広島の三段峡は外せないおすすめ観光スポット!アクセスや周辺ホテル・温泉情報も

広島の三段峡は外せないおすすめ観光スポット!アクセスや周辺ホテル・温泉情報も

広島県安芸太田町にある「三段峡」は西日本有数の秘境で国の特別名勝です。三段峡の見どころはさまざまですが、特に紅葉の時期は人気が高く、温泉もあり広島だけでなく県外からも観光客が大勢来ます。今回はおすすめの観光スポットなどをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.広島の三段峡とは?
  2. 2.広島・三段峡の見どころ「五大壮観」
  3. 3.広島の三段峡のおすすめ散策6コース
  4. 4.広島の三段峡をより楽しむなら
  5. 5.広島の三段峡の周辺ホテルや温泉
  6. 6.広島の三段峡へのアクセス
  7. 7.広島の観光スポット「三段峡」で渓谷散策を楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

広島の三段峡とは?

三段峡は広島県秋太田町にある長さ約16kmの大渓谷で全国に6つしかない国の特別名勝の一つです。三段峡は日本五大名峡に数えられており、大小の滝や深浅の淵、大岩盤、清流と緑が織りなす渓谷美は見事で、美しい自然を眺めながら散策ができる観光スポットです。

また四季によっていろいろな表情を見ることもできます。三段峡の中でも黒縁、猿飛、二段滝、三段滝、三ツ滝の五大壮観は三段峡観光のハイライトです。

日本屈指の名峡三段峡にはいくつか散策コースがあり、楽しみ方も人それぞれです。語り尽くせない時の流れを感じながら、繰り広げられる景観に魅了されることでしょう。

三段峡には散策だけでなく、温泉やグルメも楽しめる旅館・ホテルがあります。広島市内から公共交通機関を使えばアクセスも便利です。三段峡のアクセスや観光スポット、ホテルなどご紹介しましょう。

「宮島」「原爆ドーム」と並ぶ広島の世界的観光地

2015年フランスの権威ある旅行情報誌「ブルーガイド」で三段峡が世界遺産の宮島や原爆ドームに続き、世界的な観光地として注目を集めました。

「ブルーガイド」で三ツ星を獲得

「ブルーガイド」とは旅行の専門情報誌で散歩、グルメ、海外旅行など観光を中心に満載しています。三段峡はフランス人も多く訪れる広島で有名なスポットで、100mほどもある断崖絶壁に囲まれた自然景観が来る人を感動させることが評価され最高ランクの3つ星に輝きました。

国の特別名勝に登録された大峡谷

清流と緑の渓谷美の三段峡は、三段峡入口から聖湖までの全長約16kmに及ぶ大峡谷です。黒淵、猿飛、二段滝、三段滝、三ツ滝の五大壮観は見応え十分です。春の新緑と秋の紅葉はまさに自然の芸術です。

国の特別名勝にも登録された正面口から黒淵まで約2.7kmは、竜の口までの動の渓谷、栂崎から女夫淵までは静の渓谷、石樋からはまた動の渓谷、まさに山水画を見ているようです。

渓谷美だけでなく多種多様な植物群、遊歩道から古木や巨木を見ることができる日本で唯一の渓谷です。

手つかずの絶景秘境は「熊南峰」により国の名勝に

三段峡は1925年(大正14年)に国の名勝に指定されました。そして1953年(昭和28年)、新設の文化保護法のもとで「特別名勝」に指定されました。特異な気候と地形の影響で生まれた生態系と貴重な種が残る渓谷となっています。

1917年(大正6年)、写真技師熊南峰は三段峡を訪れ、その渓谷の美しさに心奪われ、一身を投じて文化的開発に尽力しました。小学校教師の斎藤露翠と画家の三沢三千彦たちの協力で全16kmにも及ぶ峡内に道を造りました。

Photo by kagawa_ymg

南峰の名勝指定への懸命な運動や写真集を通じて中国の景勝地「三峨、三峡」にちなんで、渓谷の名を「三段峡」と呼ぶように提唱したのです。

三段峡はここを訪れる人たち全ての豊さと幸福のための共有財産だという、南峰の思いは、山水画のような三段峡を都会に住む人の憩いの場にする事でした。

広島・三段峡の見どころ「五大壮観」

広島県の観光スポットである三段峡は、切り込んだ渓谷にそそり立つ絶壁や段差のある岩を流れ落ちる滝、いにしえの巨木などが圧倒的な迫力で迎えてくれます。

「五大壮観」の周囲は大小さまざまな淵や滝があり、自然の植物を守りながら全長13kmの遊歩道が作られ、のんびり散策を楽しむことができます。

「五大壮観」といわれる黒淵、猿飛、二段滝、三段滝、三ツ滝は、紅葉の見頃は格別な感動を味わえるので、ぜひ訪れて欲しいスポットです。

五大壮観1:黒淵

「黒淵」は三段峡の中で最も素晴らしいといわれるスポットで、切り立った絶壁と淵のグリーンが神秘的で、30年前までは水深11mの深さがありました。

三段峡は7〜8mくらいだとエメラルドグリーンに見えますが、黒淵は遥かにそれを越える深さのため黒く見えます。「黒淵」とはまさのこの黒く見える暗黒の世界を指しています。

Photo by n.kondo

遊歩道からの景色も素敵ですが、黒淵渡船に乗船して淵から景色を堪能するのもおすすめです。川から眺める景色は、渓谷の散策コースから眺める景色とは一味違います。川のせせらぎを聞きながらほっとできるので、デートでも観光でも最適です。

五大壮観2:猿飛

三段峡正面口から約2時間半ほど上流に、「裏三段峡」と呼ばれるところに「猿飛」があります。高さが約20mの切り立った岩壁に挟まれています。かつてこの岩間を猿が跳びかっていたことから名付けられました。

昼でも薄暗い「猿飛」には渡船があり、これに乗船しなければ「二段滝」を見ることができません。マイナスイオンのなかでゆっくり過ごしてみませんか。

五大壮観3:二段滝

「二段滝」は猿飛から猿飛渡船に乗った奥にあります。「二段滝」は岩場に囲まれた秘境的な雰囲気の空間にあり、水は透き通り滝壺はエメラルドグリーンです。

流れる水の勢いは迫力があり、滝の音から別名「百々瀧」、裏から滝を見ることから「裏目瀧」とも呼ばれています。残念ながら1988年の豪雨で岩壁が剥ぎ取られ、今では一段になっています。

五大壮観4:三段滝

「三段滝」は三段峡の正面入口から約7.4km、徒歩約2時間半のところにあります。全長30mからなる三段の滝は、三段峡のハイライトで1番の見どころです。

ポスターにも使われる滝は青々とした緑に上段・中段・下段、合わせて約30mの滝が、深さ10mの淵へ豪快に落ちる滝は絵画のようです。ここは紅葉の時期に訪れたい絶景です。「三段滝」は心も洗われる景観です。

出会橋から「三段滝」を見に行くコースはまさに山水画の世界で変化に富んだ滝と渓流を徒歩で楽しめます。

五大壮観5:三ツ滝

「三ツ滝」は三段峡正面入口から約12.1km、徒歩4時間ほどの距離にあります。畳岩と呼ばれる巨大な岩に挟まれて5段に渡って落ちる様子は壮観です。「三ツ滝」は三段峡の中でも最大規模を誇り、高さ約31m、滝壺の水深3.5mあります。

「三ツ滝」に向かうには聖湖畔からの遊歩道が便利です。「三ツ滝」は西中国山地国定公園を代表する景勝地で国の特別名勝に指定されています。

周囲は紅葉しない針葉樹と紅葉する広葉樹が入り混じり、春から夏にかけての新緑、秋の紅葉の時期、どちらの季節でも美しい景観が楽しめます。

広島の三段峡のおすすめ散策6コース

「三段峡」は全長約13kmに及ぶ渓谷にはたくさんの語り尽くせない時の流れが潜んでいます。それを探し求めて散策するおすすめコースがあります。参考にしてみて下さい。

1:片道10分コース

駆け足観光に最適な長淵・姉妹滝・竜ノ口・清流と絶景が気軽に楽しめるコースです。三段峡入口から片道10分で行けるコースです。見どころは「姉妹滝」で、山中から流れ落ちる滝は風情があり、しなやかな景観は圧感です。

2:片道30分コース

次のおすすめコースは三段峡入口から「石樋(いしどい)」休憩所まで片道30分コースです。見どころは「石樋」の遊歩道は岩棚を通っていて、かつては岩石河床で先端部に滝がかかっていたと思われます。

その後、「二段滝」と同じように滝の後退現象で石樋状の流路ができたと考えられます。「石樋」は三段峡が作られた経緯を探るスポットだと言えます。

3:片道50分コース

片道50分コースは「黒淵」まで行くことができるコースで、「三段峡の表銀座コース」とも呼ばれます。切り立った崖が100mにもわたり続く「黒淵」には渡船があり水面を静かに進んで行きます。

「黒淵」にはスリル満点の吊り橋があり、50分といわず、ゆっくり静かなひと時を過ごして欲しいものです。

4:おすすめ往復3時間コース

秋には紅葉も楽しめるおすすめ往復3時間コースをご紹介します。三段峡では「黒淵」までは正面入口からアクセスが良いのですが、「猿飛」「二段滝」「三段滝」「三ツ滝」になると水梨口駐車場からの方が便利です。

3時間コースは水梨口駐車場からスタートして、「猿飛」に向かい、渡船で「二段滝」を目指します。「二段滝」を見たら、水梨口の戻って今度は「三段滝」に進みます。これは「二段滝」から「三段滝」へ直行する道がないからです。

「三段滝」を見終えたら、また水梨口駐車場に戻ります。こちらの駐車場は全長7m以上の車が進入できず、団体客が来れないので静かに観光が楽しめるメリットがあります。

5:ゆっくり散策4時間コース

一日かけてゆっくり散策したい人には4時間コースがおすすめです。三段峡入口からマイクロバス40分で「出合橋」に到着します。その後「猿飛」から「二段滝」で一旦「猿飛」に戻り、「三段滝」へ、再び「出合橋」に戻り、「大渕」「黒淵」「滝ノ口」まで行きます。

ポスターでお馴染みの「三段滝」は三段峡の一番の見どころです。大自然のパワーを感じ取って下さい。

6:「三ツ滝」「竜門」を見る聖湖コース

「三ツ滝」「竜門」を見る聖湖コースは三段峡のとっておきを見るコースです。見どころは三段峡「五大壮観」の一つ「三ツ滝」です。畳岩と呼ばれる巨岩に挟まれた三曲五段の滝は圧倒されます。

「聖湖」から「三ツ滝」、両岸に岩がそそり立つ幅5mの狭門「竜門」「餅ノ木」そして「聖湖」に戻るコースです。

「三ツ滝」は三段峡内にある滝の中で最大のものです。「三段滝」から「三ツ滝」は道路があまり整備されていないため、三ツ滝の上流の「聖湖」から行くルートがおすすめです。

広島の三段峡をより楽しむなら

Photo by n.kondo

広島県で人気の観光スポット「三段峡」は美しい大自然を眺めながら散策をしながら楽しめるスポットです。季節によって景色も異なり自然の織りなす絶景を堪能できます。

三段峡の周囲は観光客が散策できるように整備されているので間近で滝や大自然を安心して眺めることができます。

Photo by kagawa_ymg

また「三段峡」では観光客のために「黒淵渡船」という観光船が運航されています。渓谷の周りを散策するのに、ちょっと体力に不安がある方やお子さん、年配の方も「黒縁渡船」を利用すれば気軽に三段峡の大自然の風景を楽しめます。

「三段峡」の魅力は散策コースから眺める景色と「黒船渡船」から眺める景色が異なることです。川の両端にそびえる崖とそれを彩るコントラストは神秘的だと言えます。

三段峡の渡し船

100mにも及ぶ切り立った断崖絶壁をゆったりと流れる三段峡の流れのなかを「黒淵渡船」は竿で川底を突いて静かに進んで行きます。渡船は冬季は運休しますがシーズン中は毎日運航します。

この断崖絶壁と原生林に囲まれたエメラルドグリーンの川を渡船で渡ると、まるで中国の「桂林」を思わせるようです。「黒縁渡船」で渡る時間はわずかですが、三段峡を訪れたら「黒縁渡船」にはぜひ乗船してみてください。

「黒縁渡船」の料金ですが大人(高校生以上)往復500円、片道300円で、小人(中学生以下)往復400円、片道200円です。幼児は無料です。営業時間は9:00~16:00で、小型船と大型船があり、大型船の場合30名ほどまで乗船できます。

三段峡内のマイクロバス

広島の三段峡では移動に使う交通手段が2つあります。渡船とマイクロバスです。マイクロバスは三段峡正面入口と水梨口駐車場の間を運行しています。運行は冬季を除く4月から11月の間で片道700円です。

所要時間は約40分で、三段峡正面入口発9:40、水梨口駐車場発は14:00で1日1往復、土日祝日のみ運行しています。

水梨口駐車場は二段滝、猿飛、三段滝など見どころに近いので、車のない方や体力に自信がない方にはおすすめです。水梨口駐車場から二段滝、三段滝へはそれぞれ徒歩で30分ほどかかりますからマイクロバスが便利なのです。

「三段峡ガイド」によるガイドツアー

三段峡に行くなら「三段峡ガイド」による楽しいガイドツアーはいかがでしょうか。三段峡正面入口から黒淵往復で所要時間は3時間ほどです。ガイド派遣期間は4下旬から11月下旬で、紅葉のピーク時10月末から11月中旬の土日祝日は利用できません。

三段峡の遊歩道には随所にQRコードをプリントしたプレートが設置されています。それをスマホで読み取ると、その場所の解説が表示されるので利用すれば散策が一層楽しくなります。

「三段峡ガイド」と一緒に森を散策して、思い切りマイナスイオンを吸い込んだり、大地に寝転がったりすれば心も体もリフレッシュします。

自然を感じながらリフレッシュ「森林セラピーツアー」

「森林セラピーツアー」ではセラピニスト・セラピーガイドと森を散策しながら、多彩なセラピーメニューで自然を感じながら過ごしてリフレッシュすることができます。

安芸太田町には5つのセラピーロードが設定されていて各所で楽しむことができるのでおすすめです。医学的なエビデンスに裏付された森林浴効果は循環機能や自律神経機能に良いとされ、健康維持・増進・疾病予防に効果があるとされています。

広島の三段峡の周辺ホテルや温泉

三段峡周辺には旅館やホテルも多く、温泉もありますからゆっくり観光ができます。大自然の中で新緑・夏の森林浴・紅葉など、季節に応じて予約プランもあります。

温泉にひたり、自然を眺めながら様々な観光コースが楽しめるだけでなく、ホテルや旅館では川魚の塩焼きなど地元の食材を使ったグルメも堪能できます。

1:三段峡ホテル(約1分)

渓谷美として名高い特別名勝「三段峡」の入口に位置する「三段峡ホテル」は窓から四季折々の移り変わりを感じることができ、春の新緑、初夏はホタルや川遊び、秋は紅葉なども楽しめます。

眺望は抜群で、自家製の山菜料理、川魚料理が自慢の宿でお風呂もラジウム温泉でゆっくりくつろぐことができます。お年寄りにも優しい温泉旅館です。

客室は広々とした和室になっていて、襖を開けると三段峡の美しい木々や川の風景が一面に広がります。

温泉・日帰り入浴

「三段峡ホテル」では気軽に温泉で日帰り入浴も楽しめます。泉質は単純弱放射能冷鉱泉(低張性中性冷鉱泉)で運動麻痺、打ち身、痛風、消化器病、神経痛、捻挫、高血圧、関節痛、筋肉痛、動脈硬化、婦人病などにも効果があります。

日帰り入浴料金は500円で、大浴場のみ利用できて、タオルが別途100円です。営業時間は10:00~17:00までです。駐車場もあります。

アクセス方法は、三段峡バス停より100m、中国自動車道戸河内ICより191号線を北上し、落合橋(赤い橋)を左折800メートルです。

住所 広島県山県郡安芸太田町柴木1734
電話番号 0826-28-2308

2:川本旅館(約1分)

「川本旅館」は美味しい川魚や山菜料理が味わえます。三段峡散策やウインタースポーツの宿泊拠点にも最適でおすすめです。もちろん温泉もあります。渓谷美を見て散策して、絶景に満足して疲れを癒して下さい。

温泉・日帰り入浴

「川本旅館」は日帰り入浴もできるので散策の疲れを癒すことができます。泉質は単純弱放射能冷鉱泉(低張性冷鉱泉)で、効能は運動麻痺、痛風、菌に苦痛、関節痛、皮膚病、五十肩、婦人病、動脈硬化、消化器病、神経痛などです。

アクセス方法は三段峡行きバスで終点三段峡バス停下車後約2分、中国自動車道戸河内ICより約10分です。

住所 広島県山県郡安芸太田町柴木1727
電話番号 0826-28-2203

3:いこいの村ひろしま(約17分)

「いこいの村ひろしま」は西中国山地国定公園内にあるホテルで、すぐ横が深入山なのでハイキングにもおすすめです。館内はバリアフリーで高齢の方や体が不自由な方にも優しい環境になっています。

山々を眺めながら人工セラミック温泉のお風呂やバーベキュー会場もあり、自然を感じながら過ごせます。

温泉・日帰り入浴

日帰り入浴は11:00~20:00まで楽しむことができます。料金は大人550円、小学生300円、幼児200円、1歳未満は無料です。無料駐車場があります。

アクセス方法は、広島市内より広電バス・三段峡下車後、事前に予約すれば送迎バスが来てくれます。車は中国自動車道・戸河内ICから約20分ほどです。

住所 広島県山県郡安芸太田町大字大字松原1-1
電話番号 0826-29-0011

4:筒賀温泉グリーンスパつつが(約15分)

「グリーンつつが」は、1500mの地底から湧き出るアルカリ単純温泉の温泉がおすすめです。神経痛や筋肉痛、美肌にも良いとされます。1階レストラン「しゃくなげ」では川魚や山菜料理を景観を楽しみながら食事もおすすめです。

温泉・日帰り入浴

日帰り入浴では、さらりとした湯触りで展望浴場から美しい夕陽も眺められます。営業時間は12:00~20:00で、入浴料は大人450円、小学生350円、幼児200円です。

アクセスは広島バスセンターから戸河内ICバスターミナルまでバス1時間30分、タクシーで5分です。駐車場もあります。

住所 広島県山県郡安芸太田町中筒賀才之峠280
電話番号 0826-32-2880

5:温井スプリングス(約24分)

アーチ式温井ダムの畔にあるホテル「温井スプリングス」は静けさの中で美しい大自然に包まれて過ごせるホテルです。地元の野菜、旬の食材を使った美食がおすすめです。

犬と泊まれる専用のお部屋もありますから、大切な家族の一員の愛犬と一緒にゆっくりと過ごすことができます。

温泉・日帰り入浴

ホテル「温井スプリングス」では立ち寄り湯も大人気です。単純弱放射能冷鉱泉で料金は大人550円、小人450円で、タオル2枚100円です。気軽に立ち寄って疲れを癒して下さい。

6:芸北オークガーデン(約29分)

ホテル「芸北オークガーデン」は標高600mにあるホテルで、露天風呂から移り変わる中国山地が一望できて、日頃の疲れやストレスを癒してくれます。旬の高原野菜が料理に彩を添え、清流に住むアマゴの塩焼きが絶品です。

食事のスペースも個室から団体まで収容可能です。春先や秋口の天気の良い日はテラスで食事もできます。

温泉・日帰り入浴

ホテル「芸北オークガーデン」は日帰り入浴もお楽しみいただけます。ジャグジー付きの内風呂と露天風呂で温泉にゆっくり体を癒して下さい。また露天風呂からは満点の星空も堪能できます。

日帰り入浴は10:00~21:00で、料金は大人600円、小学生200円、幼児100円、3歳未満無料です。定休日は第1・3火曜日となっています。アクセスはJR広島駅から車で約1時間半、車は中国道戸河内ICから国道186号経由25kmで約30分です。

住所 広島県山県郡北広島町細見145-104
電話番号 0826-35-1230

広島の三段峡へのアクセス

西日本有数の秘境「三段峡」は国の特別名勝に指定され、穏やかな清流とダイナミックな景観が楽しめます。それでは広島市内から三段峡までのアクセスについてご案内しましょう。

公共交通機関でのアクセス

一番ポピュラーなアクセス方法は広島バスセンターから高速バスを利用して三段峡に行く方法です。JR広島駅から広島バスセンターまでは路線バスか広島電鉄で約15分です。

広島バスセンターは7番乗り場になります。バスのダイヤは平日と土日では異なりますから注意しましょう。三段峡までの所要時間は約75分です。車で移動ができない方は高速バスがおすすめです。

車でのアクセス

広島市内から車を使って三段峡にアクセスする方法は高速道路を使います。広島ICから約34分かけて戸河内ICを目指します。そこから高速道路を降りて約10分で三段峡に到着します。高速料金は片道1280円です。

三段峡の駐車場について

三段峡は道路が整備され車のアクセスが便利になりました。特に大きな駐車場は2ヶ所あります。「三段峡正面口入口駐車場」は500台のスペースがあります。料金は400円です。「黒淵」観光はここからがおすすめです。

「二段滝」「三段滝」に行くなら「水梨口駐車場」がおすすめです。こちらは200台のスペースがあり、料金は500円です。

三段峡エリアには無料駐車場も完備されています。ただし駐車台数が限られます。二段滝に近い「横川口駐車場」は10台ほどのスペースしかありません。

またさらに奥にはやや広めの「餅ノ木駐車場」がありますが、倒木や積雪で利用できないこともあります。

広島の観光スポット「三段峡」で渓谷散策を楽しもう

Photo by n.kondo

広島の「三段峡」は素晴らしい景観が楽しめます。温泉とグルメも楽しめる三段峡は紅葉の時期が人気ですが、新緑の春もおすすめです。一度観光に訪れた人もまた行きたくなる大自然を三段峡で感じてみませんか。

MASA
ライター

MASA

金融機関に勤務している旅行大好きなライター歴2年の会社員です。わんこ二匹飼っています。金融以外にもライフスタイルやスポーツ、インテリアなどみなさんがわくわくするような魅力ある記事を発信して行きたいと思っています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング