北海道へ流氷体験旅行に出かけよう!おすすめスポットやツアー・美しい時期は?

北海道へ流氷体験旅行に出かけよう!おすすめスポットやツアー・美しい時期は?

北海道のオホーツク海で毎年冬になると見られる流氷は、一生に一度は見たい風景ではないでしょうか。今回は北海道で体験できる流氷のアクティビティやおすすめスポット、流氷が美しい時期についてご紹介します。運が良ければアザラシなどの動物も見ることができます。

記事の目次

  1. 1.北海道旅行するなら美しい「流氷」は必見!
  2. 2.流氷ってどんなもの?
  3. 3.北海道で美しい流氷を見られる「ベストな時期」は?
  4. 4.北海道で流氷を見るならおすすめのスポット4「船編」
  5. 5.北海道で流氷を見るならおすすめのスポット8「陸編」
  6. 6.歩く!浮かぶ!北海道で体験「流氷アクティビティ」4
  7. 7.見惚れるほど美しい「北海道の流氷」を見に行こう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

北海道旅行するなら美しい「流氷」は必見!

Photo by 柚樹葉

海一面を真っ白にする流氷の世界は幻想的で、大自然を感じさせてくれます。また、流氷旅行では見る方法も豊富で、流氷をガリガリと砕きながら進む氷砕船から見たり、列車から見たり、流氷の上を歩くことも可能です。

運が良ければアザラシが流氷に寝そべっている姿も見られるかもしれません。冬の時期に北海道旅行をするのなら、美しい「流氷」は必見です!

流氷ってどんなもの?

Photo byhansbenn

流氷は様々な環境条件が重なってできる神秘の現象のため、世界的に見ても、見られる地域は限られています。流氷が誕生するのは北海道から約1000km離れたロシアのアムール川河口付近です。塩分濃度の低い海水が氷結し、大きくなりながら南下してきます。

風に吹かれ海流に乗って、オホーツク海沿岸に押し寄せ、肉眼でその姿が確認された日が「流氷初日」となります。流氷はプランクトンのゆりかごの役割もしているので、それを食べる小魚、またそれを食べる大魚やアザラシや鳥たちもやってきます。

絶滅危惧種の渡り鳥のオオワシやオオジロワシ、運が良ければアザラシを見ることができます。海の中では、流氷とともにやってくる「天使」でお馴染みのクリオネが見られます。

北海道で美しい流氷を見られる「ベストな時期」は?

Photo by yto

流氷を北海道沖のオホーツク海で観測できる時期は、1月中旬~3月中旬です。流氷は2月ごろから増え始めるので、2月中旬~3月上旬ごろが流氷体験旅行のベストな時期です。流氷を見られる観光設備が充実しているのは、網走や紋別、知床ウトロ・羅臼の3箇所が基本です。

北海道で流氷を見るならおすすめのスポット4「船編」

Photo byEknbg

ここでは、北海道で流氷を見るならおすすめのスポット「船編」を4つご紹介します。ガリガリと氷を砕きながら流氷の中を進む船などがあります。どれもこれもおすすめですので、期待してご覧ください。

「バードウォッチングクルーズ」

Photo byjasongillman

「バードウォッチングクルーズ」は、羅臼港を出港する約1時間のクルーズです。羅臼はオホーツク海よりも砕けた氷が海に広がっているため、小型のクルーザーでの見学となります。そのため、流氷を近くで観察する体験ができます。

また、魚を狙う貴重な野鳥が大群で空を舞う姿が見られるという、世界でも珍しいクルーズが可能となっています。世界中から野鳥ファン、カメラ愛好家がわざわざやってきます。

Photo byzoosnow

流氷時期になると、絶滅危惧種のオオワシやオジロワシは90%の確率でその姿を見ることが出来るそうです。動物たちを発見した時は、マイクと船内スピーカーで生態や特徴についてスタッフが案内してくれます。

羅臼の冬は想像以上に寒く気温は氷点下なので、防寒対策はしっかりして旅行にご出発ください。4社が船を出しています。

名称 知床ネイチャークルーズ
住所 北海道目梨郡羅臼町本町27-1
電話番号 0153-87-4001

名称 まるみ(アルラン3世)
住所 北海道目梨郡羅臼町船見町
電話番号 0153-87-4477

名称 ゴジラ岩観光
住所 北海道目梨郡羅臼町本町30-2
電話番号 0153-85-7575

名称 はまなす観光
住所 北海道目梨郡羅臼町本町372-1
電話番号 0153-87-3830

「流氷観光砕氷船・おーろら」

Photo by jetalone

「流氷観光砕氷船・おーろら」は、網走港から流氷の海へ毎日出港しています。「流氷観光砕氷船・おーろら」は、南極観測船と同じ船の構造をしており、船首から氷に乗りかかり船の重みで流氷を割る仕組みで進んでいきます。船に乗っているとすごい音がして迫力満点です。

上層階で海一面の流氷を見るのもいいですが、最下層のデッキで氷を割りながら進む、迫力ある姿を見るのもスリルがあっておすすめの体験です。運が良ければアザラシの姿を見られるかもしれません。

住所 北海道網走市南3条東4丁目5の1
電話番号 0152-43-6000

「流氷物語号」

Photo by densetsunopanda

「船編」の番外編としてご紹介したいのがJR列車の「流氷物語号」です。知床斜里駅、網走駅間のオホーツク海沿岸を約60分間かけて走る列車で、目の前に広がる美しい流氷を車窓から楽しむことができます。北海道旅行でしかできない体験です。

浜小清水駅では20分間停車するので、隣接する道の駅でお買い物やグルメを楽しむこともできます。「流氷物語号」で網走まで行って、「流氷観光砕氷船・おーろら」に乗るのは流氷を満喫できるおすすめのコースです。「JR北浜駅近くの展望台」については後程ご紹介します。

「流氷砕氷船・ガリンコ号Ⅱ」

Photo by ながいの

「流氷砕氷船・ガリンコ号Ⅱ」は、オホーツク紋別のガリンコステーションから出港する船です。船主についた2本のドリルで流氷をガリガリと砕きながら進むのは迫力満点の体験です。大きさは約150tと小型で流氷を間近に楽しめ、船にいても氷の割る音と振動が伝わってきます。

運が良ければ、流氷の上に乗るかわいいアザラシや、絶滅危惧種のオオワシ、オジロワシ、オオセグロカモメなどの鳥の群れが見られるかもしれません。人が少ない時には海から野生のクリオネをすくって見せてくれることもあるそうです。

住所 北海道紋別市海洋公園1番地
電話番号 0158-24-8000

北海道で流氷を見るならおすすめのスポット8「陸編」

Photo by 柚樹葉

ここでは、北海道で流氷を見るならおすすめのスポット「陸編」を8つご紹介します。間近で流氷に触ることができるスポットや、流氷の下の世界をみることができるスポットが登場します。楽しみにご覧ください。

「能取岬」

Photo by Travel-Picture

「能取(のとろ)岬」は、網走市から車で約20分北に向かったところにある岬です。オホーツク海に突き出ているため、冬の時期には眼下に真っ白な美しい流氷を見渡すことができ、その光景はまさに絶景です!流氷が緋色に染まる夕日の時間もおすすめです。

「以久科原生花園」

Photo by 柚樹葉

「以久科原生花園」は、斜里町の海岸近くにある原生花園です。駐車場から高台に上がると、オホーツク海の美しい流氷が見られます。ここでは、海岸に降りて流氷を触ることもできます。

住所 北海道斜里郡斜里町以久科北
電話番号 0152-22-2125

「鱒浦海岸」

Photo by yellow_bird_woodstock

「鱒浦海岸」は、網走市内から、国道244号線を斜里方面へ進み約20分、JR鱒浦駅を過ぎると海側に見えてくる巨大ニポポ人形と網走海鮮市場の建物が目印の海岸です。冬の時期に海岸に降りると、流氷を間近で見ることができ、触ることもできます。

足元はスノーブーツや長靴で行くことをおすすめします。ドライブインがあり、お土産を買ったり、レストランや軽食で休憩したりできます。

「オホーツクタワーの氷海展望塔」

Photo by veroyama

「オホーツクタワーの氷海展望塔」は、紋別にある地上3階と海底層をもつタワーです。3階からは広がる流氷を上から、海底層からは流氷の下の世界を見ることができます。

海底層はミニ水族館になっていて、付近の生物たちが展示されています。防波堤の途中にはゴマフアザラシのプールもあります。

住所 北海道紋別市海洋公園1番地
電話番号 0158-24-8000

「JR北浜駅近くの展望台」

Photo by alberth2

「JR北浜駅近くの展望台」は、JR釧網本線「北浜駅」の駅舎の横にある展望台です。JR北浜駅は、「流氷に一番近い駅」といわれ、様々な映画やドラマでも登場する人気の旅行スポットとなっています。

無人の小さな駅舎には、旅人が記念に残した名刺や切符などが壁や天井を埋め尽くしています。冬の時期に展望台に登ると、目の前にはもちろんオホーツク海の美しい流氷が、天気のいい日には西は網走市街から能取岬方面、東は遠く知床連山までを大パノラマで見渡せます。

住所 北海道網走市北浜365
電話番号 0152-46-2410

「野付半島」

Photo bysuju

「野付半島」は、別海(べつかい)町と標津(しべつ)町にまたがる、海岸線から国後島に向かって海に突き出た半島です。日本で最も大きな砂嘴(さし)地形で、冬になると、砂嘴の外側に流氷が着岸し、砂浜に打ち上げられた流氷を間近で見ることができます。

冬の時期になると砂嘴の内側も氷るので、「野付の湾内凍りました、海の上歩けますツアー」を開催しています。距離感を失うほどに真っ白で見渡す限りの平原となるため、「人の手の上に乗っている小さな人」などのトリック写真が撮れます。旅行のいい記念になります。

「羅臼国後展望塔」

Photo by alberth2

「羅臼国後展望塔」は、羅臼町の中心市街地にほど近い位置にある、海抜167mの高台にある展望台です。冬の時期の天気がいい日には、近くには美しい流氷が、遠くには知床連山や北方領土(国後島)が見える大パノラマを見ることができます。

住所 北海道目梨郡羅臼町礼文町32-1
電話番号 0153-87-4560

「フレペの滝の展望台」

Photo by jetalone

「フレペの滝」は、知床の代表的な観光スポットの一つですが、「フレペの滝の展望台」からは、真冬には、断崖から海に流れ落ちる氷結した滝と、流氷に覆われたオホーツク海が見られます。また、天気が良い日には真っ白になった知床連山も見ることができます。

住所 北海道斜里郡斜里町遠音別村
電話番号 0152-24-2114

歩く!浮かぶ!北海道で体験「流氷アクティビティ」4

Photo by 柚樹葉

ここでは、北海道旅行で体験できるおすすめの「流氷アクティビティ」を4つご紹介します。流氷と一緒に海にぽっかりと浮かんでみたり、熱気球で空の上から流氷を見下ろしたり、様々な体験ができるスポットをご紹介します。

「流氷ウォーク」

Photo by jetalone

「流氷ウォーク」は、人気の体験アクティビティです。水の侵入を防ぐドライスーツを着て、ネイチャーガイドと一緒に流氷の上を歩いたり、流氷と一緒に海に浮かんで遊んだりできます。ドライスーツには浮力があるので、泳げない人でも安心して楽しめます。

ウォーキング中にオオワシやアザラシなどの野生動物に出会えることもあり、さらに運が良ければ「流氷の天使」クリオネを見ることもできます。

名称 タルタルーガ
住所 北海道網走市呼人157-2
電話番号 0152-67-9013

名称 知床ナチュラリスト協会SHINRA
住所 北海道斜里郡斜里町ウトロ西187-8
電話番号 0152-22-5522

名称 ゴジラ岩観光
住所 北海道目梨郡羅臼町本町30-2
電話番号 0153-85-7575

名称 知床ネイチャーオフィス
住所 北海道斜里郡斜里町ウトロ東365
電話番号 0152-22-5041

「流氷で乗馬」

Photo by veroyama

網走原生牧場観光センターでは、流氷と乗馬を一度に両方体験できるアクティビティを実施しています。流氷コースは牧場内を回って、海岸に出る全行程90分のコースです。

雪の中や氷が浮かぶ海の中を馬で進んでいきます。網走の冬の大地と流氷の海はとても絵になり、美しいです。寒い中でも馬の背中は温かく、体温を感じながら体験をすることができます。

名称 網走原生牧場観光センター
住所 北海道網走市藻琴225番地
電話番号 090-3897-5387

「熱気球フリーフライト」

Photo byMyriams-Fotos

「熱気球フリーフライト」は、網走から車・列車で約1時間の場所から飛び立つ気球体験です。ロープで熱気球をつないでいる係留フライトとは違い、風まかせに鳥の視線で大空を飛びます。

気候条件のいい時には、斜里岳、知床半島をはじめ、流氷に埋め尽くされたオホーツク海まで、冬のオホーツクを見渡す事が出来ます。朝方のひんやりした空気を感じながら、360度広がる大パノラマを楽しみましょう!

名称 知床ツーリスト
住所 北海道斜里郡清里町向陽282
電話番号 0152-25-2642

「流氷ヘリコプタークルージング」

Photo byPublicDomainPictures

「流氷ヘリコプタークルージング」は、網走で体験できるヘリコプタークルージングです。ヘリコプターに乗って大空から流氷を見渡すことができます。

流氷体験フライトの飛行時間は約3~4分とそんなに長くはないですが、海を埋めつくす流氷原や「流氷観光砕氷船・おーろら」が航行する姿や航跡、沿岸沿いの街並みや知床連山なども見ることができ、忘れられない体験となるでしょう。

名称 日本へリシス
住所 北海道網走市モコト海岸通3-4 網走海鮮市場 特設ヘリポート
電話番号 090-5813-0699

見惚れるほど美しい「北海道の流氷」を見に行こう

Photo by8moments

今回は、北海道旅行で見られる流氷についてご紹介しました。いかがだったでしょうか。船から見てみたり、陸から見てみたり、様々なアクティビティを体験してみたり、楽しめるスポットが満載です。是非この冬は北海道旅行へ行って流氷を体感してみてはいかがでしょうか。

Bird
ライター

Bird

関西生まれ、旅行と美術館巡りが趣味のBirdです。食べることも大好きです。皆様に世界の魅力的なスポット、素敵なものをご紹介していきます!記事に旬な情報や面白いエピソードを盛り込み、楽しんで読んでいただけるよう、心がけています。よろしくお願いいたします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング