伊豆旅行おすすめ観光スポット厳選35!子連れ・カップル・女子旅別楽しみ方も?

伊豆旅行おすすめ観光スポット厳選35!子連れ・カップル・女子旅別楽しみ方も?

日本でも有数の観光スポットの1つである伊豆には、子連れファミリーやカップル、女子旅などそれぞれにぴったりのおすすめ観光スポットがたくさんあります。今回は伊豆旅行の際におすすめな観光スポットを35個厳選しました。ぜひ、伊豆旅行計画を立てる際の参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.伊豆旅行をとことん楽しもう!
  2. 2.伊豆ってどんなところ?
  3. 3.「伊豆旅行」おすすめ観光スポット・7選
  4. 4.「伊豆旅行」カップルにおすすめの観光スポット・7選
  5. 5.「伊豆旅行」女子旅におすすめの観光スポット・7選
  6. 6.「伊豆旅行」子連れにおすすめの観光スポット・7選
  7. 7.「伊豆旅行」おすすめのグルメスポット・7選
  8. 8.グルメも自然も楽しめる伊豆の旅行に行ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

伊豆旅行をとことん楽しもう!

フリー写真素材ぱくたそ

夏休みや年末年始、GWなどの長期休暇に旅行に行こうと考える人は多いのではないでしょうか。伊豆の中には楽しい施設や美しい景色を見られる場合がいくつもあります。今回は伊豆でおすすめのスポットを35個紹介していきます!

伊豆旅行は温泉だけじゃもったいない!

Photo by fujitariuji

今回は静岡県の伊豆に注目してさまざまなおすすめスポットをご紹介します。伊豆と言えば温泉!というイメージがありますが、今回は温泉以外に注目していきます。カップルや女子旅、子連れの方にもおすすめのスポットを挙げているので旅行に行く際の参考にしてください。

首都圏からのアクセスも良い一大観光地

Photo by maijou2501

新宿や東京から伊豆に直行できる「踊り子」など3種類の特急列車や、新幹線で熱海まで行き、そこから在来線に乗る方法があります。また、東京から在来線だけで行くという方法もありますが時間がかかりすぎるのであまりおすすめはしません。

高速バスを利用する方法もあります。特急列車、新幹線、高速バスどれを使用しても東京から約2時間〜2時間半で到着できるので、日帰り旅行でも楽しめます。

伊豆ってどんなところ?

Photo by fujitariuji

伊豆の踊り子やテレビドラマでも有名な伊豆ですが、伊豆とはどのような場所なのでしょうか。少し伊豆についてご紹介します。

伊豆の区分けは難しい

Photo by Kentaro Ohno

伊豆と一言に言っても、さまざなエリアに分かれるのをご存知でしたか?実は伊豆の区分は難しく、伊豆半島、伊豆大島はまた別物になります。

伊豆の国市と伊豆市は別の街

Photo byPexels

伊豆の国市は伊豆半島の北部に位置する市で、伊豆長岡温泉などがあります。伊豆市とは伊豆半島の中央部に位置しており、天城越えに登場する浄蓮の滝などがあります。伊豆の国市とはまた別の市になります。

伊豆は4つのエリアに分かれる

フリー写真素材ぱくたそ

伊豆は伊豆半島にあり、大きく分けて4つのエリアに分かれます。東京から近く観光スポットとして人気なのは東伊豆にあたります。

東伊豆・中伊豆・西伊豆・南伊豆

Photo by senngokujidai4434

熱海や伊東市がある東伊豆、三島市などがある中伊豆、沼津市や伊豆市の一部がある西伊豆、南伊豆町などがある南伊豆と4つのエリアに分かれます。今回紹介しているスポットが多くあるのは伊東市のある東伊豆になります。

「伊豆旅行」おすすめ観光スポット・7選

Photo by Akamera Photo

まず最初は、伊豆を代表する観光スポットを7つご紹介します。一度は名前を聞いた事のある施設から、テレビでもよく登場するスポットなど、伊豆を訪れたなら外すことのできない有名スポットばかりです。

「伊豆シャボテン公園」

Photo byRattakarn_

約1500種類のサボテンと約140種類の動物が楽しめるのが、「伊豆シャボテン公園」です。元祖カピバラの露天風呂として有名でキャラクターグッズや餌やり体験が出来ます。また、日本ではここでしかないアニマルボートツアーも行っています。

ガイドを聞きながら池をボートで周ったり、モンキー島へ上陸して餌やり体験が出来るので、子連れの方におすすめの観光スポットです。アニマルショーやサボテン狩りなどさまざまな体験が出来ます。

住所 伊東市富戸1317-13
電話番号 0557-51-1111

「熱川バナナワニ園」

Photo by htomari

温泉熱で育てた約20種類のバナナと16種類のワニの展示をメインに行なっているのが「熱川バナナワニ園」です。ワニの他にもレッサーパンダや希少なアマゾンマナティーなどの動物が飼育されています。

熱川温泉の地熱を利用しているため、気候が熱帯地方に近く熱帯地方でしか見ることのできない花や果樹など約5000種類の熱帯植物も楽しめます。ワニの餌やり見学は迫力満点なので、子連れの方やカップルでも楽しめます。

住所 伊東市富戸1317-13
電話番号 0557-51-1111

「伊東温泉」

Photo by izunavi

平安時代に開湯され、江戸時代には徳川家光にも献上されたのが伊東温泉です。毎分約31520リットルと静岡県で一番の湯量を誇っています。温泉の泉質は単純泉と弱食塩泉が中心で、刺激が少ないので乳幼児から高齢者まで楽しめます。

足湯や手湯、日帰り入浴サービスもあるので子連れのファミリーやカップルにもおすすめです。昔から文人墨客をはじめ幅広い年齢層に愛されている温泉です。

住所 伊東市湯川1丁目8-3
電話番号 0557-37-6105(伊東市観光協会)

「城ヶ崎海岸」

Photo by akira yamada

約4,000年前に大室山噴火した際海に流れ出した溶岩が、海の侵食により削られてできたのが「城ヶ崎海岸」です。伊豆を舞台にしたサスペンスドラマや戦隊シリーズなどのロケ地としても登場しているので目にしたことのある人も多いのではないでしょうか?

絶壁が連なっている様子はまさに壮観です。城ヶ崎海岸には全長9kmのハイキングコースがあり、なかでも長さ48m、高さ23mを誇る門脇崎の海の吊り橋はスリル満点のおすすめスポットです。

住所 伊東市富戸
電話番号 0557-37-6105(伊東市観光協会)

「神祇大社」

フリー写真素材ぱくたそ

ワンちゃんと一緒に参拝できる事で有名なスポットが「神祇大社」です。先代の宮司さんが愛犬家で、ワンちゃんと一緒に参拝出来るようにと働きかけたのが犬の聖地と言われる所以です。境内にはワンちゃん用の小さな手水舎や、ワンちゃん用のお守りや絵馬もあります。

境内にある敷石には象形文字が刻まれており、その数は60以上あります。そのひとつひとつが御祈願されており、象形文字の敷石を踏むもご利益があると言われています。ワンちゃんを飼っている人には是非一度行って欲しいおすすめスポットです。

住所 伊東市富戸1088-8
電話番号 0557-51-5151

「松川遊歩道」

Photo by KeikoS.ryoko

約1.5キロの遊歩道が続くのが「松川遊歩道」です。柳が植えられた川沿いの遊歩道は、木下杢太郎のレリーフやアンティーク調の外灯があり、川を泳ぐ鯉や鴨の姿を見ながらゆったりと散歩することができます。

春には桜並木が満開になり、夜桜も楽しめるためカップルなどの散歩におすすめの遊歩道です。伊豆急行伊東駅から少し足を伸ばしてのんびりと散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか?

住所 静岡県伊東市竹の内
電話番号 0557-37-6105(伊東市観光協会)

「一碧湖」

フリー写真素材ぱくたそ

ひょうたんの形をした周囲4kmの長さの湖が「一碧湖」です。伊豆の瞳と呼ばれる美しい湖で、自然の残された湖畔には遊歩道が整備されており四季折々の美しい景観が見られます。

春には桜や新緑、秋には紅葉を楽しみながら散歩をするのにおすすめのスポットです。俳人、与謝野夫婦も愛したと言われる一碧湖を旅行プランに組み込んでみてはいかがでしょうか?

「伊豆旅行」カップルにおすすめの観光スポット・7選

Photo bypixel2013

次は伊豆旅行でカップルにおすすめの観光スポットを7つご紹介します。ハラハラなスリルを味わうことのできるスポットや、貴重な体験ができる施設などを紹介しています。カップルで旅行をするとより一層仲が深まること間違いなしのスポットです。

「大室山」

フリー写真素材ぱくたそ

「大室山」は伊豆高原を代表する観光スポットの一つです。お椀をひっくり返したような姿は伊豆高原のどこから見ても同じように見えます。リフトに乗って山頂を散歩するのがおすすめで、360度の大パノラマを眺められるリフトに乗って空中散歩に出かけられます。

山頂には地元名物の小麦まんじゅうなどを販売している売店もあるので、山頂散歩にぴったりです。アーチェリーやパラグラーダーも体験できるので、アクティブなカップルさんは挑戦してみてはいかがでしょうか?

住所 静岡県伊東市池672-2
電話番号 0557-51-0258

「橋立つり橋」

Photo bymispa

「橋立つり橋」は伊豆半島の人気観光スポットである城ヶ崎海岸にあります。高さ長さ60m、高さ18m店員は20名の橋立つり橋から見る景色は絶景として名高いです。水平線上に見える伊豆大島と、空気が澄んでいる日には利島、新島も見えます。

橋立つり橋から対馬川方面に歩くと幻の滝と言われている「対馬の滝」があります。対馬の滝は対馬川の水量が多い時にしか出現しないため幻の滝と言われています。カップルでスリルとゆったりと散歩を味わってみるのがおすすめです。

住所 伊東市八幡野
電話番号

「さくらの里」

Photo byCouleur

大室山の麓にあるのが伊豆の桜スポットとして有名な「さくらの里」です。さくらの里は約40種類、1500本の桜の木が植えられています。実はさくらの里は夏以外の季節でさくらが観られる珍しいスポットです。

9月から5月までおよそ8か月に渡って桜を楽しめます。また4月上旬には野外ステージで歌や踊りを楽しむ桜祭りが開催されるので、合わせて旅行プランを組むのもおすすめです。カップルだけではなく、子連れファミリーにもおすすめのスポットです。 

住所 伊東市富戸1317-4
電話番号

「池田20世紀美術館」

Photo bycanesjurij

日本初の本格的な現代美術館が「池田20世紀美術館」です。ピカソ、シャガール、ミロなど20世紀の作品だけを取り扱っており、1階の展示室では特別企画展が3か月に一度開催されます。予め予約をすると、館長または館員が作品の説明を行ってくれます。

美術館の中には喫茶コーナーや画廊、ショップもあり、飾られた作品を眺めながら寛ぐこともできます。一蒼湖から散歩をして美術館で芸術を楽しめるので、少し大人なデートを楽しみたいカップルさんにおすすめのスポットです。

住所 伊東市十足614
電話番号 0557-45-2211

「アンティーク・ジュエリーミュージアム」

Photo byskeeze

19世紀のビクトリア王朝時代の世界を楽しめるのが「アンティーク・ジュエリーミュージアム」です。100年以上前にヨーロッパの貴族達が使用していた宝飾品やドレスなどアンティーク品を展示しています。

その技術力は正にロストテクノロジーで、現在では再現不可能だと言われています。アンティークドレスの試着体験でき写真を撮ることもできます。女性、男性、お子様用と用意されているので、カップルや子連れの家族旅行の思い出におすすめの体験です。

住所 伊東市八幡野1030-63
電話番号 0557-54-5566

「川奈いるか浜公園」

フリー写真素材ぱくたそ

海水が濁っておらず、波が静かなことでも有名なのが「川奈いるか浜公園」です。砂浜も砂ではなく玉砂利の海水浴場なので、足が汚れにくいのが特徴で子連れのファミリーにも人気のスポットです。海沿いを散歩したり、海デートが楽しめるカップルに最適なスポットです。

海水浴場の近くには天然温泉の伊藤マリンタウンシーサイトスパがあるので、カップルだけではなく女子旅の人にもおすすめです。夏の伊豆旅行プランに組み込んでみてはいかがでしょうか?

住所 伊東市川奈1004
電話番号

「ドルフィンファンタジー」

Photo bywebidrole

イルカと触れ合い体験が出来るのが「ドルフィンファンタジー」です。イルカに触れたり、餌やり体験や、トレーナーのように合図を送ってイルカと遊べたりと普段できない様々なことが体験できます。

イルカと同じ目線で泳ぐことができるドルフィンスイムコースや、ダイビングライセンスを持っている方限定のドルフィンダイビングコースも用意されています。泳げなくてもいけすの外から参加できるコースもあるので安心してイルカと触れ合うことが出来ます。

住所 伊東市新井2-4-14
電話番号 0557-38-9133

「伊豆旅行」女子旅におすすめの観光スポット・7選

Photo byFree-Photos

卒業旅行や、気の知れたお友達と旅行に行く女子の皆さんも多いのではないでしょうか。ここでは伊豆旅行で女子旅におすすめの観光スポットを7つご紹介します。女心をグッと掴むような施設ばかりなので、ぜひ女子旅プランに組み込んでください。

「伊豆テディベア・ミュージアム」

Photo byStockSnap

種類豊富なテディベアを展示しているのが「伊豆テディベア・ミュージアム」です。テディベアは、1880年にドイツのシュタイフ社が初めてテディベアを作りました。当館にはシュタイフ社が初期に制作した伝説のテディベア「テディガール」の展示もされています。

伊豆テディベア・ミュージアムにはさまざまなテディベアグッズや、可愛いケーキを提供するカフェもありますので、テディベア好きならたまらない夢の博物館になっています。女子旅の際には是非プランに入れて欲しいおすすめのスポットです

住所 伊東市八幡野1064-2
電話番号 0557-54-5001

「小室山公園」

Photo byCouleur

山頂からの360度パノラマが魅力的なのが「小室山公園」です。つつじが有名で、40種類、約10萬本のつつじが植えられており、つつじが咲く頃には山の一面が真っ赤なじゅうたんを敷いたように美しく彩られており、夜にはライトアップもされます。

毎年GWには「つつじ祭」が開催されます。また10月中旬から4月中旬にかけては、1000種類約4000本の椿の花も咲き乱れます。お子様向けのアスレチックや、恐竜広場もあるので花目的の女子旅以外にも子連れファミリーにも人気があります。

住所 伊東市川奈1260-1
電話番号 0557-45-1594

「怪しい少年少女博物館」

フリー写真素材ぱくたそ

一風変わった外観をしているのが「怪しい少年少女博物館」です。名前を聞いただけだと、なんの博物館か全くわかりませんが、その実態はレトロな昭和の生活雑貨からレトロなおもちゃをはじめ、呪われた人形や幽霊、妖怪などさまざまな怪しいものを展示しています。

中でも「怪しい少年少女博物館」でしか見ることのできないのが、妙な動きのクネクネ美女とお化け屋敷です。お土産用にわら人形と釘のセットも販売しており、終始ユニークな雰囲気が楽しめる博物館です。

住所 伊東市富戸街道下1029-64
電話番号 0557-51-8800

「伊豆海洋公園ダイビングセンター」

Photo by12019

海が好きな女子旅の人におすすめなのが「伊豆海洋公園ダイビングセンター」です。「伊豆海洋公園ダイビングセンター」は一年を通してさまざまなイベントを開催しており、2019年はアオリイカの産卵見学や夏にはナイトダイビングを楽しめるイベントが開催されました。

女子旅におすすめの理由はパウダールームがあることです。ダイビングで潜った後も、ヘアセットやメイク直しをゆっくりすることができます。ダイビングライセンスも取得できるので女子旅をはじめとした観光客以外にも、地元の人からも利用されています。

住所 伊東市富戸841-1
電話番号 0557-51-1129

「赤沢日帰り温泉館」

フリー写真素材ぱくたそ

温泉も抑えたい人におすすめなのが「赤沢日帰り温泉館」です。海と空のパノラマを眺めながら浸かることの出来る露天風呂が最大の魅力です。

日帰り温泉施設では珍しく個室が完備されており、個室もオーシャンビューの露天風呂が付いていますので、人目を気にせずゆっくりと寛ぐことができます。

個室の利用料金は1時間2700円と別途入館料がかかり、1〜6名様まで利用出来ます。タイ古式マッサージやエステも完備されているので女子旅の方には嬉しいサービスが満載です。都心からも近いので、日頃の疲れを癒しに日帰り女子旅で訪れるのをおすすめします。

住所 伊東市赤沢170-2
電話番号 0557-53-2617

「ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン」

Photo byMomentmal

2017年12月にリニューアルオープンしたのが「ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン」です。女子の憧れティファニーのテーブルランプやウィンドウパネル、珠玉のステンドグラスを約70点展示しています。

フラワーガーデンには季節の花が咲き乱れており、1年を通して美しい花を楽しむことができます。

別館にあるカフェは、オーシャンビューのテラス席はワンちゃんも一緒に入れます。インスタ映え抜群の綺麗なデザート、ランチを楽しむことができます。またアンティーク&ショップでは伊豆土産をはじめ工芸品やファブリルガラスの花器なども販売されています。

住所 伊東市富戸841-1
電話番号 0557-51-1128

「八幡宮来宮神社」

フリー写真素材ぱくたそ

地元の人からすごい力を感じるパワースポットとして親しまれているのが「八幡宮来宮神社」です。樹齢1000年以上とも言われる千年杉が本殿横に鎮座しています。国指定天然記念物にも指定されている、大型のシダ植物の仲間リュウビンタイやカシの木などが見所です。

市指定天然記念物高見のシイの木は鎌倉時代以前から存在すると言われており、伊東市内で最も古いシイの木があり、パワースポットとしての魅力満載です。八幡宮来宮神社がある八幡野という地名は神社から付けられています。

住所 伊東市八幡野1
電話番号 0557-53-2861

「伊豆旅行」子連れにおすすめの観光スポット・7選

Photo by Photoglovey

ここでは、伊豆で子連れファミリーにおすすめの観光を7つご紹介します。子連れに優しい施設や子どもが楽しく過ごせるスポットばかりです。ぜひ伊豆へ家族旅行へ行く際の参考にしてみてください。

「伊豆ぐらんぱる公園」

Photo by kanonn

伊豆で子連れファミリーが1日中遊べるのが「伊豆ぐらんぱる公園」です。ウォーターバルーンやセグウェイなど最新のアトラクションから立体迷路、ゴーカート、2〜3歳向けのアトラクションまで種類豊富なアトラクションが用意されています。

無料エリアには巨大遊具やボルタリング、110mのローラースライダーなど無料エリアだけでも十分楽しめるようになっています。

ホテルもあり、小さなお子様向けの離乳食プレートも置いてあるので子連れ旅行にも安心です。園内の設備も子連れファミリーに優しい設計になっており、授乳室やキッズメニューが揃ったレストラン、有料ベビーカーなどを完備しています。

住所 伊東市富戸1090
電話番号 0557-51-1122

「伊豆アニマルキングダム」

Photo bymarcelkessler

動物と触れ合いや餌やり体験が出来るのが「伊豆アニマルキングダム」です。ふれあい体験はカピバラやうさぎからアルマジロやアリクイなど少し珍しい動物と触れ合うことができます。その中でも一番の目玉はなんと、サイに触れることです!

ホワイトタイガーの飼育も行なっており餌やりもできます。また園内にあるレストランでは国内では珍しい猛獣を見ながら食事が出来るようになっています。

お子様だけではなく大人でもなかなか出来ない事を体験できるスポットです。動物園だけではなく、観覧車やメリーゴーランドがある遊園地ゾーンもあります。

住所 賀茂郡東伊豆稲取3344
電話番号 0557-95-3535

「体感型動物園iZoo」

Photo byFree-Photos

日本で最大の爬虫類・両生類の動物園が「体感型動物園iZoo」です。イグアナやリクガメをはじめさまざまな種類の爬虫類と両生類と動物園、水族館では出来ない触れ合いをメインに営業しています。

体重30kgまでならゾウガメの背中に乗って記念撮影を行うことも出来るので、子連れ旅行の方にも伊豆いい思い出が出来ること間違いなしです。一部爬虫類への餌やり体験も出来、子供も大人も楽しめる施設です。

住所 賀茂郡河津町浜406-2
電話番号 0558-34-0003

「伊東オレンジビーチ」

フリー写真素材ぱくたそ

伊東温泉の目の前にあり、ヤシの木がある南国ムード漂うのが「伊東オレンジビーチ」です。水着のまま出かけられたり、温泉に浸かれる事が一番の魅力です。波は穏やかで静かなので子どもでも安心して遊ぶことができるため、子連れファミリーにも人気のビーチです。

海の家は6軒ほどあり、シャワーやトイレもあるので利便性も高いです。無料駐車場や日帰り温泉のシーサイドスパも近くにあるので、海で遊んだ後はそのまま温泉に入ることもできます。

住所 伊東市松原・湯川
電話番号 0557-37-6105(伊東市観光協会)

「遊覧船はるひら丸」

Photo by Kentaro Ohno

道の駅伊東マリンタウンに併設されているのが「遊覧船はるひら丸」です。初島や手石島をはじめとした名所を眺めながら約45分をかけて伊豆の海の美しい景色を楽しめます。

船はグラスボートになっているので船内の海中室では、停泊中のみ海の中を観察することができます。目の前を魚が泳ぐ姿を見るのは新鮮で子供も大人も楽しめます。スカイデッキでは潮風を感じながら自然を堪能することができ、子連れ方も大満足できます。

住所 伊東市湯川571-19
電話番号 0557-35-3355

「自転車の国 サイクルスポーツセンター」

Photo by ketou-daisuki

2020東京オリンピックの開催地としても注目されているのが「自転車の国サイクルスポーツセンター」です。さまざな種類のおもしろ自転車や水上自転車に乗れたり、パターゴルフや遊具施設も完備されており子連れファミリーが体いっぱい使って遊べる施設になっています。

日本で一番大きい木製ジャングルジムFUJISANはてっぺんに設置された双眼鏡から富士山を見ることができます。是非お子さまと一緒に登ってみてはいかがでしょうか?2019年時点ではオリンピックの為の工事のため休業しているエリアもあります。

住所 伊豆市大野1826
電話番号 0558-79-0001

「汐吹公園」

Photo by nyanchew

伊東八景にも指定されている汐吹石があるのが「汐吹公園」です。海岸沿いにある岩の穴に波が押し寄せると、クジラの潮吹きのように約3mほどの潮が爆音とともに吹き上げる姿を見ることができます。ただし、毎回発生するわけではないので注意してください。

汐吹海岸まで足を運ぶと、磯遊びやシュノーケリングが出来るので子連れファミリーが遊んでいる姿を見ることができます。

また磯釣りも出来るのでお子さんと一緒に釣りを楽しむことも出来ます。整備された遊歩道を進んで展望台まで行くと、伊東の町と富士山を眺めることもできます。

住所 伊東市新井487-1
電話番号 0558-79-0001

「伊豆旅行」おすすめのグルメスポット・7選

Photo byDaria-Yakovleva

さまざまなスポットで遊んだ後は、伊豆グルメを楽しみませんか?旅行の醍醐味と言えば食事も楽しみの一つです。最後は伊豆でおすすめのグルメスポットを7つご紹介します。女子旅の方も子連れの方もカップルの方も、伊豆旅行に来た人は一度訪れて欲しいお店ばかりです。

「ふじいち」

フリー写真素材ぱくたそ

伊豆の海で獲れた新鮮な魚介類を使用した海鮮料理を楽しめるのが「ふじいち」です。店の外観は昔ながらの魚屋さんのような風貌ですが、1階は干物屋さんで2階が食事処になっています。

伊勢海老など一品料理からお昼の定食や丼物、3人分のコース料理を提供しています。女子旅やカップルの人はシェアして食べると楽しいです。帰りには1階で干物のお土産を買うのもおすすめです。

住所 伊東市静海町7-6
電話番号 0557-37-4705

「和食かっぽれ」

Photo by *tomoth

伊豆美味しい魚料理が食べられるのが「和食かっぽれ」です。お刺身はもちろん、伊豆地魚を使用した煮魚や魚の唐揚げ、焼魚などが種類豊富な魚介類が食べられます。牛や豚、金目鯛のしゃぶしゃぶや焼鳥も置いてあります。

お昼は定食を提供しているので、リーズナブルに伊豆地魚料理が楽しめるお店です。子連れファミリーにも優しいお店なので家族旅行で行くのもおすすめです。

住所 伊東市中央町12-2
電話番号 0557-37-8405

「楽味家まるげん」

Photo by macglee

伊豆の地魚を使った少し珍しい料理が食べられるのが「楽味家まるげん」です。伊豆の名産品金目鯛をはじめ、地元伊豆でしか出回らないローカルフィッシュを使用した料理を提供しています。

がっつり食べたい人やお酒の弱い人向けの定食や自家製の干物、伊豆珍味や地酒も置いてあります。内装やメニュー名も面白いものが多く、お昼も営業しているので女子旅や子連れファミリーにも楽しめる居酒屋です。

住所 伊東市猪戸1-4-1
電話番号 0557-32-5152

「ごはん処 花季 海岸店」

Photo by Tak H.

「ごはん処 花季 海岸店」です。花季の味を気軽に手軽に味わってほしいとリーズナブルな価格で伊豆地魚の磯料理を提供しています。

お刺身や金目鯛の煮付け、鯵たたき定食から、海鮮丼、海鮮天丼など新鮮な魚を使った料理がランチタイムから味わえるのでカップルや女子旅の人におすすめです。また、慶弔のコース料理や仕出し弁当も受け付けているので旅行先でお祝いをする際にも適しています。

「オーガニック和食&Cafe Chant」

Photo byJillWellington

地元農家から取り寄せた有機野菜を使用しているのが「オーガニック和食&Cafe Chant」です。東京日本橋の懐石料理店で働いていた店主さんが作る和食は美味しい和食をモットーにオーガニック和食を提供しています。

店内はテラスやソファー席がありおしゃれで清潔感のある店内です。バースデーケーキの予約を受け付けていたり、サプライズも受け付けているので女子旅の最中にバースデーサプライズを考えている方にはおすすめのお店です。

「すしの壽々丸」

Photo byDesignNPrint

その日水揚げされた魚介類を船から仕入れているのが「すしの壽々丸」です。わさびを使用したなみだ巻きや、金目のカブト煮などの一品料理から、チラシ、握り寿司まで新鮮な魚介類を使用した寿司を提供しています。

また、お昼・夜ともにコース料理も提供しているので美味しい伊豆の地魚を思う存分味わえます。慶弔時の仕出しも受け付けているので旅行客だけてはなく、地元伊豆の人からも愛されているお店です

住所 伊東市猪戸1-8-36
電話番号 0557-36-7387

「市川製茶 和憩い処 茶彩」

Photo bydungthuyvunguyen

最後に紹介するのは伊豆の中でもお茶が楽しめるカフェ「市川製茶 和憩い処 茶彩」です。静岡県さんの茶葉を使用したホットケーキや、あんみつなどの甘味から、茶葉を練りこんだ茶そばを利用した料理などを提供しています。

また店内では静岡県産のお茶をいただくこともできます。名物であるぐり茶を使用したソフトクリームや甘味もありますので、旅行の途中の休憩におすすめのカフェです。また茶葉やお菓子などの販売も行っているのでお土産を買うのにも適しています。

住所 伊東市猪戸1-2-1
電話番号 0557-37-0939

グルメも自然も楽しめる伊豆の旅行に行ってみよう!

フリー写真素材ぱくたそ

カップル向け、女子旅向け、子連れファミリー向けと色々な伊豆のおすすめスポットを紹介してきましたが、行きたい場所は見つかりましたか?

伊豆は自然にも溢れ、新鮮な魚介類を楽しめて温泉もある素晴らしい土地です。是非遊びに行ってみてください。

ICHIKA
ライター

ICHIKA

さまざまな地域の魅力やお店、商品の魅力を伝えたいと思い、空いた時間にちょっとずつ書いています。皆さんに読んでいて面白い、行ってみたい!役に立つなぁと思ってもらえるような記事を目指して日々執筆しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング