なハンバーグだとわかります。肉好きな方に好評な炭火焼ハンバーグが食べられます。

目の前でかけてくれる仕上げのソース

横浜のハングリータイガーのハンバーグはキッチンで焼いた後テーブルの客の前で完成します。鉄板でジュウジュウと音を立てるハンバーグを半分にカットし鉄板にハンバーグの断面を押し当てて中まで火を通します。60秒待ち、ハングリータイガーオリジナルソースをかけていただきます。

特製のグレイビーソース

横浜のハングリータイガーで仕上げにかけられるのは肉汁をベースにしたグレイビーソースです。醤油で仕立てられたソースは創業以来変わらず愛されており、ハングリータイガーのこの味に病みつきのファンも多い一品です。ソースはおかわり自由なのでたっぷりつけて食べられます。

チャコールフレーバーを感じる炭火焼

横浜のハングリータイガーのハンバーグはガスも電気も使用しない炭火100%で肉を焼いています。このためハンバーグに肉本来の香り以外に炭火の香りであるチャコールフレーバーを感じることができます。

炭火焼きの温度は約800~1000度にも上ります。炭火焼きで一気に焼き上げるためハングリータイガーのハンバーグは型崩れせずおいしい肉汁を封じ込むことができます。また焼き場の構造上余分な脂を落とすように設計されているためハングリータイガーのハンバーグは意外とヘルシーです。

横浜・ハングリータイガーの人気メニュー

ハングリータイガーが横浜で愛されてきた老舗レストランである理由をご紹介しました。実際にどんなメニューがよく食べられているのでしょうか。

横浜のハングリータイガーのセットはレギュラーセットとスペシャルセットがあります。レギュラーセットの内容はパン又はライスとドリンクが付きます。スペシャルセットはスープとサラダ、パン又はライスとドリンクが付きます。

「オリジナルハンバーグステーキ」

横浜のハングリータイガーの定番メニュー「オリジナルハンバーグステーキ(220g)」です。料理単品は1490円、レギュラーセットは1830円、スペシャルセットは2380円です。

あらびき肉と塩で作られた炭火焼ハンバーグは無性に食べたくなるリピーターの多いメニューです。定番メニューなので初めてハングリータイガーに行く方にはぜひ食べてみていただきたい一品です。

「ダブルハンバーグステーキ」

横浜のハングリータイガーのオリジナルハンバーグが2個食べられる「ダブルハンバーグステーキ」です。220gのハンバーグが2個なので満足できること間違いなしです。料理単品は2280円、レギュラーセット2620円、スペシャルセット3170円です。

ハングリータイガーのオリジナルハンバーグステーキとダブルハンバーグステーキにはチーズのトッピングができます。トッピングチーズはスライスチーズ2枚で+180円、特製チーズディップ+290円です。

「オリジナルハンバーグとリブロース(170g)」

ハングリータイガーのオリジナルハンバーグと170gのリブロースを味わえる盛り合わせのセットです。肉質がきめ細かく霜降りも入りやすいリブロースは牛肉の中でも上級な部位です。料理単品は3110円、レギュラーセット3450円、スペシャルセット4000円です。

「国産サーロインセレクト(200g)」

横浜のハングリータイガーの「国産サーロインセレクト」は200gの贅沢な国産牛ステーキを食べられるメニューです。霜降りで柔らかいお肉はジューシーで脂の甘みと肉のうまみを感じられます。

ハングリータイガーなら老舗ステーキレストランの国産サーロインステーキを手軽に楽しむことができます。料理単品は3250円、レギュラーセット3590円、スペシャルセット4140円です。

「ハングリーバーガー」

ハングリータイガーのオリジナルハンバーグステーキと同じ牛肉100%の220gの大きなビーフパティを贅沢にバンズで挟んだハンバーガーです。付け合わせのホクホクのポテトもうれしいところです。

お肉屋さんのハンバーガーはファーストフードのハンバーグとは全く別物です。飲み物付きで1940円です。テイクアウトもできるのでお家でのんびり食べるのも横浜市内をピクニックがてら食べるのもおすすめです。

ハングリータイガーは横浜で愛される老舗レストラン

横浜の老舗レストランであるハングリータイガーについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ハングリータイガーのハンバーグやステーキは本格的な味わいでスタッフの対応も一流なので記念日に訪れる人も多い人気店です。一度行けばリピーターの多い理由が納得できるはずです。

 zawayk331
ライター

zawayk331

東北出身、神奈川県在住です。旅行と食べることとショッピングが大好きです。日常生活に役立つ情報をお届けできるように頑張ります!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング