沖縄の人気免税店Tギャラリア沖縄byDFSを完全ガイド!ブランド好き必読

沖縄の人気免税店Tギャラリア沖縄byDFSを完全ガイド!ブランド好き必読

沖縄にある日本国内唯一の路面型免税店「Tギャラリア沖縄 by DFS」をご存知でしょうか?通常日本国内にあるはずのない免税店で、コスメやバッグ、時計などのブランド品が安い価格で手に入ると大人気です。今回は、商品の購入方法や周辺の沖縄観光地もまとめました!

記事の目次

  1. 1.国内なのになぜ沖縄に免税店がある?
  2. 2.免税店Tギャラリア沖縄 by DFSってどんなところ?
  3. 3.免税店Tギャラリア沖縄 by DFSの上手な楽しみ方
  4. 4.Tギャラリア沖縄 by DFSのおすすめブランド・ショップ
  5. 5.Tギャラリア沖縄 by DFS内のおすすめレストラン
  6. 6.Tギャラリア沖縄 by DFS周辺の観光スポット
  7. 7.もう一つの免税店DFS那覇空港免税店
  8. 8.人気の免税店Tギャラリア沖縄でお得にショッピング!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

国内なのになぜ沖縄に免税店がある?

Photo by mamamusings

免税店というと空港で売られている安いブランド品が思い浮かびます。実は沖縄県には国内唯一の路面型免税店が存在するんです。数々のブランド店が出店し、多くの人々からの注目を集める「Tギャラリア沖縄 by DFS」は、今沖縄の一大観光地として人気となっています。

免税店といえば空港の出国ゲートなど、敷地が国内と認定されていない場所にあるのが国際的なルールです。なぜ、日本国内にあり日本の税法が適用されるはずの沖縄県に免税店があるのでしょうか?それは沖縄県にある「特定免税店制度」という制度が大きく関係しています。

沖縄だけの特定免税店制度って?

Photo bysucco

日本の税法が適用される沖縄県に免税店が存在する理由には、沖縄県限定の「特定免税店制度」という税制度が大きく関係しています。これは、2002年に沖縄県の経済発展を目的として、沖縄振興特別措置法の改正によって設けられた特別なルールです。

この沖縄振興特別措置法ができたことによって、輸入品に係る関税が全て免税され、通常よりも安い価格で購入できるようになりました。今では、この沖縄県限定の特定免税店制度を利用して、多くの人々がブランド品などの輸入品を求め「Tギャラリア沖縄 by DFS」を訪れます。

免税店Tギャラリア沖縄 by DFSってどんなところ?

Photo by Richard, enjoy my life!

Tギャラリアby DFSは、1960年に香港で創業した「DFSグループ」が世界に展開する免税店のひとつです。世界中の主要な15の空港で免税店、18の都市でギャラリア店を含めて世界で400カ所以上に免税店などの店舗を展開しています。

そのうちの一つである免税店「Tギャラリア沖縄 by DFS」は、1階に沖縄土産の販売店、2階に世界に名高い海外の有名ブランド店、そしてレストランの入った複合施設です。Tギャラリア沖縄 by DFS内に入っているブランド店の数は130をも越えています。

アクセス

Photo by Kentaro IEMOTO

Tギャラリア沖縄by DFSは、非常にアクセスの簡単な場所にあります。那覇空港から車で行く場合は那覇西道路と国道58号線を経由して役23分で、モノレール「ゆいレール」を利用の場合、「おもろまち駅」を下車してすぐの場所にあります。こちらは那覇空港から約19分です。

免税店というと、高級品が陳列されたきらびやかな印象で、敷居が高く感じられますが、レストランや沖縄土産も販売されているうえ、その他の観光地が近くに多数あるため、免税店Tギャラリア沖縄 by DFSは観光の一部やお土産を求めて気軽に入られるのも嬉しい点です。

住所 沖縄県那覇市おもろまち4-1
電話番号 0120-782-460

免税店Tギャラリア沖縄 by DFSの上手な楽しみ方

Photo byStockSnap

それでは続いて、免税店であるTギャラリア沖縄 by DFSのおすすめの楽しみ方をご紹介します。免税店の仕組み安い理由、買い物の仕方や受け取り方法、注意事項もまとめましたので、免税店Tギャラリア沖縄 by DFSに行かれる際には、ぜひ参考にしてみてください!

免税店での買い物はなぜ安いのか?

Photo byAlexas_Fotos

そもそも免税店には、「Duty Free(消費税含めその他の税も免除)」と「Tax Free(消費税の免除)」の2種類が存在します。このどちらも一般で販売されているよりも安い価格で物品を購入できるため、観光者などに人気を集めています。

Duty Freeの免税店は、国外へ出国する旅行者に対してあらゆる商品にかかる税(消費税、関税、酒税)などを全て免除した通常より安い価格で商品を販売する店舗を指します。

このDuty Freeの免税店は空港でよく見られますが、空港では出国手続きを終えた後、次の国で入国手続きを済ませるまでは税法上どこの国にも属していません。そのため通常かかるはずのあらゆる税が排除され本体価格のみの安い価格で購入することができるようになっています。

Photo bystevepb

Tax Freeの免税店では、非国内居住者(訪日外国人旅行者など)1名に対し1日5000円以上、50万円以下の購入商品が免税の対象となります。Tax Freeの免税店はインバウンド需要の増加と共にその数を増やしつつあり、2012年から2017年にかけてはその数が5倍にも増えました。

日本国内では、ドン・キホーテやビックカメラ、高島屋などの身近な店舗がTax Freeの免税店です。また、ショッピングモールなどの複合施設内の一部として、Tax Freeの免税店が入っていることもあります。どれも安い商品が買えると観光客に人気のお店です。

免税店Tギャラリア沖縄 by DFSを利用できる条件は?

Photo byJESHOOTS-com

免税店Tギャラリア沖縄 by DFSには、免税店のメリットを受けるためのいくつかの条件が存在します。通常、Duty Freeの免税店は国の税法が関与しない場所に位置しています。

沖縄県限定の特定免税店制度という特殊なルール下にある沖縄では、免税店Tギャラリア沖縄 by DFSで免税を受けるために、沖縄県外に出ることを証明できる「航空券(電子航空券含む)」を提示する必要があります。

そのため、国籍に関わらず、日本人や沖縄県在住の方でも、沖縄県外へ旅行する航空券さえ持っていれば、ブランド品を安く買うことができるという免税のメリットを享受することができます。

Photo byndemello

ですが、免税店Tギャラリア沖縄 by DFSは、空港等にある通常の免税店とは異なり、香水やバックなどのブランド物が免税の対象となります。酒税やタバコ税、消費税は免税の対象にならないため、お買い物の計画を立てる際には注意が必要です。

また、免税店Tギャラリア沖縄 by DFSでは沖縄県独自の特定免税店制度のルール下にあるため、免税の対象は「最大購入金額20万円まで」となっています。免税品であるため通常購入よりとても安い額で手に入れることができますが、お買い物の際には金額にも注意が必要です。

免税店での商品の買い方と受け取り方法は?

Photo bygonghuimin468

免税店Tギャラリア沖縄by DFSでお買い物をする前には「ショッピングカード」を作成する必要があります。このカードは、お買い物ごとに必要となるもので、名前や飛行機の出発日、飛行機の便名を伝えることでインフォセンターや各店舗で簡単に作成することができます。

免税店でのお買い物毎にこのカードにレシートが貼られていきます。これはお買い物の証明となり、免税店でのお買い物後、那覇空港で商品を受け取る際に提示する必要があるため失くさないように大切に持ち歩きましょう。

Photo bySkitterphoto

免税店Tギャラリア沖縄 by DFSでは、購入した商品を那覇空港で受け取ります。お買い物後に荷物を持ち歩く必要のない嬉しいサービスです。ですがお買い物は飛行機へ搭乗する120分前である必要があります。出来るだけ時間に余裕を持ちゆったりとお買い物を楽しみましょう。

免税店Tギャラリア沖縄 by DFSで購入した商品は、那覇空港の2階にあるカウンターで、お買い物時に作成したショッピングカードと飛行機の搭乗券を本人が提示して受け取ります。無事に受け取ることができたら免税店Tギャラリア沖縄 by DFSでのお買い物は終了です。

Tギャラリア沖縄 by DFSのおすすめブランド・ショップ

Photo byLUM3N

それではここから、免税店Tギャラリア沖縄 by DFSにある130を超える有名ブランド店舗の中から、ファッション&アクセサリー、化粧品&フレグランス、ウォッチ&ジュエリーの、3つのカテゴリに分けておすすめの人気ブランド店をご紹介します。

免税店Tギャラリア沖縄 by DFSでは、ここでしか買うことのできないオリジナルの商品や、ここ以外の場所と比較して3割も割引された通常よりも安い商品などが販売されています。お買い物好き、ブランド好きの方にはぜひ行ってほしいおすすめの場所です。

ファッション&アクセサリー

Photo byquinntheislander

まず最初にご紹介するのは「ファッション&アクセサリー」に関連するおすすめのブランド店です。1日で見て回りきれないほどの店舗数を誇る免税店Tギャラリア沖縄 by DFSで特におすすめの3店舗を厳選しました。お買い物の時間に余裕のない方もぜひ参考にしてみてください。

サンローラン

Photo by wvfonseca

サンローラン(Saint Laurent)は、1961年にフランスで生まれた、広く世界中に根強いファンを持つファッションブランドです。フランスにおいては20世紀のファッション業界をリードし、新作の発表のたびに大きな注目を集めてきた一大ブランドです。

クラシックなデザインのジャケットや鞄、財布など男女を問わず幅広い年代に人気を誇るブランドで、洗練されていながらもどこか繊細さのあるデザインが人々を引きつけて止みません。

サンローランを象徴する「YSL」のスタイリッシュなロゴが有名ですが、2012年からはブランド名を横文字に入れたシンプルなデザインのロゴも登場し、これまで以上の人気を集めています。

Photo by SAN_DRINO

免税店Tギャラリア沖縄by DFSの2階に店舗を構えるサンローランではバッグをメインに販売されています。

丸みを帯びた可愛らしい形ながらもシックなデザインが目を惹く「Jaime Bag」やビジネスやデイリーでも使うことができる、海外でも人気を集めている「カバス」など、サンローランを代表する数々の人気商品、おすすめ商品が取り扱われています。

昔から変わらないスタイルを誇り、長年の間根強いファンを掴んで離さないサンローランのバッグは、普段の生活に気品と自信を与えてくれるでしょう。免税店Tギャラリア沖縄 by DFSに来られた際には、ぜひチェックしてみてください。きっとお気に入りが見つかるはずです。

ジミーチュウ

Photo by v~971!13

ジミーチュウ(Jimmy Choo)は、1996年にイギリスで誕生した世界に名高いファッションブランドです。靴やバッグ、お財布やサングラス、香水など幅広い商品が展開され、イギリスの大英帝国勲章をはじめとする数々の栄誉ある賞を、広く国内外で受賞してきました。

現在は「海外のセレブのファッションといえばジミーチュウ」とも言われるほど海外セレブに愛され、レッドカーペットや授賞式などの映えある場所に彩りを添えています。その独特な感性やダイナミックな遊び心が感じられるデザインに心奪われ多くの人々が魅了されています。

Photo by foeock

免税店Tギャラリア沖縄by DFSの2階では、ジミーチュウのシューズやバッグが取り扱われています。特にブランドの核であるシューズは、エレガントながらもどこか遊び心のあるデザインに目を引き付けられます。

日常生活の中で大きな役割を担う靴は、特に慎重に選びたい方もいるでしょう。Tギャラリア沖縄 by DFSのジミーチュウでは、長年の経験と豊富な知識を持った靴のスペシャリスト「シューフィッター」をはじめとしたスタッフが、最適な靴選びのサポートをしてくれます。

また、こちらではバッグや靴の他にもサングラスや、メンズ向けラインも幅広く置かれているので、免税店Tギャラリア沖縄に来られた際にはぜひチェックしてみてください。

サルバトーレフェラガモ

Photo by youflavio

サルバトーレフェラガモ(Salvatore Ferragamo)は、1927年にイタリアで誕生しました。「スターの靴職人」とも呼ばれたサルバトーレは、軽量で歩きやすい靴の発明に尽力してきました。現在も靴はサルバトーレフェラガモのブランドを代表する商品となっています。

サルバトーレフェラガモは、あの有名なマリリン・モンローやオードリー・ヘプバーンにも愛されたブランドで、現在は誰もがその名前を聞いたことがあるほど一般にも浸透しています。

サルバトーレは、靴の履き心地の良さを追求し続けたことで、生涯で350を超える特許を取得しました。現代で広く身に着けられるコルク性のウェッジヒールも彼の生み出したデザインの一つです。彼の死後は家族が受け継ぎ、全身をフェラガモで揃えられるようになりました。

Photo by mikecogh

フェラガモの代表的なアイテムとして絶大な人気を誇るのが「ヴァラ」です。フェラガモの長い歴史の中で1978年にパンプスとして登場したヴァラは、パンプスの他にもバッグやお財布などに形を超えて今なお愛され続けています。

免税店Tギャラリア沖縄 by DFSでは、DFS限定のコレクションが発売されています。イタリアの伝統や世界中を旅してまわる人々をイメージしてデザインされた靴やバッグなど、メンズ、レディースともにDFSでしか手に入らない限定のデザインです。

DFSでは、このようなブランド毎にDFS限定のデザインや商品が販売されることがあります。他と差をつけられる商品であるため、DFSに行かれる際にはぜひチェックしてみてください。

化粧品&フレグランス

Photo bypixel2013

続いて、化粧品&フレグランスのカテゴリの中から、特におすすめのブランドを3つに厳選してご紹介します。歴史のあるブランドながらも常に新しい挑戦と革新を続け、今なお多くの人々に愛されるブランドばかりです。ぜひ参考にしてみてください!

また、免税店Tギャラリア沖縄 by DFSでは、国内のデパートなどで販売されている価格の20%から30%ほど安い価格でお得に購入できる美容品が数多く販売されています。ブランドのバッグや靴に興味がないという方も日常で使うお化粧品としてぜひチェックしてみてください!

ランコム

Photo by trendingtopics

ランコム(LANCOME)は、1935年にフランスで誕生したブランドです。創立から約5年後には世界30か国にブランドを展開し、欧州を代表するトップブランドになりました。香水から始まったブランドですが、新たな挑戦の結果化粧品も生まれ、絶大な人気を誇っています。

女性美を追求し華やかな香りで世界中の女性を魅了するフレグランスや、先進の科学技術を使用して作り出される最上のスキンケアアイテム、マスカラを始めとして常に美しさと革新を求めて開発を続けられる化粧品など、世の女性を魅了するアイテムが幅広く展開されています。

Photo by Mark Morgan Trinidad B

ランコムは最先端の科学技術をもって開発する研究所が世界18か所にありますが、そのうちの1つが日本にもあります。日本人女性の敏感な肌や習慣に合わせたきめ細やなアイテムは幅広い年代から愛され、今も新たな商品を生み出し続けています。

日本に限らず全世界で絶大な人気を誇る「ジェニフィック アドバンスト」は、2000万本を超える売り上げを記録しています。日本人女性の敏感な肌に優しく吸い付くような潤いを与えると評判で、一度使うと他の商品を使えないと言われています。

ランコムで大人気の「ジェニフィック アドバンスト」は免税店Tギャラリア沖縄 by DFSだと通常の8000円ほど安い価格で販売されています。ランコムの大人気商品をぜひお試しください。

エスティーローダ

Photo by bargainmoose

「エスティーローダ(ESTEE LAUDER)」は、1946年にニューヨークで誕生しました。皮膚科学の研究者であった伯父の発明したクリームの販売を手掛けたことからエスティの評判が高まり、その後ブウランドが立ち上がり、美容時代の先駆者、美容業界の基礎となっています。

常に売り上げではなく顧客を第一に考えていたエスティは、一人一人にあった最高の商品を追求してきました。1982年には伝説ともいわれるナイトリペアクリーム、1935年には香水が発売され、当時の美容業界に衝撃を与えその名がこれまで以上によく知られるようになりました。

セレブの間で絶大な人気を誇るブランドでしたが、エスティによるサンプル無料配布やトライアルパウダーのプレゼントによって一般にもその名が広がり、現在は広く愛用されています。

Photo by ookikioo

エスティローダーで長年の間一番の人気を誇る「ダブルウェア」は、なんと耐久時間15時間の驚異のファンデーションです。仕事や学校など、長時間メイク直しができない場合でもしっかりと密着し美しい肌をキープするこのアイテムは、今も全世代の女性に愛されています。

「アドバンスナイトリペア」は、エスティの見つけ出した「日中に受けたダメージを夜の間に修復する肌の力」の発想を受け継ぐ商品です。発売された時から多くの女性に愛されるこの商品は、肌の本来の力を優しくサポートしてくれる商品として、人気を誇ります。

特に初めてブランド化粧品を購入される方は、免税店Tギャラリア沖縄で通常より安い価格で購入するのがおすすめです。もちろん、日常的に使用されている方にもおすすめです。

ディオール

Photo by StephenCarlile

「ディオール(Dior)」は1946年、第二次世界大戦直後にフランスで誕生したブランドです。戦後の鬱々とした空気を払うかのように誕生したDiorは、誕生の2年後には後の伝説となる「ニュールック」が登場し、世の女性たちに軽やかさと笑顔を与えました。

Diorの商品は世界各国のセレブや王族にも愛用され、1995年に発売されたDiorを代表するバッグは故ダイアナ妃の愛顧を受け、ダイアナ妃の使用するバッグとして世界中で有名になりました。このバッグはダイアナ妃への敬意をこめて「レディ ディオール」と名付けられました。

Diorは女性らしさを象徴するブランドとして広く世界中から愛され、現在はオートクチュールからバッグ、アクセサリー、香水、コスメと幅広い商品を展開しています。

Photo bycamillaperrucci

「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」は、Diorの販売するリップの中でも特に愛されるロングセラーです。全13色展開のこのリップは、ひと塗りで鮮やかに発色し、ケアをしながらぷっくりとボリュームのある艶やかな唇を演出してくれると人気の商品です。

Diorはリップの人気が高いブランドですが、その他のコスメも販売されています。「三クール」はDiorから発売されているパウダーアイシャドウで、肌にぴったりと密着し長時間経っても色あせず、ヨレもしないため多くの人々に愛用されています。

日本の女性の間で絶大な人気を誇るDior、まだ試したことのない方はデパートよりも安い価格で購入できる免税店Tギャラリア沖縄でチェックしてみてください!

ウォッチ&ジュエリー

Photo byFree-Photos

続いて、ビジネスから日常まで幅広いシーンでアクセントとして大活躍する「ウォッチ&ジュエリー」からおすすめのブランド店を3店舗ご紹介します。

時計やアクセサリーというと敷居が高く感じられますが、身だしなみから服装のアクセントとして人気となっています。免税店Tギャラリア沖縄 by DFSではデパートや専門店よりも安い価格で販売されているため、興味のある方は要チェックです。

ブルガリ

Photo by Yoshikazu TAKADA

「ブルガリ(BVLGARI)」は、1884年にイタリアのローマで誕生した世界に名高い宝飾品ブランドです。現在は「世界5大ジュエラー」の一つにも数えられるブルガリですが、もともとは古くから伝わる伝統技術とデザインを世に発信する宝飾店でした。

その後1950年から1960年にかけて続いたドルチェ・ヴィータ(甘い生活)の時代には、多くの人々がブルガリのアクセサリーを身に着け愛用します。オードリー・ヘップバーンやエリザベス・テイラーなどの有名ハリウッド女優にも愛され、ブルガリはより一層有名になりました。

現在は、ジュエリーの他にも香水や革製品、スキンケアアイテム、チョコレートと様々な分野に事業が拡大され、どの分野においてもコアなファンを集めています。

ティファニー

Photo by Renee Silverman

「ティファニー(Tiffany & Co.)」は、1837年にニューヨークで誕生した長い歴史を持つジュエリーブランドです。文房具や装飾品を売るお店として始まりでしたが、1848年にその後のティファニーの代名詞ともなるダイヤモンドジュエリーの販売が開始されます。

その後、アメリカのメディアから「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されるようになり、世界に名高い一大ブランドとしての地位を確立していきます。現在、特に女性の間ではウエディングリングとしての憧れを一身に集め、絶大で確固たる人気を誇ります。

オメガ

Photo by Johnson Watch Co

「オメガ(OMEGA)」は1848年にスイスで誕生した、スイス時計の名ブランドです。創業から50年も経たない頃には年間10万個もの時計を生産する大メーカーへと急速に成長しました。

1894年には伝説ともいわれる新型ムーブメントが開発され、究極を意味するギリシャ語の「Ω(Omega)」と名付けられました。この名前が、現在のブランド名にもなっています。現在は「精密時計といえばオメガ」と言われ、数々の賞を受賞しています。

Tギャラリア沖縄 by DFS内のおすすめレストラン

Photo byPublicDomainPictures

Tギャラリア沖縄 by DFSには、ブランド店やお土産販売店の他にもレストランが入っています。その中でも特におすすめのレストランをご紹介します。

パインツリーブレス

Photo byCouleur

Tギャラリア沖縄 by DFSの3階にある「パインツリーブレス レストラン&バー」では、軽食からピザ、パスタ、グリル料理やワインなどを楽しむことができます。アメリカンやフレンチメニューの他に、料理も味わうことができるため、お買い物の途中にもおすすめです。

毎回新しいお料理を楽しめる琉球御膳や沖縄そばや、やんばる鶏やおきなわ和牛、琉球あぐー豚など、沖縄で育てられた野菜などをオリジナルの料理を、のんびりとした雰囲気の中で味わえます。お子様メニューも用意されているため、家族連れにもおすすめです。

Tギャラリア沖縄 by DFS周辺の観光スポット

Photo by PYONKO

ここから、免税店Tギャラリア沖縄 by DFSの周辺にあるおすすめ観光スポットをご紹介します。どのスポットも免税店Tギャラリア沖縄からほど近い場所にあるため、免税店でのお買い物と一緒に観光プランの予定に組み込むのがおすすめです。

沖縄県立美術館・博物館

Photo byaranoo

「沖縄県立美術館・博物館」は、ゆいレールおもろまち駅から少し離れた場所にある美術館・博物館です。沖縄らしい赤瓦の古民家が迎えてくれるこの美術館・博物館は、沖縄の歴史と自然、文化と芸術をひとまとめに楽しみながら学ぶことができる場所として人気です。

この施設は博物館と美術館が一体になった珍しいミュージアムで、博物館には地学・生物・人類・考古・民俗・歴史・美術工芸の各分野の資料が展示されています。美術館には沖縄の風土の中で生まれた水彩画・油画・映像など沖縄について様々な視点から触れることができます。

展示の内容を音声ガイドで聞くことができるイヤフォンが無料で貸し出されています。ゆっくり、じっくりと展示について学びたい方にはぜひおすすめです。

アクセス

Photo by tab2_dawa

「沖縄県立美術館・博物館」へは、那覇空港から車で30分です。那覇空港発のバス99番線乗車の場合は「おもろまち3丁目バス停」で下車後徒歩約5分、120番線に乗車の場合は、「上之屋バス停」で下車後徒歩約10分です。

ゆいレール「おもろまち駅」からは歩いて10分ほどですが、免税店Tギャラリア沖縄の中を通っていくこともできるのでお買い物のついでとして、または美術館・博物館めぐりのついでとして立ち寄るのもおすすめです。

住所 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
電話番号 098-941-8200

首里城

Photo by imnakashima

沖縄県を代表する観光地として有名な「首里城」は、1429年から1879年まで、450年間続いた琉球王国時代に建てられたお城です。政治、文化、外交の中心として栄華を誇り、その美しく鮮やかな朱色の見た目が訪れる人々の心を躍らせます。

首里城では、その歴史や美しい建築について丁寧に説明される無料ガイドが行われています。首里城のみでなく、琉球王国の激動の歴史についても学ぶことができるおすすめのガイドです。1日6回行われているので、ぜひ時間を合わせて体験してみてください!

アクセス

Photo byFree-Photos

首里城へは、那覇空港から車で約40分です。ゆいレールを利用する場合は「首里駅」にて下車後徒歩約15分です。首里駅からは路線バスも出ており、こちらを利用の場合は「首里城前バス停」にて下車後徒歩1分です。

住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2
電話番号 098-886-2020

国際通り

Photo by la swimming yuu

那覇市のメインストリートとして知られる「国際通り」は、沖縄の民謡や食文化、数的なお土産に出会える商店街です。昼も夜も多くの観光客、地元民で賑わう国際通りでは、1日を通して安い美味しいグルメを堪能することもできます。

メインストリートから延びる筋道を歩くと、賑やかな商店街とはまた違った雰囲気を持った街並みを楽しむことができます。おしゃれなカフェやバー、隠れ家のようなお店など、メインストリートのにぎやかさとはまた違った沖縄のゆっくりとした雰囲気を感じられます。

アクセス

Photo by くーさん

「国際通り」までゆいレールを利用する場合は那覇空港から約16分、「牧志駅」下車後すぐです。また、那覇空港からはバスも出ています。バスを利用の場合は約30分、「松尾一丁目」「松尾」「てんぶす前」「牧志」「安里」が最寄です。

車で行くこともできますが、沖縄は車社会であるため通常の倍以上の時間がかかることがあります。また、那覇空港にはレンタカーサービスがないため、最寄りの営業所を探しましょう。

住所 沖縄県那覇市牧志3-2-10
電話番号 098-863-2755(那覇市国際通り商店街振興組合連合会)

波の上ビーチ

Photo byMacotoSeimori

「波の上ビーチ」は那覇市内で唯一の砂浜のビーチです。海を囲むようにある公園ではバーベキューをして楽しむこともできます。夜になると橋が美しくライトアップされ、ムードある雰囲気へと変わります。カップルのデートにもおすすめのスポットです。

遊泳ゾーンとダイビング・シュノーケリング専用ゾーンに分かれており、ガイドダイバーの方と一緒に美しく透き通った海で泳ぐ熱帯魚を楽しむこともできます。

アクセス

Photo by Hyougushi

波の上ビーチまでゆいレールを利用する場合は「県庁前駅」で下車後、徒歩約20分です。那覇空港から車で行く場合は、うみそらトンネルを通過して約15分です。タクシーだと1000円程度で行けるため、こちらもおすすめです。

住所 沖縄県那覇市辻3-3-1
電話番号 098-863-7300

もう一つの免税店DFS那覇空港免税店

Photo bytarokate

実は、沖縄にはもう一つ、DFSの免税店があります。それは、那覇空港内那覇空港国内線旅客ターミナルビル2階出発ロビーにある、「DFS那覇空港免税店」です。国内線でありながらブランド品などの免税品を安い価格で購入できるため、お買い物好き、ブランド好きの方必見です。

こちらの免税店も、沖縄市内にある路面型免税店と同じく最大30%も安い価格で購入することができます。ご紹介したディオールやサンローラン、ランコムの他にも様々なブランド店がありますので、気になる商品を買い忘れてしまった方にもおすすめです。

アクセス

Photo byStelaDi

「DFS那覇空港免税店」は、那覇空港国内線、旅客ターミナルビル2階にある出発ロビーの、北側搭乗口待合室と南側搭乗口待合室の近くに2か所あります。搭乗時間に余裕をもってお買い物を楽しみましょう。

住所 沖縄県那覇市鏡水150(国内線)
沖縄県那覇市鏡水280(国際線)
電話番号 0120-782-460

人気の免税店Tギャラリア沖縄でお得にショッピング!

Photo byMichaelGaida

以上、沖縄にある人気免税店Tギャラリア沖縄 by DFSのご紹介でした。国内にいながら通常より安い免税価格でブランド品を購入することができるのはここだけです。主要観光地からのアクセスも簡単なため、沖縄旅行に来られた際にはぜひ立ち寄ってみてください!

Sakura Okamura
ライター

Sakura Okamura

東南アジアと猫が大好きで海外暮らしを始めました。生活に寄り添ったワクワクするような記事をお届けしていきます。

こちらもおすすめ

人気記事ランキング