日光のキャンプ場で自然を満喫!おすすめの温泉付きや初心者にも人気の施設も紹介

日光のキャンプ場で自然を満喫!おすすめの温泉付きや初心者にも人気の施設も紹介

日光といえば、世界遺産の「日光東照宮」は日本人のみならず海外の人にもよく知られた観光地です。温泉もあり、夏は涼しく、秋の紅葉も絶景です。自然の恵み豊かな日光には、おすすめのキャンプ場がたくさんあります。バラエティ豊かな日光のキャンプ場をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.世界遺産のある日光はキャンプ場の宝庫
  2. 2.日光の自然を満喫できるおすすめキャンプ場4選
  3. 3.温泉施設のある日光のおすすめキャンプ場3選
  4. 4.初心者も楽しめる日光のおすすめキャンプ場2選
  5. 5.日光には子連れに人気のキャンプ場も!
  6. 6.日光には予約不要のキャンプ場も!
  7. 7.日光のキャンプ場でアウトドアを楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

世界遺産のある日光はキャンプ場の宝庫

Photo by e_s_jp

日光には有名な世界遺産「日光東照宮」があります。立派な神社仏閣が美しく、観光客も多い世界遺産です。世界遺産で有名な日光は、男体山や中禅寺湖など自然にも恵まれた美しい土地です。深い自然に抱かれたキャンプ場も実は充実しています。

日光では首都圏からも2時間ほどです。山深く、清らかな川が流れる深い自然を楽しめます。奥日光や湯西川、鬼怒川、塩原など、温泉地も豊富です。温泉地の近くのキャンプ場では、キャンプの行き帰りなどに温泉に立ち寄れます。

温泉付きや初心者でも行きやすいキャンプ場も!

Photo bybhossfeld

日光のキャンプ場では、温泉施設が付いたキャンプ場もあります。夏は設営やアクティビティで流した汗をきれいにできます。春先や秋のキャンプでは、温まってからテントに入れます。

日光の自然を満喫できるおすすめキャンプ場4選

フリー写真素材ぱくたそ

世界遺産のある日光は、山も川も多く、深い自然に囲まれています。都会より澄んだ空気の中でキャンプを楽しめておすすめです。自然を満喫できるキャンプ場をご紹介します。

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場

Photo by けんたま/KENTAMA

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場は、その名の通り、キャンプ場内の透き通った清流で、マスやイワナ釣りを楽しめます。レンタルの釣り竿もエサもキャンプ場にあるので、道具がなくても釣りにチャレンジできます。釣りだけの利用も可能です。釣った魚を炭火焼きで食べられます。

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場では、車で15ほどで行ける塩原温泉に提携の施設があり、温泉の前売り券をキャンプ場でお得に購入できます。

キャンプサイトも充実しています。オートサイトは100区画以上で、林間で静かに過ごせるサイトもあります。林間にある、レイアウトが自由のフリーサイトも人気です。バンガローも初心者におすすめの施設です。

基本情報

Photo by ftomiz

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場は、那須塩原ICから車で35分、今市ICからは60分ほどです。電車の場合は、上三依塩原温泉口駅が最寄りです。駅からキャンプ場までは車で3分ほどで、要望があれば送迎も可能です。

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場は、4月~11月のシーズン営業となっています。チェックインは13:00~18:00、チェックアウトは11:00です。受付の営業時間は10:00~18:00になります。

住所 栃木県日光市上三依109-1
電話番号 0288-79-0714

日光だいや川公園オートキャンプ場

Photo by Lucy Takakura

日光だいや川公園オートキャンプ場は、広大な公営の公園の一角にある人気のキャンプ場です。同じ公園の敷地内には、レストランや農産物直売所もあり、キャンプの食材の購入にもおすすめです。フィールドアスレチックやグラウンド・ゴルフなどの遊ぶ施設も充実しています。

日光だいや川公園オートキャンプ場は、世界遺産の日光東照宮も車で15分ほどと近く、キャンプの前後に、世界遺産の見学もできます。

炊事場やトイレも多数あり、設備も充実で安心です。受付に当たるサービスセンターではシャワーも利用できます。AC電源付きのオートキャンプサイト、キャンピングカーサイト、トレーラーハウスサイトなど施設も豊富で、自然豊かな芝生広場のフリーテントサイトも人気があります。

基本情報

Photo by 拂塵子

日光だいや川公園オートキャンプ場は、今市ICから車で7分ほどです。東武鉄道日光線の上今市駅が最寄り駅で、キャンプ場までは徒歩20分ほどになります。

日光だいや川公園オートキャンプ場は、通年営業です。四季折々の自然を楽しめます。冬期には料金の割引などがあり、冬キャンプもおすすめです。年末年始の12月29日~1月1日はお休みになります。

チェックインは13:00~17:00、チェックアウトは10:00となっています。デイキャンプの利用は11:00~16:00です。管理事務所・売店のあるサービスセンターの営業は7:00~22:00、電話の受付時間は8:30~20:00(冬期は17:00)になります。

住所 栃木県日光市瀬川733-3
電話番号 0288-23-0201

ワイルドフィールズおじか

Photo by iyoupapa

ワイルドフィールズおじかは日光市でも最も北にあるキャンプ場です。人気アウトドアショップ「WILD-1」(株式会社カンセキ)が運営しています。川も近くにあり、自然がとても豊かで、キャンプ場からスタートできるトレッキングコースでも自然の景色を楽しめます。

WILD-1が母体なので、レンタル品も充実しています。8棟あるコテージなど宿泊施設も本格サウナ付き、和風でかまど付きなどがあり、バラエティ豊かです。人と自然の関わり方をテーマに運営されている施設です。

テントサイトの区画は隣との距離も十分で独立性があり、広々としています。芝のフリーサイトもあり、自由なテントのレイアウトで楽しめるので人気です。管理棟には売店、無料シャワー室、コインランドリーもあり、連泊でも安心して過ごせます。

基本情報

Photo by さかどん

ワイルドフィールズおじかは、那須塩原ICから車で40分ほどになります。会津高原温泉・滝ノ原温泉まで車で15分ほど、塩原温泉郷まで車で20分ほどで、キャンプ場への行き帰りに立ち寄り湯もおすすめです。

ワイルドフィールズおじかは、テントサイト3月下旬~11月下旬、コテージは4月中旬~11月下旬のシーズン営業です。チェックイン14:00、チェックアウト11:00となっています。

住所 栃木県日光市横川502-1
電話番号 0288-79-0088

開運の里上栗山オートキャンプ場

Photo by zama_zama

開運の里上栗山オートキャンプ場は、標高800mの高原にあります。キャンプ場の近くにきれいな川が流れ、周辺を囲む緑も豊かです。徒歩5分で行ける「開運の湯」は、日光では珍しい鉄分を含んだ名湯で、地元の人にも人気があります。

開運の里上栗山オートキャンプ場は、ゆったりとしたオートキャンプサイト25区画と、40張ほどのフリーテントサイトのみのこぢんまりとした施設です。川や山の自然が豊かで雰囲気が良く、人気があります。夏は川での水遊びもおすすめです。

お湯の出る炊事場やシャワー施設もあり、男女別トイレはウォシュレットも完備で、清掃も行き届いています。ピザ釜も利用できます。居心地の良いキャンプ場で、キャンパーにも長く人気です。

基本情報

Photo byKanenori

開運の里上栗山オートキャンプ場は、4月中旬~11月上旬のシーズン営業です。チェックインは14:00~17:00、チェックアウトは10:00となっています。予約電話の受付は9:00~16:00です。

開運の里上栗山オートキャンプ場までのアクセスは、日光ICから国道169号、県道23号の霧降高原ルートで50分、今市ICから国道121号、県道23号の鬼怒川温泉・川治温泉ルートで55分ほどです。

住所 栃木県日光市上栗山561
電話番号 0288-97-1733

温泉施設のある日光のおすすめキャンプ場3選

Photo by Takashi(aes256)

日光は世界遺産とともに、温泉が有名です。温泉が近くにあるキャンプ場もあります。キャンプ場の敷地内に温泉が付属している施設もあります。朝夕が冷える季節には、敷地内に温泉があると温まってから眠れます。

日光市内には、奥日光湯元温泉、鬼怒川温泉、川治温泉など、有名な温泉地が豊富にあります。泉質にも違いがありますので、キャンプのついでに温泉巡りもおすすめです。

日光のキャンプ場で、テントの設営や水遊びで汗をかいたら、温泉で身体をきれいにして、温まってキャンプを楽しめます。キャンプ場のある、日光のキャンプ場をご紹介します。

日光・まなかの森 キャンプ&スパリゾート

Photo by odysseygate

日光・まなかの森 キャンプ&スパリゾートは、世界遺産の東照宮界隈からも近いですが、静かな森の中にあります。敷地内に源泉掛け流しの温泉の内湯と露天風呂もあります。泉質はアルカリ性単純温泉で、疲労回復にも効果のある美肌若返りの湯です。

日光・まなかの森 キャンプ&スパリゾートは、自然豊かな環境で、場内の清流では水遊びがおすすめです。釣り堀もあり、釣り竿もレンタルが可能で、釣った魚はバーベキューでも食べられます。キャンプサイトの他に、ログハウスなどの宿泊施設もあります。

日光・まなかの森 キャンプ&スパリゾートの、丘の上のキャンプサイトは遠くの山まで見渡せて眺望が良く、人気があります。

基本情報

Photo by Dick Thomas Johnson

日光・まなかの森 キャンプ&スパリゾートは、通年営業です。冬の雪中キャンプも楽しめます。チェックインは12:00、チェックアウトは10:00です。管理棟や予約電話の営業時間は10:00~16:00または17:00となっています。

日光・まなかの森 キャンプ&スパリゾートへのアクセスは、今市ICから車で15分ほどとなっています。東武日光駅、JR日光駅からも車で15分ほど、鬼怒川温泉駅からは20分ほどです。

住所 栃木県日光市瀬尾2620
電話番号 0288-21-7748

日光湯元キャンプ場

Photo by Dick Thomas Johnson

日光湯元キャンプ場は、奥日光湯元温泉近くにあります。冬はスキー場となる場所が、夏場はキャンプ場になります。標高が1500mほどあり、夏場でもとても涼しいです。湯の湖、温泉寺、湯元温泉の源泉など、散策する場所も豊富です。温泉街では無料の足湯も楽しめます。

日光湯元キャンプ場はフリーのテントサイトのみとなります。自由な場所で好きなレイアウトでキャンプができます。温泉街のすぐ近くなので、徒歩圏の日帰り入浴の温泉も数多くあります。

日光湯元キャンプ場の受付は、日光湯元ビジターセンターになります。トイレはキャンプ場にはなく、隣接の公衆トイレを利用します。講習トイレやキャンプ場内の炊事場などの設備は、清潔に保たれています。自然豊かで、野生動物も多いので、食料やゴミの管理には要注意です。

基本情報

Photo by machu.

日光湯元キャンプ場は、予約なしの当日受付のみとなっています。5月~11月のシーズン営業ですが、水道や雪の状況によって営業期間は変動があります。キャンプ場の受付時間は、日光湯元ビジターセンターの開館時間に準じ、9:00~16:30です。

日光湯元キャンプ場へのアクセスは、日光ICから車で50分ほど、清滝ICから40分ほどです。鉄道利用の場合は、東武日光またはJR日光駅からバスで1時間25分となっています。

住所 栃木県日光市湯元
電話番号 0288-62-2321

鬼怒川オートキャンプ場

Photo byjohn_Ioannidis

鬼怒川オートキャンプ場は、名前のとおり鬼怒川のほとりにあるキャンプ場です。山に囲まれ、温泉街からは少し離れています。静かで、自然に恵まれた環境です。敷地内に源泉が湧く「上滝乃湯」があります。釣り堀やバンガローなども人気です。夜は星がきれいに見えます。

鬼怒川オートキャンプ場の釣り堀には、たくさんの魚がいて、釣った魚を、1尾100円で炭火塩焼きにして食べられます。釣り竿のレンタルもあり、釣り初心者や家族連れにもおすすめです。

炊事場ではお湯の出る水道もあり、トイレの清掃も行き届いていて快適に過ごせます。場内の温泉は、チェックアウト後の利用も可能です。キャンプの撤収作業の後に温泉で身体をきれいにして帰宅できます。

基本情報

フリー写真素材ぱくたそ

鬼怒川オートキャンプ場は通年営業です。シーズンオフの冬期は利用料金の割引もあります。チェックインは13:00〜17:00、チェックアウトは8:00〜11:00です。デイキャンプの利用は10:00~16:00になります。

鬼怒川オートキャンプ場へのアクセスは、今市ICから20分ほどになります。鉄道利用の場合は、鬼怒川公園駅から徒歩15分ほど、タクシーで5分ほどです。

住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝1053
電話番号 0288-77-2334

初心者も楽しめる日光のおすすめキャンプ場2選

Photo by bluXgraphics(motorcycle design Japan)=Midorikawa

日光は世界遺産・東照宮もあり、首都圏からも近い人気の観光地です。首都圏から日光までは車で1時間45分ほどでアクセスできます。

日光は、世界遺産・東照宮があり、インバウンドの観光客もとても増えています。交通網も発達しているので、公共交通機関でもアクセス可能なキャンプ場もあります。

日光は世界遺産があるとおり文化がとても豊かです。同時に、自然もとても豊かで、キャンプ場も数多く存在しています。首都圏から近く、世界遺産観光も、温泉も楽しめる日光のキャンプ場は、設備も充実していて初心者にもおすすめの施設があります。

キャンプ・イン・ドロブックル

Photo by atk1983

キャンプ・イン・ドロブックルは、日光の世界遺産群から湯西川温泉に向かう山深い土地にあります。自然豊かで、心癒やされる緑の風景が近くに見られます。

キャンプ・イン・ドロブックルでは芝生のきれいな30ほどの区画サイトと、家電・布団付きのケビンが10棟ほどあります。ケビンは家のように過ごせるので、初心者に最適です。炊事棟やトイレもきれいに保たれています。管理棟に売店やシャワーがあり、炊事棟にはピザ釜もあります。

キャンプ・イン・ドロブックルのそばには、清流・土呂部川があり、せせらぎの音に癒やされます。虫や鳥の声も近く、自然に親しめることで人気のキャンプ場です。

基本情報

フリー写真素材ぱくたそ

キャンプ・イン・ドロブックルの営業日は、4月~10月の土日および連休と7月中旬~8月の夏休み期間となります。団体の場合はそれ以外の日でも利用可能な日があるので要相談です。チェックインは14:00、チェックアウトは10:00となっています。

キャンプ・イン・ドロブックルへのアクセスは、世界遺産エリアから霧降高原を通るルートで、日光ICから国道169号、県道23号を経由して50分ほどです。鬼怒川温泉・川治温泉エリアを通るルートでは、今市ICから国道121号、県道23号経由で55分ほどとなります。

住所 栃木県日光市土呂部97
電話番号 0288-97-1026

ニュー霧降キャンプ場

Photo by odysseygate

ニュー霧降キャンプ場は、日光の世界遺産エリアからもほど近いものの、標高900mの高原に位置するキャンプ場です。6月中旬~7月中旬には、ニッコウキスゲが咲き誇る黄色い絨毯が眺められます。

ニュー霧降キャンプ場には、キャンプサイトの他に、各種バンガローやログハウスなどの宿泊施設もあります。炊事用品やキャンプ用品のレンタルも充実していて、初心者も安心して過ごせます。売店も充実していて、食堂のメニューも豊富で便利です。

ニュー霧降キャンプ場内の「そば打ち処 きりふり」での、オーナーの家伝来の手法でのそば打ち体験も人気です。東照宮などの世界遺産エリアからも近く、霧降の滝や、ニッコウキスゲやツツジなど花のさく名所も周囲にあります。豊かな環境で、楽しいキャンプができます。

基本情報

Photo by wakaba-shinshu

ニュー霧降キャンプ場は、4月末~11月末のシーズン営業です。チェックインは14:00、テント泊の場合はチェックアウトは11:00、バンガローなど施設の宿泊ではチェックアウトは10:00となります。管理人は24時間常駐です。

ニュー霧降キャンプ場へのアクセスは、日光ICから車で15分ほどです。日光市街地から霧降高原高原に行き、霧降滝入口から2kmほどです。公共交通機関では、日光駅から霧降高原行きのバスで「鳴沢」バス停下車、徒歩1分となっています。

住所 栃木県日光市所野霧降高原1545-6
電話番号 0288-53-4728

日光には子連れに人気のキャンプ場も!

Photo by ColdSleeper

日光は世界遺産もあり、自然も豊かで温泉もあります。環境に恵まれているうえに、首都圏から2時間かからない距離です。移動時間が短いので、お子様連れでもお子様が車の道中に飽きることなくキャンプ場にたどり着ける利点があります。

日光のキャンプ場には他にもお子様連れに喜ばれるキャンプ場があります。動物と触れあう体験や、物作り体験なども、お子様には良い思い出となります。

お子様にも楽しい体験があり、自然と動物とも親しめる、楽しい日光のキャンプ場をご紹介します。

大笹牧場オートキャンプ場

Photo by khf_fjs

大笹牧場オートキャンプ場のオートキャンプ場は、14サイトあり、電源付きです。近年の大型キャンプにも対応しています。便利な設備の牧場に併設されたキャンプ場なので、アウトドア慣れしていない初心者にもキャンプがたのしめます。標高1000mを超えていて、夏も上着が必要です。

大笹牧場オートキャンプ場では、隣接の大笹牧場で、アイスクリームやバター作り体験ができます。そのほか、芝そりやアスレチック、ヤギや羊、うさぎなどの動物とのふれあい体験もあります。乗馬体験もおすすめです。車で15分ほどの所に、日帰り温泉施設があります。

大笹牧場のジンギスカンハウスで提供している美味しいお肉を、オートキャンプ場でも食べられるようなっています。おすすめです。

基本情報

Photo by khf_fjs

大笹牧場オートキャンプ場の営業期間は、4月末~10月末のシーズン営業です。チェックインは12:00、チェックアウトは11:00となっています。

大笹牧場オートキャンプ場へのアクセスは、日光ICから30分ほどとなっています。公共交通機関を利用する場合、東武日光・JR日光駅からバスまたはタクシーで45分ほどです。

住所 栃木県日光市瀬尾字大笹原3405
電話番号 0288-97-1116

日光には予約不要のキャンプ場も!

フリー写真素材ぱくたそ

世界遺産もあり、首都圏からも2時間足らずでアクセスできる日光は、人気のキャンプ場も多くあります。中には完全予約制の施設もあり、場合によっては何日も前からキャンセル料が背呈されている所もあります。

日光まではさほど遠くないので、その日に思い立ってキャンプに行きたいと思う人も居ます。そういう人には、キャンプ場の予約を受け付けていない施設がおすすめです。

気が向いたときに、または天気が良いとわかったときに、思い立ったらすぐキャンプに行けるのも、日光にあるキャンプ場だからこその利便性です。おすすめのキャンプ場をご紹介します。

菖蒲ヶ浜キャンプ場

Photo by Richard, enjoy my life!

菖蒲ヶ浜キャンプ場は、奥日光中禅寺湖畔では唯一のキャンプ場です。水のきれいな中禅寺湖を眺めてキャンプができます。緑に囲まれ、静かに過ごすのも良いですし、周辺の登山や湖でのカヌーや釣りの拠点にもおすすめです。

菖蒲ヶ浜キャンプ場には、バンガローやログキャビンもあります。木で作られた雰囲気の良い建物で、快適に過ごせます。トイレもきれいで、売店の店内にはシャワーもあります。AEDやWi-Fiも完備です。バンガローやログキャビンは予約が必要です。

菖蒲ヶ浜キャンプ場のキャンプサイトは、予約不要となっています。7月~8月末にはテントサイトが拡張され、混雑を緩和しています。

基本情報

Photo by Urawa Zero

菖蒲ヶ浜キャンプ場の営業期間は、5月~10月です。テントサイトも、バンガロー等宿泊施設も、チェックイン13:00~20:00、チェックアウト11:00となっています。オフシーズンの問い合わせ先は0288-55-0158で、平日9:00~16:00です。

菖蒲ヶ浜キャンプ場へのアクセスは、清滝ICから25分ほど、沼田ICから1時間24分ほどとなっています。公共交通機関利用では、JR日光駅・東武日光駅から東武バスで50分ほど、菖蒲遊覧船発着所下車、徒歩5分です。

住所 栃木県日光市中宮祠2485
電話番号 0288-55-0227

日光のキャンプ場でアウトドアを楽しもう!

Photo by hiyang.on.flickr

世界遺産・東照宮で有名な日光には、自然に恵まれた数多くのキャンプ場があります。温泉もあり、初心者にも最適な設備を備えた施設もあります。

世界遺産の観光地としても発展している日光は、キャンプの行き帰りなどでもたのしめます。飽きやすいお子様連れでも、日光なら楽しめるキャンプができます。もちろん自然に溶け込むキャンプも楽しめるすばらしい環境です。日光でのキャンプを、おすすめします。

yuki-ya
ライター

yuki-ya

キャンプと歴史と旅行が大好きです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング