嬉野温泉観光のおすすめスポットをご紹介!名所からグルメまで

嬉野温泉観光のおすすめスポットをご紹介!名所からグルメまで

佐賀を代表する嬉野温泉は、効能豊かで日本三大美肌の湯として知られています。周辺には多くの観光スポットがあり温泉、観光名所巡り、グルメとさまざまな楽しみ方ができます。今回は、魅力満載の嬉野温泉でおすすめの観光スポットをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.佐賀に来たら嬉野温泉観光がおすすめ!
  2. 2.嬉野温泉は観光客に人気の名湯揃い!
  3. 3.嬉野温泉観光をするなら入りたい!おすすめの湯4選
  4. 4.嬉野温泉観光で行くべき!楽しめる名所4選
  5. 5.嬉野温泉観光で人気!おすすめのスポット
  6. 6.嬉野温泉観光で立ち寄りたい!おすすめグルメ
  7. 7.嬉野温泉観光で温泉やグルメを満喫しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

佐賀に来たら嬉野温泉観光がおすすめ!

Photo by gtknj

佐賀の人気観光スポット嬉野温泉は九州随一の名湯で、周辺には観光客を魅了する多くの観光名所が点在しています。肥前吉田焼の名産地でもあり、陶芸のお店や工房も人気があります。また、嬉野温泉周辺は嬉野茶の名産地でもあるためお茶に関わる観光も魅力です。嬉野温泉名物の温泉湯豆腐など美味しいグルメも豊富なので充実した観光が楽しめます。

温泉・グルメ・焼き物・アミューズメントが楽しめる

Photo by Kanko*

嬉野温泉は美肌の湯として有名で、各温泉施設にはさまざまな温泉がありのんびり体を癒すことができます。また、露天風呂がある日帰り温泉施設やシーボルトの足湯などの名所もあるのでちょっと立ち寄ってお湯を楽しむこともできます。嬉野温泉といえば名物グルメの湯豆腐があり、観光に来た際は名店を訪ねてとろりとした食感を堪能するのもおすすめです。

肥前吉田焼をはじめとする佐賀の有名焼き物が並ぶお店や陶芸体験ができる施設もあります。嬉野茶は味わうだけでなく、お茶を使ったソフトクリームも嬉野温泉のグルメスイーツとして人気です。茶摘み体験などのアクティビティが楽しめる施設も観光客に好評です。さらに、子供から大人まで夢中になれる忍者がテーマのアミューズメント施設もあります。

嬉野温泉へのアクセス

Photo byFree-Photos

嬉野温泉へは飛行機・高速バス・車・新幹線を使ってアクセスできます。東京から飛行機を利用して嬉野温泉へアクセスする場合、成田空港から福岡空港まで約2時間、福岡空港からバスで嬉野バスセンターまで行き、そこから嬉野温泉まで徒歩、タクシー、送迎バスなどで移動します。

新幹線や電車利用の場合は武雄温泉駅まで行き、バスで嬉野温泉バスセンターまで乗車します。また、車利用の場合は福岡から長崎自動車道を経由し嬉野ICまで約1時間20分、そこから一般道を約2kmで嬉野温泉へ到着します。バスか車利用が費用、時間、交通便共にアクセスしやすいのでおすすめです。

嬉野温泉は観光客に人気の名湯揃い!

フリー写真素材ぱくたそ

嬉野温泉は効能豊かな泉質で、温泉に浸かるだけでなく体の中まで効能が行き渡るよう飲むのもおすすめです。源泉は地下約30mから湧き出しており、その湯量は1日約2500tにもおよびます。ナトリウム、水素イオンなどを多く含む弱アルカリ性の重曹泉で、体全体に高い効能をもたらしてくれます。嬉野温泉にはこお名湯を堪能できる施設がたくさんあります。

日本三大美肌の湯の効能

フリー写真素材ぱくたそ

嬉野温泉はナトリウム成分をたくさん含んでいる重曹泉で、少々ぬめりがあるのが特徴です。重曹泉は肌の余分な分泌物を乳化してくれるため、湯上りはそれらが除去されつるんとした美しい肌になります。日本三大美肌の湯といわれ観光客に人気で、とくに女性に人気があるようです。

美肌以外にも、神経痛やリウマチ、婦人病、傷、皮膚病などにもよく効き、飲泉では肝臓や胃腸を活性化させる働きもあるといいます。源泉の温度は85℃以上と高温なため地中の色々な成分が含まれ効能を高めています。肥前風土記の中には「東の辺に湯の泉ありて能く、人の病を癒す」とあり、古来から人々が効能を求め訪れていたことが分かります。

嬉野温泉「夢の温泉」の由来

Photo byGesmar

女性に絶大な人気がある嬉野温泉が「夢の温泉」といわれる由来は神功皇后伝説によります。皇后は戦の帰路で嬉野温泉へ立ち寄りました。その際、川の中で羽を水に浸けて体を休めている一羽の鶴を見付けました。鶴はしばらくして元気に川を飛び立っていき、その姿に驚いた皇后が川を調べてみると温泉が湧き出していることに気づきました。

この温泉は体の傷を癒す効果があると知った皇后が、戦で負傷した兵士たちにこの温泉を勧めたところ見事に快復したといいます。夢のような素晴らしい温泉の効能に感動した皇后が「あな、うれしいの」と言ったことが嬉野温泉の名前の由来となり、効能豊かな夢の温泉として現在まで語り継がれてきました。

嬉野温泉観光をするなら入りたい!おすすめの湯4選

Photo by y_katsuuu

嬉野温泉を観光するなら名湯を存分に味わえる温泉施設を巡るのがおすすめです。嬉野温泉には日帰り入浴施設や立ち寄り湯が楽しめる老舗の温泉宿など観光に嬉しいスポットが数々あります。公衆浴場として観光客に人気の「シーボルトの湯」は、年間を通して多くの入浴客で賑わう名所となっています。それぞれの温泉の個性を味わいながら湯巡りができます。

「ホテル 華翠苑(日帰り温泉)」

Photo by torumiwa

嬉野温泉「ホテル 華翠苑」は嬉野温泉一高い場所にある空中露天風呂が人気の温泉旅館です。繊細なおもてなしが評判で子供から年配の方まで多くの世代に支持されています。古来より人々に愛されてきた名湯は、広々とした大浴場と空中露天風呂、女性用庭園露天風呂、完全個室の貸切風呂で堪能できます。

一番の魅力である空中露天風呂からは、温泉に浸かりながら嬉野の街並みや周辺に広がるのどかな田園風景を一望できます。浴槽は信じられないほど広く、周りを遮るものが何一つないため空と風と一体になれるのも魅力です。タオル、アメニティも揃っているので日帰り温泉は手ぶらでも大丈夫です。12時から利用できるのでのんびりお湯が楽しめます。

「嬉野温泉公衆浴場 シーボルトの湯」

Photo byStockerTui

嬉野温泉のシンボルともいえる「嬉野温泉公衆浴場 シーボルトの湯」は、大正浪漫漂うレトロな建物が印象的な公衆浴場です。大正時代にドイツ人により設計され、古湯温泉として覆うの人々に親しまれてきました。老朽化したため2010年に当時の建物が再現されリニューアルオープンし、オレンジ色の屋根が今も変わらず健在です。

館内は車椅子でも利用できるようバリアフリーになっており、休憩室やマッサージ機も完備されています。内湯が2つ、貸切風呂が5つあり、泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉で神経痛、リウマチ、婦人病、腰痛、美肌などの効能があるといわれています。500円以内というリーズナブルな入浴料で、駐車場はシーボルトの湯利用で90分無料とうのも嬉しい点です。

住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙818-2
電話番号 0954-43-1426

「嬉野温泉 湯宿広場」

Photo by inunami

「嬉野温泉 湯宿広場」は2012年にオープンした全国でも珍しい足蒸し湯とシーボルトの足湯がある温泉施設です。足蒸し湯は7人掛けの椅子にそれぞれ座り蒸し器の箱に両足を入れて10分から15分蒸されるというものです。嬉野温泉のお湯を高温のナノミスト状にした蒸気はじっくりと足を温めてくれるので血行促進効果がありおすすめです。

椅子のそばには手すりも付いているので年配の方でも安心です。足と箱の間に少し隙間ができるので、蒸気を逃がさないようタオルなどで囲むのがおすすめな方法です。タオルは湯宿広場の前にある三根芳春園で購入できるので持参しなくても大丈夫です。この湯宿広場は無料で利用でき、足湯が8時から23時、足蒸し湯は9時から20時までとなっています。

住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2187-4
電話番号 0954-43-0137

「嬉野温泉 大正屋」

Photo byjggrz

嬉野温泉「大正屋湯宿」は大正14年創業の老舗旅館です。日本三大美肌の湯として知られる嬉野温泉を代表する人気の宿で、自家源泉によるたっぷりの湯量を使った大浴場や内湯を楽しめます。大浴場は男女共に2ヶ所ずつあり、それぞれ滝や緑が配され日本庭園を眺めることができる情緒あふれる浴場となっています。

大浴場の滝の湯は、鯉が悠々と泳ぎ、人工滝が流れる日本庭園を楽しみながら24時間自由に温泉を楽しめるのが魅力です。四季の湯は吹き抜けの天井と全面開閉式のガラスの壁になっており、露天風呂にいるような気分も満喫できます。宿泊する場合は大正屋のグループ施設である椎葉山荘や湯宿 清流の温泉も利用できるので気ままな湯巡りも楽しめます。

嬉野温泉観光で行くべき!楽しめる名所4選

Photo by hkflc

嬉野温泉は温泉だけでなく、さまざまな観光名所があるのも大きな魅力です。嬉野温泉観光では、日本三大美肌の湯で美肌効果を得ながら、観光名所で各施設の見どころを堪能するのがおすすめです。温泉街のそばにあり絶景を楽しめる立岩展望台や、嬉野茶の茶摘み体験ができる施設、嬉野茶の工場見学やお茶のお土産が揃うスポットも人気の観光名所です。

絶景の眺め「立岩展望台」

フリー写真素材ぱくたそ

嬉野温泉街の南東、海抜345mのところにある「立岩展望台」は絶景が見られるスポットとして有名な観光名所です。眼下に温泉街、遠くに雄大な有明海を一望できます。夜は宝石を散りばめたような街の灯りと満天の星空が美しく、夜景を楽しむのに最適な場所です。昼間とは違って夜間は訪れる人がまばらなため穴場としてもおすすめなスポットです。

また、展望台近辺に広がる嬉野茶の茶畑も美しい眺めです。目で眺めるだけでなくスケールの大きな絶景を写真に収めるのもおすすめです。展望台までは嬉野温泉街から車で約10分ほどで、道の狭い箇所もありますが一本道で分かりやすく、駐車場も完備されているので安心なのも観光客には嬉しいポイントです。

住所 佐賀県嬉野市嬉野町下野甲
電話番号 0954-42-3310

日本茶が摘んで飲める「嬉野茶」

Photo by ajari

嬉野温泉名物である「嬉野茶」を存分に楽しめる観光スポット「JAさが・嬉茶楽館」は、茶摘みや手揉み、温泉茶染め、お茶の淹れ方教室などの体験が楽しめる人気の施設です。1440年の栽培されてから古い歴史をもつ嬉野茶は、茶の形が勾玉状で煎が効くお茶といわれています。丸くなった茶葉がゆっくりと開いていくため4煎目まで長く味わえるのが特徴です。

茶摘みは6月中旬から8月上旬、9月下旬から10月下旬ごろまで体験でき、2名から予約ができます。独特の色合いが魅力の温泉茶染めは一年を通して体験できる人気のプランです。嬉野茶を最高の状態で味わえるお茶の淹れ方も学んでより美味しい嬉野茶をいただきましょう。また、お茶を製造する工程が見られる工場見学もおすすめです。

嬉茶楽館住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内乙2713
電話番号 0954-43-5266

お茶に関するものが勢ぞろい「お茶ちゃ村」

Photo byhsunny78

緑のじゅうたんを敷き詰めたような茶畑に囲まれた「お茶ちゃ村」は、嬉野茶発祥の地である平野にあります。ここでは美しい自然に包まれた環境の中でお茶工場の見学ができ、嬉野茶に関するさまざまな商品を手に入れることができます。観光客にも人気で賑わっています。

嬉野茶のお土産におすすめなのが、お茶ちゃ村オリジナルの「手作り最中」です。嬉野茶の抹茶あん、大納言あんの2種類あり、もち米で作られたパリッとした食感の皮も魅力です。また、工場で挽いたばかりの嬉野茶を使った抹茶ソフトクリームも大人気です。できたての各種嬉野茶も格安で販売されているので飲み比べ用に色々購入するのもおすすめです。

住所 佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内乙3537
電話番号 0954-43-1188

忍者テーマパーク「元祖忍者村 肥前夢街道」

Photo byjeffbalbalosa

「元祖忍者村 肥前夢街道」は忍者をテーマにした嬉野温泉の人気観光名所です。子供も大人も忍者の衣装に身を包み、江戸時代の忍者になりきり手裏剣や吹き矢、忍者修行などを楽しめます。はがくれ忍者屋敷での忍者ショーを見たり、寺子屋、お殿様が宿泊した旅籠を再現した宿、本陣なども見学できます。

また、夢工房では焼き物、よく当たると評判の辻占いなどの体験コーナーも人気です。お腹が空いたら嬉野茶屋で名物「嬉野藩バーガー」やうどん、カレーなども味わえます。もちろんお土産も充実しており、夢街道の中でも一番規模が大きい土産処「佐賀屋」では佐賀の民芸品や嬉野名物がたくさん揃っているので、観光にきてお土産を買っていく方が多いです。

住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字下野甲716-1
電話番号 0954-43-1990

嬉野温泉観光で人気!おすすめのスポット

フリー写真素材ぱくたそ

嬉野温泉観光では名物である備前吉田焼のお土産、絵付け体験などができる観光名所や、嬉野温泉のパワースポットとして有名な神社をぜひ訪れるのがおすすめです。素敵な焼き物に出会い、お気に入りを手に入れるチャンスであり、由緒ある神社では大きなご利益をいただけます。温泉で美肌、記念になる焼き物、開運に繋がるパワーと良いこと尽くしの旅になります。

焼き物の街・嬉野名物「肥前吉田焼」

Photo byLebemaja

「備前吉田焼」は嬉野温泉の名物である伝統ある焼き物です。400年以上の歴史をもつ陶磁器で、江戸時代のころから鍋島藩主が奨励していたことでこれまで発展してきました。窯元が幾つかありますが、「肥前吉田焼窯元会館」は各窯元の拠点となっており、たくさんの作家作品が展示・販売されているので観光スポットとして人気があります。

2019年1月にリニューアルし、各窯元の有名作品が多数並んでいるだけでなく、絵付けや手びねりなどの焼き物体験が気軽にできるようになりました。絵付けはスタンプや転写紙などさまざまな方法があり初心者でも楽しめます。ティースタンドでは嬉野茶とスイーツのセットを備前吉田焼で味わえるなど、嬉野グルメも堪能できます。

現代的な色とデザイン

Photo bykdj71190

備前吉田焼は昭和時代を象徴する代表的な水玉模様の器もあれば、新感覚なデザインを取り入れた現代的な焼き物も日々生まれています。白を中心とした繊細な色合いが特徴で光沢も美しい焼き物です。茶碗、急須、湯呑み、皿、カップなどデザインもさまざまです。体験では自分だけのオリジナル備前吉田焼を生み出しましょう。

備前吉田焼窯元会館住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1
電話番号 0954-43-9411

嬉野温泉近くのパワースポット「豊玉姫神社」

Photo by mossygajud

嬉野温泉の中心部にある「豊玉姫神社」はパワースポットとの名所として有名な神社です。海の神ワタツミの娘である御祭神の豊玉姫は竜宮城の乙姫様であり、天照大御神の子孫、火遠理命と結婚し子を産んだことから安産・水の神・海の神・子孫繁栄の御神徳があります。境内には豊玉姫の遣い「なまず様」もお社もあり美肌の神として崇められています。

このなまず様の前では心を穏やかに整え、手順に従ってお参りすると美肌のご利益があるといいます。参道にも小さななまず様のお社があるので、見落とさないようお参りをしましょう。また、境内の天満宮前には菅原道真ゆかりの寝牛像が祀られています。

海の神・水の神・安産の神

フリー写真素材ぱくたそ

海の神であるワタツミの娘として祀られている「豊玉姫」はとても美しい神で、海上の安全や水の恵みの神様です。豊玉姫のいる宮殿を訪ねた火遠理命が豊玉姫に恋をし、二人は結ばれて鵜草葺不合命を授かりました。このことから、豊玉姫神社は海の神、水の神であり、安産や縁結び、子宝などのご利益があるといわれています。

住所 佐賀県嬉野市大字下宿乙2231-2
電話番号 0954-43-0680

嬉野温泉観光で立ち寄りたい!おすすめグルメ

Photo byskeeze

嬉野温泉は見どころあふれる名所がたくさんありますが、地元ならではの絶品グルメが豊富にあることでも有名です。とくに観光客を魅了してやまないのが名物グルメである湯豆腐です。嬉野温泉には湯豆腐の名店があり多くの人々がその味を堪能しようと足を運びます。高級牛肉ブランド、佐賀牛も佐賀が誇る名物グルメで、こだわりの佐賀牛料理を提供する名店が点在しています。

嬉野温泉の名物グルメ・とうふ料理

Photo byrawpixel

嬉野温泉では、さかのぼること江戸時代のころから豆腐料理が名物グルメとして親しまれてきました。とくに湯どうふは、温泉のお湯で料理することにより豆腐の成分がゆっくり溶けた白濁したスープができ、豆腐はとろりと柔らかい食感になるのが特徴です。

「よこ長」

Photo by veroyama

「宋庵 よこ長」は嬉野温泉名物「湯どうふ」発祥の店として有名です。建物には「湯どうふ」と大きな看板を掲げているほど湯どうふが自慢で、グルメ漫画「美味しんぼ」にも登場しています。嬉野温泉には湯どうふのお店が幾つかありますが、せっかく味わうなら本家本元が一番おすすめです。

日本三大美肌の湯といわれる名湯のお湯を使用しているだけあり、豆乳鍋のような真っ白な汁と、その中に浮かぶとうふは美味しいだけでなく栄養と共に美肌効果も期待できるグルメです。しかも、丹精込めた自家製豆腐なので、濃厚な大豆の香りと甘み、絶妙ななめらかさは感動ものです。佐賀に観光にきたら、ぜひ食べてほしい豆腐となっています。

住所 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190
電話番号 0954-42-0563

「佐嘉平川屋嬉野店」

Photo by akira yamada

昭和25年創業の老舗とうふ店「佐嘉平川屋嬉野店」は、湯どうふやおぼろどうふ、とうふスイーツなどバラエティーなとうふメニューが人気のお店です。食事なら、とうふ、野菜とボリューム満点の「湯どうふ定食」、夏期限定の「豆腐どんぶり」などがおすすめです。昔ながらの製法を受け継いだ懐かしいとうふもぜひ味わいたい一品です。

とうふのほかにも佐賀県産の米「さがびより」が味わえるのも魅力です。人気スイーツの「豆腐白玉」は、手作りとうふがベースになった白玉スイーツで、きなこ・あずき・みたらしの3種類あり、ふわふわとして柔らかい食感が人気です。「平川屋パフェ」は豆腐白玉と豆乳ソフトクリームが融合した絶品グルメで、メディアでも紹介された有名スイーツです。

住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1463
電話番号 0954-43-1241

嬉野温泉の絶品グルメ・佐賀牛

フリー写真素材ぱくたそ

佐賀といえばブランド牛である「佐賀牛」が有名です。嬉野温泉観光ではぜひ名物である佐賀牛も味わっておきたいグルメです。ここでは、嬉野温泉でも美味しいと人気の高い3店をご紹介します。イタリアンレストランや温泉旅館などこだわりの佐賀牛料理が堪能できるグルメスポットを3店ご紹介します。

「トレ・コローネ」

フリー写真素材ぱくたそ

「トレ・コローネ」は嬉野産の旬の食材をふんだんに使ったイタリアン料理が自慢のお店です。ハミルトン宇礼志野の中にあるので、嬉野温泉のお湯、佐賀牛料理を楽しみながらゆっくりと宿泊できます。本格派の有名レストランで、こだわりのワインと共に、おしゃれな佐賀牛メニューを堪能できます。また、気軽なランチやディナーコースもおすすめです。

住所 佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内288-1 ハミルトン宇礼志野内
電話番号 0954-43-0333

「大正屋」 

Photo by h931037722

創業100年余りの老舗温泉旅館「大正屋」は、嬉野温泉の中でも知名度が高い人気の宿です。行き届いたおもてなしはもちろん、料理は天下一品と評判の宿です。料理は月替りの佐賀特産品を中心とした会席料理で、大正屋グループの椎葉山荘や湯宿清流のいずれでも「佐賀牛」メニューが味わえます。上質な佐賀牛料理を宿泊しながら堪能できるのが魅力です。

「レストラン ぎゅう丸 嬉野店」

Photo by gaku.

「レストラン ぎゅう丸 嬉野店」はハンバーグとステーキが味わえる人気のレストランです。創業35年余りの老舗で、看板メニュー「パイ包みスープ」がとても有名です。肉汁たっぷりのハンバーグはふっくらとしてボリュームがあり、肉の旨味が抜群の人気メニューです。「ハンバーグ&ステーキ」はパイ包みスープも付いたお得なセットです。

住所 佐賀県嬉野市嬉野町不動山丙3872
電話番号 0954-42-1412

嬉野温泉観光で温泉やグルメを満喫しよう

フリー写真素材ぱくたそ

嬉野温泉観光でおすすめしたい人気スポットや名所、名物グルメが味わえるレストランなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。観光に来た際は、日本三大美肌の湯である名湯と、温泉と並ぶ多彩な名所を巡りながら、絶品グルメを存分に堪能しましょう。

sokonashi1019
ライター

sokonashi1019

関連記事

人気記事ランキング