浅草のおすすめ洋食屋さんをご紹介!老舗の味で満足ランチはいかが?

浅草のおすすめ洋食屋さんをご紹介!老舗の味で満足ランチはいかが?

浅草には伝統ある日本の観光名所が数多くありますが、様々なグルメの激戦区でもあります。たくさんの有名店があり「洋食」もその中の一つです。レトロな雰囲気の老舗店や行列の絶えない人気店など、多くの洋食屋が軒を連ねます。ここでは、浅草でおすすめの洋食屋をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.浅草で絶品洋食を食べよう!
  2. 2.日本での洋食の歴史
  3. 3.浅草の老舗洋食屋さん
  4. 4.浅草のランチが人気の洋食屋さん
  5. 5.浅草のおすすめメニューのある洋食屋さん
  6. 6.浅草の美味しい洋食を堪能しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

浅草で絶品洋食を食べよう!

フリー写真素材ぱくたそ

浅草は、浅草寺や雷門、仲見世通りに花やしきといった、全国的・世界的に有名な観光名所がたくさんあります。それと同時に、古き良き時代の雰囲気も色濃く残る下町です。そんな浅草には、観光名所だけでなく、伝統と歴史を誇る洋食屋がたくさんあります。

浅草にある洋食屋は、老舗のお店が多く、レトロな雰囲気です。いつでも昭和にタイプスリップできそうな、懐かしさを醸し出しています。

行列の絶えない人気店も多く、それぞれのお店に昔からのファンもいます。そんな、洋食屋激戦区の浅草の絶品洋食を紹介します。

浅草は意外にも洋食店が多い

Photo by zunsanzunsan

浅草は明治から昭和戦前まで、東京を代表する繁華街でした。東京の中心は今よりずっと東寄りにあり、庶民にとって東京の盛り場といえば、浅草や上野でした。特に浅草は流行の発信地で、最先端の芸能やファッションもここから生まれました。食文化も例外ではありません。

花の東京、浅草でハイカラな洋食を頂くというのは、庶民にとっての憧れでした。その後、洋食が大衆化するにつれて浅草の洋食屋も数が増えていきました。そのため、浅草には洋食屋、特に老舗の洋食屋がたくさんあるのです。

かつて浅草は流行の発信地だった

Photo by wongwt

明治時代に、浅草は東京15区の名前として採用されました。そのことにより、浅草は現代につながる文化の中心の町となります。浅草には次々と演芸場や劇場が立ち並び、東京の文化や流行の発信地となっていきます。

昭和に入るとますます浅草は発展していきます。日本で最初の地下鉄が開業したのも浅草-上野間です。この繁華街に日本初の駅を作ることが地下鉄のPRには最適と考えられたのでしょう。

その後、テレビが普及するまで、浅草は東京の文化や流行の発信地として発展し続けました。

日本での洋食の歴史

Photo by nappa

洋食とは、いわゆる西洋の料理を意味する言葉ですが、西洋料理が欧米諸国の料理を指すのに対し、洋食は、日本で独自に発展した西洋風の料理の事を指します。イタリアンでもフレンチでも和食でもない、日本独自の料理のカテゴリーなのです。

では、日本に西洋料理が最初に伝わったのはいつだったのでしょう。西洋料理を広義にとらえると、織田信長が活躍した時代に渡来したポルトガル人やスペイン人がもたらした南蛮料理が始まりと言えるようです。

長崎の「良林亭」

Photo by ume-y

日本に西洋料理の専門店が初めて誕生したのは、1863(文久3)年のことです。長崎・出島のオランダ商館で皿洗いをしながら西洋料理を体得した草野丈吉さんが、長崎に「良林亭」というお店を開店したのが始まりです。

長崎は海外との交易地であったため古くから西洋食が流入し、街の飲食店で西洋料理が提供されることはそれまでにも存在したようですが、日本人の手による西洋料理の専門店はこの良林亭が最初とされています。

Photo by Kanko*

その後「自遊亭」、さらに「自由亭」と名前を変え、1887(明治20)年まで続きました。現在はグラバー園内に移築復元され、旧自由亭として紹介されています。その歴史ある西洋建築の建物は喫茶室としても活用されているので、長崎への旅行の際に、ぜひ訪れてみて下さい。

本格的に広まったのは明治時代

Photo by revelyrist

明治新政府が主導した文明開化の奨励により、各種の西洋文化が取り入れられてきました。それとともに、西洋の食事も入ってきました。それまで、日本人は肉食を忌避していたため、牛肉や豚肉を主体とする西洋料理には抵抗がありました。

しかし、明治時代の軍隊では、兵隊の体力の強化を目的に、軍隊での食事が西洋化されました。また、明治天皇が自ら牛肉を膳に上せられたという新聞報道などもあり、庶民の間でも牛鍋などの形で徐々に肉食が始まりました。それと共に、洋食も広まります。

徐々に日本人の口に合うように進化

Photo by BONGURI

明治時代、日本で西洋料理の食材を完全に揃えることは困難だったこともあり、料理人たちは西洋料理を日本人の口に合うように独自に工夫を加えました。

それが、ポークカツレツ、カレーライス、コロッケ、カキフライ、エビフライ、オムライスなどの、「日本式西洋料理」、すなわち「洋食」となるのです。

浅草の老舗洋食屋さん

Photo byolafBroeker

浅草には、明治から昭和初期にかけて、洋食が広まり始めたころに創業された老舗洋食屋があります。今も日本の下町文化が色濃く残る浅草で、食の歴史を刻んできた洋食屋を6店紹介します。

「グリル佐久良」

Photo by12019

「グリル佐久良」は、浅草で40年以上も営業している老舗洋食屋です。初代店主が亡くなり一時は営業が途絶えていたのですが、孫娘が再び復活させた人気店です。

メディアにも度々登場し、開店前から行列ができることも少なくありません。人気メニューのビーフシチューは、お箸でも切れるほど柔らかいお肉で、ここで食べたら他で食べられないというファンが多くいます。

住所 東京都台東区浅草3-32-4
電話番号 03-3873-8520

「ヨシカミ 浅草店」

Photo by toshifukuoka

「ヨシカミ 浅草店」は、1951(昭和26)年創業の老舗洋食屋です。当時流行の発信地であった浅草六区にオープンしました。「うますぎて申し訳ないス!」という独特のキャッチフレーズと共に、半世紀以上にわたり愛されています。

行列が絶えない人気のお店で、おすすめメニューは、ビーフシチューです。バラ肉はデミグラスソースで3〜4時間煮込み、すじ肉と野菜はトロトロになるまで一日中火にかけるという手間ひまかけた一品です。

お肉はお箸でほぐれる程柔らかく、ホロホロのお肉とコクのある濃厚なシチューが口の中で溶けていくと評判のお店です。

「グリル グランド」

Photo byStockSnap

「グリル グランド」は、1941(昭和16)年に創業されました。浅草の観光地・繁華街を少し離れた、浅草寺の裏手で、三代にわたり本格的な洋食の味を守り続けているお店です。

おすすめメニューは、特製オムライスです。完成までに2週間かかるというデミグラスソースがたっぷりかかったお店自慢の逸品です。

「ロッジ赤石」

Photo by sabamiso

「ロッジ赤石」は、浅草芸人時代のビートたけしさんも通ったという老舗喫茶店です。喫茶店ですが、料理がおいしいと人気のお店です。ご主人が長年ホテルで修行されていたとのことで、料理が絶品です。

人気メニューのひとつがナポリタンです。具沢山でこってりした甘い味付けが昔ながらのナポリタンの味だと人気です。また、カツ重も人気メニューで、それが目当てで訪れる方も多くいます。

朝4時まで営業しているので、タクシーの運転手さんや、水商売の方、夜勤明けの方にも重宝されています。

住所 東京都台東区浅草3-8-4
電話番号 03-3875-1688

「ぱいち」

Photo by jetalone

「ぱいち」は浅草食通街にある老舗の洋食屋で、現在は3代目の店主がお店を守っています。土日は混雑し、また予約が平日しかできないので注意が必要です。

看板メニューは、ビーフシチューです。鉄の鍋に入って提供されるのでゆっくりと食べていても温かい状態で頂くことが出来ます。大きめにカットされた具材は食べごたえがあります。あっさりしているがコクがあっておいしいと人気のメニューです。

もう一つの看板メニューが、かつサンドです。こちらは、食べられない場合はお土産にするこもできます。

「レストラン吾妻」

Photo byFree-Photos

吾妻橋にある創業100年以上の老舗洋食屋が「レストラン吾妻」です。人気のオムライスは自家製ラードで炒めたポークライスが、ふわっとした卵に包まれています。さらっとしているが旨みのあるデミグラスソースは絶品です。

現在は、三代目のご主人がお店をされています。「楽しい食事、楽しき人生」がお店のモットーのひとつです。

住所 東京都墨田区吾妻橋2-7-8
電話番号 03-3622-7857

浅草のランチが人気の洋食屋さん

Photo by akira yamada

洋食屋が多くある浅草ですが、その中でもお得で美味しいランチがおすすめのお店を5店紹介します。それぞれのお店の特徴があり、どのお店もおすすめです。

「神谷バー」

Photo by hide10

「神谷バー」は、1880(明治13)年創業、日本最初のバーです。デンキブランという、ブランデーベースのオリジナルカクテルが有名なバーですが、その建物の2階が「レストランカミヤ」、3階が「割烹神谷」となっています。

2階の「レストランカミヤ」は、洋食屋としても老舗です。バーのランチらしく、日替りランチには食前酒がつきます。また、ビール1杯がつくビアランチもあります。

他にも単品メニューもありますが、セットも単品も、お手頃価格なのも魅力的です。3階の「割烹神谷」にもランチがあります。

住所 東京都台東区浅草1-1-1
電話番号 03-3841-5400

浅草の老舗「神谷バー」を徹底紹介!味わいたい人気メニューは?のイメージ
浅草の老舗「神谷バー」を徹底紹介!味わいたい人気メニューは?
浅草の老舗「神谷バー」は、歴史を感じながらお酒を味わえることで有名です。そんな浅草「神谷バー」について詳しく調べてみました。人気のメニューや老舗ならではの魅力、レトロで懐かしい素敵なレストランまでたっぷりとご紹介いたします。

「玄妙」

Photo by yto

「玄妙」は、老舗のお店が多い浅草の中では新しいお店です。浅草・浅草寺の裏手にある浅草6丁目にあります。南部鉄器の鉄鍋ハンバーグがおすすめです。

熱々の鉄鍋にたっぷりのソースと共に盛られる黒毛和牛のハンバーグは絶品です。注文が入ってから手ごねして作っているとの事で、出てくるのに少し時間がかかりますが、それも含めてゆっくりランチができるお店です。

住所 東京都台東区浅草6-11-3
電話番号 03-3871-2325

「デンキヤホール」

Photo by jetalone

「デンキヤホール」は、浅草3丁目交差点すぐ、千束商店街にある1903(明治36)年創業、110年を超える歴史を持つ老舗です。

特徴のあるその店名は、初代店主がもともと電機屋を営んでいたことに由来します。牛乳やコーヒー、パンといった軽飲食をだすミルクホールとデンキヤを足して「デンキヤホール」です。

お店の名物は、ゆであずきです。やさしい甘さの、おしるこのようなものです。もう一つの名物が、元祖オムマキです。ソース焼きそばを薄焼き卵で包み、ケチャップをかけたものです。お値段も手頃でランチにもピッタリです。

「ビストロ福昇亭 」

Photo byhansbenn

「ビストロ福昇亭」は、浅草観音裏に店を構えて70年の洋食屋です。戦後すぐに初代が開業した中華料理屋からはじまり、現在はビストロスタイルの洋食屋にリニューアルされています。

福昇亭のランチのポイントは、そのボリュームです。ラーメン&メンチカツのランチセットなど、立派なボリュームのメイン料理にさらにラーメンがついてきます。ボリュームたっぷりのランチがお手頃価格で頂けて、もちろん味も絶品、コストパフォーマンスも最高なお店です。

住所 東京都台東区浅草3-31-7福昇亭ビル1F
電話番号 03-6240-6867

「はぎわら」

フリー写真素材ぱくたそ

「はぎわら」は、数多くの洋食屋が軒を連ねる浅草において、隠れた名店と言われているお店です。観光地からは、少し離れたところにあるため、お客さんは地元の常連さんや、近くのサラリーマンが多く訪れます。

ビーフシチューやソテー、ロールキャベツ、カニクリームコロッケと、定番の洋食メニューが並びます。料理はどれも優しい味で、奥様の接客がとても心地良いと、噂のお店です。

住所 東京都台東区雷門1-12-12
電話番号 03-5828-5108

浅草のおすすめメニューのある洋食屋さん

Photo by akira yamada

浅草の数ある洋食屋の中でも、特におすすめメニューのあるお店を5店紹介します。定番メニューでありながらも、個性豊かな料理です。

「モンブラン 浅草店」

Photo by Koji Horaguchi

「モンブラン 浅草店」は、浅草雷門から徒歩約1分のところにある人気洋食屋です。「鉄板焼きハンバーグの店」として、35年以上の歴史を持つ老舗です。多くのメディアにも取り上げられ、行列のできる浅草の有名店です。

国産牛100%使用の手ごねハンバーグを出来たて熱々で食べられます。味はもちろん、コスパも良く、地元の人からも評判の良いお店です。また、ほとんどの料理が食べ放題となる、食べ放題・飲み放題のコースもあります。

浅草店以外にも、吾妻橋店、森下店があります。スカイツリーに行かれる場合は、吾妻橋店が近くにあります。

住所 東京都台東区浅草1-8-6-1F
電話番号 03-5827-2771

「佐藤」

Photo byYvonneHuijbens

この道30年以上、「佐藤」の店主は、以前は東陽町でご友人とお店を構えていたそうです。2011(平成23)年、浅草に同店をオープンされて以来、お独りで切り盛りされています。

カウンター席8席のみの、こじんまりとしたお店ですが、数々のメディアで取り上げられ、行列のできる人気の洋食屋です。浅草演芸ホールからも近いことから、芸人さんも時々訪れるそうです。

このお店でおすすめなのが、ビーフシチューです。柔らかなお肉がたくさん入り、ボリュームも十分、優しい味のビーフシチューだと評判です。

住所 東京都台東区西浅草2-25-12
電話番号 03-3847-0120

「浅草グリルバーグ」

フリー写真素材ぱくたそ

「浅草グリルバーグ」は、田原町駅から徒歩2分ほどの所にあります。牛肉100%の手ごねハンバーグがおすすめのお店です。オーダーが入ってから丁寧に焼き上げられ、熱々の鉄板で提供されます。

広々とした店内は、カフェのようです。一流ホテルを手がけたデザイナーさんにお願いしたという内装はスタイリッシュで落ち着く雰囲気です。

また、「幻のコーヒー」といわれる アラビカ種の高級豆「スリランカコーヒー 」も飲めるので、食後やカフェタイム にオーダーしてみてください 。

「レストラン大宮」

Photo by toshifukuoka

「レストラン大宮」は、1982(昭和57)年に店主の地元である浅草にオープンしました。浅草寺近くの伝法院通りに浅草本店があります。赤いドアが目印の、クラシックな雰囲気の洋食屋です。フランス料理をベースとした洋食が堪能できます。

デミグラスソースが絶品で、タンシチューがおすすめです。「まだまだ進化し続ける、洋食店」をモットーにされています。浅草本店の他に、新丸ビル店があります。

住所 東京都台東区浅草2-1-3
電話番号 03-3844-0038

「リスボン」

Photo by Gaku@STUDIO-Freesia

1932(昭和7)年創業、浅草ROXのならび、六区ブロードウェー商店街にある老舗の洋食屋さんで、ブタの看板が目印のお店です。

おすすめメニューは、ロースかつです。かつと言っても油の中に肉を投入するとんかつではありません。鉄鍋でサクッと揚げ焼きします。サクッとした衣の中に柔らかいお肉が堪らない逸品です。

住所 東京都台東区浅草1-25-18
電話番号 03-3841-3663

浅草の美味しい洋食を堪能しよう

Photo by [cipher]

浅草にある洋食屋を紹介しました。浅草の歴史と共に歩んできた老舗洋食屋、行列が絶えない人気洋食屋、様々な魅力ある洋食屋が浅草には並んでいます。ランチはもちろん、ディナーにも、また浅草観光の際には、気になったお店に足を運んでみて下さい。

Ayako
ライター

Ayako

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング