浅草の老舗「神谷バー」を徹底紹介!味わいたい人気メニューは?

浅草の老舗「神谷バー」を徹底紹介!味わいたい人気メニューは?

浅草の老舗「神谷バー」は、歴史を感じながらお酒を味わえることで有名です。そんな浅草「神谷バー」について詳しく調べてみました。人気のメニューや老舗ならではの魅力、レトロで懐かしい素敵なレストランまでたっぷりとご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.浅草ってどんな町?
  2. 2.浅草の老舗「神谷バー」とは
  3. 3.浅草の老舗「神谷バー」の4つのフロア
  4. 4.浅草の老舗「神谷バー」の人気メニュー
  5. 5.浅草の老舗「神谷バー」のアクセス・営業時間
  6. 6.浅草の老舗「神谷バー」で大人の休日を過ごそう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

浅草ってどんな町?

Photo bymarcelokato

浅草は東京の歴史を感じられる魅力あふれる観光地です。江戸時代より繁華街の1つとして栄え、東京を代表する観光スポットとなっています。都内で最も歴史があると言われる浅草寺など有名なお寺もあり、食べ歩きが楽しめることでも人気のスポットです。

街全体が魅力で溢れている浅草なので、外国人の観光客も多く、平日休日問わずに賑わいをみせています。外国人観光客が最も魅力を感じる観光地でもあるそうで、日本ならではの伝統工芸品やグルメに最大に触れることができる街でもあります。

雷門や浅草寺など日本らしいフォトスポットもたくさんあります。また、アクセスが良いのも人気の観光地となる理由の1つとなっています。

浅草には多くの老舗が軒を連ねる

Photo by ume-y

浅草には数多くの老舗が軒を連ねていることでも知られています。100年以上の歴史をもつ和菓子専門店、お寿司やお蕎麦などの日本料理店、すき焼きやうなぎの名店もございます。さらに路地裏にはお酒を楽しめるお店があったり、どこにいても歴史を感じることができます。

人気の和菓子専門店や、浅草名物と言われるグルメ店には朝早い時間から長蛇の列ができることも珍しくありません。最近では、あまりの盛況ぶりに、食べ歩きのマナーの悪さが目立ち、数々のルールが設けられるほどだそうです。

今回はそんな数々の老舗有名店の中でも、日本国内に初めて出来たと言われているバー「神谷バー」について詳しくお調べ致しましたのでご紹介します。

浅草の老舗「神谷バー」とは

Photo by udono

国内で初めて出来たバーと言われているのが「神谷バー」です。数多くの浅草の文豪にも愛されてきたことで有名で、“電気ブラン”を製造したことでも知られています。それではまず神谷バーの歴史についてご紹介していきます。

国内で初めてできた歴史あるバー

Photo by kimishowota

神谷バーは明治13年に創業されました。140年もの歴史をもつ老舗で国内初めてのバーです。創業当初は「みかはや銘酒店」としてお酒の1杯売りをされていたそうです。そのスタイルが現在のバーの原点となっています。

その後、有名な“電気ブラン”を製造販売し現在の店舗に成長していきました。後ほど、詳しくご紹介致しますが、電気ブランは現在でも浅草を代表する名物カクテルとなっています。

昭和35年には洋食レストランを開業し、昭和45年には割烹レストランも開業されています。現在の「神谷バー」という店名になったのは明治45年の4月10日のことです。

登録有形文化財にも指定される店内

Photo by kimishowota

浅草で最古の鉄筋コンクリート造りの建物と言われている、神谷ビル本館の建物は、平成23年10月28日に登録有形文化財に登録されております。平成25年には大掛かりな耐震補強工事も行われており無事終了しています。

登録有形文化財は、築50年以上で歴史的に景観や造形に優れており、再現が難しいものを基準として選考されているそうです。修理の際は国から補助を受けられたり、減税などの措置もあり、国からも守られている建造物のことだそうです。

浅草の老舗「神谷バー」の4つのフロア

Photo by OiMax

神谷ビルには4つのフロアがあります。1階の「神谷バー」をはじめ、洋食レストラン「レストランカミヤ」、割烹フロア「割烹神谷」、売店「神谷バー賽場」まで、用途に合わせて使い分けることが出来ます。そんな各フロアについて詳しくご紹介いたします。

1階:神谷バー

Photo by amika_san

まずは最も歴史のある有名な「神谷バー」についてご紹介いたします。有名な“電気ブラン”はもちろん、きめ細かい泡が特徴の生ビール、ワインやカクテルまで種類豊富なお酒を楽しめます。

お食事はおつまみメニューがメインとなっておりますが、軽食やソフトドリンクもあるのでお酒が苦手な方でも楽しめます。

店内には新館と本館があり、入り口手前の新しい新館が喫煙可能で86席、奥側の歴史を感じられる本館は禁煙60席となっております。なお、本館にも喫煙ルームが用意されているようです。ホテルなどのバーと違い気軽に立ち寄れるのも老舗神谷バーの魅力です。

2階:レストランカミヤ

Photo by Cool-Rock.com

レストランカミヤでは、神谷バーでも頂けるお酒やおつまみに加え、洋食メニューが充実しています。ハンバーグやステーキ、シーフードフライなどの盛り合わせや、パーティー専用のオードブルなどの用意もございます。アイスクリーム、パフェやプリンなどのデザートも豊富です。

平日にはお得なランチメニューがあります。平日11:30から14:00までの日替わりランチはお値段670円、ビアランチは950円となっています。浅草観光を楽しまれているグループの方や、ご家族連れの方のお食事にもおすすめです。

レストランカミヤは全席禁煙となっております。新館に70席、本館に56席ございます。喫煙ルームも用意されているそうです。

3階:割烹神谷

フリー写真素材ぱくたそ

割烹神谷は静かで落ち着いた雰囲気のレストランです。天ぷらやお刺身などのメニューがある手頃な和食御膳の他、本格的な会席料理のコースまでございます。お酒や一品料理メニューも豊富なので、大切なお席やご家族の記念日などにもぴったりです。

特に人気なのが、平日の11:30から14:00まで提供されている日替わりランチ670円で、リーズナブルな価格が魅力的です。浅草観光を楽しまれている方やご家族連れの方からも大人気だそうです。

店内には禁煙の椅子席が16席、個室の禁煙席が26席、中3階にある喫煙の椅子席が30席となっております。会席料理のコースやお弁当などは事前予約が必要となりますのでご注意ください。

売店:神谷バー賣場

Photo by jarumcaster

雷門通りに面しているのは「神谷バー賽場」です。神谷バーで提供されているオリジナルのお酒“電気ブラン”や“カミヤワイン”などを販売しています。電気ブランはアルコール度数が30度40度と2種類あります。カミヤワインは赤、白、ロゼがラインナップされています。

他にも、福煮豆やワインケーキなどの食品、電気ブラン専用のグラスやオリジナル絵葉書などの雑貨も販売されています。

名物“電気ブラン”と“カミヤワイン”のセット販売もされており、お値段3300円とお手頃ですのでお酒好きな方への浅草土産にもぴったりです。

浅草の老舗「神谷バー」の人気メニュー

Photo by kimishowota

続いては、1階神谷バー名物“電気ブラン”や“ハチブドーパンチ”など人気のメニューについて、詳しくお調べ致しましたのでご紹介します。洋食店や割烹を展開する神谷バーならではの、充実したおつまみメニューは必見です。

電気ブラン

Photo by mersy

神谷バーの電気ブランは明治15年に創業者神谷傳兵衛が開発販売した、浅草を代表するカクテルです。特徴がある名前の由来ですが、開発当時の明治時代は、目新しいものを“電気○○”と名付ける傾向があったようです。その流れから電気ブランと呼ばれて親しまれたそうです。

電気ブランは非常に強いお酒としても有名で、明治当時はアルコール度数が45度もあったそうです。しかし、現在はアルコール度数30度より販売されています。

電気ブランの“ブラン”とはカクテルのベースになっているブランデーからとったようで、他にもワインやジン、キュラソーや薬草などがブレンドされているそうです。時代が変わっても愛され続ける浅草の名物です。

Photo byDariuszSankowski

また、浅草は文学とのつながりが強いことでも有名です。数々の文学者が神谷バーで“電気ブラン”を味わっていたことも有名で、萩原朔太郎の歌や芥川賞小説家三浦哲郎の「忍ぶ川」には神谷バーの電気ブランが登場しています。

そんな歴史のある神谷バーの電気ブランですが、時代に合わせて価格も変化しています。明治43年には7銭、その後昭和元年には12銭、昭和24年に50円になり、昭和48年には100円、平成3年には250円、現在は270円となっています。

どの時代も普段着で訪れることができ、手頃な価格でお酒を味わえるお店であったことも、神谷バーの魅力となっています。

電気ブランサワーもおすすめ

Photo by Norisa1

神谷バーの電気ブランはそのまま頂くのもおすすめですが、サワーにするとより飲みやすくおすすめだそうです。電気ブランをレモンサワーで割ることで、甘さの中に爽やかな酸味が感じられ相性抜群の組み合わせとのことです。

電気ブランをそのまま味わうには少しアルコール度数が高いと感じられる方や、暑い夏の季節には人気のメニューとなっています。

ハチブドーパンチ

Photo by naitokz

神谷バーのもう1つの名物と言われているのが“ハチブドー酒”です。ワインに蜂蜜を加えてアレンジしたお酒だそうで、甘口のワインのような味わいなのだそうです。変わった名前のお酒ですが蜂蜜の“蜂”とワインの“葡萄”から“ハチブドー酒”と名付けられたようです。

そのハチブドー酒で作ったサングリアを炭酸で割って作られたのが“ハチブドーパンチ”です。蜂蜜とフルーツの自然な甘さがワインをまろやかにし、飲みやすくさっぱりとしていて大人気だそうです。特に暑い季節にはおすすめのカクテルです。

ハチブドー酒は赤、白ともに550ml680円と手頃な価格で「神谷バー賽場」にて販売されています。

煮込

Photo by june29

名物のお酒とも相性抜群でおつまみメニュー人気ナンバー1なのが“煮込”です。高級だし昆布でとった出汁でもつを3時間ほどじっくり煮込み、信州味噌と醤油で味付けした、あっさり味が特徴です。

癖がなく柔らかいもつ煮込みはあっさりとしているのにコクがあり、1度食べると病みつきになる方が多い人気のメニューです。こんにゃくと豆腐、玉ねぎとともに煮込まれています。きめ細かい泡が自慢の生ビールとの相性もバッチリです。

かにコロッケ

Photo by fjt0318

神谷バーで人気のメニューはまだまだあります。カニコロッケもボリューム満点で美味しいと大人気のメニューです。揚げたてのカニコロッケは、サクッと軽い食感で、洋食レストランを営む神谷バーならではのこだわりが感じられます。ホワイトソースとカニの相性は抜群です。

また、上にかかっているトマトソースとも相性抜群で、おつまみとしてはもちろん、ランチやディナーとしても大満足のメニューとなっています。ズワイガニがふんだんに使われているにも関わらず、760円とお手頃な価格も人気の理由です。

ジャーマンポテト

Photo by iyoupapa

神谷バーのジャーマンポテトの特徴はソース味ということです。コンソメやマスタードなどで味付けされることが多いジャーマンポテトですが、ソース味にすることで、お酒との相性が抜群だそうで大人気メニューとなっています。

ボリューム感もあり、揚げたてのホクホクポテトと玉ねぎ、ベーコンをソースで和えることで、しっかりとした味わいに仕上がっているそうです。食べごたえがあるので、おつまみはこれだけで十分との声も聞こえました。神谷バーに来ると必ず注文する方が多いようです。

ビーフシチュー

Photo by whitefield_d

絶品と呼び声の高い神谷バーの人気メニューはビーフシチューです。洋食レストランならではのこだわりの一品となっています。野菜とともに丸1日かけてじっくり煮込まれた牛肉は、ホロッととろける柔らかさで、レストランこだわりのデミグラスソースとの相性も抜群です。

付け合せのポテトやインゲン、人参もデミグラスソースとの相性バッチリで、お酒が進むとの声も見られました。ビーフシチューとライスを注文してランチタイムやディナータイムに頂く方も多いそうです。老舗ならではのこだわりが感じられるおすすめのメニューです。

また、デミグラスソースはパンとの相性も抜群だそうですので、ぜひワイン片手にビーフシチューとのマリアージュも楽しまれてみてください。

浅草の老舗「神谷バー」のアクセス・営業時間

Photo by くーさん

神谷バーへのアクセス方法ですが、東京メトロ銀座線「浅草駅」3番出口より徒歩1〜2分、都営地下鉄浅草線「浅草駅」A5番出口より徒歩1〜2分、東武本線伊勢崎線「浅草駅」正面出口より徒歩1〜2分、つくばエクスプレス「浅草駅」A1番出口より徒歩10分となっております。

営業時間は11:30から22:00まで、ラストオーダーは21:30となっております。3階「割烹神谷」は平日14:00から16:00までは休業しています。定休日はございません。歴史のある老舗ですが、どの店舗も普段着で気軽に訪れることができます。

住所 東京都台東区浅草1丁目1番1号
電話番号 03-3841-5400

浅草の老舗「神谷バー」で大人の休日を過ごそう

Photo byJosetxu

浅草の老舗「神谷バー」は歴史が感じられるメニューをはじめ、浅草名物カクテル、洋食レストランこだわりの人気メニューまで、魅力あふれるグルメで溢れていました。

神谷バーを訪れると、数々の有名な文学者たちの歴史を感じることができるとの声も多く聞かれ、当時も今も大人の休日を過ごせる憩いの場となっています。ぜひ、浅草を訪れた際は、歴史のある神谷バーへ立ち寄ってみてください。

MOCHI74
ライター

MOCHI74

子育て中のママです。家族と犬と暮らしています。趣味はカフェに行くこと。楽しんでいただける記事を書いていきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング