鳥取でおすすめの名物・名産品29選!地元民おすすめのご当地料理や銘菓など

鳥取でおすすめの名物・名産品29選!地元民おすすめのご当地料理や銘菓など

観光地としての人気も高い「鳥取」は、名物や名産品がたくさんあります。鳥取観光に行ったら外せない名物・名産品や、お土産にぴったりな商品もご紹介します。鳥取ならではの魅力が詰まった名物・名産品ばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

    記事の目次

    1. 1.鳥取の名物・名産品は絶品ばかり!
    2. 2.「鳥取の名物・名産品」海鮮・7選
    3. 3.「鳥取の名物・名産品」果物・5選
    4. 4.「鳥取の名物・名産品」郷土料理・ご当地グルメ・6選
    5. 5.「鳥取の名物・名産品」人気のグルメスポット・5選
    6. 6.「鳥取の名物・名産品」人気のお土産・銘菓・6選
    7. 7.鳥取県の名物や名産品にハズレなし!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    鳥取の名物・名産品は絶品ばかり!

    Photo by e_s_jp

    「鳥取」は、豊かな自然に囲まれ、綺麗な空気と水が魅力の都市です。有名な「鳥取砂丘」や「水木しげるロード」などの観光スポットや、「二十一世紀梨」などの果物や、日本海で水揚げされる新鮮な海鮮などのグルメも人気です。

    そんな魅力たっぷりの鳥取でおすすめの、名物・名産品をご紹介します。お土産にぴったりなグルメ、お菓子、果物や、鳥取に来たなら食べておきたいご当地グルメなど、見逃せない情報ばかりなのでぜひ最後まで読んでみてください。

    鳥取県ってどんなところ?

    Photo by jinkemoole

    鳥取は、中国地方にある細長い形をした県です。海に面し、山に囲まれた自然豊かな都市で、有名な観光地「鳥取砂丘」などがあります。澄んだ空気と綺麗な水が魅力で、たくさんの美味しい果物が栽培されています。

    海鮮の水揚げ量も多く、「生マグロ」の水揚げ量は日本一です。季節ごとにさまざまな表情を見せる鳥取の街は、観光にもぴったりのスポットです。国内旅行を考えている方は、ぜひ鳥取へいってみてください。

    鳥取県へのアクセス

    Photo byFree-Photos

    鳥取には「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」の2つの空港があります。各地から飛行機が離発着しているので、空路が1つのアクセス方法です。他にも、日本各地から高速バスが運行しているので、高速バスに乗るのもおすすめです。

    鳥取には新幹線の駅はなく、「岡山駅」「新大阪駅」「姫路駅」などから「特急スーパーはくと」「特急スーパーやくも」などに乗り換えて向かう方法があります。自分の住んでいる地域から一番行きやすい手段を探してみて下さい。

    「鳥取の名物・名産品」海鮮・7選

    フリー写真素材ぱくたそ

    鳥取の名物・名産品である、豊富な水揚げ量を誇る海鮮は、鳥取のお土産としてもとても人気があります。鳥取観光に来たなら、新鮮な海鮮を味わうのがおすすめです。

    まずは鳥取で水揚げされる、名物・名産品である海鮮をご紹介します。海鮮の旬なども合わせてご紹介するので、目安にしてみてください。

    「松葉がに」

    Photo by ketou-daisuki

    「松葉がに」は、鳥取の冬を代表する海の味覚です。毎年11月から3月にかけて量が行われ、冬の日本海の荒波の中収穫される「松葉がに」は、大きく旨味の強い身がギュッと詰まっている、鳥取の名産品です。お土産としての人気も高く、大切な人への贈り物にもぴったりです。

    鳥取で水揚げされた「松葉がに」にはタグが付いていて、とても高級感があります。茹でても、焼いても、雑炊などに調理してもとても美味しくいただけます。鳥取の冬を彩る海鮮「松葉がに」はおすすめです。

    「ベニズワイガニ」

    Photo by masataka_muto

    鳥取・境港は、「ベニズワイガニ」の水揚げ量日本一を誇る街です。9月頃から翌年6月まで漁がおこなわれ、ほぼ一年中味わえる鳥取の名産品です。「ベニズワイガニ」が多く獲れる境港では、カニをまるごと一杯使用した豪快な名物グルメ「境港新カニめし」が人気です。

    「ベニズワイガニ」の身は、そのまま茹でたりさまざまな料理へ加工されて味わわれています。殻は医薬品などへ加工され、人々の生活にとても貢献しています。鳥取を代表する海鮮「ベニズワイガニ」は見逃せません。

    「シロイカ」

    Photo byMabelAmber

    「シロイカ」は、鳥取の夏の風物詩となっている、噛み応えのある甘くておいしい海鮮です。こりこりとした食感、噛めば噛むほど楽しめる「シロイカ」本来の甘さがたまりません。

    「シロイカ」は、鳥取の名産品となっていて、「白輝姫」という名でブランド化もされています。「シロイカ」は、刺身で食べるのがオーソドックスですが、天ぷらや焼いてもおいしくいただけます。

    「モサエビ」

    Photo byLaborratte

    「モサエビ」は、鳥取でしか味わうことの出来ないとされる、幻の海鮮です。毎年9月から翌年5月まで漁が行われ、他県への輸送は鮮度を保てないため、鳥取の名物海鮮となっています。甘みが強く、プリプリとした食感が魅力です。

    地元では「刺身」「煮つけ」「みそ汁の具」などに調理して味わわれています。鳥取に来たなら絶対に食べておきたい、鳥取名物の「モサエビ」を、ぜひチェックしてみてください。

    「岩ガキ」

    Photo by klipsch_soundman

    「岩ガキ」は、全国でも珍しくなった貴重な海鮮です。鳥取では、6月から8月にかけて「夏輝」と名付けられた天然の「岩ガキ」が水揚げされています。殻を開けるとぱんぱんに詰まった身が入っていて、濃厚でミルキーな味わいが特徴です。

    鳥取の名物であり特産品である「岩ガキ」は、ビタミンやミネラルなど栄養面でもとても優秀で、夏バテなどにもぴったりです。夏場に鳥取へ旅行へ出かける方は、ぜひ「岩ガキ」を堪能してみてください。

    「トビウオ」

    Photo by TAKA@P.P.R.S

    「トビウオ」は、鳥取で5月から7月にかけて量が行われる海鮮です。「トビウオ」は鳥取では「あご」と呼ばれていて、一般的にとても親しまれている海鮮です。鳥取の名物グルメにもよく使用されています。

    淡白であっさりとした味わいの「トビウオ」は、クセがなくて誰でも食べやすいのでとても人気があります。鳥取のお土産として人気の名物「あご竹輪」などにも加工されている、まさに鳥取の名産品です。

    「ハタハタ」

    Photo by Yasuo Kida

    「ハタハタ」は、9月から翌年5月にかけて漁が行われる、鳥取の名産品です。日本海で育った「ハタハタ」は、とても脂がのっていて旨味が強いのが特徴です。通常の「ハタハタ」よりも大きく、脂がしっかりとのったものを「とろハタ」としてブランド化し、名物となっています。

    干物、煮つけ以外にも、名物グルメ「はたはた寿司」や「じんたん寿司」などに加工して味わわれることもあります。ぜひ堪能してみてください。

    「鳥取の名物・名産品」果物・5選

    フリー写真素材ぱくたそ

    鳥取は、豊かな自然や綺麗な水、澄んだ空気、豊かな土壌に恵まれていて、芳醇な味わいの果物がたくさん収穫されます。果物は鳥取の名物・名産品になっていて、お土産にもおすすめです。

    続いては鳥取で収穫される、美味しい果物をご紹介します。果物ごとの旬や、品種などについてもご紹介するので、最後まで目を通してみてください。

    「梨」

    Photo by thedailyenglishshow

    「梨」は、鳥取を代表する名産品となっている果物です。鳥取名物である「二十世紀梨」は、シャキシャキの身を噛むと、芳醇な甘さの果汁が溢れてくる、鳥取でしか栽培出来ないすばらしい果物です。

    鳥取土産の定番にもなっていて、8月から9月にかけて収穫されます。他にも「なつひめ」「豊水」「幸水」などさまざまな品種が栽培されています。ぜひ食べ比べてみてください。

    「スイカ」

    Photo byLoggaWiggler

    「スイカ」は、鳥取に初夏の訪れを告げる名産品です。鳥取の豊かな自然が育んだ「スイカ」はとても甘く、ずっしりとした重さがあります。6月から7月中旬頃まで収穫が行われ、全国各地の市場へ出荷されています。

    鳥取の「スイカ」は、お土産や贈り物としてもとても人気がある名物果物です。大玉で甘みや旨味がギュッと詰まった「スイカ」を、ぜひ買ってみてください。

    「柿」

    Photo by ketou-daisuki

    「柿」は、鳥取が誇る名産品で、さまざまな品種の「柿」が栽培されています。果物の中でもとても歴史が古く、昔から日本人に親しまれている「柿」は、10月から12月頃に収穫されます。

    干し柿などに加工される「西条柿」、鳥取原産の甘みの強い「花御所柿」など、好みに合わせた色々な「柿」があります。日本人好みの果物「柿」は、鳥取で押さえておきたい名産品です。

    「メロン」

    Photo byDgraph88

    「メロン」は、鳥取各地で土壌やそれぞれの環境を活かして、さまざまな品種が栽培されている、鳥取の名産品です。「プリンスメロン」「クレオパトラ」「エリザベス」など、定番から珍しい「メロン」までありま

    鳥取の果物の中でもお土産として人気の「メロン」は、毎年5月から6月下旬ころまで収穫が行われています。ぜひ芳醇な甘さの「メロン」を楽しんでみてください。

    「いちご」

    Photo byCouleur

    「いちご」は、鳥取各地でさまざまな品種が栽培されている、人気の果物です。いちご狩りが楽しめる農園なども多くあるのでおすすめです。鳥取が生んだ「いちご」の品種「とっておき」も、食べてみたい果物です。

    他にも「章姫」などの人気品種も栽培されています。そのままでも、ケーキなどのスイーツに加工してもおいしい「いちご」は、外さない名物です。

    「鳥取の名物・名産品」郷土料理・ご当地グルメ・6選

    Photo by vr4msbfr

    鳥取には、鳥取ならではの郷土料理やご当地グルメがあり、観光に訪れたならぜひ味わっておきたいものです。鳥取で昔から親しまれている郷土料理・ご当地グルメは、ほっこりとした美味しさがあります。

    次は鳥取でおすすめの、郷土料理・ご当地グルメをご紹介します。鳥取の地で愛され続けるグルメを味わったり、お土産として買ってみてください。

    「小豆雑煮」

    Photo by tyoro

    「小豆雑煮」は、鳥取のお正月に食べられる、小豆の煮汁に丸いお餅を入れた名物グルメです。家庭によって味付けはさまざまで、煮汁をとても少なくし、小豆を味わう家庭、甘いぜんざいのような味付けの家庭、塩味の家庭など、バリエーション豊かです。

    昔から鳥取の地域で親しまれている「小豆雑煮」は、鳥取観光に来たならトライしてみたい名物グルメです。ぜひチェックしてみてください。

    「いがい飯」

    「いがい飯」は、鳥取・青谷町で昔から親しまれている名物グルメです。「い貝」は、毎年7月頃から獲れる黒く三角の形をした小さな貝で、その「い貝」と米を炊き上げたシンプルな料理です。

    「い貝」の旨味がご飯に染み渡り、奥深い味わいのご飯は絶品です。鳥取の一部地域でしか食べることの出来ない郷土料理「いがい飯」を、ぜひ味わってみてください。

    「いただき」

    Photo byoperopop

    「いただき」は、鳥取西部で古くから愛され続ける名物グルメです。大きな油揚げに生米や野菜を詰め、上品な味わいのダシ汁で炊き上げた料理で、全ての素材の旨味を吸ったご飯がとてもおいしく、病みつきになる逸品です。

    明治時代に誕生したとされる「いただき」は、以降ずっと鳥取の街で愛される家庭の味です。食卓にもよく並ぶ人気メニュー「いただき」は、外さない名物グルメです。

    「鳥取牛骨ラーメン」

    Photo by Kossy@FINEDAYS

    「鳥取牛骨ラーメン」は、牛骨をじっくりと炊き、旨味を極限まで抽出したスープがおいしい、鳥取の名物ご当地ラーメンです。牛骨の深みのある味わいが感じられるスープは病みつきになります。

    お店によってスープの味はさまざまで、各店がこだわりの「鳥取牛骨ラーメン」を提供しています。鳥取で「鳥取牛骨ラーメン」を食べ歩くのもおすすめです。

    「ホルモンそば」

    「ホルモンそば」は、鳥取で人気の名物グルメです。「ホルモンそば」とは牛ホルモンを入れた焼きそばの事で、お店によってホルモンの部位や味付けなどが異なり、食べ歩きするのも人気です。

    ホルモンの旨味を吸った中華麺がとてもおいしく、ビールなどのお酒との相性も抜群な「ホルモンそば」は、ぜひ鳥取で味わっておきたいおすすめグルメです。

    「大山そば」

    Photo byK2-Kaji

    「大山そば」は、鳥取・大山町で親しまれている、ご当地名物蕎麦です。大山産の蕎麦粉を使用した蕎麦を「大山そば」としていて、町をあげて力を入れているグルメです。

    自然豊かな大山町で育った蕎麦の実は、とても香りがよくて蕎麦好きにはたまりません。日本人が大好きな蕎麦を、鳥取で楽しみたいなら「大山そば」がおすすめです。

    「鳥取の名物・名産品」人気のグルメスポット・5選

    Photo byRitaE

    鳥取には、料理が美味しいと話題のお店がたくさんあります。鳥取観光に来たなら、名物・名産品もいいですが、美味しいグルメもぜひ堪能してみましょう。

    鳥取で行ってみたい、美味しいグルメが堪能出来る人気のお店をご紹介します。ランチやディナーに、美味しいグルメで胃袋を喜ばせましょう。

    「鯛喜」

    Photo by zenjiro

    「鯛喜」は、鳥取砂丘から程近くにある、名物「海鮮丼」が楽しめるお店です。お店の前には常に行列が出来ていて、予約をしないと食べられない程になっているそうです。

    1日50食限定の名物「海鮮丼」は、鳥取で水揚げされた新鮮な海鮮が10種類以上も載った、豪華絢爛な丼です。海鮮好きにはたまらない、ボリューム満点のコスパ丼です。予約必須なので、事前にお店に電話をしてから向かいましょう。

    住所 鳥取県鳥取市福部町湯山2164-449
    電話番号 0857-26-3157

    「たくみ割烹」

    Photo by yto

    「たくみ割烹」は、鳥取産の素材を使用した料理や「しゃぶしゃぶ」が人気のお店です。料理の魅力をさらに引き立てる、美しい器に盛り付けがされているのも魅力です。

    ランチはリーズナブルにおいしい料理が食べられ、ディナーは目も舌も大満足なこだわりの料理を堪能出来ます。グルメ通もこぞって足を運ぶ「たくみ割烹」へ行ってみてください。

    住所 鳥取県鳥取市栄町653
    電話番号 0857-26-6355

    「旬魚 たつみ」

    Photo by Grilled Ahi

    「旬魚 たつみ」は、鳥取で収穫される、その時期旬の海鮮や野菜などを使用した、こだわりの料理が堪能出来る人気店です。「カニ」「ハタハタ」「牡蠣」「うに」など、素材の旨味を活かした料理は絶品です。ぜひお店で味わってみてください。

    住所 鳥取県鳥取市弥生町347
    電話番号 0857-50-1133

    「すみれ」

    Photo by kobakou

    「すみれ」は、鳥取のブランド鶏「大山とり」を使用した、ジューシーでおいしい焼き鳥が名物の人気店です。大きくカットした「大山とり」を串に豪快に刺し、職人の技で炭火で旨味を逃さぬよう、丁度いい焼き加減に仕上げています。

    焼き鳥以外にも、「よだれ鶏」「大山とりの唐揚げ」「濃厚鶏白湯ラーメン」「鶏白湯もつ鍋」など、鶏の旨味を余すことなく楽しめるメニューが魅力です。お酒も一緒に楽しみながら、素敵な鳥取の夜にしましょう。

    住所 鳥取県鳥取市末広温泉町770-3
    電話番号 -

    「手打ちそば 昌庵」

    Photo by cotaro70s

    「手打ちそば 昌庵」は、地元・鳥取でも評判の、おいしい手打ちそばが味わえる人気店です。冷たい蕎麦も温かい蕎麦もあり、好みや季節によって選べます。

    蕎麦メニュー以外にも、鳥取名物「いただき」もメニューにあるので、おいしいお蕎麦と一緒に鳥取の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    住所 鳥取県米子市彦名町4123-3
    電話番号 0859-24-0043

    鳥取で食べたいおすすめの海鮮丼13選!評判の人気店をまとめのイメージ
    鳥取で食べたいおすすめの海鮮丼13選!評判の人気店をまとめ
    日本海に面する鳥取県には、新鮮な海の幸をたっぷりと使用した海鮮丼が食べられる人気店が数多くあります。幻のエビと呼ばれる「モサエビ」をのせた海鮮丼が食べられる大人気店もご紹介していきます。鳥取の美味しい海の幸を堪能しましょう!

    「鳥取の名物・名産品」人気のお土産・銘菓・6選

    Photo by zunsanzunsan

    鳥取観光に来たなら外せないのが、鳥取ならではの銘菓や雑貨、グルメなどのお土産です。誰かに渡す用のお土産も、自分用のお土産も美味しいものを選び、自宅に帰ってからも楽しめます。

    最後は鳥取でおすすめの、お土産や銘菓をご紹介します。渡す相手の好みを考えながら、鳥取らしい美味しい商品を買ってみましょう。

    寿製菓「因幡の白うさぎ」

    寿製菓「因幡の白うさぎ」は、日本で縁起がいい動物として親しまれている「うさぎ」を模った、鳥取名物の可愛いお饅頭です。生地には「大山バター」を使用し、和洋折衷のお饅頭に仕上げています。

    餡は、定番の「黄身餡」と「抹茶餡」の2種類があり、どちらも美味しいと評判です。鳥取名物のお土産としてぜひ買いたい逸品です。

    寿製菓「因幡の白うさぎ」は、鳥取県内の「米子鬼太郎空港」「鳥取駅」「松江駅」「鳥取砂丘」などさまざまなスポットで販売されています。

    山本おたふく堂「ふろしきまんじゅう」

    山本おたふく堂「ふろしきまんじゅう」は、鳥取名物として長年親しまれる、昔ながらの製法で造られる美味しいお饅頭です。全国各地から厳選した素材を使用し、上品な甘さに仕上げています。

    黒糖の香ばしい甘さの生地に、丁寧に裏ごししたこし餡をたっぷりと包んでいます。煎茶などと一緒に楽しみたい、誰からも愛される鳥取銘菓です。

    山本おたふく堂「ふろしきまんじゅう」は、鳥取県内の「本店」「米子店」「琴浦パーキングエリア店」「イオンモール日吉津店」などで販売されています。

    石谷精華堂「打吹公園だんご」

    石谷精華堂「打吹公園だんご」は、串に刺さった3色の餡で包まれた団子です。鳥取のお土産の定番として長年親しまれています。白餡、小豆餡、抹茶餡の3種類のあんで包まれたモチモチの団子は、子供から大人まで大好きな和菓子です。ぜひ買ってみてください。

    住所 鳥取県倉吉市幸町459-1
    電話番号 0120-230-142

    お菓子の壽城 「白とち餅」

    お菓子の壽城 「白とち餅」は、鳥取で人気の名物和菓子です。伝統の製法で丁寧にあく抜きをした「栃の実」を餅に練りこみ、滑らかになるまで裏ごしされた程よい甘さのこし餡を包んだ逸品です。こし餡で餅を包んだ「赤とち餅」もおすすめです。

    お菓子の壽城 「白とち餅」は、鳥取県内の「鳥取シャミネ店」「米子駅店」「松江シャミネ店」などで販売されています。

    宝製菓「大風呂敷」

    宝製菓「大風呂敷」は、鳥取定番のお土産として大人気の、きな粉餅に特製の「梨みつ」をかけて味わうお菓子です。数々の賞を受賞した経歴のあるお菓子で、風呂敷に一人前ずつ包まれています。

    家紋の入った風呂敷で贈り物などを包む、鳥取ならではの習わしをモチーフに考案されたお菓子です。素材や製法にとことんこだわり、安心して食べられるお菓子です。ぜひ鳥取で探してみてください。

    宝製菓「大風呂敷」は、鳥取県内の「鳥取砂丘コナン空港」「米子鬼太郎空港」「鳥取駅」など、さまざまな主要スポットで販売されています。

    ちむら「とうふちくわ」

    クリックすると楽天商品ページへ飛びます

    ちむら「とうふちくわ」は、江戸時代から鳥取で親しまれていた名物グルメです。木綿豆腐7割、魚のすり身3割で種を作り、竹輪の形に整えた後、焼いたり蒸したりしたものです。

    ねぎ、カレー、ショウガ、トマトとチーズ、レモンなど、「とうふちくわ」の新しい商品の開発も積極的に行われていて、お土産にもぴったりです。ぜひ鳥取名物の「とうふちくわ」をチェックしてみてください。

    ちむら「とうふちくわ」は、「とうふちくわの里 布袋店」「元魚町本店」「かろいち店」「鳥取大丸店」などで販売されています。

    鳥取県の名物や名産品にハズレなし!

    Photo by makou0629

    鳥取の名物や名産品はどれも美味しく、ハズレがありません。海鮮から果物まで、自然の恵み満載の鳥取ならではの美味しい名物・名産品を食べ歩きして楽しんだり、お土産として購入したり、さまざまな楽しみ方をしてみてください。

    c.mone
    ライター

    c.mone

    大阪で生まれ育ち、現在は宮古島在住の主婦です。旅行や音楽、メイク、料理が好きです。全国各地の魅力を発信できるよう、わかりやすく素敵な記事を書くことを心がけています。ぜひ一緒にさまざまな土地の魅力を発見してみましょう。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング