宮崎観光で絶対買って帰りたいお土産を紹介!地元民のおすすめを集めました

宮崎観光で絶対買って帰りたいお土産を紹介!地元民のおすすめを集めました

九州地方の宮崎県は、豊かな自然に育まれた特産物が多くあり、それを活かしたレベルの高いお土産が揃っています。今回は、宮崎県民おすすめのお土産をたっぷり紹介します。全国的に有名なものから、地元民おすすめのレアなものまで、幅広いお土産が登場します。

記事の目次

  1. 1.宮崎には魅力的なお土産がたくさん!
  2. 2.宮崎の県民に長く愛され続けているご当地スイーツ
  3. 3.宮崎おすすめ!お菓子のお土産11選
  4. 4.宮崎でマンゴーを使ったスイーツ人気のお土産2選
  5. 5.宮崎で買いたい果物のお土産3選
  6. 6.宮崎でおすすめお酒のお土産4選
  7. 7.宮崎のおつまみにぴったりのお土産4選
  8. 8.宮崎のステキな雑貨のお土産5選
  9. 9.宮崎で美味しいお菓子や雑貨のお土産を買おう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

宮崎には魅力的なお土産がたくさん!

Photo byDivily

九州の南東に位置する宮崎県は、温暖な気候のもとで育てられた美味しい果物など、農業が盛んな土地です。最高級の宮崎牛や、品質の高い鶏や豚も多く飼育され「畜産王国宮崎」とも言われます。様々な特産物がある宮崎県は、お土産のレベルも高く、お取り寄せグルメも高い人気を誇ります。

果物やお肉、美味しい焼酎や海の幸など、あらゆる食材が宮崎にあります。さらに、宮崎は日本発祥にまつわる日向神話(ひゅうがしんわ)の舞台でもあり、全国的に見ても古い歴史がある土地で、その伝統が生み出したお土産も数多く存在します。

この記事では豊かな自然に育まれたグルメやスイーツ、お酒、個性あふれる雑貨など、歴史あるものから新しいものまで、幅広いお土産を紹介していきます。最後までどうぞご覧ください。

宮崎の県民に長く愛され続けているご当地スイーツ

Photo by yurayura_naoko

宮崎で誕生した、チーズの美味しさがギュッと詰まった「チーズ饅頭」は、宮崎県民に長く愛され続けているご当地スイーツです。宮崎県内にはチーズ饅頭を作っているお店が約250店ありますが、今回は、そのチーズ饅頭の元祖と言われるお店を紹介します。

風月堂の元祖・チーズ饅頭

Photo bylipefontes0

「風月堂」は宮崎のチーズ饅頭発祥の店と言われています。宮崎県小林市のお菓子職人・伊藤光輝社長が、「誰にでも愛されるお菓子を」と、3年の歳月をかけて試行錯誤を繰り返して誕生したのが、風月堂の「チーズ饅頭」です。全国的に有名となり、宮崎の定番のお土産としてお馴染みです。

風月堂のチーズ饅頭は、風味豊かなチーズをしっとりしたクッキー生地で包んだ、やさしい味わいのお菓子です。宮崎のおすすめの人気お土産に相応しく、繁忙期には1日約1万個も作り出すほどの人気ぶりです。

風月堂アクセス情報

フリー写真素材ぱくたそ

風月堂は、霧島連山の麓である宮崎県小林市にあります。空気も水も清く澄んだ大自然の中に佇んだ、1962年開業の老舗お菓子屋です。営業時間は、平日午前8:30~午後6:30、土日祝日は午前8:30~午後6:00となっています。

住所 宮崎県小林市細野281-11
電話番号 0984-22-2987

宮崎おすすめ!お菓子のお土産11選

Photo bysilviarita

宮崎のお土産の中でも、おすすめのお菓子を一挙に紹介します。宮崎で栽培された果物などの特産品を使ったお菓子屋、老舗のお菓子屋が作り出す伝統のものなど、たくさんのお土産が登場します。

白玄堂の茶葉ロア

Photo bydungthuyvunguyen

宮崎茶を中心とした日本茶のセレクトショップ「白玄堂」は、日本茶ソムリエ・宮崎茶プロデューサーとして活躍している白尾尚美さんのお店です。お茶を極めたプロが自信を持っておすすめする和風スイーツが、宮崎のお土産としても人気の「茶葉ロア」です。

宮崎県産の釜炒り茶と蜂蜜を使用してたババロアで、お茶の濃厚なソースをあんこが添えられていて、甘さと苦味が絶妙な和風スイーツです。陶器のような素敵な器に入っているので、上品なお土産です。

住所 宮崎県宮崎市大島町原ノ前1445-202 フラワーショップ花villa内
電話番号 0985-23-5471

宮崎QUATRE

Photo by nimame

宮崎県でざまざまな宮崎のお土産を手掛けている「ユタカ商会」の人気お土産が「宮崎QUATRE(キャトル)」です。「QUATRE」とは数字の4を表すフランス語で、宮崎名産の日向夏、マンゴー、イチゴ、そして釜煎り茶といった、4種類の宮崎県の素材を楽しめるお菓子です。

宮崎感満載の、ほろほろサクサク食感のクッキーに仕上げてあります。日向夏味は果物のスッキリとした味わい、マンゴー味はマンゴーならではのフルーティーな美味しさがたっぷりと詰まっています。イチゴ味は甘酸っぱく、釜炒り茶はしっかりとしたお茶の味で4つの香りと味わいが楽しめます。

ぽってち~

Photo by CanadaPenguin

可愛らしい名前の「ぽてっち~」は、南九州産のさつま芋を使ったスイートポテトです。スイートポテトにクリームチーズがたっぷり入っていて、程良い酸味のクリームチーズとポテトは絶妙な味わいです。滑らかなクリームチーズが口の中で溶けていき、ポテトとともに口いっぱいに広がります。

豊富な食物繊維やビタミンCなど、栄養満点のさつま芋は宮崎が誇る名産です。さつま芋をたっぷり使用して美味しさを引き出した、宮崎お土産におすすめのスイーツです。常温での持ち運びも可能でそのままでも十分美味しいですが、冷やして食べるとより一層美味しく感じられます。

チータル

Photo byEinladung_zum_Essen

サクサクとしたクッキー生地と濃厚なレアチーズクリームの相性がたまらない「チータル」は、チーズ好きな人にぜひおすすめしたい宮崎お土産です。なめらかなチーズクリームを詰めたタルトのお菓子ですが、宮崎らしく日向夏果汁が加わることにより、あっさりとした後味になっています。

チーズがたっぷり入っていますが、濃厚ながらもしつこくなく、爽やかな日向夏の香りがマッチして、いくらでも食べられるようなお菓子です。

青島せんべい

Photo byMabelAmber

宮崎で有名な観光地、鬼の洗濯板がある「青島」は、とても神聖な島で海幸山幸の伝説もある場所です。そんな青島の名前が入った宮崎お土産「青島せんべい」は、ゴーフレットのような薄焼きのパリパリ生地で、バニラクリームやナッツクリームを挟んだお菓子です。

懐かしい味わいの生地には米粉が配合され、独特のパリパリ食感を生み出しています。青島せんべいは、最近では「フルーティーバージョン」として、ストロベリー、マンゴー、日向夏などの果物が入ったクリームのものも発売されています。

なんじゃこら大福

Photo by jetalone

発売から30年を超える「なんじゃこら大福」は、宮崎の老舗「お菓子の日高」が製造していて、思わず「なんじゃこら!」と言いたくなるようなユニークな大福です。大福の中は粒あん、栗、イチゴ、クリームチーズがゴロっと入っています。

たくさんの果物や粒あんを包んだ大福は、はちきれんばかりのパンパン状態でボリューム満点の大きなお菓子です。毎日ひとつずつ丁寧に作っていて、食べ応え十分です。宮崎の面白ネタのお土産としても盛り上がれるような商品です。

からいも団子

Photo by t-mizo

懐かしいおばあちゃんの味や土地に伝わるふるさとの味を作り続けている、宮崎の和菓子屋「味のくらや」の人気お土産が「からいも団子」です。つきたてモチモチのお餅に蒸したさつま芋をまぜ込み、甘さ控えめの粒あんを包んだお菓子です。

たっぷり入った粒あんの甘さとさつまいもの優しい香りや甘さが口の中に広がり、懐かしさのあるお菓子です。粒あん入りと、素朴な味わいの粒あん無しがあり、どちらもきな粉をタップリとまぶして食べます。固くなりにくいので、冷蔵庫で冷やしても常温のままでも美味しく食べられます。

お菓子の田園のどら焼き

Photo by yoshing_BT

宮崎の老舗「お菓子の田園」はケーキや和菓子など様々なお菓子を作っているお店です。そのお菓子の田園の人気のお土産が、ひとつひとつ手作りの「どら焼き」です。しっとりフワフワのどら焼きの生地に、程よい甘さのトロっとした粒あんが良く合います。

北海道産の小豆を使った粒あんは炊き方にこだわりがあり、創業以来ずっと変わらぬ味を出し続けています。多いときには1日に3500個以上も売れる日もあるほど、人気の高い看板商品です。

住所 宮崎県宮崎市下原町214-9
電話番号 0985-23-2858

ぼうちーず

Photo byAlexKlen

宮崎県小林市のお菓子屋「パティスリー・ハラ」では「素材より素材らしく」をモットーに地元の素材を活かし、職人が愛情を込めてお菓子を作っています。そんなパティスリー・ハラの人気お土産が「ぼうちーず」です。

ぼうちーずは、宮崎名物のチーズ饅頭をもとに、パティスリー・ハラのオーナーが考案した大人気のお菓子です。

アーモンド風味のサクサクとしたサブレ生地の中には、たっぷりのクリームチーズが入っています。パティスリー・ハラでしか味わえない美味しさで、遠方からぼうちーず目当ての顧客が多く訪ねてきます。

日向夏マドレーヌ

Photo by PentaxLimited

宮崎県原産である日向夏は、柚子が突然変異したものと考えられていて、温州ミカンより大きめサイズの柑橘の果物です。「日向夏マドレーヌ」は、「お菓子の日高」が作ったマドレーヌで、日向夏が持つ爽やかな酸味と風味が、しっとりとしたマドレーヌの中で存在感を放っています。

バターをふんだんに使用したコクのある生地に、日向夏果汁をブレンドした日向夏マドレーヌは、宮崎のお土産や贈り物としても大人気のお菓子です。

栗きんとん

Photo byCouleur

宮崎県の山間部にある美郷町は栗の生産がとても盛んな地域で、その美郷町産の栗をたっぷり使用した「栗きんとん」が県内外から大人気のお土産となっています。栗きんとんと言えば、茶巾絞りの形が一般的ですが、宮崎名物の栗きんとんは、栗ようかんのように長方形に型取られています。

栗と砂糖など原料でできたシンプルな栗きんとんは、地場産品のよさを生かし、更に美味しく安心して食べてもらえるようにと努力を重ねてできた、素朴であっさりとした甘さのお菓子です。保存料などを一切使用しておらず、色合いも形も控えめで、子供から年配の方まで安心して食べられます。

宮崎でマンゴーを使ったスイーツ人気のお土産2選

Photo byAncelin

宮崎でマンゴーが栽培されたのは約30年前からで、宮崎市の北にある西都市の農家からその歴史は始まりました。宮崎県は年の平均気温約17度で、真冬の1月でも平均7.6度と温暖で、日照時間も長いことから、マンゴーづくりには最適な環境です。

宮崎のお土産には、糖度が高い完熟マンゴーを贅沢に使ったスイーツがたくさんあります。今回はその中から、おすすめの人気お土産を厳選して2つ紹介します。

完熟マンゴーのフロマルージュ

Photo byOrnaW

フランス菓子の専門店が作る、宮崎らしさ溢れるお菓子が「完熟マンゴーのフロマージュ」です。太陽の恵みをいっぱいにに浴びた、全国的にも知名度の高い完熟マンゴーが使用されています。

甘くて濃厚なマンゴーを練りこんだレアチーズケーキに、サクサクのチョコレートサブレ生地を重ねた絶品スイーツです。フランス菓子の技法と宮崎の特産が融合した、お土産におすすめの商品です。

マンゴーラングドシャ

Photo byponce_photography

宮崎県産マンゴー100%使用した贅沢な「マンゴーラングドシャ」は、サクサクとした軽く食感で優しい口溶けです。口に入れると、ほのかに宮崎産マンゴーの香りと風味が広がる絶品なお菓子で、2011年度モンドセレクションにおいて金賞を受賞しました。

マンゴーラングドシャのクッキー生地には、マンゴーを煮詰めて作ったジャムが練りこまれ、そのクッキーでマンゴーチョコレートをサンドしたお菓子です。紅茶やコーヒーと相性もよく、ワンランク上の宮崎のスイーツお土産です。

宮崎で買いたい果物のお土産3選

Photo byCouleur

宮崎には美味しいグルメがいっぱいありますが、中でもトロピカルフルーツのおいしさは全国トップクラスです。宮崎の豊かな自然や気候条件が、果物の栽培にとても適していて、毎年たくさんの種類の果物が誕生します。今回は、宮崎の数ある果物の中でも、特におすすめの果物を3つ紹介します。

高級マンゴー 太陽のタマゴ

Photo byliwanchun

宮崎には「太陽のタマゴ」と呼ばれる、宮崎県産最上級完熟マンゴーがあります。宮崎で栽培された美味しいマンゴーから、さらに選び抜かれた、一握りしかない絶品の最上級品です。いまや、宮崎のお土産や贈答品としてすっかり有名な果物になりました。

太陽のタマゴは、宮崎産の完熟マンゴーの約15%しかありません。さらに太陽のタマゴの中でも、わずか5%しかない超貴重なマンゴーが「赤秀品(AA品)」で、青果歴50年を超えるベテランの目利きなどによって選ばれます。濃厚な甘みと芳醇な香り、クリーミーな食感の贅沢な果物です。

日向夏

Photo byOlga1205

宮崎で、マンゴーと並んでおすすめ果物が「日向夏(ひゅうがなつ)」です。日向夏の色や味はグレープフルーツに近く、グレープフルーツより酸味が控えめでさっぱりとした果物です。日向夏の収穫は、年末から春にかけて行われ、宮崎にいち早く春を感じさせてくれる果物です。

日向夏は外の皮をナイフでむいて白皮ごと食べられる、栄養価の高い果物です。高知県では「小夏」や「土佐小夏」、愛媛県では「ニューサマーオレンジ」の名称で親しまれています。種無しの日向夏もあり、宮崎のお土産や贈答品として人気があります。

たまたまエクセレント

Photo byHans

宮崎は、きんかんの生産量が日本一で、全国のきんかんの約60%以上を占めています。生産量だけではなく、品質も日本一で「たまたまエクセレント」というブランドのきんかんは、樹上で完熟させたプレミアムな果物です。

たまたまエクセレントというユニークなネーミングは、「美味しいきんかんが、たまたま偶然にしか実らないこと」というところからこの名前が付けらました。

大きくて、甘みが強くマイルドな口当たりのたまたまエクセレントは、「生」で「皮ごと」食べられます。美味しさに驚く人も多く、美容と健康にも良いと言われる果物です。サイズも様々あり、特にたまたまエクセレントの4Lサイズは希少で、宮崎のお土産として喜ばれること間違いなしです。

宮崎でおすすめお酒のお土産4選

Photo bykasjanf

続いて、宮崎でおすすめお酒のお土産を紹介します。宮崎は焼酎文化が中心で、芋焼酎や麦焼酎などがありますが、全国的に有名な日本酒もたくさんあります。宮崎は、日本書紀に残っている通り日本酒発祥の地でもあります。幅広いお酒を生み出す宮崎の中でも特におすすめのお酒を4つ紹介します。

千徳

Photo by tablexxnx

宮崎県延岡市にある、明治36年創業の老舗「千徳酒造」の、おすすめのお酒が大吟醸の「千徳」です。山田錦を40%以下になるまで磨き、じっくりと低温で仕込んだお酒で、フルーティーで華やかなすっきりとした淡麗な味を愉しめます。

穏やかな香りで飲みやすく、お酒と料理の両方を美味しくさせる辛口のお酒です。原酒のまま瓶詰めしていて、常温のままでも、熱燗でも冷やしても美味しく飲める、お土産にもおすすめのお酒です。

綾錦 登喜一

Photo by Japanexperterna.se

全国新酒鑑評会で、9回連続金賞を受賞した「綾錦 登喜一(あやにしき ときいち)」は、超特選の大吟醸で辛口のお酒です。華やかな香りとすっきりとした飲み口で、辛み、渋み、そして甘みが後から追いかけてくるような、味わいに深さと広がりのあるお酒です。

綾錦 登喜一は、豊かな自然に囲まれた宮崎の綾町にある綾蔵で造られています。山田錦を丹念に磨き上げ、日本名水百選に選ばれた綾の湧水で醸した、こだわりが詰まったお酒です。口の中に華が開くような深い味わいを愉しめとあって、お土産にもおすすめのお酒です。

はじまり

Photo byFree-Photos

日本書記の木花開耶姫の話をもとに、日向神話の舞台である宮崎が日本酒発祥の地とされることから、記紀編纂1300年を記念して生まれたお酒が「はじまり」です。スパークリング日本酒であるはじまりは、瓶内発酵製法による微発泡で、すっきりと爽やかな味わいで飲みやすいお酒です。

炭酸も強くはなく、深みのある味わいが広がり、県内外から人気のあるお酒です。ボトルのパッケージラベルがピンク色のものもあり、女性へのお土産にもおすすめで、シャンパンのように優雅に楽しめます。

はじまりを飲みながら、その由来となった日向神話についての話題にも触れると、より素敵なお土産となります。

百年の孤独

Photo byPublicDomainPictures

創業明治18年の「黒木本店」は、お酒の原料となる芋や麦、米などを自家栽培し酒造りに取り組んでいます。緑豊かな尾鈴山水脈から流れる小丸川の伏流水である地下水を使用し、焼酎やお酒など幅広い逸品を生み出しています。そんな黒木本店のおすすめのお酒が焼酎「百年の孤独」です。

麦焼酎「中々」の原酒をオークの樽にて長期熟成し、ウイスキーのようにロックやハイボールで愉しめます。上品で強く、オークやほんのりシガーの香り、ココナッツや香ばしい麦の風味などが、幾層にも重なった香りを醸し出します。他にはないプレミアムなお酒です。

宮崎のおつまみにぴったりのお土産4選

フリー写真素材ぱくたそ

お酒に続いて、次は宮崎のおつまみにぴったりのお土産を紹介します。宮崎の名産などがおつまみとしてお土産になった商品で、お酒が好きな方や、甘いものが苦手な方にもおすすめです。宮崎のおつまみお土産の中でも、特におすすめのものを厳選して4つ紹介します。

ゴボチ

Photo by 305 Seahill

ゴボウのチップス「ゴボチ」は、宮崎産を中心に九州ごぼうなどの国産のゴボウを素揚げにしたお菓子です。こだわりの特製だし醤油でシンプルに仕上げた、風味豊かな商品で、おやつにもおつまみとしても人気です。

食物繊維が豊富でとてもヘルシーな上に、サクサクパリパリの軽い歯ごたえのチップスなので、どんな人にもおすすめのお土産です。ごぼうの風味がフワッと口全体に広がり、そのまま食べるのはもちろん、素材の持味が活きているのでサラダのトッピングなどにもおすすめです。

鶏炭火焼

フリー写真素材ぱくたそ

宮崎のグルメで「鶏炭火焼」は外せない逸品で、宮崎県民の支持率ナンバーワンの呼び声高い、大人気のおつまみです。品種や飼育方法、飼料などに細心の注意を払って育てられた宮崎の鶏は、素朴ながらも奥深い味わいが楽しめます。

刺身、タタキ、唐揚げなども美味しいのですが、特に炭火で焼いたもも焼きは、塩のみのシンプルな味付けとは思えないほど旨味がたっぷり詰まっています。本場の焼きたての味をそのまま真空パックにした鶏炭火焼で、冷めても美味しいと評判が良く、宮崎の定番のお土産となっています。

炭火で香ばしく焼いた鶏肉は、見た目は真っ黒で、コリコリの食感が特徴的で、噛むほどに旨みが広がります。保存料などの添加物を使用せず、安心安全を追求したおすすめのお土産です。

おび天

Photo bysharonang

飫肥の名物「おび天」は、宮崎の郷土料理であり、江戸時代から数百年続く伝統のすり身揚げです。宮崎の日南海岸で水揚げされたシイラなどの新鮮な魚をすり身にし、手作りの豆腐と黒砂糖、味噌に秘伝のだしを合わせ、油で揚げた独特の天ぷらです。

きつね色に揚がったおび天は、定番のものから青しそ入りやごぼう入りなど、様々な種類があります。お土産や贈答品にもぴったりの、たくさんの種類のおび天が食べられる詰め合わせもあります。

手作り肉巻きおにぎり

フリー写真素材ぱくたそ

「手作り肉巻きおにぎり」は、宮崎産のお米と九州産の豚肉を使用した人気のお土産です。ふっくら炊き上げた白米に豚肉をぐるりと巻きつけ、特製醤油ダレをつけて香ばしく焼き上げた、宮崎のご当地グルメです。

甘辛い味付で、老若男女問わず人気のある商品です。特殊な製法で出来立ての美味しさを真空パックに閉じ込めていて、常温での持ち運びもできるので、遠方へのお土産にもぴったりです。

宮崎のステキな雑貨のお土産5選

Photo bybedrck

宮崎にある、かわいらしく、特に女性におすすめのステキな雑貨のお店を紹介します。宮崎の観光の途中でも、思わず行きたくなるような、ステキな商品を取り扱っている雑貨屋です。

幅広い雑貨が並ぶお店から、布を取り扱っている専門店、ハワイアン専門店など、個性溢れるお店とおすすめの商品が登場します。

アンビエンス

Photo byFree-Photos

宮崎市にある「アンビエンス」は、暮らしを豊かにする雑貨やお洋服を取り扱っているお店です。キッチン雑貨やインテリア、手作りの雑貨やお菓子など、ナチュラルテイストのものを中心に、かわいくておしゃれな商品が並びます。

丁寧な暮らしに寄り添うような、選び抜いた商品を取り扱っていて、自分で使いたいのはもちろん、思わず誰かに贈りたくなるようなものが多く、お土産やプレゼント選びにぴったりのお店です。

アンビエンスは、オリジナルブランドも展開しています。デイリーウェアを手掛けているブランド・アンビエンストートは、上質な天然素材で普段の生活に自然と溶け込むような洋服を作っています。

おすすめの商品

Photo byPhotoMIX-Company

生活雑貨を多く取り扱っているアンビエンスの、おすすめの商品は食器やカトラリーです。イタリア生まれの洗練されたデザインのグラスや、温もりを感じる日本の焼物など、食事の時間が楽しくなるようなアイテムが揃っています。

アンビエンスの営業時間は午前10時〜午後19時、定休日は毎月第一水曜となっています。また、アンビエンスは宮崎市の江平店のほかに、佐土原店もあります。

住所 宮崎県宮崎市江平西1丁目5-59
電話番号 0985-71-1444(江平店)

プーラビーダ

Photo byPexels

「プーラビーダ」は、毎日を心地よく過ごすための生活雑貨やコスメ、各種ギフトなどを販売している雑貨屋です。店内はガレージ風で落ち着いた癒しの空間になっていて、キッチン雑貨や、ベビー・キッズのグッズ、インテリア雑貨などが並んでいます。

店内は開放的で広く、雑貨などの商品が充実しているので、出産祝や内祝等のギフトを探している人にぴったりのお店です。

おすすめの商品

フリー写真素材ぱくたそ

プーラビーダでは、ファッションなどオリジナルの商品も展開しています。シンプルなデザインで楊柳生地の柔らかい素材でできた、表情豊かなのワンピースがおすすめです。肌触りが良く、サッと羽織るだけでおしゃれな雰囲気に仕上がります。

プーラビータの営業時間は午前10:00~午後21:00、年中無休で営業しています。2004年から営業している宮崎市の霧島店のほかに、プラスプラス店、パティーナ店、都城店、イオン西熊本店など、全5店舗が展開しています。

住所 宮崎県宮崎市霧島4-111-1
電話番号 0985-22-8890

おおまえ布店

Photo byjohnrp

「おおまえ布店」は、東欧やドイツから届いたレトロでかわいらしいビンテージのファブリックや、作家さんが手掛けた日本製の生地、インドの木版プリントの生地などを販売しているお店です。かわいい布を使った手作りの雑貨も取り扱っています。

全国各地で活躍する作家の雑貨があり、布小物以外にも、自然をモチーフにしたブローチや器、アクセサリー、伝統工芸技法を用いて作られたブローチなど、乙女心のくすぐられる雑貨が豊富にあります。

おすすめの商品

Photo bymerad44520

おおまえ布店には、オリジナルの子供服を手掛ける作家の商品があります。「こどもがこどもらしく」をコンセプトに、良質な素材や日本の職人技術で、ロングラスティングなデザインを紡ぎ、丈夫で長く使用できるものを作っています。

また、布小物を手掛ける作家さんの雑貨の中でも、ビンテージの生地を使って大事に作られた作品があります。バッグや小物入れなど、様々な雑貨を手作りで生産していますが、どれも1点もので、同じ生地の組み合わせの作品はありません。宮崎の思い出にお土産に買うのもおすすめです。

おおまえ布店の営業時間は午前10:00~16:00、定休日は水曜日です。オンラインショップも行っているので、気になる人は、おおまえ布店のホームページからチェックしてみてください。

住所 宮崎市清水3-8-7 日興ビル203
電話番号 0985-71-0356

ぎゃらりー和樂

Photo bymatthiasboeckel

宮崎市にある「ぎゃらりー和樂」は、和風テイストやヨーロッパ調の雑貨、陶器、漆器、ファッション、小物などを扱っているお店です。素敵な柄のフランス製ハンドウォーマーや、有田焼など全国各地の焼物などが並べられていて、落ち着いた雰囲気の雑貨屋です。

おすすめの商品

Photo by yumtan

ぎゃらりー和樂には、技が組み込まれた伝統の焼物があります。同じ絵柄のお茶椀と湯呑みがあり、セットでプレゼント用にラッピングをしてもらうと、ステキなお土産になります。自分用でも両親への贈り物にもぴったりです。

ぎゃらりー和樂の営業時間は10:00〜18:00です。ぎゃらりー和樂では、ワークショップなどのイベントも行われています。

住所 宮崎市大坪町寺山大迫3191-1
電話番号 0985-54-2144

ハワイアンショップ ハノハノ

Photo by Sir Rah Datenth

南国の宮崎は、一年を通して気温も水温も温かく、大きくて良い波がくる海岸があるため、全国からサーファーたちがあつまる場所です。宮崎にはハワイアンのお店も多くあり、特に人気のハワイアンショップ「ハノハノ」は、ハワイアン雑貨やフラ用品などが並ぶセレクトショップです。

ハワイアンファブリックの魅力を存分に生かしたオリジナルワンピースを作り、他にもアロハシャツやTシャツなどのファッションなど、様々な商品を取り扱っています。

ハワイアンキルトを使ったインテリア雑貨、ハワイアンジュエリーのアクセサリー、シェルや天然木を使った雑貨など、充実のラインナップです。キッズルームやカフェスペースもあるので、ハワイの風が吹く空間でゆっくりと買い物を楽しめます。

おすすめの商品

Photo byreginafloyd

ハワイから直輸入した生地で作る、オリジナルのワンピースが大人気です。鮮やかな色合いのハノハノのオリジナルワンピースは、ノースリーブタイプとフレンチパフスリーブタイプの2種類揃えています。リゾートファッションにもおすすめで、着心地が良いサラッとした風合いのワンピースです。

ハワイアンショップハノハノの営業時間は11:00~19:00、定休日は月曜日となっています。15台停められる駐車場もあり、オンラインショップも行っています。

住所 宮崎市新別府町薦藁712-5
電話番号 0985-34-9706

宮崎で地元民もすすめる絶品グルメご飯19選!王道から知られざる穴場まで紹介のイメージ
宮崎で地元民もすすめる絶品グルメご飯19選!王道から知られざる穴場まで紹介
宮崎には、ソウルフードと呼ばれるチキン南蛮や地元の海で獲れる新鮮な海鮮など、たくさんのグルメご飯があります。またご当地グルメの他にも、宮崎の地元民に人気のレストランやグルメスポットもたくさん存在します。今回は、宮崎のおすすめグルメご飯を厳選して紹介します。

宮崎で美味しいお菓子や雑貨のお土産を買おう!

フリー写真素材ぱくたそ

美味しいお菓子や特産の果物、お酒、雑貨など、宮崎でおすすめのお土産を多数紹介しました。宮崎は美味しいものが豊富で、人柄も親切で穏やかな人が多く、とても良いところです。宮崎に行く機会がある人は、ぜひこの記事をお土産選びにご活用ください。

福島山田
ライター

福島山田

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング