大分・宇佐の人気からあげ店11選!専門店発祥の地でおすすめ定食ランチを堪能!

大分・宇佐の人気からあげ店11選!専門店発祥の地でおすすめ定食ランチを堪能!

一人当たりの鶏肉消費量が全国トップの大分県はからあげ発祥の地です。中でも宇佐はからあげのお店が軒を連ね、秘伝のオリジナルのタレに特徴があって、それが宇佐を全国レベルまで押し上げたと言っても過言ではありません。では魅力溢れる宇佐をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.宇佐の美味しい「からあげ」定食はぜひとも食べたい!
  2. 2.大分県宇佐市は「からあげ発祥の地」
  3. 3.宇佐の大人気のからあげ店2選
  4. 4.宇佐のランチで美味しいからあげが味わえるお店2選
  5. 5.宇佐のからあげのテイクアウトがおすすめのお店2選
  6. 6.宇佐のコスパのいいからあげの人気店2選
  7. 7.宇佐のからあげがお取り寄せが人気のお店3選
  8. 8.宇佐で絶品の「からあげ」を堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

Photo by sota-k

宇佐市がからあげ発祥の地になったのは戦後にまでさかのぼります。宇佐市四日市にある中華料理屋「来々軒」がその舞台です。養鶏場で処分される鶏肉を安い値段で買い取り、からあげにして出したことから人気を呼びました。

時代はB級グルメブームの勢いが日本国内を旋風する中で各地域はこぞってご当地グルメを紹介して来ました。宇佐市も市をあげてからあげの啓もう活動に乗り出したのです。

特に全国的に注目を集めるようになったのが「からあげマップ」ができたことが始まりでした。マップを片手に観光する観光客が増え始め、一気にからあげブームがやって来ました。

Photo by inazakira

「とりからマップ」は宇佐市の職員が「宇佐市からあげ探検隊」を立ち上げて、からあげ専門店を調査して出来上がったのがはじまりでした。こうした活動が宇佐市を全国的にからあげ発祥の地としてしらしめるきっかけになったのです。

こうして大分県の宇佐にはからあげ専門店が数多く、からあげ専門店発祥の地のあちこちに名店があります。どこに行ってもはずれがないのが宇佐の魅力です。

宇佐の名物「からあげが生まれた経緯」

Photo by km058

鶏料理といえば愛知県の手羽先、チキン南蛮といえば宮崎県が昔から有名でした。大分県宇佐でからあげが誕生したのは戦後の食糧難を乗り越えるためにあった養鶏場から処分寸前の鶏肉を使った料理でした。

大分県宇佐市四日市にあった中華料理や「来々軒」が処分寸前の鶏肉を格安で仕入れて、お店で出した「鶏からあげ定食」が火付け役になりました。当時は食糧難で庶民はみんなお腹を空かせていたのです。

そこで店主がお腹いっぱい食べてもうおうと「からあげ定食」を考案したのでした。それが人気となり注目されたのです。

Photo by toshifukuoka

「来々軒」の向かいには居酒屋「庄助」があり、そこの店主から頼まれて、からあげの作り方を教えたことで、居酒屋をテイクアウト専門店に衣替えし、宇佐が発祥の地で中津市が聖地と呼ばれるほどになりました。

その味はアツアツのからあげの皮がパリパリで、中はとってもジューシー。醤油やにんにく、生姜をベースとしたタレに漬け込んで下味をしっかりつけているからお酒のお供にも、子供のお弁当のおかずにも冷えたままでも美味しいのが特徴です。

子供から大人まで幅広くからあげを食べれるようになったのです。そしてそれが宇佐を訪れる観光客の間でも広まり宇佐の有名なグルメになったわけです。

イメージキャラクターである「うさからくん」

Photo by S_e_i

「うさからくん」は2010年11月28日「第1回 宇佐市からあげ祭り」で紹介されて以来、うさをPRするために活動をしています。

「宇佐からあげ協会」のイメージキャラクターでもある「うさからくん」はデザインは吉崎ゆみさん、命名は千草義継さんによるものです。

Photo by gtknj

「うさからくん」は大分県宇佐市の観光キャラクターで5歳の男の子です。誕生日は7月12日で星座はトリ座となっています。赤いエプロンと長いトングでお客さんを待っていて、からあげ屋のお手伝いをしているイメージです。

商標登録をすませた「うさからくん」ですが、関連グッズも販売されていてからげ発祥の地宇佐のからあげ大人気を後押しているゆるキャラです。

宇佐の大人気のからあげ店2選

Photo by toshifukuoka

次のページ

からあげ一番!とり福(宇佐からあげ)

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング