松屋の大盛・特盛の違いを徹底調査!ご飯の量やカロリーは?

松屋の大盛・特盛の違いを徹底調査!ご飯の量やカロリーは?

松屋の牛めしには5つのサイズがあり、中でも大盛と特盛は人気があります。牛めしの大盛がちょうどいいサイズと言う人もいれば、松屋の牛めしを食べるのならば絶対特盛!と豪語される方もいらっしゃいます。松屋の牛めしの大盛と特盛を調べてみました。

記事の目次

  1. 1.松屋の大盛と特盛ってなにが違うの?
  2. 2.松屋の大盛と特盛の違い・全体量と値段
  3. 3.松屋の大盛と特盛の違い・具とご飯の量
  4. 4.松屋の大盛と特盛の違い・カロリー
  5. 5.松屋の大盛と特盛はコスパで考えると特盛がおすすめ

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

松屋の大盛と特盛ってなにが違うの?

牛めし 特盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

松屋の牛めしは、仕事で忙しく走り回っている人にとって、手軽にリーズナブルな価格で栄養補給ができる強い味方です。またいくら食べてもお腹いっぱいにならない育ち盛りの男子にとっては、松屋の大盛りの牛めしは嬉しい限りです。

また、松屋には牛めし意外にも色々な美味しいメニューがあって、朝ごはんは松屋で食べてから仕事に行くという人が結構多いものです。

松屋の朝ごはんは、「Wで選べる玉子かけごはん」「定番朝定食」「焼鮭朝定食」「ソーセージエッグ定食」「得朝小盛牛めし豚汁セット」などのそれぞれに、5品の中から選べる小鉢が付いています。

松屋の朝食は、朝バランスのとれた食事をしたい方にはもってこいのおすすめサービスです。松屋は24時間サービスなので、朝早くの電車に乗って旅行に出かける方にとっては、駅前で朝食をとれるのでとてもコンビニエンスです。

松屋のメニューはこれでもかと思うほど、たくさんの種類があります。松屋の丼物はお馴染みの「牛めし」の他に、「牛焼ビビン丼」「キムカル丼」「ネギねぎ塩豚焼肉丼」があります。

松屋の定食は、どれも味噌汁とサラダがついていて、期間限定の「たっぷりソースのうまトマトハンバーグ定食」と言う洋風定食もありますし、松屋の「牛焼肉定食」「カルビ焼肉定食」「豚生姜焼定食」と、どれもよだれが出そうなメニューが並んでいます。

そして松屋には「牛鍋膳」と言う贅沢なメニューもありました。松屋の牛鍋御膳には「味噌汁」「ご飯」「生卵」がすでに付いていて、「キムチ」「とろろ」「おろし」「カレー」「テーズ」「プレミアムミニ牛皿」「ミニ牛皿」の中から好きな小鉢を選ぶことができます。

また松屋はユニークな商法を試みることが多く、例えば松屋では大人気だった「オリジナルカレー」の販売を休止すると発表し、新聞でも大きな話題となったのですが、翌日にはカレー販売の撤退ではなく、新しい味のカレーを発表すると告知し、なお一層の評判を呼んだのです。

松屋には、大人気の松屋の「オリジナルカレー」「お子様メニュー」などの人気メニューもあり、小さい子供から大人まで大人気のおすすめ店です。また、過去には「海鮮丼」が販売されていることもありました。

松屋には、合成甘味料や化学調味料を一切使用していない安心の無添加メニューがたくさんあり、松屋のそれぞれのテーブルに置いてある調味料は無添加です。松屋のバラエティに飛んだメニューとその美味しさから、日本全国で評判のおすすめ和風ファストフードとして人気です。

仕事帰りにぶらりと寄って松屋で夕食を楽しんだり、何もしたくない休日に近所の松屋でリラックスした食事を楽しんだりすることもできます。テイクアウトもできる松屋は便利この上ありません。

「コンビニのお弁当はいつも量が物足りないのだけど、松屋の大盛を食べたらすごく満足できた」とか、「今日は思いっきり食べたかったので、特盛にビールを飲んで上機嫌」と、松屋で食事をしたらハッピー度の違いにますます差が出るコメントが多いのです。

松屋の牛めしのメニューは、盛りの大きさによって値段が分かれます。その中でも「大盛」と「特盛」という盛り方があるのですが、一体どう違うのでしょうか。基本的に大盛と言うのは、「食べ物を食べる容器にたっぷりと盛る」ことを言います。

松屋 牛めし 大盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

牛めしが丼にたっぷり盛ってあるのが「大盛」というのは合点がいくのですが、では「特盛」とはなんなのでしょう。松屋では、大盛よりもさらに多く盛ってあることを「特盛」と言うのですが、実際に「大盛」と「特盛」はどれだけ分量が違うのでしょう。

また、牛めしは「ご飯」と「具」が一つの丼に乗っているものなので、このバランスも「大盛」と「特盛」では違うのでしょうか?「大盛」と「特盛」ではその値段も比例しているのか、「並盛」を基準にしてみるとどうなのか?などの疑問を解明していきます。

松屋の牛めしのサイズは5種類

松屋 牛めし
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

松屋の牛めしの盛り方を調べてみましょう。松屋の牛めしは、子供から青年、お年寄り、男性から女性と、あらゆる方々に広く愛されているのです。それぞれの方々が満足できる牛めしの量にも違いがあることでしょう。

松屋の牛めしのサイズは全部で5種類あります。普通よりも小ぶりな「ミニ」、一般の普通盛りサイズの「並」、ご飯の量は並と同量ですが、乗っている牛肉と玉ねぎの量がたっぷりとした分量の「あたま大盛」があります。

松屋 牛めしあたま大盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ミニは子供、食の細い方、もしくはダイエットをしていてカロリーを気にされている方には嬉しいサイズです。大盛はどこでもよく聞きますが、小さいサイズというのあまり見かけないメニューでしょう。

そして松屋には、ご飯の量は同じで上に載せている具の量だけを増やした「あたま大盛」というメニューがあります。具材のみ大盛のアイデアは、とても松屋らしいです。

人によってはご飯よりも牛肉をたっぷり召し上がりたい方もいらっしゃるはずですし、具もご飯も両方たっぷりいきたいという方もいらっしゃることでしょう。こうした一人一人のニーズに合わせたメニュー作りをしている松屋に、ファンが多いのも頷けます。

松屋 牛めし あたま大盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

食品添加物を使わない点や、牛めしのサイズを5つも用意する点など、松屋は細かなところまでお客様への配慮をし毎日の営業を創意工夫しているのです。

そしてあたま大盛りと同じ量の牛肉、玉ねぎにご飯も大盛りの「大盛」があります。「大盛」は「並」に比べると、ご飯も具もたっぷりと盛られています。

松屋に行ったら牛めしは必ず大盛りを頼まれると言う方はとても多いです。男性の方にとっては、松屋の大盛りはちょうどいい量の牛めしなのかもしれません。「大盛」と聞くとご飯だけが大盛りになっているようなイメージがありますが、ちゃんと肉も大盛りになっています。

松屋牛めし あたま大盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

そして松屋では一番サイズが大きい、「大盛」よりも更に牛肉、玉ねぎ、ご飯の量を増やした「特盛」というビッグなサイズの牛丼があります。「特盛」はご飯の量も具の量も、名前の通り特別に盛りがよいので、胃袋に自信のある方には嬉しいサイズです。

松屋の特盛は、他の有名牛丼チェーン店の一番大きなサイズのものと比較すると、コスパが良いと言われています。それぞれの店によって、ご飯の量や肉の量そして全体の量にばらつきはありますが、値段と分量を比較してみると、松屋の特盛は圧倒的にコスパが高いのです。

松屋の特盛のコスパは、他店の最も大きなサイズのものと比べるとおよそ半額になるものもありました。「仕事帰りにたっぷりと特盛の牛めしを食べながらビールで飲んでも1070円!」と驚きのコメントも寄せられていました。

大盛、特盛と言っても値段はそれぞれリーズナブルなのが、松屋の嬉しいところです。大盛と特盛と言うのは、もっと食べたいお客様におすすめする、ご飯と具の量のバランスも考えて作った、松屋ならではのメニューです。

基準となる並盛の量と価格

松屋牛めし 並盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

では、松屋の並盛はどのくらいの分量なのでしょうか?ご飯は一膳で160gと言われています。インターネットの情報によると健康的な一膳のご飯は100gと書かれていることもあります。松屋の「ミニ」のご飯の量は100gなので、「ミニ」が普通盛りと考える人もいるかもしれません。

しかし松屋のミニは一般の人にとっては小さいと言う感想も見られます。例えばコンビニのおにぎり一つのお米の量は100gほどなので、「ご飯茶碗に100gのご飯は少なすぎる」と、特に男性の方はおっしゃるのではないでしょうか。

松屋 牛めし ご飯
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

男性の一回に食べるご飯の量は200gが理想とされていますが、実際は200gは活動量の少ない男性の場合で、一般には300gは食べるだろうと言われています。

松屋の並盛のご飯の量は260gで、上に乗っている牛肉などの量は86g、合計346gです。牛めしはご飯とおかずが一緒に盛られているので、男性にとってはちょうどいいか、少し少なめに感じられる方も多いことでしょう。

松屋のメニューには全て味噌汁がついてきます。そして、松屋の味噌汁は「麹」が入っています。味噌汁に人気があるのも大いに頷けます。松屋の並盛の値段は税込みで350円、お味噌汁とセットの値段ですから、一食の値段としてはとても嬉しい価格です。

過去には松屋では「牛めし」の他に「プレミアム牛めし」という、さらに美味しさがアップしたメニューがあります。プレミアム牛めしのお値段は、「ミニ盛」330円、「並」380円、「あたま大盛り」480円、「大盛」530円、「特盛」650円でした。2022年9月5日現在ではメニューからその姿を消してしまいましたが、絶品でコスパが高すぎるメニューとして話題になりました。

プレミアム牛めしのご飯と具の量は、「牛めし」と同じとお考えください。牛めしに使われている肉は冷凍保存ですが、プレミアム牛めしに使われている肉はチルド保存です。チルド保存は0℃〜5℃の間で冷凍よりは高い温度で保存されているため、肉の味がより良質と言っても過言ではないでしょう。

実際に「牛めし」と「プレミアム牛めし」を食べてみると、確実に味と食感に大きな違いがあります。プレミアム牛めしの美味しさに感動される方の数は大変多く、「牛めし」から「プレミアム牛めし」にお気に入りを変えられた方の数は圧倒的でした。

プレミアム牛めしの美味しさに、牛めしの量をアップして「大盛」「特盛」にされるのは大いに頷けます。しかしながら、現在は販売されていないため、復活を期待しましょう!

【2022年1月更新】松屋の魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報まで総まとめのイメージ
【2022年1月更新】松屋の魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報まで総まとめ
松屋は、牛丼をはじめとして種類豊富なメニューが揃っている、人気の牛丼チェーン店です。松屋では、牛丼でも少し味を変えた牛丼やトッピングの種類も豊富で、飽きのこない牛丼を食べられると評判です。今回は、牛丼チェーン店松屋の魅力について詳しく紹介していきます。
【最新】松屋でおすすめのメニューを一挙紹介!人気の定食や美味しい組み合わせは?のイメージ
【最新】松屋でおすすめのメニューを一挙紹介!人気の定食や美味しい組み合わせは?
松屋といえば、早朝より深夜まで多くのお客様の胃袋を満たしてきた牛丼チェーンです。松屋ならではのオリジナルメニューがおすすめで、そのオリジナルメニューは季節によって様々変化して楽しませてくれます。そんな中具体的なおすすめメニューを見ていきましょう!

松屋の大盛と特盛の違い・全体量と値段

松屋牛めし 特盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

「松屋の大盛と特盛は何が違うのでしょう?大盛と特盛では、ご飯の盛り方だけではなく、肉の量も増えているのでしょうか?」と言う質問がありました。現在松屋で働いている方曰く、肉の盛り方は「大盛」と「特盛」では全く違うそうです。

松屋の牛めしの肉は、穴が空いたおたまで盛り付けるそうです。そしてこのおたまの縁の丸い線が見えるくらいに肉を入れるのが「並盛」、縁の線が隠れるくらいにおたまに肉を入れるのが「大盛」、そして「並盛」の肉の2倍の量を盛り付けるのが「特盛」だそうです。

「特盛」はすごい量でとても食べきれなかったので、「大盛」をおすすめします、とおっしゃる方もいれば、食べ始めた時は肉が減らないのでどうしようかと思ったけど、「大盛」をあっという間に食べ切ってしまった、と松屋の牛めしを食べた方々のご意見もそれぞれ違います。

では、松屋の「大盛」とはどれだけの分量で「特盛」の価格とはどれだけ違うのでしょうか?松屋の大盛と特盛のご飯と肉の量を、実際に数字で見てみましょう。

松屋の大盛りは全体量が466gあります。松屋の牛めしの大盛りの466gは、多くの方が満足できる量です。大盛りご飯の量も上に乗っている具を引いても一般成人男子が食べるご飯の量よりも多いです。

しかし、運動をされている方、堅いの大きい方、育ち盛りの男の子にとっては、もっと食べたいと思う方もいらっしゃることでしょう。

大盛は一般の食事量よりもたっぷりとした分量なので、「並盛」に物足りなさを感じる方にはちょうどいいのかもしれません。一度大盛を召し上がってみて胃袋と相談してみてはいかがでしょうか。松屋の大盛は味噌汁付きで530円です。

松屋の「特盛」は、なんと具とご飯の量を全部合わせると612gと驚異的な数字です。松屋の「特盛」は少食な女性でしたら1日かけても食べきれないかもしれません。男性でも特盛はちょっとしんどいと言う方もいらっしゃいます。

でも中には、牛めしの「特盛」とカレーの「大盛」にビールを飲んでもまだ食べ足りないという方もいらっしゃるようです。ちなみに牛めしの特盛、カレーの大盛にビール(中瓶)で合計の値段は1610円ほどです。特盛と大盛に中瓶の価格とは思えません。

松屋の特盛は、味噌汁と合わせて680円です。この特盛の具とご飯の量でこの値段は素晴らしいコスパの高さです。大食いの方には、特盛を強くおすすめします。

<[松屋]の冷凍食品をお取り寄せ>

こちらもおすすめ[楽天市場]

画像をクリックすると楽天市場へ飛びます

松屋の大盛と特盛の違い・具とご飯の量

松屋 大盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

松屋の大盛は、ご飯の量が350gで上に乗っている具が116gです。「並盛」の牛めしと比べると1.35倍の盛りです。値段は430円なので、多く盛られている分と同じくらいの価格です。大盛はちょうどいい量だとおっしゃる声が多いです。

さらに大きな特盛は、ご飯の量が440gと並盛の1.69倍。そして上に乗っている具はなんと並盛の具の倍、172gです。値段は680円なので380円の並盛の約1.78倍ですからコスパがよく断然お得です。

具の量

松屋 牛めしの具
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

松屋の牛めしの具の量は、ご飯の量とちょうどいいバランスが取れていて、食べ切るのにちょうどいいと言う声が多いです。大盛は並盛と同じくらいのバランスで具が乗せられているので、並盛が食べ足りない方は程よく満足できるでしょう。

松屋の特盛は、大盛に比べると具の量が圧倒的に多いので、肉がお好きな方にもってこいです。ただ、特盛の量は本当に多い量なので、胃袋に自信のある方におすすめのメニューです。

ご飯の量

松屋 牛めしのご飯
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

ご飯の量については、大盛が350gですから一般に成人男性が食べる一食分のご飯量よりも多いです。ご飯一合の炊き上がりは330gになります。大盛りはご飯一合よりも多く、それも特盛のご飯は440gとさらに100g以上を超えた文字通りの大盛です。
 

松屋の大盛と特盛の違い・カロリー

カロリー
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

松屋の大盛は961カロリーで、特盛は1360カロリーです。成人男子が1日に必要なカロリーは2000カロリーと言われています。これだけコスパの良い食事でこれだけカロリーを取れると言うのは便利です。

松屋の大盛と特盛はコスパで考えると特盛がおすすめ

松屋 牛めし特盛
ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

松屋の特盛は、ご飯の量と具の量で金額を換算すると、断然大盛よりもお得です。並盛を2つ注文するよりも、特盛一つを分けて食べた方がお得で、松屋の特盛は、大盛よりもずっとコスパが良いのです。

松屋には牛めし以外にもたくさんのメニューがあります。複数人で松屋に行って、特盛とその他のメニューを注文してシェアして食べるのもおすすめのアイデアです。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。メニュー内容・価格の情報は2022年9月5日時点、松屋フーズ公式HPより。なお、価格はすべて税込み表示です。

Ryo
ライター

Ryo

あちらこちらに楽しい物や場所がたくさんあります。Jouerをどんどん活用してお得な情報をゲットしてください!私もJouerをガイドブックにして、お得な製品やお買い得情報を色々と参考にしたり、友人とおいしいお店を散策しています。時間がいくらあっても足りません〜。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング