宮崎で人気の焼酎おすすめ13選!麦と芋ではどちらがメジャーなの?

宮崎で人気の焼酎おすすめ13選!麦と芋ではどちらがメジャーなの?

宮崎県は、焼酎を愛している方の多い都市です。宮崎県にて作られている焼酎は全て絶品で、女性や初心者にもおすすめの焼酎がたくさん販売されています。各酒造会社にて丹精込めて作られている宮崎で人気の焼酎おすすめ13選を紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.宮崎の焼酎は出荷量も年間消費量も日本一!
  2. 2.宮崎には酒蔵が見学できる工場がある
  3. 3.宮崎の霧島酒造のおすすめ焼酎3選
  4. 4.宮崎で人気の芋焼酎3選
  5. 5.宮崎の女性に人気の焼酎3選
  6. 6.宮崎の初心者にもおすすめの焼酎3選
  7. 7.宮崎の「幻の焼酎」といわれている麦焼酎
  8. 8.宮崎の絶品焼酎を味わおう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

宮崎の焼酎は出荷量も年間消費量も日本一!

Photo by jetalone

宮崎県は、焼酎の出荷量も年間消費量も日本一です。九州地方には焼酎を生産している都市が多く、熊本県や鹿児島県、大分県なども有名な焼酎が多くなっています。有名な焼酎「霧島」は宮崎県の焼酎であり、霧島が全国的に人気が出たことからも、出荷量が日本一になったとも言えます。

宮崎焼酎の特徴は?

Photo by Hirotomo.SABETTO

宮崎焼酎の特徴として、基本的にアルコール度数が20度という特徴があります。宮崎県以外の焼酎は、アルコール度数が25度以上である事が多く、控えめなアルコール度数に、焼酎初心者の方にも宮崎県の焼酎はおすすめとなっています。

宮崎県の焼酎は、原料の種類が多い事も特徴の1つです。定番の芋や麦、米からよもぎなどの原料も使われており、様々な風味を楽しむことができます。

宮崎には酒蔵が見学できる工場がある

Photo by zunsanzunsan

宮崎県では、酒蔵を見学することが出来る工場もあります。日本酒や焼酎は、作り手により手間暇をかけて作られています。作り手のこだわりがあるからこそ、とても美味しい焼酎を味わう事ができます。酒蔵に興味のある方は是非工場見学にて製造方法を眺めてみて下さい。

千徳酒造株式会社

Photo by Spiegel

宮崎県にある千徳酒造株式会社にて、工場見学が行われています。「はなかぐら館」という施設にて見学をすることができます。蔵見学をした後に試飲することもでき、その場で販売される清酒を購入することも可能です。

会社の情報

Photo by y_katsuuu

宮崎にある千徳酒造株式会社は、明治36年から続く歴史ある会社となっています。千徳酒造株式会社を代表する「大吟醸 千徳」は数々の賞を受賞しており「純米吟醸 夢の中まで」などが全国的に人気のお酒となっています。大吟醸 千徳は、フルーティーな味わいとすっきりした後味が特徴のお酒です。

辛口のお酒ではありますが、アルコール度数17度であり、初心者にもおすすめのお酒となっています。是非宮崎県にある千徳酒造株式会社の美味しいお酒を味わってみて下さい。

住所 宮崎県延岡市大瀬町2-1-8
電話番号 0982-32-2024

宮崎の霧島酒造のおすすめ焼酎3選

Photo by yoppy

宮崎県の有名な焼酎と言えば、やはり「霧島」です。「霧島酒造」の酒蔵にて、職人の手によってこだわりを持って作られている焼酎であり、大人気の焼酎となっています。霧島酒造は、100年以上の歴史を持っている伝統ある酒造です。

南九州には「だれやめ」という文化があり、晩酌で1日を締めくくるというものです。「だれ」が疲労という意味合いがあり、「やめ」はそのままやめるという意味です。疲れを当日中に取り、次の日からも元気に頑張ろうという文化となっています。

Photo by kobakou

だれやめという文化があったからこそ、霧島酒造は100年以上の歴史を持つことができたと公式サイトにて謳っています。是非、宮崎にある霧島酒造の絶品の焼酎を、友人や家族と美味しい食事を囲みながら味わってみて下さい。歴史ある霧島酒造のおすすめの焼酎を紹介していきます。

有名な「黒霧島」

Photo by takaokun

宮崎にある霧島酒造の歴史を生んだ焼酎は、「黒霧島」となっています。酒蔵で黒麹によって仕込まれた芋焼酎である黒霧島は、霧島酒造の有名商品であり、人気の高い芋焼酎となっています。当時の酒蔵で作られた味わいを、現代の最先端技術によって再現した芋焼酎が黒霧島です。

黒麹によって甘みも感じ、後味はすっきりとしている芋焼酎です。黒霧島は、霧島酒造の伝統を重んじて作られているので、とても美味しく人気が高い有名な芋焼酎となっています。原材料には、さつまいもと米こうじを使用しています。

Photo by roberthuffstutter

アルコール度数は、20度と25度と2種類展開されています。20度は、900ミリリットルで810円、1800ミリリットルで1504円となっています。25度は、900ミリリットルが924円、1800ミリリットルが1724円となっています。

黒霧島のおすすめの飲み方はロックです。クセがなく飲みやすい芋焼酎である黒霧島は、ロックで飲むのが1番の美味しい飲み方となっています。氷にもこだわるとより美味しく飲むことができます。

是非、当時の酒蔵にて生み出された歴史ある芋焼酎である黒霧島を味わってみて下さい。クセがなく飲みやすいことからも、焼酎初心者にもおすすめの宮崎の芋焼酎となっています。

地元で人気の「白霧島」

Photo by nakashi

霧島酒造にて、80年以上宮崎の地元の方に愛され続けている芋焼酎「霧島」が名前を新たに変えたものが「白霧島」です。白霧島は、原材料にさつまいもと、米こうじ、芋こうじが使用されており、霧島連山の地下水を使用し、酒蔵にて作られています。

美味しさを追求し続ける霧島酒造だからこその芋焼酎であり、伝統を守りながらも進化している芋焼酎となっています。芋の香りを楽しむことができ、なめらかな味わいが特徴の芋焼酎となっています。

酒蔵にて芋麹で仕込んだ焼酎の美味しさを、霧島酒造ではGテイストと呼んでいます。白霧島のラベルには、Gテイストの文字と、霧島酒造の創業者である江夏吉助氏の肖像が描かれています。

Photo by tablexxnx

白霧島は、20度と25度の2種類が展開されています。20度は、900ミリリットルで810円、1800ミリリットルで1504円となっています。25度は、900ミリリットルで924円、1800ミリリットルで1724円となっています。

白霧島のおすすめの飲み方は、お湯割りとなっています。お湯割りにすると、芋の香りがより感じられ、焼酎6のお湯4がおすすめの対比です。また、先にお湯を注いでから、次に焼酎を注ぐ事で香りが立ち、白霧島のうまみを味わう事ができます。

是非、霧島酒造の定番焼酎である白霧島を味わってみて下さい。少し辛口ではありますが、うまみと甘みも感じる事ができるので、おすすめの芋焼酎となっています。

季節限定の「赤霧島」

Photo by ketou-daisuki

「赤霧島」は宮崎の霧島酒造にて季節限定で販売される有名な芋焼酎です。ムラサキマサリという紫芋を原料で使用しており、ムラサキマサリと焼酎麹が混ざり合うと、もろみが真っ赤になる事から、赤霧島と名づけられました。

赤霧島は、上品な香りとすっきりとした甘みが特徴の芋焼酎となっています。赤霧島は、どんな食事にも合うと言われており、かなり人気のお酒です。赤霧島の新しい楽しみ方として、おつまみにチーズや生ハム、チョコレートなどを食べながら飲むのもおすすめです。

赤霧島は、アルコール度数25度のみの展開となっています。900ミリリットルで1175円、1800ミリリットルで2230円となっています。

Photo by tablexxnx

赤霧島は、基本的にどの飲み方でも美味しく味わうことができます。ロックや水割り、お湯割りも美味しいですが、ソーダ割りもおすすめとなっています。ソーダ割りは、赤霧島の甘みと、炭酸の苦味がマッチして絶品となります。

春頃と秋頃に販売される赤霧島は、お店でもすぐに売り切れてしまうほど人気商品となっています。是非、霧島酒造の自信作である赤霧島を味わってみて下さい。

宮崎で人気の芋焼酎3選

Photo by zunsanzunsan

宮崎には、霧島酒造で生産されている霧島の他にも、人気の高い有名な芋焼酎がたくさんあります。飲みやすい芋焼酎が多くなっていますので、是非宮崎の焼酎を味わってみて下さい。宮崎県の酒蔵にて作られている人気のある芋焼酎を紹介していきます。

日向木挽 BLUE

Photo by Richard, enjoy my life!

宮崎にある雲海酒造株式会社で作られている「日向木挽 BLUE」は、南九州にて生産されている芋を使用した芋焼酎となっています。酒蔵にて熟練の職人達がこだわりを持ちながら作っているお酒です。コクがあり、芋本来の甘みを感じる事のできる絶品の芋焼酎となっています。

日向木挽 BLUEが作られている酒蔵は自然の中にあり、使用されている水は、日本の名水100選にも選ばれたことのある「綾の湧水郡」です。ミネラルが豊富に含まれている水を使用して作られた焼酎は、幅広い世代に愛されています。

日向木挽 BLUEはアルコール度数が20度と25度の2種類展開です。すっきりした甘みを感じる事ができる芋焼酎であり、1口飲むと爽やかな味わいが口の中に広がります。

Photo by Joshua Rappeneker

宮崎の自然に囲まれた酒蔵にて丹精込めて作られている日向木挽 BLUEは、すっきりとした味わいのため、焼酎初心者にもおすすめの芋焼酎となっています。是非、日向木挽 BLUEを味わってみて下さい。

たちばな

Photo by Richard, enjoy my life!

宮崎にて明治18年に創業された「黒木本店」にて作られている「たちばな」も、とても人気の高い焼酎です。黒木本店は、長い歴史のある酒造となっています。芋や麦、米の素材にもこだわっています
。たちばなは、黒木本店の有名な芋焼酎となっており、ファンの多いお酒です。

たちばなは、すっきりとした味わいと素材の本来の味を楽しむことができる芋焼酎となっており、酒蔵にてこだわりを持って作られています。黒木本店は、農業をする所から焼酎作りとしており自然の恵みを自然に還すという自然循環農法が用いられています。

たちばなは、水割りにするとフレッシュ感がより際立ち、お湯割りにすると甘みと香ばしさをより感じる事ができます。

Photo by inazakira

アルコール度数は、20度と25度となっています。たちばなは、お値段もお手ごろ価格となっていますので、毎日の晩酌にもおすすめの芋焼酎となっています。是非、黒木本店の有名な芋焼酎であるたちばなを味わってみて下さい。

㐂六

フリー写真素材ぱくたそ

黒木本店にて作られている人気芋焼酎である「㐂六」は、原料の甘みと、香りを楽しむことのできる焼酎です。味がしっかりとしており、芋や穀物などのうまみが凝縮されています。後味にも、こだわりの素材の本来の味を味わう事ができ、おすすめの焼酎となっています。

㐂六には、水割りやお湯割りがおすすめです。水割りにすると、香りがより濃厚になり、こだわりの素材の甘さをはっきりと感じる事ができます。お湯割りにすると、まろやかな味わいになり、バランスのとれた、飲みやすい芋焼酎となります。

アルコール度数は、25度のみとなっています。けれど、初心者にもおすすめの飲みやすい芋焼酎となっています。

Photo by randomidea

黒木本店には、㐂六やたちばなの他にも有名な焼酎がたくさんあります。季節限定で販売される焼酎もあり、こだわりの絶品の焼酎を味わう事ができます。是非、㐂六やたちばななどの黒木本店の美味しい焼酎を味わってみて下さい。

宮崎の女性に人気の焼酎3選

Photo by Ewan-M

宮崎には、女性に人気の高い有名な焼酎もたくさんあります。甘みやフルーティーさ、すっきりとした味わいを楽しめる焼酎がたくさん作られており、女性に人気が高くなっています。宮崎で女性に人気の焼酎を紹介していきます。

月の中

Photo by cinz

「岩倉酒造場」にて作られている「月の中」は、岩倉酒造の有名な芋焼酎です。月中という土地の名前から焼酎の名前をとっています。岩倉酒造場では製造量に限りがあるため、量ではなく質にこだわって焼酎が作られています。

岩倉酒造場は、小さな酒蔵にて、娘さんや息子さんと家族4人で焼酎を作っています。岩倉酒造の有名焼酎である月の中は、優しさを感じる味わいと、尖っていない柔らかみのあるコクを感じる飲みやすい芋焼酎となっています。

全国的にファンの多い月の中は、芋焼酎特有の尖った味わいがあまり前面には出ていないのも特徴となっています。

Photo by veroyama

アルコール度数は25度となっていますが、甘みも感じ、飲みやすい芋焼酎です。女性や焼酎初心者の方にもおすすめの焼酎となっています。是非、岩倉酒造の酒蔵にて丹精込めて作られている月の中を味わってみて下さい。

山ねこ

Photo by typester

「尾鈴山蒸留所」にて作られている「山ねこ」は、女性にも人気の高い焼酎です。尾鈴山蒸留所は、自然に囲まれている蒸留所です。少量でも丁寧に作ることを理念とした尾鈴山蒸留所では、丹精込めて素材からこだわり、絶品の焼酎を生産しています。

山ねこは、焼酎に苦手意識のある方でも飲みやすい上品な甘さを感じる事のできる焼酎です。フルーティーさを感じる事のできる山ねこは、全国各地にファンが多くなっています。まろやかですっきりとした味わいが絶品です。

山ねこはロックで飲むのもおすすめですが、水割りも焼酎初心者の方にはおすすめの飲み方です。お湯割りも、こだわりの芋の甘みをより感じる事ができますので、人気の飲み方となっています。

Photo by typester

山ねこは、おしゃれで可愛らしいラベルも女性に人気の高い焼酎である理由の1つです。お世話になっている人への贈り物にもぴったりな山ねこを、是非味わってみて下さい。

川越

Photo by Go Imai

江戸時代からの長い歴史がある「川越酒造場」の「川越」は、川越酒造場の有名な焼酎となっています。一度は潰れかけた酒蔵を、川越によって立て直しました。今や人気銘柄となった川越ですが、全国各地にて年齢問わず愛され続けている焼酎となっています。

歴史を感じさせる酒蔵にて作られている川越は、米焼酎と芋焼酎を混ぜ合わせて作られている焼酎です。川越は、元々、女性でも飲みやすく、全国各地で愛される焼酎を作ろうと考えて作られた焼酎です。尖った風味も少なく、まろやかなコクを感じられる飲みやすい焼酎となっています。

2002年には、ANAの国際線ファーストクラスの焼酎に川越が選ばれました。川越は、女性の客室乗務員にも大好評でした。

Photo by veroyama

お湯割りにしても、川越はしっかりと香りが残り、芋の甘みを感じる事ができます。潰れかけであった酒蔵が地域の方達の協力によって生み出した焼酎である川越は、今や世界に愛される焼酎となりました。是非、1度は絶品の焼酎である川越を味わってみて下さい。

宮崎の初心者にもおすすめの焼酎3選

Photo by chidorian

宮崎の焼酎では、初心者にも飲みやすいおすすめの焼酎がたくさんあります。焼酎に苦手意識のある方や、今後焼酎に慣れ親しんでいきたい初心者にも味わってほしい焼酎が、宮崎では多数作られています。初心者にもおすすめの宮崎の焼酎を紹介していきます。

天孫降臨

Photo by decoponia2015

「神楽酒造株式会社」にて作られている「天孫降臨」は、芋焼酎が苦手な方にも、本格的な芋焼酎を美味しく飲んでほしいという熱い思いから作られた芋焼酎です。神楽酒造株式会社のある高千穂にて昔から言い伝えられている神々が降臨したという神話から、天孫降臨と名づけられています。

天孫降臨は、すっきりとした爽やかさのある味わいでとても飲みやすく、芋焼酎特有の尖った風味などがほとんどないことが特徴です。低温蒸留という作り方によって作られている天孫降臨は、焼酎初心者の方や、芋焼酎に苦手意識のある方にとてもおすすめの芋焼酎となっています。

神楽酒造株式会社には、芋焼酎以外にも、原料にこだわりの麦が使用されている絶品の焼酎も取り扱っています。通信販売も行っていますので、是非、神楽酒造株式会社の焼酎を味わってみて下さい。

Photo by june29

神楽酒造株式会社は、2016年にJALの国際線のファーストクラスラウンジにて、麦を原料とした「長期酒造酒 ひむかのくろうま」が採用されたこともあります。神楽酒造株式会社では、天孫降臨の他にも、美味しい焼酎をたくさん作っています。

是非、神楽酒造株式会社の美味しい焼酎を味わってみて下さい。飲みやすく、初心者にもおすすめの焼酎から、焼酎を長く飲んできている焼酎通におすすめの焼酎まで、幅広いお酒を提供しています。

中々

Photo by nakanishiakihito

「黒木本店」にて作られている「中々」は、こだわりの大麦を原料とした焼酎です。「長期貯蔵酒 百年の孤独」の原酒であり、長い間貯蔵していても、大麦のコクと深い味わいを楽しむめる麦焼酎です。

中々は、選りすぐりの大麦を使用した麦100%使用の麦焼酎です。㐂六やたちばな、山ねこなどの有名な芋焼酎を販売している黒木本店にて作られています。

是非、黒木本店の麦焼酎中々を味わってみて下さい。アルコール度数は、25度となっていますが、すっきりとしていて飲みやすい麦焼酎です。

日南娘

Photo by kisocci

「株式会社 宮田本店」にて作られている「日南娘」は、宮田本店の看板商品の焼酎です。厳選した芋を使用しており、芋本来の優しい甘みと、コクのある深い味わいが特徴の芋焼酎となっています。焼酎初心者にもおすすめの芋焼酎としても人気が高くなっています。

宮田本店には、日南娘の他にも「銀の星」という芋焼酎があります。アルコール度数25度ですが、すっきりとした味わいで、キレのある風味が特徴の芋焼酎です。甕壷にて1年間以上熟成したものを販売しており、銀の星も絶品の芋焼酎となっています。

フリー写真素材ぱくたそ

是非、友人や家族と美味しい食事を囲みながら、宮田本店の美味しい焼酎たちを味わってみて下さい。宮田本店は、醤油やリキュールも販売していますので、気になった方は是非焼酎以外も楽しんでみて下さい。

宮崎の「幻の焼酎」といわれている麦焼酎

Photo by JaggyBoss

宮崎にて作られている焼酎には、上品な味わいで長く愛され続けている絶品の焼酎があります。数々の著名人も愛した焼酎であると言われています。宮崎にて丹精込めて作られている「幻の焼酎」を紹介していきます。

百年の孤独

Photo by chris_harber

「黒木本店」にて作られている「百年の孤独」は、幻の焼酎として全国を魅了してきた絶品の焼酎です。ブランデーやウイスキーのように樽で熟成させるのが特徴の麦焼酎であり、3年間樽の中で寝かせ続けます。

焼酎を熟成させるという考えが一般的ではなかった昭和時代に作られた百年の孤独は、直ぐに人気焼酎となりました。黒木本店は、百年の孤独が作られたことによって、全国にて知られるほど有名な焼酎の製造会社となりました。

百年の孤独はオークやココナッツ、香ばしい麦の香りがするのが最大の特徴であり、水割りやお湯割りで楽しむのがおすすめです。

Photo by Ron Dollete

百年の孤独は、作品のタイトルから名前をとっており、文学に触れることを好んだ黒木本店4代目当主が命名しています。百年の孤独は、決して飲める機会の多い焼酎ではありませんが、味わってほしい焼酎の1つです。宮崎にて作られている幻の焼酎百年の孤独を是非、味わってみて下さい。

宮崎の絶品焼酎を味わおう!

Photo by ivva

焼酎を愛している方の多い宮崎県には、たくさんの絶品な焼酎が作られています。原料も、農業からこだわって作っている酒造会社もあります。各酒造会社にて特色を出しながらこだわりを持って作られている焼酎は、全国で愛されています。

芋焼酎特有の尖った味わいが少ない焼酎もありますので、苦手意識のある方や、焼酎初心者、女性にもおすすめの焼酎もたくさんあります。是非、宮崎県の絶品焼酎を1度は味わってみて下さい。

inoco
ライター

inoco

東京都在住のinocoです。一人旅が好きで、時間が空いた際には旅行に出かけています。全国の素敵な観光地や美味しいグルメを皆様に知ってもらいたく記事を執筆しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング