「デイリークイーン」のソフトクリームがかわいすぎる!日本に店舗はあるの?

「デイリークイーン」のソフトクリームがかわいすぎる!日本に店舗はあるの?

世界中で話題となっているお店「デイリークイーン」をご存じでしょうか?デイリークイーンは可愛い形のソフトクリームや逆さにしても落ちない不思議なアイスクリームが魅力的なお店です。今回はデイリークイーンの店舗情報や魅力をまとめてご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.インスタ映え必至!デイリークイーンのソフトクリーム
  2. 2.ハワイで人気の「デイリークイーン」って?
  3. 3.「デイリークイーン」は日本に店舗はあるの?
  4. 4.「デイリークイーン」の魅力って?
  5. 5.「デイリークイーン」の人気店舗は?
  6. 6.「デイリークイーン」の人気メニューは?
  7. 7.海外で「デイリークイーン」を見つけたら寄ってみよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

インスタ映え必至!デイリークイーンのソフトクリーム

可愛らしい形のソフトクリームや、カップを逆さまにしても落ちないアイスクリームなどで人気の高い「デイリークイーン」は、海外では年代や性別を問わず多くの人々に愛される人気のお店です。値段も低価格でありながらインスタ映えすることで、若い世代にも広く親しまれています。

今回は、海外で人気のデイリークイーン店舗やメニュー、その魅力について詳しくご紹介していきます。

ハワイで人気の「デイリークイーン」って?

Photo bysasint

日本では、ハワイにあるデイリークイーンが観光客の注目を集めています。丸々とした可愛らしいフォルムや価格の安さから気軽に食べられ、ハワイの美しい景色にもよく合うことからインスタ映えすると話題になり、多くのメディアで取り上げられてきました。

アメリカ発祥のアイスクリームショップ

Photo bytookapic

今では世界中に広く店舗を持ち、日本でも話題になっているデイリークイーンは元々アメリカが発祥の国でした。デイリークイーンの素敵なポイントをご紹介していく前に、まずはデイリークイーン創業の秘密と、世界中で愛される店舗についてご紹介していきます。

イリノイ州で1940年に創業

Photo byFree-Photos

アメリカ・ハワイで大人気のアイスクリーム店デイリークイーンは、1940年にアメリカ・イリノイ州で誕生しました。アメリカで夏の風物詩として愛されるアイスクリーム店として開業してから人気を高めていき、1949年には現在でも定番となっているシェイクなどの販売が始まりました。

ハワイを始めとしてアメリカで広く愛されるようになったデイリークイーンは、1953年に初めての国外店舗をカナダに開きます。

その後はフードメニューの提供やテレビ・ラジオでの広告も始まり、デイリークイーンはアメリカやハワイなどの枠を超えてより多くの人々の目に触れていくようになります。​​​​

Photo byChepearroyo

デイリークイーンは徐々に知名度とその人気を上げていき、創業から45年たった1985年には代表商品でもある「Blizzard」の売り上げが175億を突破します。この後もグリルやハンバーガー、ピザなど様々なメニューを展開し、世界中に店舗を広げてファンを増やしていきました。

28カ国に展開

Photo byMojpe

アメリカ・イリノイ州で生まれたデイリークイーンは、アメリカ国内だけでもハワイやフロリダなどの都市に幅広く店舗を展開しています。アメリカに加えてカナダ、メキシコ、アメリカから遠く離れて中国、韓国、台湾、フィリピン、ベトナムなど世界28か国に店舗が置かれています。

世界中で5000店舗以上

Photo byjossuetrejo_oficial

アメリカやハワイ、ワシントンなどの境界を越えて世界中に店舗を持ち愛されているデイリークイーンは、今では世界に展開する店舗数は5000を超え、常にその数を増やしています。デイリークイーンはフランチャイズ店舗の募集を行い続けているため、その数は今後も増え続けると言われています。

現在では世界28か国に店舗を持ち、その数を増やし続けている大人気アイスクリーム店デイリークイーンは、今後もその店舗をグローバルに広げていくことを目標にしています。

ベルギーやフランス、ドイツなどのヨーロッパからコロンビアやベネズエラなどの南米、インドやネパール、ミャンマーなどのアジア、ウクライナなど数多くの地域への店舗展開が計画されているため、インスタ映えする素敵な旅行先でデイリークイーンを見かけたら、ぜひ立ち寄ってみましょう。

「デイリークイーン」は日本に店舗はあるの?

Photo byFree-Photos

世界中に店舗を展開して多くの人々を魅了し続けるデイリークイーンですが、日本にはデイリークイーンの店舗がありません。

しかし、ハワイやフィリピン、韓国など、日本から比較的旅行しやすい地域や、日本からの海外旅行先として人気の高いエリアまで行くと、インスタ映えするデイリークイーンのソフトクリームは食べられます。

インスタ映えなどのSNSブームが続く日本で、可愛らしい形のソフトクリームや逆さにしても落ちない濃厚なアイスクリームは、子供たちから若者、大人まで幅広い世代を惹きつけます。

日本には1976年に松屋銀座に1号店がオープン

Photo byDaria-Yakovleva

現在デイリークイーンの店舗は日本に置かれていませんが、これまでずっとなかったというわけではありません。日本には過去1度、1976年から2004年までの28年間、東京・松屋銀座に1号店店舗が置かれていました。当時は、松屋銀座の人気店舗として注目を集める話題のアイスクリーム店でした。

2004年に撤退

Photo by13147

話題を集める人気店だったデイリークイーン松屋銀座店ですが、開店から28年後の2004年に撤退しました。チョコレートがかけられた丸いフォルムのソフトクリームやハンバーガー、ホットドッグなどの美味しく安いメニューで人々を魅了していたため、惜しまれながらの閉店でした。

現在は日本に店舗が置かれていないデイリークイーンですが、今後再オープンする計画があるともいわれています。インスタ映え間違いなしの可愛いソフトクリームや、逆さにしても落ちないアイスクリームの気になるデイリークイーンが日本に再度展開される日を、楽しみに待ちましょう。

「デイリークイーン」の魅力って?

Photo byPlushDesignStudio

世界各地に展開し成長し続けるデイリークイーンですが、性別や世代を問わずたくさんの人々を魅了する理由はどこにあるのか、インスタ映えする可愛らしいフォルムのソフトクリームや、逆さにしても落ちないという面白さの他にもたくさんある、デイリークイーンの魅力をまとめました。

豊富なサイズやトッピング

Photo byDaria-Yakovleva

ソフトクリームからハンバーガー、チキンなど様々なメニューを提供しているデイリークイーンでは、サイズの豊富さやソフトクリームに使われるトッピングの種類の多さが魅力の一つとなっています。好きな味のソフトクリームを自分で作るシステムは、大人から子供まで幅広く魅了しています。

世界各地に店舗を展開するデイリークイーンですが、その国によってメニューは異なります。人気のソフトクリームをはじめ、逆さにしても落ちないBlizzard、ソフトクリームサンデーやシェイク、スムージー、甘いピザ、ケーキなどあらゆるメニューが揃えられており、何度通っても楽しめます。

デイリークイーンで販売されているサンデーは定番のチョコレートやキャラメル、イチゴ、ピーナッツバターやパイナップル、ホットファッジなど、合計で7種類ものトッピングが用意されています。色々な組み合わせを試してお気に入りのソフトクリームサンデーを見つけましょう。

逆さにしても落ちないBlizzardは、オレオやピーナッツチョコレート、チョコレートキャンディなどのクラシックタイプに加え、中心にブラウニーソースがたっぷりと詰められたBlizzard Royalなど、何度通ってもワクワクするメニューが豊富に揃っています。

Photo bysunnysun0804

Blizzardは期間限定メニューも頻繁に提供されています。ベリーパイやキャラメルナッツ、スイートコーンやピスタチオなどは、限られた期間でしか食べられない人気のフレーバーです。海外旅行先でデイリークイーンのBlizzard期間限定メニューを見かけられた際にはぜひお試しください。

また、デイリークイーンの甘いピザやケーキは、一部の国では販売されていない限定メニューです。ピーナッツバターチョコレートがトッピングされたピザやチョコブラウニーがトッピングされた甘く美味しそうなピザは、一度は試す価値のある、デイリークイーンでも人気のメニューです。

Photo byponce_photography

デイリークイーンで販売されているケーキも、その種類の豊富さで多くの人々を惹きつけています。チョコレートクッキーBlizzardやチョコブラウニーBlizzard、クッキードウBlizzardなど、人気のBlizzardフレーバーが美味しいケーキになり、メニューも豊富に揃っています。

インスタ映えするフォルム

Photo byFree-Photos

デイリークイーンで販売されている商品はインスタ映えすると人気です。特に人気の高いソフトクリームは丸々とした可愛らしいフォルムで若者からの人気を集めています。どこにも売られていないような可愛らしい形は、インスタ映えに挑戦したい方は必見のメニューです。

デイリークイーンの人気メニューの一つBlizzardは、カップを逆さにしても落ちないほどの濃厚さが人気です。基本的にデイリークイーンではカップを逆さまにして提供するというパフォーマンスも行われており、買う時も食べる時も楽しめる一品です。

デイリークイーンのBlizzardは逆さにしても落ちないという珍しい特徴から、インスタ映えすると人気です。Blizzardのカップに書かれた文字も逆さまにした際に正しく読めるように作られています。デイリークイーンでインスタ映え間違いなしのポイントです!

デイリークイーンでインスタ映えすると話題の人気メニューはソフトクリームやBlizzardですが、この他にもインスタ映えしやすい大人気のメニューがたくさん揃っています。

デイリークイーンのサンデーは、インスタ映えすると人気のソフトクリームにソースがトッピングされた一品で、その丸く可愛らしいフォルムと綺麗な色のソースが可愛らしく、インスタ映えはもちろん見た目も味も楽しめるおすすめスイーツです。

Photo bycocoparisienne

デイリークイーンの店舗はアメリカやハワイ、フィリピンやシンガポールなど世界各国に展開されています。人気観光地のすぐ近くにある店舗もあるため、ぜひ観光地での美しい景色に合わせてデイリークイーンのメニューでインスタ映えに挑戦してみてください。

おいしいのに安い

Photo byQuinceMedia

デイリークイーンの様々なメニューが世界各地で人気を高めている理由は、その驚きの安さにもあります。国によって価格帯は異なりますが、安いものでは日本円で100円から販売されています。デイリークイーンは可愛らしく美味しいながらも安いことから、世界で広く愛されています。

1976年から2004年までデイリークイーンが日本に店舗を置いていた際には、人気のソフトクリームやハンバーガー、Blizzardなどのメニューがおよそ100円から300円の価格帯で販売されていました。当時の日本では憧れのアメリカの味を簡単に味わえるお店として、注目の的となっていました。

「デイリークイーン」の人気店舗は?

Photo bycastigatioxes

それではここから、世界28か国に展開しその数を増やし続けるデイリークイーンの人気店舗をご紹介していきます。特に日本人観光客からの人気が高い店舗は、ハワイとタイにあります。国限定のメニューや価格も併せてご紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

「ハワイのビクトリアワードセンター」

Photo bygraziebambino

アメリカの人気観光地として毎年多くの日本人が訪れるハワイにも、デイリークイーンの店舗が置かれています。その中でも人気の高い店舗が「ハワイ・ビクトリアワードセンター」の中にあるデイリークイーンです。

ハワイ・ビクトリアワードセンターは「ワード・センターズ」とも称される大型ショッピングモールで、ハワイグッズやお土産などの観光客向けの人気商品からローカル商品、水着やサンダル、サーフィングッズからレストランまで入っている、観光にもおすすめのショッピングモールです。

Photo by aemosion

ハワイに展開するデイリークイーンでは、大人気メニューであるソフトクリームやBlizzardはもちろんソフトクリームサンデーやシェイク、ハンバーガーやチキン、ポテトフライ、サラダまで揃えられています。本場アメリカのデイリークイーンをぜひ一度お楽しみください。

ハワイのデイリークイーンでは、ソフトクリームのスモールサイズが1.99ドル、Blizzardのミニサイズは2.89ドルから販売されています。サンデーのスモールサイズは2.69ドル、シェイクは2.99ドル、オリジナルチーズバーガーで2.19ドルと驚きの安い価格で提供されています。

住所 1044 Auahi St, Honolulu, HI 96814, Estados Unidos
電話番号 -

「ハワイのアラモアナセンター」

Photo byOlichel

「ハワイ・アラモアナセンター」内にあるデイリークリーンも観光客に人気の高い店舗です。アラモアナセンターはハワイでも最大級のショッピングモールで、連日多くの人々が訪れ利用しています。センター内には350を超えるお店とレストランが入っており、ショーやイベントも頻繁に行われます。

アラモアナセンターでは、フードコートに入る前のあたりにデイリークイーンの店舗がおかれています。青と赤を基調にしたお店は見つけやすいため迷うこともありません。可愛らしいソフトクリームやサンデー、珍しいBlizzardの食べ歩きをしながらお買い物や観光をお楽しみください。

住所 1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814, Estados Unidos
電話番号 -

「タイのビッグC」

Photo bysuc

ハワイの2店舗と並んで日本人旅行客に人気があるのは「タイ・ビッグC」のデイリークイーンです。暑い気候のタイでは、デイリークイーンは安い価格で美味しいスイーツが食べられると人気で、その店舗数は500を超えています。観光地でなくとも見かけられる人気店となっています。

タイ・ビッグCはタイ全土に展開されている大型マーケットで、多くの店舗に出店しているデイリークイーンは、年間で5000万人を超える人々が利用しているともいわれています。ビッグCではタイで使われている調味料やお菓子が簡単に手に入るため、観光での買い物におすすめです。

Photo bywebandi

タイで大人気となっているデイリークイーンでも、ハワイと同様にソフトクリームやBlizzardが食べられます。ハンバーガーやピザはありませんが、ワッフルコーンのBlizzardやワッフルボウルに入ったBlizzard、ソーセージなどの限定メニューが置かれているのが特徴です。

タイで最も人気の高い商品はBlizzardで、スモールサイズが40バーツ、一番大きなXLサイズでも90バーツとお得な価格になっています。ソフトクリームはスモールサイズで12バーツ、大きなサイズで25バーツ、チョコレートがかかったものでもスモールサイズ15バーツと格安です。

Photo byfotografierende

ハワイのデイリークイーンでは見られないワッフルコーンに入ったBlizzardやソフトクリームは29バーツから50バーツ、ワッフルボウルに入ったBlizzardは35バーツ、カラースプレーでコーティングされたソフトクリームは19バーツと驚きの価格です。

また、タイのデイリークイーンには抹茶や抹茶小豆味のソフトクリーム、ソフトクリームサンデーもおかれています。ほかの国では見られない特徴として、チーズやお肉がトッピングされたソーセージなども一度は挑戦していただきたいおすすめのメニューです。

タイのデイリークイーンではタイらしいメニューが発売されることもあります。期間限定で発売されたマンゴーBlizzardは、タイのスイーツ・カオニャオマムアンをモチーフに作られました。

Photo byliwanchun

カオニャオマムアンはココナッツミルクで炊いたモチ米にマンゴーを添えて食べるスイーツで、このスイーツをモチーフに作ったBlizazrdはマンゴーの豊潤な香りと甘み、少しの塩気ともち米の食感が癖になる味わいです。タイで見かけられた際にはぜひお試しください。

「デイリークイーン」の人気メニューは?

Photo byFree-Photos

それでは最後に、デイリークイーンで最も人気の高いおすすめメニューをご紹介していきます。インスタ映えする見た目はもちろん、味も間違いなく美味しい大人気のスイーツやフードをまとめました。海外で見かけられた際にはぜひお試しください。

「ソフトクリーム」

デイリークイーンの「ソフトクリーム」は、低価格で食べられるうえにインスタ映えする可愛らしさで人気の高い商品です。スモールサイズとミディアム、ラージの3種類が展開されており、2段重ねから3段重ねの丸々したフォルムが可愛らしい一品です。

デイリークイーンのソフトクリームは、チョコレートコーティング、バタースコッチコーティング、コーティングのないものの3種類が基本となっています。濃厚なソフトクリームはもちろん、コーティングされたものはパリッとした食感が美味しい一品です。

「フラペチーノ」

Photo byfreestocks-photos

デイリークイーンの「フラペチーノ」は、スモールサイズとミディアムサイズの2種類が販売されています。オレオやカプチーノ、モカ、チーズケーキなど種類も豊富に展開されており、トップには滑らかな食感が美味しいクリームがトッピングされています。

暑い気候でソフトクリームが溶けやすい国では、観光の際の食べ歩きやちょっとした休憩にデイリークイーンのフラッペを楽しむのもおすすめです。

「ハンバーガー」

Photo byniekverlaan

デイリークイーンの「ハンバーガー」は、安い価格である上に種類が豊富で美味しいことから高い人気を集めています。とろけるチーズと牛肉の旨味たっぷりのパテ、ピクルスの酸味が癖になるクラシックなチーズバーガーは2.19ドルで気軽に買える一品です。

クラシックなチーズバーガーの他にも、ベーコンとチーズ、レタスの定番コンボが美味しいグリルバーガーやターキーBLTサンド、パテがジューシーな鶏肉になったチキンベーコンサンドなど、どの商品も美味しさ抜群のメニューです。

Photo byComfreak

パテが2倍になったダブルチーズバーガーやクリスピーチキンサンドイッチ、お手軽に食べられるホットドッグやピリ辛のチリチーズドッグなど、小腹がすいたときに食べたいメニューやお昼ごはんを簡単に済ませたいときに便利なメニューが揃っているのもデイリークイーンの魅力です。

また、デイリークイーンにはハンバーガーやホットドッグと合わせて食べたいサイドメニューも揃っています。ポテトフライやオニオンリングフライ、チーズボールフライ、チーズソースにつけて食べるクリスピープレッツェルなど、種類も豊富に用意されています。

海外で「デイリークイーン」を見つけたら寄ってみよう

Photo byStockSnap

以上、世界中に急速展開し話題を集めている「デイリークイーン」のご紹介でした。現在は日本に店舗が置かれていないデイリークイーンですが、その見た目の可愛らしさや面白さからインスタ映えするメニューがたくさんあります。ぜひ、海外でデイリークイーンをお楽しみください!

Sakura Okamura
ライター

Sakura Okamura

東南アジアと猫が大好きで海外暮らしを始めました。生活に寄り添ったワクワクするような記事をお届けしていきます。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング