高知の日本三大鍾乳洞・龍河洞をご紹介!一般コースと冒険コースどちらがお好み?

高知の日本三大鍾乳洞・龍河洞をご紹介!一般コースと冒険コースどちらがお好み?

高知県に日本三大鍾乳洞のひとつ龍河洞があります。高知の鍾乳洞「龍河洞」の歴史は1憶7500万年もあり、1kmもの洞内散策をすることができます。観光用のコースだけでなく、本物の冒険体験ができる冒険コースもあり、レジャーにぴったりな龍河洞をご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.高知県の鍾乳洞で冒険気分を味わおう!
    2. 2.高知の鍾乳洞・龍河洞の歴史
    3. 3.高知の鍾乳洞・龍河洞ってどんな場所?
    4. 4.高知の鍾乳洞・龍河洞のコース
    5. 5.高知の鍾乳洞・龍河洞で開催されるイベント
    6. 6.高知の鍾乳洞は日帰りでも十分楽しめる!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    日帰りのプランであれば、とさでん交通バスで高知の中心部「はりまや橋」から「龍河洞」まで1時間20分でアクセスできるため、朝から夕方まで龍河洞で自然を満喫した後、高知の中心部へ戻ってディナーでご当地料理を楽しむのもおすすめです。

    高知の鍾乳洞・龍河洞のコース

    Photo by inazakira

    龍河洞はふたつのコースを選ぶことができます。観光コースと冒険コースです。観光コースは鍾乳洞内を散策したい方向け、冒険コースはつなぎと長靴を履き観光コースよりも険しいところを通ることができます。

    観光コース、冒険コースどちらも手ぶらで訪れても体験できるため、日帰りで気軽に訪れることができます。

    全国で公開されている鍾乳洞の中でも、コースが選べるのは珍しく冒険コースは他では出来ない体験になっています。それぞれのコースについて詳しくまとめたので、ぜひ自分に合ったコースを楽しんでください。

    観光コース

    Photo by Kentaro Ohno

    観光コースは、40分から1時間で出られるコースになっています。急な階段などはあるものの歩いて回れるコースで、見どころの「神の壺」や滝も回れるため日帰りでさくっと観光する場合には十分です。

    冒険コース

    Photo by kubotake

    冒険コースは、冒険装備をして道なき道を行く他では体験できないアトラクションになっています。もちろんガイドしてもらい安心安全に楽しむことができます。冒険装備も貸し出しがあるため、手ぶらで訪れても大丈夫です。

    冒険コースには、狭いところを這って進んだり、木の梯子を上ったり、整備されていないところを通ることができます。ライトを消して真っ暗闇を味わうこともできます。観光コースよりもたっぷりめの1時間30分ほどのコースです。

    高知の鍾乳洞・龍河洞で開催されるイベント

    Photo bymarliese

    高知県の鍾乳洞「龍河洞」は、鍾乳洞内を楽しめるコースもあり付近に観光施設もありと楽しめる要素がたくさんあります。さらに、龍河洞には季節や行事に合わせて魅力的なイベントが開催されています。

    ぜひ、下調べしていつも体験できるわけではないイベントも楽しみましょう。一度龍河洞を訪れたことがある人もイベントを狙って行くのもおすすめです。実際、どのようなイベントがあるのでしょうか?過去のイベントについてまとめました。

    「龍河洞まつり」

    Photo by Kentaro Ohno

    毎年、夏に開催されているイベントが「龍河洞まつり」です。2019年は8月24日に開催され残念ながら終わってしまいましたが、来年行きたくなるほど見どころが盛りだくさんです。

    午後2時から始まり、午後9時には花火が打ち上がります。高知のグルメの出店やビアガーデン、フリーマーケット、ちびっこイベント、生バンドと聞いただけで楽しそうなイベントになっています。

    Photo by Kentaro Ohno

    龍河洞ならではイベント「洞内暗やみ体験」もあり、8月の暑さを洞内で吹き飛ばし暗やみで非日常を味わうことができます。夏の思い出の代表である花火や祭りとともに、鍾乳洞という珍しい体験で素敵な思い出になることでしょう。

    「真夏の夜の夢」

    Photo by Kentaro Ohno

    「真夏の夜の夢」は夏に期間限定で洞内をナイトトリップできるイベントです。通常は入ることができない夜の時間帯にハンドライト片手に洞内を散策することができます。

    ハンドライトの光を頼りに、研ぎ澄まされた五感をフルに使って楽しむことができます。2019年の「真夏の夜の夢」では、音と光と映像を使ったスポットもあり、幻想的な世界を楽しむ仕掛けもありました。その年によっての違いも楽しめます。

    高知の鍾乳洞は日帰りでも十分楽しめる!

    フリー写真素材ぱくたそ

    高知の鍾乳洞「龍河洞」いかがでしたか?手ぶらで気軽に来ても十分楽しめるスポットです。洞内の散策はもちろん、周辺の施設も充実していて龍河洞をメインに訪れても1日楽しむことができます。

    ヒライ
    ライター

    ヒライ

    大阪在住ライターです。西の方のスポットを中心に書いていきたいです。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング