秋田の乳頭温泉郷【鶴の湯】へ癒しの旅!日本一有名は秘湯の魅力とは?

秋田の乳頭温泉郷【鶴の湯】へ癒しの旅!日本一有名は秘湯の魅力とは?

秋田の秘湯といえば乳頭温泉郷です。温泉好きのみならず誰でも一度は行ってみたい温泉の一つではないでしょうか。この秋田の乳頭山麓に位置する温泉郷は、7つの温泉が点在しています。その中の1つが鶴の湯です。今回は乳頭温泉と鶴の湯の魅力についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.秋田の秘湯「乳頭温泉郷」とは?
  2. 2.秋田乳頭温泉郷の中で最古の温泉宿「鶴の湯」
  3. 3.日本一の秘湯秋田「鶴の湯」の温泉を堪能しよう
  4. 4.温泉以外にも!秋田「鶴の湯」の魅力
  5. 5.秋田「鶴の湯」へ行くには?
  6. 6.秋田「鶴の湯」へ日頃の疲れを癒す旅に出かけよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

秋田の秘湯「乳頭温泉郷」とは?

フリー写真素材ぱくたそ

乳頭温泉郷は秋田県仙北市、十和田八幡国立公園内にある乳頭山麓に位置する秘湯です。乳頭温泉郷は、7つの温泉が点在していることで有名です。

7つの温泉は「鶴の湯」、「妙乃湯」、「黒湯温泉」、「蟹場温泉」、「孫六温泉」、「大釜温泉」と「休暇村乳頭温泉郷」とそれぞれ別の場所にあり循環バス「湯めぐり号」での移動がおすすめです。

また7つの温泉の泉質もそれぞれ異なるのも魅力の一つです。10種類以上の源泉もあります、地下から湧き出る大自然の恵みで心も体も癒される旅ができること間違いなしです。たくさんの温泉がぎゅっと詰まった「乳頭温泉郷」をご紹介していきます。

乳頭山のふもとに位置する七つの湯

フリー写真素材ぱくたそ

乳頭温泉は7か所に点在しています。「鶴の湯」、「妙乃湯」、「黒湯温泉」、「蟹場温泉」、「孫六温泉」、「大釜温泉」、「休暇村乳頭温泉郷」の7湯があります。それぞれの効能や泉質も違う温泉であることでも有名です。旅の疲れをとるのには最高です。

7湯をめぐると万病に効くといわれることで有名です。宿泊の方限定で「湯めぐり帖」が各施設のフロントで1800円で販売されています。ゆっくり滞在される方はこちらの購入がおすすめです。各温泉に1回ずつ入浴することができ、温泉郷内の循環バスも無料になります。

フリー写真素材ぱくたそ

ここで少しだけそれぞれの温泉の特徴をご紹介します。「鶴の湯」は、乳頭温泉郷の中で最古の歴史を持ち、秋田藩主の湯治場にもなった宿です。茅葺屋根の本陣が乳頭温泉の見どころの一つでもあり、宿泊すると囲炉裏で食事ができます。

鶴の湯の泉質は含硫黄・ナトリウム・カルシウム塩化物・炭酸水素泉、他3種です。効能は高血圧、動脈硬化、リウマチ、皮膚病、糖尿病などです。入浴料は600円です。

「妙乃湯」は先達川の流れる音が美しく、その美しい川の水音を聞きながらの露天風呂が人気です。細やかなサービスで女性客に人気です。泉質はカルシウム・マグネシウム硫酸塩泉・単純泉で効能は、皮膚病、動脈硬化症、消化器病などです。入浴料は800円です。

フリー写真素材ぱくたそ

「黒湯温泉」は、温泉郷の最も奥側に位置しており、江戸時代からの歴史ある温泉です。源泉地が宿の傍にあり温泉が溢れだす様子を見ることができます。おすすめは打たせ湯です。泉質は単純硫化水素泉、酸性硫黄泉です。

効能は高血圧、動脈硬化、抹消循環障害、糖尿病などです。なお、冬季は休業です。入浴料は600円です。

Photo bynaturalogy

次のページ

秋田乳頭温泉郷の中で最古の温泉宿「鶴の湯」

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング