尾道のおすすめゲストハウス11選!女性に人気の個室宿や格安価格の宿も!

尾道のおすすめゲストハウス11選!女性に人気の個室宿や格安価格の宿も!

広島県尾道市は、坂が多い街、猫の多い街として知られています。尾道の魅力を満喫するならゲストハウスがおすすめです。宿泊施設の中でも格安で利用できるゲストハウスは近年人気が高く、観光やビジネスでの利用に最適です。地域に寄り添った暮らしを体験してみませんか。

記事の目次

  1. 1.尾道ってどんなところ?
  2. 2.ゲストハウスとは?
  3. 3.尾道のおすすめゲストハウス4選
  4. 4.尾道で女性に人気の個室があるゲストハウス4選
  5. 5.尾道の格安で泊まれるゲストハウス3選
  6. 6.尾道のゲストハウス併設のカフェ
  7. 7.尾道のゲストハウスで旅をもっと楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

尾道ってどんなところ?

Photo by drugstorecornerphoto

尾道は広島駅から新幹線で40分、車を利用すれば1時間、広島空港からは公共交通機関を乗り継いで1時間ほどで行けるところにあります。交通の便はしっかりしているのでどの交通手段を使っても気軽に訪れることができます。

尾道には観光スポットが非常に多く、広島に観光に行った際も1時間程度足を伸ばせば到着するためスケジュールに組み込みやすい場所です。瀬戸内海に面しているので、朝焼けや夕焼けがとても美しく、夕日に照らされた島々は幻想的で写真撮影スポットとしても有名です。

Photo byskeeze

瀬戸内海の温暖な気候からアクティビティも盛んです。特に観光客に人気のサイクリングは春と秋がおすすめです。サイクリングの大会やイベントも行われています。

降水量も比較的少ないことからベストシーズン時には観光客で賑わいます。桜の時期は千光寺公園が人気で「さくら名所100選」にも選ばれています。

広島県の南東部にある港町

Photo by sabamiso

広島県の南東部に位置する尾道は歴史のある港町です。時はさかのぼり1168年に年貢米の蔵が建てられ、1169年に正式に港町として開港となりました。1189年に年貢米の積出港として栄えた尾道は、北海道と大阪を結ぶ大型船の寄港地として有名となりました。

大型船の寄港地になった尾道の街は繁盛し、富を築く者が多く集まるようになりました。その頃に建てられたお寺や施設は現在の尾道を作るきっかけとなり、散策するとどこか懐かしい歴史ロマンあふれる街並みを維持しています。

映画のロケ地としても有名

Photo by kouyuzu

風情のある独特な雰囲気から尾道は数多くのドラマや映画のロケ地にもなっています。尾道三部作と呼ばれる、「時をかける少女」「転校生」「さびしんぼう」の作品は尾道出身である大林宣彦監督の映画の舞台となりました。

新尾道三部作では「ふたり」「あした」「あの、夏の日」の舞台となり多くの世代から支持を受けています。こうして映画ファンを増やした尾道のロケ地巡りは観光の楽しみのひとつとなりました。昔懐かしい街並みや港町の風景、狭い路地は映画のワンシーンを思い出させます。

ゲストハウスとは?

Photo by Party0

尾道には数多くのゲストハウスが存在します。格安で宿泊をするにはゲストハウスの利用がおすすめです。ところで、ゲストハウスはどういったものなのかまだまだご存じない人も多いでしょう。またゲストハウスを利用する上での楽しみ方やメリットなどをご紹介します。

ゲストハウスとは、ホテルに置いてあるようなアメニティ類はなくシーツ交換などを省いた宿泊メインの施設をさします。旅行慣れをしていない方はゲストハウスを初めて利用する際は不安に感じることがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

費用を安く抑えたい方におすすめの宿泊施設

Photo byHans

ゲストハウスは宿泊曜日やシーズンによって変動はありますが、費用はホテルや旅館などの比べると格安で抑えられます。ゲストハウス利用料の相場はだいたい2000円から3000円の間が多く、ドミトリーなど相部屋を選択すると格安で利用できます。

施設内は必要最低限のサービスなので基本的には素泊まりとなります。費用が格安で済むことから長期滞在の旅にもおすすめです。

宿泊の際には男女が別になっているか、個室になっているのかなどで料金設定は変わってきます。個室は相部屋に比べて割高となっています。旅の予算や観光のしかたに合わせていくといいでしょう。

ゲストハウス内で生まれる交流が人気

Photo byrawpixel

ゲストハウスはロビーやキッチンなど共同スペースが設けられています。現地で活動するオーナーとの会話やゲスト同士のコミュニケーションを目的に旅をする人も多いのもゲストハウスの特徴です。

外国人の旅行客も多く利用することから、ハローの一言から国際交流もできます。お互いのことを話したり、旅のことを話したり、会話の中からガイドブックに載っていない穴場の観光スポットなど、ゲストハウスで旅の情報交換を楽しむことができます。

尾道のおすすめゲストハウス4選

Photo by sabamiso

日本遺産にも指定されている尾道は朝から晩まで一日中遊べるスポットがたくさんあります。そんな尾道の観光の際にぜひ利用したいおすすめのゲストハウス4選をご紹介します。ゲストハウス初心者の方も気軽に利用できます。

思わずただいまと言ってしまうような居心地の良い空間と、家族のような雰囲気を漂わせる素敵なゲストハウスの魅力を楽しみましょう。部屋タイプも個室やドミトリーを選べるところが多いのでぜひ旅の参考にしてみましょう。

あなごのねどこ

Photo by on daines wings

西日本で一番長い道と呼ばれる商店街の一角にあるゲストハウス「あなごのねどこ」はカラフルで個性あふれた外観が特徴です。

レトロな佇まいでひときわ目立つ建屋のあなごのねどこは、地元NPOの尾道空き家再生プロジェクトによってリノベーションされ古民家ゲストハウスとして運営されるようになりました。

正面玄関から入ると1階はカフェとなっており、カフェの脇にある細い通路を進むとゲストハウスの受付があります。細長い通路を進んだ先にあるということからうなぎの寝床ならぬ、あなごの寝床のような作りになっているゲストハウスです。

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

あなごのねどこはどこか懐かしい雰囲気で、内装も手作りのものが多いことが魅力です。インテリアのデザインは尾道の漫画家「つるけんたろう」氏が手がけました。どこを見ても愛らしい内装はゲストの心を温かくさせます。

あなごのねどこは全2室で男女混合ドミトリーと女性専用ドミトリーとなっています。宿泊料金はひとり2800円からとなっており、家族など貸切で利用したい場合はひとり3300円から利用できます。

施設内は共同スペースとしてキッチン、シャワー、トイレがあります。アメニティはボディソープやシャンプーは用意されており、歯ブラシセットは追加料金で提供しています。

住所 尾道市土堂2-4-9
電話番号 084-838-1005

シーサイドホステルLight House

Photo byHCshearer

レストランとバー、ラウンジも楽しむなら「シーサイドホステルLight House」がおすすめです。2017年に尾道向島にオープンした新しいゲストハウスです。千光寺から車で20分、立花海岸まで自転車で15分ほどの場所にあり周辺散歩も楽しむことができます。

シーサイドホステルLight Houseの魅力はなんといっても部屋のバルコニーから見える絶景です。尾道水道が一望でき海風も入って気持ちがいいです。無料のバスアメニティもあり、スリッパやヘアドライヤーも用意されています。部屋も広くファミリーや大人数での利用もできます。

Photo byRitaE

シーサイドホステルLight Houseはレストラン・バーということもあり、料理も絶品です。人気の朝食メニューからランチ、事前予約のディナーもできます。新鮮な地元の食材をふんだんにつかったものがいただけます。尾道の風景と美味しい地元料理を楽しむおすすめのゲストハウスです。

住所 尾道市向島町10399
電話番号 084-851-6353

みはらし亭

Photo bySofielafee

尾道の観光名所である千光寺から100メートルの立地にある「みはらし亭」は築100年の茶園(別荘建築)をリノベーションして作られたゲストハウスです。こちらもNPO法人尾道空き家再生プロジェクトによってゲストハウスとして生まれ変わり2016年にオープンしました。

みはらし亭の部屋の相部屋は雑魚寝スタイルです。2階は個室が2室です。また個室以外にもドミトリータイプの部屋が3室あります。女性専用のドミトリーがあるので女性おひとりの場合でも安心して利用できます。

男女混合ドミトリーの部屋からは尾道の街並みを眺めることができ、みはらし亭という名もふさわしく眺望が素晴らしいのも人気のひとつです。

住所 尾道市東土堂町15-7
電話番号 084-823-3864

ゲストハウスがみがみ

フリー写真素材ぱくたそ

干汐海水浴場付近に泊まるなら「ゲストハウスがみがみ」がおすすめです。2018年にオープンしたスイーツが味わえるカフェ併設のゲストハウスです。しまなみ街道サイクリングコースからも近く、自転車の持ち込みも可能です。

ゲストハウスがみがみはオープン当初から、でべらソフトという魚の干物を乗せたソフトクリームが有名です。その斬新な見た目から、でべらソフトを目当てにくるお客さんもたくさんいます。宿泊客に人気の朝食はアメリカンブレックファストもいただけます。

Photo byFree-Photos

ゲストハウスの部屋は木のぬくもりいっぱいで日差しが差し込み明るく、部屋タイプも種類が多いです。男女混合ドミトリーと女性専用ドミトリー、和室が2室あります。各部屋からの眺望も素晴らしく、夜には満点の星空の下で天体観測もできます。

住所 尾道市向東町5944-2
電話番号 084-836-6692

尾道で女性に人気の個室があるゲストハウス4選

Photo by Sasha India

近年では女性のひとり旅という旅のスタイルが増えてきました。尾道は昭和レトロで風情ある街並みから、古民家を改造したカフェや雑貨が多く、女性からは人気の観光エリアです。

尾道でゲストハウスに泊まってみたいという女性向けに人気の個室があるおすすめゲストハウスを厳選しました。はじめての方でも、女性ひとりでも大人数でわいわいもできる利用しやすい施設を4選ご紹介します。

SIMA INN

フリー写真素材ぱくたそ

尾道の繁華街にある「SIMA INN(しまいん)」は、和と洋を融合したスタイリッシュなゲストハウスです。夜に飲んだ帰りにも利用しやすく、くうねるあそぶを堪能できます。SIMA INNは2018年に空き店舗をリノベーションしオープンされました。

宿泊部屋は3室で和室となっており、利用人数も1名から3名までとコンパクトで少人数で利用できます。3室とも完全個室なので、女性ひとり旅でも安心して利用ができます。シャワールームも部屋に付いているのでプライベートを重視したい方におすすめです。

住所 尾道市久保2-17-2
電話番号 084-829-5209

尾道 ゲストハウス フジホステル

フリー写真素材ぱくたそ

尾道駅より徒歩15分のゲストハウス「フジホステル」は築69年の建造物をリノベーションしたゲストハウスです。尾道でも人通りの多い市街中心部にあり観光や散策がしやすい好立地にあります。昭和レトロな雰囲気の町屋作りの外観が尾道の街並みに合っています。

しまなみ海道サイクリングをする人にもおすすめです。自転車を室内に保管できるのでサイクリングの立ち寄り宿としてもおすすめです。宿泊者はサイクリストが多く、旅の情報交換も楽しめます。

Photo by halfrain

ゲストハウスフジホステルのドミトリールームは男女混合の6ベッドの部屋と女性専用ドミトリー6ベッドの部屋があります。個室として貸切を希望の際は相談も可能です。ただし繁忙期は不可の場合もありますので宿に確認しましょう。

ドミトリータイプはひとり2500円という格安料金から利用ができます。個室、貸切料金は別料金設定となります。施設内は冷暖房が備えられ、バストイレは共用です。

住所 尾道市十四日元町3-30
電話番号 084-836-6215

ヤドカーリ

Photo by alberth2

尾道水道の一角にある古民家ゲストハウス「ヤドカーリ」は古民家2棟を改装したゲストハウスです。尾道駅から徒歩5分にあります。カフェと併設になっており店内はおしゃれで女性にも人気です。店舗はオーナー自らDIYで再生し完成しました。

ヤドカーリのオーナーはNPO法人「まちづくりプロジェクトid尾道」の代表を務める村上さん。ゲストと地域の交流の場として尾道の魅力を発信しています。外国籍の旅行客も多く訪れ、国際交流もできるのが宿の特徴です。

海に面した場所で絶景も楽しめる客室はドミトリールームと和室の個室があります。部屋は全室無料wi-fi完備のため便利です。バスルームとトイレは共同です。

Photo by Shinichi Haramizu

ゲストハウスヤドカーリは個室の種類が豊富で女性にも人気です。静かな1名から2名で利用できるロフトタイプの部屋と5名まで利用可能の部屋があります。またオーシャンビューのシーサイド個室部屋もあり3名まで利用できます。ドミトリーは男女混合で4名まで利用できます。

住所 尾道市土堂1-9-13
電話番号 084-824-9889

㎥ HOSTEL

Photo byvictorsnk

尾道駅から徒歩0分、宿泊施設は駅!というゲストハウスの「m3 HOSTEL(エムスリーホステル)」はローカルの駅を楽しめるゲストハウスとして2019年3月にオープンしました。m3 HOSTELは尾道の駅舎の2階にあります。

m3 HOSTELの部屋タイプは個室タイプのダブルとツインのプライベートルームと男女兼用のバンクベッドルーム、男女兼用のコンパートメントルームがあります。

併用スペースとして24時間利用可能の有料ランドリーがあります。シャワールームは4室あり、男女別となっていて、アメニティもシャンプーコンディショナー、ボディソープが備え付けられています。水回りはとても清潔に維持されています。

Photo by nubobo

鉄道好きにはたまらないレールビュールームがあり、線路も電車も眺めたい放題の素敵な部屋です。駅舎に泊まるという新しいスタイルを尾道駅で体験してみませんか。

住所 尾道市東御所町1-1
電話番号 084-829-9330

尾道の格安で泊まれるゲストハウス3選

Photo by sabamiso

観光を楽しみたい、出会いをつくりたい、旅の情報交換がしたいと、できるだけ格安で泊まりたいなどゲストハウスを利用する理由は様々です。お次は数ある尾道のゲストハウスの中でもコスパ最強の格安のゲストハウスを3選ご紹介します。

HTSゲストハウス尾道

Photo by ayamatsu

「HTSゲストハウス尾道」は尾道駅から徒歩10分の商店街の中にあるゲストハウスです。古い町屋を改装した建物です。和風と洋風のドミトリータイプの部屋があり、個室はありません。冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器などキッチン家電も充実していることから、長期滞在にもおすすめの宿です。

1泊ひとり2850円で宿泊できる格安料金であることもポイントです。シャワー以外にもお風呂があり旅の疲れを癒すことができます。また建物の1階にはカフェがあり、モーニングも500円からいただくことができ宿泊の際にはカフェ利用もおすすめです。

住所 広島県尾道市土堂1-6-3
電話番号 084-836-5598

アロ恵の家

Photo by mrhayata

続いておすすめの格安ゲストハウスは「アロ恵の家」です。築70年の古民家をリノベーションして営業するアロ恵の家は、瀬戸内海をイメージした内装が特徴です。尾道水道の斜面に立っています。多くのバックパッカーやサイクリストに人気のゲストハウスです。

ドミトリータイプの部屋は男女混合のみとなり、1泊ひとり2500円という格安料金で利用できます。お風呂は浴槽があるものでこちらも男女兼用となっています。

ランドリーは無料で使えるので嬉しいポイントです。エアコン設備はないので暑さが苦手な方は過ごしやすい季節を選んで訪れることをおすすめします。

住所 尾道市東土堂町7-7
電話番号 090-4375-8407

ゲストハウス 尾道ポポー

Photo bymiz306

最後にご紹介する格安宿「ゲストハウス尾道ポポー」は向島にあります。尾道駅から徒歩10分で観光の拠点やサイクリング利用としてもおすすめの宿です。家族や旅人、グループ向けの素泊まり専用のゲストハウスです。

ゲストハウス名にもなっているポポーは北米産の果物で、森のカスタードクリームと言われています。オーナーがポポーを見つけ育て始めたことがきっかけでこの名前がつけられました。ゲストにもポポーの実を食べて欲しいという思いから裏山にはたくさんのポポーの木が植えられています。

Photo by つんつん

ゲストハウス尾道ポポーは部屋のバリエーションが豊富で格安ということがポイントです。男性専用、女性専用ドミトリーから個室部屋、1棟貸しもしています。料金はドミトリーで3300円、個室利用でも3500円と非常にリーズナブルで女性にも人気です。

共有スペースのキッチンには冷蔵庫、コンロ、電子レンジ、ケトルなどの調理器具が無料で利用できます。シャワールームのアメニティはシャンプーコンディショナー、ボディソープが備わっています。有料サービスで歯ブラシセットや洗濯機が利用できます。

住所 尾道市向東町877-1
電話番号 084-836-5016

尾道のゲストハウス併設のカフェ

Photo byFree-Photos

尾道の空き家再生プロジェクトで生まれたゲストハウスにはカフェが併設となっているところがあります。ゲストハウスは素泊まりが多い分、一緒にカフェが併設されていると朝食を食べたりランチができたりするので自炊をしない場合に特におすすめです。

あなごのねどこのあくびカフェー

フリー写真素材ぱくたそ

ゲストハウス「あなごのねどこ」の敷地内正面にあるのが「あくびカフェ」です。店内は昭和にタイムスリップしたようなインテリアでテーブル席とボックス席、カウンター席にわかれています。

あくびカフェのコンセプトは「旅と学校」です。そのため、朝ごはんの時間帯で給食モーニンがあり、ゲストハウスに宿泊した際も有料で人気の給食モーニングをいただけます。

住所 尾道市土堂2-4-9
電話番号 -

みはらし亭のカフェ

フリー写真素材ぱくたそ

千光寺の真下に位置するカフェで尾道の景色を楽しみませんか。大正10年に建てられて30年ほど空き家になっていたゲストハウスみはらし亭にはカフェとバーがあります。

カフェスペースは宿泊客以外も利用することができます。ケーキやクッキーなどの軽食と一緒にお茶やコーヒー、ビールやワインなどのアルコール類などもいただけます。

尾道ロープウェイで片道切符であがり、下りの途中にあるみはらし程のカフェは絶景を楽しむことができます。瀬戸内海を眺めながら優雅にコーヒーを飲む、そんな贅沢な時間を過ごしてみませんか。

住所 広島県尾道市東土堂町15-7
電話番号 084-823-3864

尾道のゲストハウスで旅をもっと楽しもう!

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

いかがでしたでしょうか。尾道のゲストハウスの魅力は、格安でその歴史ロマンあふれる景観と文化をそのまま宿で味わえることです。古民家を改装したものや部屋からの絶景を楽しめるなど、尾道らしい世界をゲストハウスで体験してみませんか。

NPO法人の尾道空き家再生プロジェクトによって築100年以上の建造物をリノベーションしたところから新築オープンしたスタイリッシュなところまで、バリエーション豊富な尾道のゲストハウスに滞在して思う存分旅を楽しんでみましょう。

Mayu Nishimura
ライター

Mayu Nishimura

「好きな仕事で、好きな人たちと、自由な毎日を送る♡」を人生テーマに、理想のワークライフスタイルを実践中。趣味は走ること、お仕事は撮ること&書くことです。得意なライティングテーマは、観光情報とヘルシーライフスタイル。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング