沖縄サーターアンダギーのおいしい人気店21選!専門店や空港のお土産も人気

沖縄サーターアンダギーのおいしい人気店21選!専門店や空港のお土産も人気

沖縄県で大人気の定番お菓子といえばまず思い浮かぶのはサーターアンダギーです。サーターアンダギーは簡単に作れるながらも、お店によって味やバリエーションに様々な差があります。この記事では沖縄のお菓子サーターアンダギーの美味しい人気店21選をご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.沖縄の人気お菓子と言ったら「サーターアンダギー」
  2. 2.迷ったらここ!沖縄の「サーターアンダギー」の人気店
  3. 3.一度は行ってみて!「サーターアンダギー」の専門店
  4. 4.沖縄のお土産に「サーターアンダギー」買うならここ
  5. 5.まだ間に合う!空港で買える「サーターアンダギー」
  6. 6.沖縄で揚げたて「サーターアンダギー」を食べよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

沖縄の人気お菓子と言ったら「サーターアンダギー」

Photo by is_kyoto_jp

サーターアンダギーは、簡単に作れるのにとても美味しくご家庭から専門店まで幅広い場所で作られている、沖縄県で大人気のお菓子です。サーターは砂糖を意味し、アンダギーはアンダ(油)とアギ(揚げ)が合わさった単語で、直訳すると「砂糖を揚げたもの」という意味のお菓子です。

その名の通り砂糖がたっぷりと使用されており、表面はサクサク、中はしっとりとした非常に満腹感が強いお菓子です。お店では精白糖を使用したものを白、黒糖を使用したものを黒と呼んでおり、日持ちするため一度に大量に揚げるのが一般的なようです。

「サーターアンダギー」は沖縄風ドーナツ

Photo by USIO Design Project

サーターアンダギーは海外では「Okinawan Doughnuts」と呼ばれる事もある程ドーナツと作り方が似ています。

サーターアンダギーは小麦粉・卵・砂糖・三温糖・ベーキングパウダーで作られ、ドーナツとの一番の違いは水を加えず卵をたっぷりと使用することで、高い満腹感が得られる事です。また、穴なし沖縄風ドーナツとも称され、一般的なドーナツと違ってリング状にはなっていません。

もともとは縁起物

サーターアンダギーは、低音でゆっくりと揚げるため内部が膨張し表面が割れていきます。その割れ目が女性が笑うように、あるいは花が咲くように見えることから、沖縄では縁起のいいお菓子として、結納などの祝い事の際に食べられています。

沖縄の結納で食べる際には、女性を象徴するサーターアンダギーと共に男性を象徴するカタハランブーもたくさん用意され、皆で食べる習慣があります。

迷ったらここ!沖縄の「サーターアンダギー」の人気店

Photo by c_chan808

サーターアンダギーは単純な作りゆえに味や個性に違いが出やすいため、日常的に食べられている沖縄県には数多くの人気店があります。

それぞれのお店が人気店ならではの工夫を凝らしていますので、色々な人気店に訪れて好みの味を探してみたり、全店制覇してみるというのも面白いかもしれません。ここでは沖縄で有名なサーターアンダギーの人気店を数種類ご紹介していきます。

沖縄通なら知っていて当然のお店「松原屋製菓」

沖縄県那覇市松尾2丁目にある「松原屋製菓」は、創業60年を超えた老舗お菓子店です。店内には和菓子、洋菓子を問わず様々な種類のお菓子がずらりと並んでおり、開店直後から多くの客で賑わう人気店です。

サーターアンダギーはプレーン、パイン、黒糖、紅芋、ゴマ、胡桃、キャラメルなど豊富な種類が揃っており、定番のお土産商品として根強い人気を誇っています。

住所 沖縄県那覇市松尾2-9-9
電話番号 098-863-2744

メディアにも度々登場「歩のサーターアンダギー」

「歩(あゆみ)のサーターアンダギー」は、 沖縄県那覇市松尾2丁目にあるサーターアンダギー専門店です。メディアにも度々登場しているこの人気店の前には、様々な雑誌やメディアに取り上げられた掲載実績がずらりと並んでいます。

歩のサーターアンダギーで販売しているサーターアンダギーは1種類のみと、専門店ならではのこだわりを見せており、9個入り756円と5個入り450円で販売しています。サーターアンダギーには全卵ではなく卵黄だけを使っており、中は黄色が強く、卵の奥深い味わいが楽しめるのが特徴です。

住所 沖縄県那覇市松尾2-7-10 牧志公設市場 仮設市場 2F
電話番号 098-863-1171

内地からも予約が殺到「うなりざき」

住宅街に佇む小さな店構えの「うなりざき」は、女性一人で運営・販売を行っているサーターアンダギー専門店です。母親の手作りを思わせるサーターアンダギーには紅いもが練り込んでおり、中からはほんのりと紅いもの香りが漂っています。

店前には全国発送と書かれた旗が立っており、電話すれば直接訪れること無く買うことができるようです。

住所 沖縄県那覇市若狭3-6-8
電話番号 098-866-7596

揚げたてが食べられる「さよこの店」

「さよこの店」は2000年にオープンした、沖縄県石垣島に訪れた際は是非訪れたいサーターアンダギー専門店です。さよこの店の店名は店主の名前からそのまま取っており、独自のレシピを使用したオリジナル生地が特徴です。

揚げ方も達人の域に達しており、表面は硬く、中はとてもふわりとしている食感の差が絶妙で、さよこの店が人気店たる理由となっています。

味はプレーンからドラゴンフルーツまで、8種類程が用意されており、値段も1つ60円ととても安いので、ついつい買いすぎてしまいそうなお店です。

住所 沖縄県石垣市字登野城170
電話番号 0980-83-6088

チョコ味やチーズ味なども好評な「琉球銘菓三矢本舗」

「琉球銘菓三矢本舗」は平成4年に創業し、兄弟3人で立ち上げたことから三矢と名付けられたサーターアンダギー専門店です。創業当時は色々なお菓子を扱っていましたが、試しにサーターアンダギーを販売したところ大人気になったため専門店となったようです。

揚げたてのサーターアンダギーの他、タピオカ粉を使用しもっちりとした食感が楽しめる1日100個限定の「琉球三矢ボール」や焼きドーナツの「琉球三矢焼きリング」、絶妙な食感がたまらない「幻の味三矢ブルース」などが売られており、お土産としても大人気を誇っています。

サーターアンダギーが大人気「笑輪咲」

「笑輪咲」は、沖縄県豊見城市豊崎にあるJA内の食堂です。葉野菜の産地であるJAにはホウレンソウやチンゲンサイなどの野菜が沢山並んでいます。また、夏には豊見城市産マンゴーを買うために多くの観光客が訪れるようです。

女性が切り盛りする食堂では、大人気のサーターアンダギーの他、おふくろの味が楽しめる沖縄そばやゴーヤーチャンプルーを注文することが出来ます。

住所 沖縄県豊見城市豊崎3-86 JAおきなわ食菜館 菜々色畑
電話番号 090-1945-5478

一度は行ってみて!「サーターアンダギー」の専門店

Photo by chupacabra runner

サーターアンダギーは簡単さや安さから、色々な沖縄料理店でメニューとして入っていますが、中にはサーターアンダギーのみを売っているお店も存在します。ここではそれぞれの店が個性豊かなサーターアンダギーを作る、サーターアンダギー専門店を数種類ご紹介していきます。

外はサクで中はモチ「フーミーおばさんのアンダギー」

「フーミーおばさんのアンダギー」は、お洒落な看板と甘い香りが目を引くサーターアンダギー専門店です。味の種類は10種類ほど用意されており、それぞれの味によってブレンドする小麦粉や砂糖の配合率を変えたり、毎日油を変えたりなど、美味しく作るための配慮が所々に感じられます。

昼頃には袋詰めされてしまうので、あつあつの出来たてを食べたい方は午前中に行くのがおすすめです。

住所 沖縄県うるま市石川1-27-26
電話番号 098-965-0578

元はお土産屋さん「仲里屋」

さぁたぁあんだぎぃ~と書かれた看板が印象的な「仲里屋」は、10年以上サーターアンダギーだけを販売している専門店です。30年前からサーターアンダギーを作ってきた店主の洗練された味を楽しむことが出来ます。

味はピーナツやコーヒーなど合わせて6種類が用意されており、大きさも大と小から選んで購入できるため、一口サイズの小を食べて気に入った味をお土産に買っていく人も多いようです。

住所 沖縄県浦添市内間1-10-10
電話番号 098-878-4265

トッピングが楽しめる「KAME ANDAGI」

サーターアンダギー専門店「KAME ANDAGI」では、添加物を一切使用せず、旬のカボチャを贅沢に使ったカボチャ入りサーターアンダギーが人気のお店です。

季節や気温、カボチャの状態によって炊き方を変えることによってカボチャの美味しさを最大限に引き出しています。表面はさっくり中はしっとりとしたサーターアンダギーとカボチャの風味が見事にマッチした人気店です。

住所 沖縄県豊見城市瀬長174番地6 ウミカジテラス内8号
電話番号 098-851-4171

油が苦手な人も食べられる!「安室養鶏場 石嶺店」

「安室養鶏場 石嶺店」は、オーナーが経営する養鶏場から直送された新鮮な卵をふんだんに使用したサーターアンダギーを提供しているお店です。毎朝4時から新鮮な卵と沖縄産の材料で作られ、味はプレーンと黒糖の2つが用意されています。また、店では養鶏場直送の新鮮な卵を買うことも出来ます。

住所 沖縄県那覇市首里石嶺町1-132-5
電話番号 098-887-5509

老舗のサーターアンダギー店「かぼ天の店なかそね」

「かぼ天の店なかそね」は、老舗中の老舗とも言えるサーターアンダギー専門店です。40年以上作り続けてきた洗練された腕前で作られる無添加カボチャ100%のサーターアンダギーは、お子様でも安心で時間が経ってからもカボチャの風味が口の中いっぱいに広がり、お土産にもおすすめです。

住所 沖縄県沖縄市胡屋6-7-6
電話番号 098-932-4109

沖縄のお土産に「サーターアンダギー」買うならここ

Photo by Akamera Photo

サーターアンダギーは、揚げたてをお店で食べるのが一番美味しいですが、中にはお土産や家に帰ってから食べる方のために、味が落ちないよう工夫しているお店が沢山あります。ここではお土産で購入してもとても美味しく食べられるサーターアンダギーのお店を数種類ご紹介していきます。

お土産商品も充実「さーたーあんだーぎーの店 安室」

「さーたーあんだぎーの店 安室」は先程ご紹介した石領店と首里久場川店の2店舗あり、両店舗ともに安室養鶏場の新鮮な卵を使用しているのは同じですが、メニューに差があり、こちらは黒糖味、白糖味、紅芋味の3種類が10個入り600円前後で売られています。

紅芋味は久場川店限定ですので、お土産にしたい方は久場川店に行く必要があります。

住所 沖縄県那覇市首里久場川町1-20
電話番号 0988-84-3060

お惣菜、工芸品などもどうぞ「今帰仁の駅そ~れ」

12人の女性メンバーから始まった「今帰仁の駅そ~れ」は、農産物の直売所とレストランを併設した複合販売店です。ソーレとは沖縄で人をもてなす時に使われる言葉で、店名はお客様を大切にしたいという思いからソーレとつけられています。

今帰仁産の原料を使ったサーターアンダギーはこのお店の人気商品で、ゴーヤ味やドラゴンフルーツ味など6種類が用意されています。また、農産物の直売所やお惣菜、ちょっとした工芸品なども販売されています。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字玉城157
電話番号 0980-56-4940

プチギフトが人気「琉球菓子処 琉宮」

「琉球菓子処 琉宮」は、沖縄県那覇市国際通り近くにある沖縄風カフェです。熟練の職人が作った琉宮のサーターアンダギーと沖縄ぜんざいなどの沖縄ならではの甘味を楽しむことが出来ます。また、結婚式・披露宴ではプチギフトでサーターアンダギーを贈ることが出来ます。

住所 沖縄県那覇市松尾2-10-1公設市場2F
電話番号 098-861-2666

お土産や特産品などを取り扱う「優美堂」

優美堂はひめゆりの塔向かいにある、大型レストランも併設された老舗お土産店です。店内には沖縄県名産品が多数販売されており、泡盛の試飲やお菓子の試食なども楽しめます。

優美堂のサーターアンダギーにはカボチャが使われており、そのほのかな甘みからお土産で買っていく人も多く、1日1000個以上売れることもある人気商品です。

住所 沖縄県糸満市字伊原372-2
電話番号 098-997-3443

天ぷら屋さんで絶品サーターアンダギー「ラッキー」

「ラッキー」は沖縄県那覇市にある天ぷら屋の一つです。店内では定番のイカ天や魚天、野菜天などが全品50円~60円ほどで売られています。

とても安くバリエーション豊かな天ぷらはついつい買いすぎてしまいそうですが、一番のおすすめ商品はやはりサーターアンダギーです。とても柔らかく美味しいのが特徴で、天ぷらと一緒に注文する人が多いようです。

住所 沖縄県那覇市安謝185
電話番号 098-866-8787

1個60円でリーズナブル!「呉屋てんぷら屋」

「呉屋てんぷら屋」は、魚、イカ、もずく、いも、サーターアンダギーなどが全品60円で楽しめる天ぷら専門店です。天ぷらは全体的に衣が分厚く食べごたえがあり、衣に味がついているためそのまま美味しく食べることが出来ます。

お土産や食い歩きのお供として、天ぷらとサーターアンダギーをセットで買っていくのがおすすめです。

住所 沖縄県那覇市松尾2-11-8
電話番号 098-868-8782

まだ間に合う!空港で買える「サーターアンダギー」

Photo by Nao Iizuka

ここでご紹介するお店は、那覇空港内でサーターアンダギーを購入することが出来るお店です。観光中は別のお土産を買いすぎていて忘れていたとしても、那覇空港で飛行機を待っている間にすぐに買うことが出来ます。

「ブルースカイ 那覇空港 21番ゲートショップ」

Photo by gatta_m

「ブルースカイ 那覇空港 21番ゲートショップ」は、コンビニに近い雰囲気を持っているお土産屋です。店内ではサーターアンダギーやお弁当なども販売している他、沖縄そば、ラーメン、うどんなどをその場で頼んで食べることも出来る立ち食いスペースもあります。

住所 沖縄県那覇市字鏡水938-5 那覇空港ターミナルビル 2F 南ウイング 搭乗待合室21番搭乗口前
電話番号 098-858-0578

「琉球村 空港店」

「琉球村 空港店」は、那覇空港2Fに店を構えており、空港にいながら揚げたてのサーターアンダギーを食べることが出来ます。本家の琉球村のようにサーターアンダギー作り体験をすることは出来ませんが、味は数種類用意されており、お土産として買って帰るには十分なお店です。

住所 沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港 国内線旅客ターミナルビル 4F
電話番号 098-840-1201

「デパートリウボウ 空港店JAL側」

Photo by ayustety

「デパートリウボウ 空港店JAL側」は、那覇空港に数あるお土産の中でも群を抜いて品揃えが豊富なのが特徴です。お土産用として嬉しいミニサイズのサーターアンダギーの他、お洒落なパッケージの洋菓子や沖縄産の果物が豊富に揃えてあります。

沖縄で揚げたて「サーターアンダギー」を食べよう

Photo byOldmermaid

沖縄のサーターアンダギー店の紹介はいかがでしたでしょうか。サーターアンダギーは非常に日持ちするため、お土産としてもすごく親しまれている食べ物です。

しかし揚げたてのサーターアンダギーの味は袋詰めした後とは全く違う美味しさを持っていますので、沖縄に遊びに来た際は是非一度サーターアンダギーの人気店を訪ねてみて下さい。

ReNya
ライター

ReNya

こちらもおすすめ

人気記事ランキング