大分・中津の観光スポットランキングTOP13!子連れで楽しめるおすすめは?

大分・中津の観光スポットランキングTOP13!子連れで楽しめるおすすめは?

大分県北西部に位置する中津は歴史的名所、自然の絶景スポットなど見どころ豊富な観光地です。福澤諭吉の生家や黒田官兵衛の中津城はとくに有名な観光スポットです。子連れにも人気の高い大分・中津の観光スポットをランキングでご紹介します。

記事の目次

  1. 1.大分・中津での観光は歴史と自然を同時に味わえる
  2. 2.中津のおすすめ観光スポットランキング第13位~11位
  3. 3.中津のおすすめ観光スポットランキング第10位~8位
  4. 4.中津のおすすめ観光スポットランキング第7位・6位
  5. 5.中津のおすすめ観光スポットランキング第5位・4位
  6. 6.中津のおすすめ観光スポットランキング第3位・2位
  7. 7.中津のおすすめ観光スポットランキング第1位
  8. 8.中津を観光して歴史と自然を堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

大分・中津での観光は歴史と自然を同時に味わえる

Photo by niconico0

中津は大分北西部にある人口約83000人の都市です。とても自然が豊かな地域で、中津の北部エリアは瀬戸内海に面しているため海の景色が美しく、南部には山々がそびえ綺麗な渓谷が多く、観光名所として有名な耶馬渓があり四季折々の風景が観光客の目を楽しませてくれます。

また、中津には希少なベッコウトンボが生息する野依新池や、日本二百名山のひとつとして有名な国の史跡英彦山、中津のシンボル八面山などもあり、中津は自然を楽しめる観光スポットが豊富です。英彦山は日本三大修験山でもあり歴史的な伝承も残されている観光名所です。

Photo by BONGURI

独特な造りで見事な構えの石垣があることで有名な、黒田官兵衛が築城した中津城や福澤諭吉の人生を偲べる旧居、福澤記念館など歴史的な観光スポットも中津には数々点在しています。

中津は子連れでも楽しめる観光スポットがたくさん!

Photo by ajari

大分・中津は大人だけでなく子連れにも楽しめる観光地です。日本随一の渓谷美や紅葉が素晴らしい耶馬渓、景色と併せて水上スキーも楽しめる耶馬渓ダムは中津で人気の観光スポットです。岩のトンネルで有名な観光名所青の洞門も貴重なスポットとして子連れにおすすめです。

見ごたえある石垣を眺めながら城周辺をのんびり散歩ができる中津城、圧巻の五百羅漢が見られる羅漢寺、そして一万円札でお馴染みの福澤諭吉が暮らした生家は、歴史を肌で感じ学べる子連れに最もおすすめしたい観光スポットです。子連れで芝生で寛げる大貞公園も人気です。

Photo byMabelAmber

また、中津城から福澤諭吉の旧居の間にある中津北公園では、中津城や季節ごとに美しい自然風景を眺めながら広い敷地を散策したり遊ぶことができ、春は桜も美しく子連れに人気です。

中津のおすすめ観光スポットランキング第13位~11位

Photo by funpy

大分・中津は歴史的価値の高い場所、雄大な自然が残る観光スポットが豊富なところです。カップルや仲間同士、子連れで充実した観光を満喫できるのが中津の魅力といえるのではないでしょうか。大分・中津でしか味わえない貴重なスポットで、有意義な時間を過ごしましょう。

大分自慢の温泉を堪能したり、アクティビティを楽しんだり、学べるスポットを訪ねるのも子連れには有意義で貴重な観光です。綺麗な海、壮大な山々、森や川とピュアな大自然が広がる大分・中津は、訪れるだけで心が癒され澄んだ空気や空に身も心もリフレッシュできます。

見ごたえあるスポットが豊富ですが、大分・中津といえばここ!といえる人気の観光スポットの、ランキングTOP13から11までをご覧ください。中津ならではの自然風景に感動できます。

第13位:どこから見ても同じ形!「八面山」

フリー写真素材ぱくたそ

「八面山」は大分・中津のシンボルともいえる有名な観光名所です。八面山というユニークな名前は、山をどんな角度から見てもまったく同じ形に見えることが由来になっています。横になだらかに流れる山のシルエットと周囲に広がるのどかな田園風景が心を癒してくれます。

標高659.4mの山頂には観光客に人気の展望台があり、中津の街や姫島、国東半島などを一望できます。また、この山頂には鬼退治の際に「しょうけ」という鬼のザルが引っ掛かったとされる「しょうけの鼻」があります。信仰の山である八面山には修行の面影も残っています。

Photo by sweetscented

「修験の滝」は山伏が過酷なみそぎをした場所といわれています。また、八幡大菩薩の伝説が残る巨岩も見どころです。山頂まで約25分、遊歩道があるので子連れにもおすすめです。

第12位:癒しスポット「姫島」

Photo by Hyougushi

癒しの島として人気の「姫島」は、中津の国東半島からフェリーで渡った先にある小さな島です。伊美港から約20分で行ける中津で人気の観光スポットで、女島として古事記にも記されています。さまざまな七不思議の伝説が残る島でお姫様にまつわるスポットも幾つかあります。

そのひとつの「拍子水」といわれるスポットは、昔お姫様がおはぐろを落とす水がないことから手拍子をして祈ったところ水が湧いたという場所です。この拍子水が使われた温泉も楽しめます。七不思議スポットは島の景色に癒されながらレンタサイクルで巡るのがおすすめです。

Photo bycegoh

火山活動で生まれた姫島を知ることができる「姫島ジオパーク」や姫島の名勝で黒曜石産地の「観音崎」、子連れで遊べる海水浴場もあります。名物の車エビ料理もぜひ堪能しましょう。

第11位:登山ができる「英彦山」

Photo by gtknj

大分・中津の有名な観光名所である「英彦山」は兵庫の雪彦山、新潟の弥彦山と並ぶ日本三大彦山です。標高1199mのこの山は日本二百名山のひとつでもあり、その山頂からは見事な絶景を一望できます。また、大峰山、羽黒山と並ぶ日本三大修験道場の霊山としても有名です。

江戸時代には坊舎800余りと衆徒3000人が暮らしており、彦山三千八百坊ともいわれていた歴史があります。登山道をたどっているとかつて山伏たちが修行した面影を見ることができます。国指定重要文化財の銅鳥居や英彦山神宮奉幣殿、雪舟が造った亀石坊庭園は必見です。

Photo by gtknj

英彦山は登山も楽しめますが、子連れで訪れるならロープウェイでの観光がおすすめです。山頂まではわずか15分で到着でき、登る途中で自然風景を見る空中散歩も楽しみのひとつです。

中津のおすすめ観光スポットランキング第10位~8位

フリー写真素材ぱくたそ

温泉大国といわれる大分ですが、その中でも人口の多さで県3位の中津にも良質な泉質をもつ八面山金色温泉や若山温泉、西谷温泉など温泉地が数々あり人気の観光地となっています。観光お遍路やからあげフェスティバル、三光コスモス祭りなど恒例イベントも観光の目玉です。

また、歴史にひたれるスポットや絶景スポットと並び、由緒ある神社仏閣、遺跡や遺構も大分・中津の観光ではぜひ注目したいポイントです。自然の中に佇む歴史ある神社は子連れにも訪れてほしいおすすめの場所です。神聖な空気に親子で心洗われるのではないでしょうか。

フリー写真素材ぱくたそ

つづいて大分の中津でおすすめな人気観光スポットのランキングTOP10からTOP8までをご紹介します。中津で毎年恒例となっている人気イベントもあるので子連れの方はとくに必見です。

第10位:2800万本の美しいコスモス「三光コスモス園」

Photo by kagawa_ymg

大分・中津名物の「三光コスモス園」は毎年秋限定で楽しめるコスモス畑です。中津・三光地域の農業組合の人々が集まり転作田にたくさんのコスモスを植えるお祭りで、毎年場所は多少異なるものの、中津のシンボル八面山をバックに広がる鮮やかなコスモス畑は感動ものです。

開催時期は毎年10月中旬から11月上旬ごろで、2019年で13回目になります。2019年の中津・三光コスモス祭りは10月13日(日)から10月27日(日)の予定で、三光原口、成恒地区で行われます。約16haの田園に2800万本ものコスモスが咲き誇る必見の観光イベントです。

Photo by kagawa_ymg

毎年観光客の目を楽しませてくれるのが、コスモスを色分けして描く鮮やかな模様やキャラクターです。コスモアートと呼ばれるもので子供から大人まで笑顔になれる素敵な世界です。

住所 大分県中津市三光原口644-7
電話番号 0979-43-2050

第9位:内宮が池!「薦神社」

Photo by veroyama

大分県中津にある「薦(こも)神社」は、別名「大貞神社」ともいわれる由緒ある神社です。宇佐神宮が日本全国にある八幡宮の総本山で、承和年間に創建された薦神社はその祖宮となります。本殿裏手にある三角池が内宮で御神体という珍しいもので、鳥居が池の中にあります。

昔、三角池にある真薦という植物で宇佐神宮の御神体の御枕が造られ、隼人の乱鎮圧に向かう神輿に御験として納められたといいます。裳階付き三間一戸二重門の神門は中津藩主細川忠興が再建したもので、貴重な江戸時代初期の建築様式として国指定重要文化財になっています。

フリー写真素材ぱくたそ

厳かな雰囲気漂う薦神社の門は朱色が鮮やかで宇佐神宮を向いて建っています。境内にある御神木のクスノキはエネルギーに満ちたパワースポットで、大分で一番太い木でもあります。

住所 大分県中津市大字大貞209
電話番号 0979-32-2440

第8位:陸の軍艦島ともよばれる「古羅漢」

Photo by alberth2

中津の「古羅漢(ふるらかん)」は尾根のようにそびえる自然の岩峰です。高さは約100mほどあり、古羅漢に開いたトンネル状の洞くつを通り羅漢寺へ行くため山門のような雰囲気です。その昔、石仏が集まり一夜のうちにこの山に並んだという伝説が名前の由来だといいます。

屏風を大きく広げたような形で神秘性を秘めた姿、荒涼として堂々たる岩肌の印象が陸の軍艦島といわれる理由です。一番高い部分が飛来峰、その隣の洞くつがあるのが天人橋で、洞くつには祠があり石造観音菩薩坐像が安置されています。もうひとつ南側にあるのが五塔峰です。

Photo by jetalone

途中の岩肌には室町時代に彫られたといわれる貴重な毘沙門天の摩崖仏や石仏を見ることができます。山頂には絶景が待つビューポイントがあり「古羅漢の景」といわれる観光名所です。

住所 大分県中津市本耶馬渓町跡田
電話番号 0979-52-2211(中津市本耶馬渓支所)

中津のおすすめ観光スポットランキング第7位・6位

Photo by misijp

中津城の城下町、歴史ある寺町、日本遺産に認定されたやばけい遊覧など、大分・中津にはまだまだ紹介しきれないほどたくさんの観光スポットがあります。ここまでランキング13位から8位まで登場しましたが、ここからはランキングトップに迫る7位と6位をご紹介します。

見ごたえある作品が展示された美術館や記念館、資料館など見て・知って・学べる施設が多い中津です。誰もが知る偉人、福澤諭吉ゆかりのスポットは中津の中でもとくに観光客を魅了しているスポットです。福澤諭吉の生家は子供も見せたい子連れに一押しの観光スポットです。

Photo by 一人寿司-Hitori Sushi

ほかでは見られない中津ならではの観光名所、青の洞門もついに登場します。感動秘話が込められた希少なスポットをじっくりチェックしながら大分・中津の観光プランを練りましょう。

第7位:長さ324mのトンネル「青の洞門」

Photo by alberth2

大分・中津にしかない究極の観光名所といえるのが「青の洞門」です。自然が美しい名勝である耶馬渓の一角にあるトンネルで、かつて道徳の教科書にも載ったほど心を打つ深い伝説が秘められたスポットです。残っている貴重な洞門の一部を周囲の美しい景観と共に楽しめます。

諸国行脚の途中で中津のこの地を訪れた禅海和尚は、断崖絶壁の険しい崖の道を通行する馬や村人が足を滑らせ転落していく様子を見て大変胸をいためました。そこで自ら岩を削りトンネルを造ることを決意し、槌とノミだけを使い30年余りの歳月をかけできたのが青の洞門です。

Photo by nimame

当時の全長は342m、トンネル部分は144mという大規模な手掘りのトンネルができました。これまでにだいぶ原型を失い一部を残すのみですが、壁にノミの跡などを見ることができます。

住所 大分県中津市本耶馬渓町曽木
電話番号 0979-52-2211(中津市本耶馬渓支所)

第6位:歴史好きにはかかせない「福澤記念館」

フリー写真素材ぱくたそ

大分・中津にある「福澤記念館」は中津城から徒歩約5分のところにあります。一万円札の肖像画や著書学問のすゝめ、慶應義塾大学を創設した偉人として知られる福澤諭吉に関する資料などが展示されている施設です。福澤諭吉旧居も隣接されているので併せて観光ができます。

思想家、教育者として日本に大きな功績を残した福澤諭吉は、中津藩士の子として誕生し、幼少時代から19歳まで大分・中津で過ごしました。記念館には手紙や一万円札の1号券、写真、学問のすゝめの原本、遺品などが展示されており諭吉がたどった人生を知ることができます。

Photo bytookapic

窓の明かりのもと学業に励んだ土蔵などがある旧居では、幕末から明治の時代を生きた諭吉の面影を偲ぶことができます。中津城も見学できる共通券の利用がお得なのでおすすめです。

住所 大分県中津市586
電話番号 0979-25-0063

中津のおすすめ観光スポットランキング第5位・4位

Photo byPexels

大分・中津は歴史好きにはたまらない奥深い魅力をもっている観光地です。中津城をはじめ歴史に深く名を刻んだ戦国武将、黒田官兵衛にまつわる観光スポットが幾つかあります。お寺がたくさん集まったエリアである寺町には見どころある官兵衛ゆかりの合元寺もあります。

お寺という神聖な雰囲気を味わえることはもちろん、黒田官兵衛の伝説や当時の武将たちの生きざまにもふれることができる中津随一の見どころあふれる観光スポットです。寺町の厳かな風情も味わいながら、中津に今も残る歴史にどっぷりとひたれるのも中津観光の醍醐味です。

フリー写真素材ぱくたそ

絶景と称賛される大分・中津で人気の高い観光名所、耶馬渓は中津を訪れる際は絶対外せないスポットです。中津でおすすめの観光スポット、ランキングTOP5とTOP4をご覧ください。

第5位:真っ赤な壁で迫力がある「合元寺」

Photo by t.kunikuni

中津駅から徒歩約6分ほどのところにある「合元寺(ごうがんじ)」は、天正15年黒田官兵衛と共に中津にやってきた空誉上人が開山したお寺です。寺町で最も印象深い場所として知られ、お寺の敷地をとり囲む塀が真っ赤に塗られていることから「赤壁寺」とも呼ばれています。

天正17年に黒田官兵衛が宇都宮鎮房を討伐する際、合元寺は鎮房の家臣たちが拠点としていた場所でした。この地で凄まじい戦闘が繰り広げられ白壁は武将たちの血飛沫や血のりで染められました。その後何度壁を塗り替えても血痕は消えず、壁から血が滲み出てきたといいます。

Photo by nyanchew

ついには壁すべてを赤一色に塗ってしまったというのが赤壁の由来です。戦死した鎮房の家臣たちはこのお寺の延命地蔵菩薩堂に祀られており、境内の大黒柱には刀傷が残されています。

住所 大分県中津市寺町971
電話番号 0979-22-2037

第4位:一目八景の「耶馬渓」

Photo by gtknj

大分・中津の絶景スポット「耶馬渓」は四季折々の美しい景色と8つの奇岩を一目で見られることから一目八景といわれています。山国川流域にある渓谷で日本新三景にも指定されています。火山活動によってできた奇岩群や渓谷美は1000年以上の歳月が刻まれた自然の姿です。

本・奥・裏・深耶馬渓があり、深耶馬渓の奇岩群夫婦岩や仙人岩、烏帽子岩などは圧巻の絶景として有名です。奥耶馬渓の「猿飛千壺峡」は、激しい流れによってできた幾つもの甌穴がどこまでも続く峡底があり、下流の魔林峡には遊歩道が整備されており散策ができます。

Photo by wellflat1985

本耶馬渓の見どころはなんといっても競秀峰です。1kmにもわたって続く奇岩群と連なる岩の峰はまさに絶景です。春の桜や夏の新緑、秋は紅葉が色鮮やかで多くの観光客が訪れます。

中津のおすすめ観光スポットランキング第3位・2位

Photo by gtknj

大分・中津で一番の見どころといえるのが自然景観が美しい耶馬渓です。耶馬渓は山国川・青の洞門付近の本耶馬渓、山国川上流の奥耶馬渓、支流の深耶馬渓、羅漢寺渓、裏耶馬渓一体のことをいいます。荒々しい耶馬渓の羅漢山中腹には、古く長い歴史を刻む羅漢寺があります。

そして渓谷の中には国の天然記念物にもなっているスポットもあるなど、耶馬渓とひとことでいっても、見どころはさまざまです。約200年以上前に頼山陽が名付けて以来、耶馬渓は日本遺産・日本新三景・国の名勝として大分・中津を代表する有名観光名所になっています。

フリー写真素材ぱくたそ

中津の人気観光スポットランキングもそろそろ上位に近づいてきました。ここからは、ランキングTOP3とTOP2をご紹介します。耶馬渓の中でも大きな魅力を秘めた2スポットです。

第3位:国の重要文化財「羅漢寺」

Photo by Naoto Takai

耶馬渓の羅漢山中腹の岩肌に佇む「羅漢寺」は多くの石仏が安置されていることで知られる中津の人気観光スポットです。大化元年、インドの法道仙人がこの地で修行をしたことがはじまりといわれており、お寺は足利義満によって室町時代に創建したと伝えられています。

耶馬渓の険しい岩壁に沿うように本堂が建てられており、お寺のそばには幾つかの洞くつがあります。その中の無漏洞には日本三大五百羅漢のひとつであり日本最古の五百羅漢が安置されています。羅漢の顔は泣き顔、笑顔など一体一体異なる豊かな表情をみることができます。

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

境内で目にする無数のしゃもじは願いを救うしゃもじとされ参拝者が願い事を書き納めたものです。室町時代に彫られた千体地蔵、3770体の石仏は国の重要文化財に指定されています。

住所 大分県中津市本耶馬渓町跡田1501
電話番号 0979-52-2538

第2位:国の天然記念物に指定「猿飛千壺峡」

Photo by gtknj

「猿飛千壺峡」は耶馬渓にある国の天然記念物に指定された甌穴(おうけつ)群です。はるか昔、猿が岩から岩へと飛び移る光景が見られたことから猿飛という名で呼ばれるようになったといいます。甌穴は渓流の激しい流れが造り上げたもので2kmにわたり川床に続いています。

渓谷の一帯は白い岩肌に対し、春、夏の新緑と秋の真っ赤な紅葉とのコントラストが美しくドライブがてら訪れる観光客で賑わいます。遊歩道が整備されているので千壺峡の周りをゆっくり散策することができます。紅葉が見ごろの11月中旬から下旬に訪れるのがおすすめです。

Photo by gtknj

また、千壺狭から少し下った下流には岩肌と流れの造形が神秘的な「魔林峡」、渓谷に架かる「念仏橋」などの観光スポットもあるので併せて散策してみてはいかがでしょうか。

住所 大分県中津市山国町草本
電話番号 0979-62-3111(中津市山国支所地域振興課)

中津のおすすめ観光スポットランキング第1位

Photo by BONGURI

歴史を物語る観光スポット、国の史跡や文化材にも指定された自然の観光名勝などここまで中津のたくさんの観光地をランキングでご紹介してきました。いよいよランキングTOP1の登場です。温泉大国でもあり国内外から多くの観光客が訪れる大分・中津の第1位をご覧ください。

第1位:子供にも人気!「中津城」

Photo by minghong

中津のシンボルでありトップクラスの人気を誇る観光スポットが「中津城」です。豊臣秀吉の家臣であった黒田官兵衛が、九州地域の大名の監視という役目として豊前国6郡を与えられ、天正16年に中津城を築城しました。日本100名城にも選ばれた九州を代表する名城です。

官兵衛築城の後は細川忠興が完成させ、代々修繕を繰り返してきました。西南戦争で焼失してしまったものの、1964年に奥平家によって再建され現在に至っています。高瀬川からの水や海水を巧みに利用した堀は、日本三大水城ともいわれる中津城の大きな見どころです。

Photo by masahiko

当時のまま現存している大手門、西門、水門の石垣やおかこい山といわれる土塁もおすすめな見どころです。天守閣から眺める街並みは爽快です。

アクセス

中津城はJR日豊本線・中津駅から徒歩約15分のところに位置しています。車でお出かけの際は、九州自動車道を小倉東ICで降り、国道10号線、県道108号線を経由して中津公園へと向かいます。また、宇佐別府道路を利用は宇佐ICで降り、国道10号線、県道23号線経由します。

住所 大分県中津市二ノ丁本丸
電話番号 0979-22-3651

中津を観光して歴史と自然を堪能しよう!

Photo by hans-johnson

大分・中津でおすすめの観光スポットをランキングでご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。子供も楽しめる子連れに人気のスポットもたくさんありました。歴史、温泉、雄大な自然を楽しめる中津で有意義な旅を満喫しましょう。

sokonashi1019
ライター

sokonashi1019

観光スポットやカフェ、レストランなどのグルメスポットに興味があります。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング