ローリエがないときの代用品7選!ピクルスやカレー作りで役立つおすすめ品も

ローリエがないときの代用品7選!ピクルスやカレー作りで役立つおすすめ品も

ローリエがないときの代用品7選を一挙にご紹介します!パセリやバジル、さらにはローズマリーなど、ローリエがないときのおすすめ代用品をピックアップしました。ピクルスやカレーなどを作る時に役立つ、ローリエのおすすめ代用品が目白押しです。

記事の目次

  1. 1.ローリエがないときのおすすめ代用品はある?
  2. 2.ローリエのおすすめ代用品【煮込み料理に】 2選
  3. 3.ローリエのおすすめ代用品【カレー・ピクルスに】 2選
  4. 4.ローリエのおすすめ代用品【肉・野菜料理に】3選
  5. 5.ローリエの代用品は用途によって選ぼう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ローリエがないときのおすすめ代用品はある?

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

カレーやミネストローネなどの調理で利用されることの多いローリエ。本格的な煮込み料理を作ろうとすると、ローリエが登場する場面が多いです。料理が趣味という人にとって、ローリエは常に置いてあるかもしれませんが、そうでない人は意外とお家にないものでしょう。

そんな時、ある材料を準備しておけばローリエを代用することができます。代用品を知っておくことで、いつでも本格的な煮込み料理を作ることができるのでチェックしておきましょう。

本記事では、ローリエの代用になるものをひとつずつチェックしていきます。比較的にお家にありそうなパセリやバジルなど、ローリエの代用可能のものを厳選しました。カレーといった煮込み料理やピクルスという漬物を調理する時、ローリエの代用品が一役かうことでしょう。

ローリエとは?

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

そもそもローリエを知っているでしょうか。ローリエとはクスノキ科ゲッケイジュに属する常緑樹のひとつで、ローリエの葉を乾燥させたものです。古代ギリシャ時代から使われていたと言われており、現在でも良い匂いの乾燥葉として料理愛好家の中では定番となっています。

そんなローリエですが、実は日などに弱いので、香り高い状態で保存したい場合は日が当たらない場所で保管しておきましょう。また、長期にわたって保存したい場合は、オイル漬けにして置くと良いと言われています。

ローリエの使い方

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ローリエは香りが高くなっているため、基本的に何かの料理に香りを移すといった役目を持っています。また、食材の臭いを消すこともでき、食品によってさまざまな役割があります。

そんなローリエを煮込み料理に使う時は、乾燥したローリエの葉を半分にたたみ折り、そのまま鍋に入れるだけです。面倒な手間はいらないので、誰でも簡単に使いこなせることでしょう。

ただし煮込み料理に使う際、一点ほど注意することがあります。ローリエを一緒に入れた状態で長く加熱してしまうと、えぐみのある煮込み料理が出来上がってしまいます。ローリエと一緒に加熱する時間は、そんなに長くなくてもOKです。短時間でさっと煮込みましょう。

ローリエのおすすめ代用品【煮込み料理に】 2選

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

まずは、定番の煮込み料理におすすめのローリエ代用品2選です。ローリエの変わりになる代用品を利用していても、美味しい煮込み料理はできあがります。

本当にローリエを加えたような、お店のような一品が完成するので、おすすめの代用品となっています。手軽に手に入る代用品ばかりですので、煮込みにぴったりなローリエの代用品をひとつずつチェックしてみましょう。

ローズマリー

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

煮込み料理におすすめのローリエ代用品1つ目は、「ローズマリー」です。ローズマリーは古くから若返りのハーブと言われており、ローリエと同じように、料理への香り付けや嫌な匂いを消すといった役目があります。

そのため、基本的にローズマリーは煮込み料理に利用されることが多数で、ローリエを代用するにはもってこいのハーブとなっています。中でもトマト系の煮込み料理の代用品にぴったりとなっており、調理法も簡単なのでおすすめです。

煮込みすぎるとえぐみが出るので注意してください。また、ローズマリーの方が香りが強めなので、少量だけに抑えることをおすすめします。

タイム

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

煮込み料理におすすめのローリエ代用品2つ目は、「タイム」です。ローリエと同じような役目のあるハーブのひとつで、ハーブの中でも一番殺菌効果のあるものとなっています。

食品からの嫌な臭いを消したい時や、良い香りを付けたい時などに、タイムを代用してみましょう。基本的にタイムは香りや味などがローリエと若干異なります。再現率が低くても良いという時に、タイムを代用させましょう。

タイムを代用品として利用するとなると、少し味や風味の違った煮込み料理ができあがるのでご注意ください。時には代用品のタイムを利用した方が、美味しい味や風味になると言った場合もあります。臨機応変に色々な煮込み料理に使ってみましょう。

ローリエのおすすめ代用品【カレー・ピクルスに】 2選

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

続いては、カレーやピクルスなどにおすすめのローリエ代用品2選です。お店のような味のカレーやピクルスなどを調理する場合もローリエは利用されていますが、本記事でご紹介する代用品でもお店のようなカレーやピクルスはできあがります。

ローリエで作ったようなカレーやピクルスにはなりませんが、代用品でも十分に美味しいと言われているようです。それでは早速、カレーやピクルスなどにぴったりなローリエのおすすめ代用品を詳しく見ていきましょう。

コリアンダー

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

カレーやピクルスにおすすめのローリエ代用品1つ目は、「コリアンダー」です。パクチーの一種のスパイスで、甘いまろやかな香りが特徴となっています。

強烈的な刺激やスパイシーさはないので、ローリエの代用品として使うことができます。多少スパイシーさはありますが、カレーやピクルスとの相性にぴったりとなっています。ほのかなスパイシーさがアクセントとなり、美味しさが倍増します。

基本的にコリアンダーはパウダー状のものが多く、たくさん入れるのではなく少量だけ入れるようにしましょう。少量でも香り高いカレーやピクルスなどができあがります。ローリエより失敗しないので、誰でも手軽に代用することができます。

バジル

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

カレーやピクルスにおすすめのローリエ代用品2つ目は、「バジル」です。比較的にどこのお家にでもありそうな、イタリアン料理の定番材料です。ローリエとバジルは比較的に同じような香りがし、香り付けや臭い消しとしてローリエの代用になります。

香りが強めのバジルを煮込み料理に使用する場合は、入れる量に気をつけた方が良いでしょう。ピクルスなどの代用にする場合は、少し多めに入れても大丈夫ですが、カレーなどの料理では入れる量に気をつけてください。

加熱するとかなり香りが強くなるので、バジル感強めのカレーができあがってしまいます。ローリエの代用にするものを利用する時は、一番ピクルスなどがベターでしょう。最後までさっぱりと美味しく食べられます。これまでに味わったことのない、完動品ができあがります。

ローリエのおすすめ代用品【肉・野菜料理に】3選

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

最後は、肉や野菜料理におすすめのローリエ代用品2選です。食品の臭みを消す役割のある、ローリエの代用になるものを取り上げました。肉や野菜を使った料理に使ってみましょう。

臭いを消しながらも、香り高い料理ができあがります。それでは早速、肉や野菜料理にぴったりなローリエのおすすめ代用品を詳しくチェックしていきます。今までに知らなかった発見があるかもしれません。

ナツメグ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

肉や野菜料理におすすめのローリエ代用品1つ目は、「ナツメグ」です。ハンバーグなどに使われることの多いナツメグも、ローリエの変わりの代用品になります。ナツメグもハーブのひとつで、ローリエと似たような成分がたっぷりと入っています。

そのため、肉や野菜料理の代用品として最適で、食品の臭みをしっかりと消してくれる役割があります。また、甘い香りもプラスされ、お店のような本格的な料理を作ることができます。

ローリエよりナツメグの方が使うことが多いので、お家に常備しておいても良いでしょう。「ローリエを利用したい、でもない」という時にぴったりです。ハンバーグをはじめ、さまざまな料理に使えば病みつきになること間違いなしとなっています。相性抜群の代用品です。

パセリ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

肉や野菜料理におすすめのローリエ代用品2つ目は、「パセリ」です。料理の端に添えられていることの多いパセリも、ローリエの代用になります。

基本的にパセリはパセリ独特の香りがしますが、さっぱりとした香りが特徴となっています。そのため、肉や野菜料理との相性が抜群で、手軽に代用することができます。肉や野菜の種類は問いません。魚料理にも使うことができるので、チャレンジしてみましょう。

代用は可能ですが、そもそも中身の成分が違うとなっているので、本物のローリエで調理された味や香りには難しくなっています。元からパセリは風味が豊かなので、美味しい料理はできあがります。元からパセリが苦手という方は、量を少し減らして調節しましょう。

セロリ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

肉や野菜料理にぴったりなローリエ代用品3つ目は、「セロリ」です。香り付けや臭み消しが可能な食材ですが、ローリエと同じ成分が入っているかといったらそうではありません。

香りが強いというだけであって、ローリエとは全く香りが違うので注意した方が良さそうでしょう。ただし、香り付けや臭いを消したい時にはぴったりの代用品で、特に葉の部分に関してはローリエの代用するものとしてもっとも利用しやすいと言われています。

セロリを代用する際は、セロリにはアクがあるので事前に下処理が必要となってきます。また、セロリの香りが苦手という場合は茎を使いましょう。茎は癖がないので、少しだけ食べやすくなります。ざっくりとカットして料理中に入れるだけなので簡単です。

ローリエの代用品は用途によって選ぼう!

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ローリエの代用になるものを一挙にご紹介しました。ローリエがない時のおすすめ代用品はたくさんあり、定番調味料のパセリやバジルなどで代用することができます。ローリエで調理したようなピクルスやカレーにはなりませんが、代用品を使っても美味しい料理はできあがります。

ローリエの代用になる材料は、用途に合わせて選ぶのがコツです。手元にローリエがない時は、代用になるものを使ってみましょう。ローリエとは違う美味しい料理ができます。

りぃ
ライター

りぃ

関東在住の20代女性です。テレビや映画を見ることが好きで、お家でのんびり過ごしています。また、友達と出掛けて食べ歩きや旅行をすることも好きです。毎日の生活が豊かになるように、さまざまな情報をお届けしたいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング