「春駒」は大阪・天満の有名寿司店!これだけは食べたいおすすめメニューは?

「春駒」は大阪・天満の有名寿司店!これだけは食べたいおすすめメニューは?

春駒と言う寿司屋について特集しています。大阪の天満にある人気有名寿司店です。春駒の特徴とおすすめのメニューを紹介します。大阪へ観光の旅行を考えている方や、大阪のグルメを知りたい方、お寿司に目が無い方におすすめの記事です。

記事の目次

  1. 1.お寿司もお酒もたっぷり楽しめる「春駒」
  2. 2.「春駒」って?
  3. 3.「春駒」の基本情報
  4. 4.「春駒」の魅力
  5. 5.「春駒」の注文の仕方
  6. 6.「春駒」のおすすめメニュー
  7. 7.天満に行ったら「春駒」に寄るべし!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

お寿司もお酒もたっぷり楽しめる「春駒」

フリー写真素材ぱくたそ

春駒は大阪天満にある、人気大衆お寿司屋です。春駒の魅力について知りましょう。お寿司の特徴やおすすめメニュー、グルメな大阪の人を虜にしている秘密を紹介します。春駒は支店もあり、支店の情報も紹介します。おすすめのメニューには思わずつばを飲み込むぐらいになるでしょう。

大阪の絶品寿司11選!一度は食べたい名店やおすすめ穴場店の実力は?のイメージ
大阪の絶品寿司11選!一度は食べたい名店やおすすめ穴場店の実力は?
くいだおれの街、大阪で美味しいものが集まる大阪で絶対オススメの寿司店をご紹介します。高級寿司からお手軽寿司ランチ、有名店から穴場店まで、これだけ抑えたらデートも接待も完璧です。TPOに合わせて選べる大阪絶品寿司も合わせて見ていきましょう。

「春駒」って?

春駒とはどのようなお寿司屋なのか。春駒の特徴について知り、大阪の人が愛してやまない春駒の店内、春駒支店の情報なども紹介します。

大阪・天満の行列のできる有名な寿司店

春駒は1953年に大阪の天満に誕生した有名な寿司屋です。創業の当時から地元の大阪天満の人に愛されています。天神橋筋など大きな商店街がある大阪天満で、長年にわたり営業を行っている有名店です。大阪の天満の寿司屋と言うと「春駒」と答える地元の人も多いです。

人気の理由はコスパが良いことと、ネタの良さが挙げられます。創業当時から大阪天満の人の胃袋を満たしてきて、多くのリピーターがいる春駒は常に混雑しています。近年では噂を聞きつけて、海外の人も訪れるような店になっており、一層の人気店へと昇り詰めています。

寿司店激戦区の天満でもひときわ有名

Photo by tablexxnx

大阪の天満の寿司屋と言うと、大阪の中でも数多くの有名寿司店がひしめく激戦区です。そしてどの店もレベルが高いと有名で、大阪では天満に行くと美味しい魚料理が食べられると言います。回転寿司などが近年人気を集める中、変わらずに握りずしの旨さを伝えている店が多いのが特徴です。

寿司激戦区の天満にはグルメな店も多く、一大グルメスポットとして大阪の地元の人も訪れる店が多いです。シンプルに美味しいものを安く提供している店だけが残り、利益だけを求めるような店はすぐに潰れます。そんな入れ替わりの激しい中で春駒は変わらず営業を続けています。

「春駒」と「春駒支店」

春駒は、支店も同じような地区の天満に進出しています。春駒と春駒支店でも差別化を図っており、顧客が被らないようにいろいろな工夫がされています。春駒の美味しさはお酒にもこだわっており、ゆったりとリーズナブルに美味しいお寿司が堪能できる店を目指しています。

春駒と春駒支店との差が明確で本店の方が人気が高く混んでいます。春駒は混雑を避けるために同地区である大阪天満に春駒支店を作りました。しかし春駒はお寿司のネタが尽きて閉店することがあるのに対して春駒支店は、なかなか閉店することは無いと言われています。

春駒と春駒支店の違いを簡単に見てみましょう。もし春駒が満員で行列ができているときには春駒支店でお寿司を食べたほうが良い場合もあります。

支店の方がキャパが多い

Photo by yto

春駒はカウンター14席の計22席で、座席は開店と共にほぼ埋まります。一方で春駒支店はカウンター19席に座敷席があり、春駒支店の方が大きいです。春駒支店は比較的常に入れる状態で、春駒を諦めた客が春駒支店でお寿司を食べることが多いです。

常連客の中では春駒の方が上質なネタを扱っているとか噂が流れていますが、真偽のほどは定かではありません。しかし支店の方が大きいために空いていることが多く、春駒支店は、並ばずに入れることがあります。春駒支店には春駒支店のメリットがあります。

メニューも支店の方が多い

Photo by yuiseki

春駒支店のメリットは本店と比較してメニューの数が多いです。本店と比較してもいろいろ創意工夫をしているのが春駒支店です。春駒のメニューをベースに支店ではアレンジを加えているメニューがあります。春駒はギューッとターゲットを絞った作りになっています。

今回は春駒本店を中心に紹介します。しかし基本的なものはあまり変わりはないと言われています。春駒に長い行列を作って並んでお寿司を食べるのなら、春駒支店で並ばないでお寿司を食べたほうが良いと最近の人は割り切っていることが多いです。春駒支店は本店の混雑緩和に役立っています。

「春駒」の基本情報

春駒の営業時間は11:00~22:30で、多くの日は終了時間前にネタが尽きてしまい、閉店します。夜の営業では品切れに要注意です。朝に仕入れたネタを入れて営業しているので、人気のメニューは夜には無いことがあります。定休日は火曜日ですがカレンダーにより変更もあります。

アクセスはJR大阪環状線「天満」駅から徒歩4分、地下鉄「天神橋筋六丁目」駅からもアクセスでき、徒歩で約5分の距離にあります。駐車場はありません。車での来店は近隣のコインパーキングを利用しましょう。

「春駒」の魅力

春駒の魅力を紹介します。どのような魅力がありネタが尽きてしまうほどの人気店になっているのでしょうか。春駒の大きな魅力を紹介します。

ネタが肉厚で新鮮

春駒の寿司ネタは肉厚が特徴で、朝に仕入れたネタを使っているので鮮度が違います。おすすめメニューの欄で詳しく紹介しますが、ネタが美味しいと言われており、それを受け止めるシャリとのバランスも良いです。ネタが肉厚で価格以上の価値があると思えるお寿司を提供しています。

鮪などのネタに関しても新鮮さが売りで、握ったお寿司は芸術品のキラキラ輝いています。ネタの新鮮さは匂いなどが全くなく、海鮮の旨みをしっかりとして味覚に訴える一品が多いです。最高の寿司ネタは職人の調理によって丁度良い状態に仕上げており、一品一品感動の味だと言われています。

とにかく高コスパ

Photo by ume-y

回転しないお寿司の中では春駒は、かなりの低価格で提供しています。長年多くの人の胃袋を満たしてきたのは安くて美味しいお寿司です。高コスパのお寿司は、ネタも一級品に対して価格はリーズナブルで懐に優しいのが春駒の特徴です。美味しいお寿司には、多くの常連客が虜になっています。

リーズナブルで提供しているのは、客の数をこなしているからだと言われており、仕入れたネタを売り切ってしまう精神が無駄な経費を落としているからだと常連客は言います。コスパの良いお寿司は、長年多くの大阪人を虜にしてきています。春駒の特徴の代表例です。

回転が速い

お寿司屋でお酒も美味しく、長居する客が多いかと思いきや、客は次から次への入れ替わっていきます。春駒はとりあえずお寿司という大阪の人が多く、最初に食べてや飲み屋のはしごで使われていることが多いです。したがってあまり春駒で沢山のもうと思う客が少ないのが特徴です。

したがって店内は狭いことと外には行列が並んでいることがありますが、行列は思ったよりも並ばずに済みます。注文の仕方などに工夫があり、回転率を上げていると言えます。観点率が上がることでより安い良いネタを提供できるサイクルが常連客との間に自然に出来ています。

「春駒」の注文の仕方

春駒の注文の仕方について取り上げます。どのような注文の仕方が高回転率の人気有名店を支えているのでしょうか。

オーダーは紙に書いて店員さんに渡す

春駒のオーダーは、紙に書いて店員さんに渡す方式です。紙に書いて店員さんに渡すと職人さんが握って2貫出してくれます。直接注文する形式は取っていません。寿司屋としては異色の注文方式で、お寿司をただ味わいたい人に好まれている方式です。

春駒の店内は営業時間はてんやわんやの大騒ぎで、多くの客は回転して来店するので、紙に書くのが一番間違いが無いと言われています。店内では活気に満ちていますが、普通のお寿司屋とは違った雰囲気を体験できるのが春駒の店内です。有名な注文方式ですから行く前に押さえておきましょう。

全て2貫ずつ

料金体系は全て2貫で100円と150円、200円、300円、350円、400円、450円の7種類だけです。シンプルに料金体系を絞ったことも高コスパで、早く客を回転させる秘訣だと言われています。料金体系を絞り、会計の手間も省いていて、手際のよい店員さんが光ります。

「春駒」のおすすめメニュー

Photo by nekotank

春駒おすすめのメニューを紹介します。春駒のおすすめメニューは、どのようなものがあるのでしょうか。

「玉子」100円

玉子はほとんどの人が頼む春駒の名物メニューの1つで、春駒を有名にしたと言われている一品です。しっかりとボリュームがあるネタは、出汁が染みており、シャリがそれを受け止める一品で、ネタとのバランスが良いと評判です。玉子のシンプルな味がしっかりとしていると人気です。

常連客の中では支店では、この玉子の味が違うと言います。玉子にもしっかりと工夫がされており、甘めに作られている味には、子供から大人まで大人気です。春駒の玉子は有名で、お年寄りからも好かれています。おすすめのメニューの中でも特に頼まれる頻度が高い一品です。

通常寿司屋の玉子は甘くなるのが難点ですが、春駒の玉子の味はリピートしたいと思わせる一品です。子供でも頼みやすい価格も人気の秘密でしょうか。玉子の美味しさは他の店とも比較して春駒は優れていると言います。春駒の美味しいお寿司の中でも一品は注文したい品です。

春駒の玉子は、シンプルながらなかなか他では味わえないと有名で、多くの常連客から愛されています。常連客の中では玉子だけを食べる人がいるくらい有名な逸話があると言われています。至福の味の玉子は、おすすめのメニューには載っていなくても自然に注文してしまう一品です。

適度な甘さは多くの人から愛されており、春駒を有名にしているメニューです。味わい深い玉子は、最初に頼んでも最後に頼んでも、途中で頼んでも、海鮮系で少し、口の中がくどくなったときの口直しに使えるなどいろいろな食べ方で活躍します。オールマイティーで嫌いな人が少ない一品です。

美味しい玉子の味付けについては門外不出だと言われています。春駒が長年愛される店だと言われている証拠が玉子の歴史には刻まれています。春駒の歴史を味わうように、玉子も感慨深く味わうとまた一段と味に深みがあるように思えると常連客の中で好評の有名な一品です。

「カニ味噌巻き」200円

カニ味噌巻きは、春駒の人気メニューで、味わい深いカニ味噌が濃く、海の味を感じられるおすすめの一品です。軍艦になっていますが、この価格帯でカニ味噌を味わえるのであればコスパも良い一品です。味噌の主張があるおすすめの一品で、常連客の中では強烈なリピーターがいます。

おすすめのポイントは、カニ味噌の風味に工夫がしてあるところで、臭みなど一切感じなく、それでいてカニ味噌の濃い風味が口の中に広がり、豊かな味わいにおすすめのファンになる人が続出しています。やや外国人にはなじみがないので、注文頻度は多くないですが、おすすめの一品です。

軍艦はいくらやネギトロなどいろいろありますが、カニ味噌を味わって春駒を味わうと言う常連客がいるほどの有名です。コスパも良く贅沢にカニ味噌が味わえるとあり、春駒を有名にした一品のうちの1つです。軍艦巻きにしていることで、カニ味噌をよりストレートに感じられると言われています。

実は春駒には、こういったちょっとした珍味系の料理の細工が得意で、カニ味噌に何を入れているのかは分かりませんが、ただ単に握っているわけではありません。シンプルに美味しく感じられる一品で、カニ味噌好きの人だけでなく楽しめる一品には多くのファンを虜にします。

カニ味噌の寿司は、美味しいと評判で、多くの有名人も舌鼓を打っています。美味しい風味を感じられるカニ味噌はおすすめの度合いも高いメニューで、口の中に海を感じられると評判です。美味しい濃いカニ味噌を味わってみると、他のカニ味噌が食べられなくなると言います。

美味しさの秘密は鮮度にあると言われており、近年ではガイドブックを見たのか、外国人も味わっている姿が多いです。それだけ多くの人の口の中を感動させるポテンシャルを持っている一品で、多くの人が春駒でおすすめするメニューの1つに挙げています。

「白身魚の昆布〆」350円

白身魚の昆布〆は、上質な白身を昆布で締めて、さっぱりと仕上げているおすすめの一品です。シンプルに魚の旨みが感じられ、美味しい一品にはファンも多いです。白身のあっさり感を昆布の旨みで保管している形です。さっぱりしている風味には、多くのファンがついています。

白身魚は締めているとは言え、さっぱりとしている風味が特に最初の方に味わいたい一品だと言われています。美味しい旨みは白身の旨みと昆布とよくマッチしています。

美味しいおすすめの白身魚の昆布〆には、いろいろな兄弟の存在があり、一緒に食べ比べしても楽しいと言われています。日本人が感じられる旨みが白身魚にはあると言われ、感じるか感じないかのような微かな旨みの違いを感じられる一品です。しっかり口の中で味わうと旨みがでてきます。

多くの旨み成分が含まれており、見た目のボリュームだけで判断してはもったいないです。ゆっくり口の中の息を鼻に抜くように味わうと、味覚を感じ、味蕾を刺激する一品であることが分かります。シンプルに美味しく、白身魚を味わいたい人にもおすすめの一品です。

旨みの層が赤身より分厚いと言われており、白身を存分に味わえる一品には多くのファンがいます。一品目から白身を始める人がおり、寿司屋のポテンシャルが試される一品です。春駒の真髄を味わえる一品で、春駒ならではのネタの味をしっかりと感じてみましょう。

「はまち腹」350円

しっかりと脂がのっているはまち腹も人気おすすめメニューの1つです。はまちそのものの美味しさもありますが、腹身には、脂肪分がたっぷりで、白身の脂身の旨みを感じられる一品です。さっぱりしている感覚ではありませんが、しっかりと食べ応えがある味が人気です。

はまち腹は、大きめに切られておりボリュームがたっぷりな点がおすすめポイントです。2貫でてきますが、2貫食べるとかなりお腹にも溜まる一品で、コスパよく食事をしないならマストな注文方法です。はまち腹のシンプルな風味は塩で食べても美味しいと言われています。

握って出されるお寿司は、きらきらと光っており、脂身の旨みと白身の旨みを両方味わえる一品です。お得にいろいろな味を楽しみたい人にはおすすめの一品です。

はまち腹は、エサで決まると言われており、しっかりとした脂身は臭みも無く、美味しいと評判です。新鮮なネタだからこそできる一品で、しょうゆの風味が邪魔なくらい繊細な旨みがあると言われています。上質な味に多くの人が舌鼓をうっており、春駒でも人気のメニューです。

350円と言う価格設定でこのボリュームなら頼まない手は無いです。多くの客が注文するメニューで特に始めに注文されることが多いです。シンプルな味ですが、しっかりとしたボリュームが堪能できるおすすめの一品で、美味しいメニューには多くのファンがいます。

「平目えん側」400円

平目のえん側は、食感と上質な白身の味が堪能できる一品で、カレイともまた違った高級感がある握りです。高級品のひらめのえん側が400円で味わえるというのが春駒のポテンシャルやリーズナブルさを物語っています。平目のえん側はじっくり味わえば味わうほどに美味しいと言われています。

平目のえん側は、他店では1000円ぐらいするのではと思えるほど高級な品です。口に入れた瞬間はあっさりなのですが、徐々に旨みが染み出てくるように堪能できる一品には多くのファンがいます。口の中から空気を抜くようにじっくりと味わうと平目の美味しさが出てきます。

あっさりしている点が、大きめに切られたネタで平目の真髄を味わえる一品です。シンプルに後に残る味が華やかにたなびいて、消えるまで輪郭がくっきりとしていると言われています。

平目のえん側にはファンが多く付いており、ファンの多くはその美味しさに悶絶すると言われています。平目の味の濃さをしっかりと感じて、美味しい一品は目をつぶってゆっくりと味わうと良いです。平目の主張は噛めば噛むほどにしっかりと味を感じさせてくれます。

味わい深い一品には多くの白身魚とも比較できるレベルで、美味しい一品には、多くのファンがついています。白身の美味しさを存分に堪能できる一品で、白身魚すきの人は注文すると良いでしょう。注文して損はないボリュームと、味が感じられる一品です。

「トロ」400円

店員さんからもおすすめされ、お店でも特におすすめしている品がトロです。中トロですが、しっかりと脂がのっている旨みはお寿司の中でも1、2位を争うくらい美味しいと言われています。とろけるような口どけにしっかりとしている赤身の味が感じられる一品でファンも多いです。

春駒のトロはボリュームが凄いのが特徴で、食べ応えがあるのが良いと言われています。シンプルに美味しい一品には多くのファンがおり、誰もが必ず注文する一品です。

シンプルに口の中に入れると広がる旨みには、強い主張と、とろけるような脂の旨みが合わさって口の中が至福に包まれます。トロの味は、特に春駒の中でも注目で、誰もが頼む一品です。多くの春駒ファンが注文するマストな一品で、口の中で旨みが弾ける感覚はリピーターを生んでいます。

トロという名の通りとろけるような舌ざわりが旨みをグッとアップさせていると言われています。トロの旨みは赤身にも負けていない味の濃さが大きな魅力の1つです。トロと味の競演には多くのリピーターがおり、シンプルに美味しいトロには注文が集まります。

トロの旨みは単調なようでなかなか複雑です。魚の旨さと脂の旨さをしっかりと味わってみましょう。美味しい味には、多くのファンがおり、リピーターが多く注文する一品で、春駒での食事をより印象深いものにしている1つの要因です。

住所 大阪府大阪市北区天神橋5-5-2
電話番号 06-6351-4319

天満に行ったら「春駒」に寄るべし!

Photo by titanium22

大阪の天満に行ったなら春駒へ立ち寄ってみて、極上のお寿司をリーズナブルに味わってみましょう。春駒の特徴的な注文の仕方さえ押さえていれば特に問題なく、楽しくお寿司が味わえます。春駒へ立ち寄り、春駒の味の真髄を堪能してみてはいかがでしょうか。

古澤 弘一
ライター

古澤 弘一

フリーライターです。旅と猫好きで、食べ歩き大好きです。「日常のちょっとしたことにプラスになる情報を届ける」をモットーに活動しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング