ココイチの「追加ソース」を徹底調査!ご飯が余っても安心の嬉しいメニューとは

ココイチの「追加ソース」を徹底調査!ご飯が余っても安心の嬉しいメニューとは

ココイチで食べるカレーによっては、カレールーが足らないことがありませんか?実はココイチには無料の「追加ソース」サービスがあります。一方で有料の場合もあるココイチの「追加ソース」を徹底的に調査してみました。ご飯が余っても安心できる人気サービスをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ココイチ通に「追加ソース」が人気
  2. 2.ココイチの「追加ソース」の量・値段は?
  3. 3.ココイチの「追加ソース」はテイクアウトできる?
  4. 4.ココイチでご飯が余ったら「追加ソース」で決まり!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ココイチ通に「追加ソース」が人気

「ココイチ通に追加ソースは人気」とあるように、かつてココイチでは「1回だけ無料でオーダーできる裏メニュー」でした。メニューにも未掲載のサービスだったので、まさに通のみが知る裏メニューだったのです。

やがてネット上で話題になり情報が拡散され、一般的に知られるようになります。その結果、2013年頃には「ご飯が余った時のみ」に無料でオーダーできるサービスに変更となりました。

その追加ソースのサービスは「ソースの追加は1回までで、ライスのお代わりはできない」「最初からソースを追加できるが、その場合はライスが余った時の追加ソースはできない」などの制約があります。

この「ご飯が余った時のみ」のサービスは、「最後まで美味しくココイチのカレーを楽しんでほしい」という思いから、現在も続いているココイチ提供のサービスのひとつです。

一方の「最初から追加ソース~」は有料サービスです。このココイチ提供の「追加ソース」について徹底的に調べてみました。ご飯が余ったとしても、安心で嬉しいサービスをご紹介します。

人気カレーハウス【ココイチ】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報ものイメージ
人気カレーハウス【ココイチ】の魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も
カレーハウスCoCo壱番屋は、略してココイチと呼ばれるカレーのチェーン店です。店舗は全国に幅広く展開しており、多彩なメニューやサービスが高い人気を得ています。そこで今回は、ココイチのメニューやお得情報などをご紹介し、ココイチの魅力をまとめます。
ココイチのメニュー人気ランキング!種類豊富なトッピングも!のイメージ
ココイチのメニュー人気ランキング!種類豊富なトッピングも!
どこ行っても見かける黄色い看板、カレー専門店ココイチは人気のお店です。辛さやトッピングも豊富なメニューが特徴的でどの年代にも愛されています。改めてココイチの取り扱いメニューを把握し、より美味しく食べれるオリジナルのカレーを編み出してみて下さい。

ココイチの「追加ソース」の量・値段は?

ここでは、事前にカレーに追加する「追加ソース」をご紹介します。オーダーしたココイチの各種カレーのベースに合わせ、ココイチの4種のソースが追加できます。

「追加ソース」の種類は、「ポークカレー」や「甘口ポークカレー」、「ビーフカレー」や「ココイチベジカレー」の4種です。しかも、ソースの追加とはいえ「ルーをかけるのみ」ではなく、調理場でしっかり温め直したアツアツ状態を提供というサービスの徹底ぶりです。

ココイチの通常サイズ(ライス300g)のカレーソース量は、お玉2.5杯分です。ちなみにお玉1杯分は約50ccに該当します。つまり、通常サイズだと約125ccものカレーソースがライスにかかっている計算です。

お玉1杯で113円(税込)

事前に追加するカレーソースの量ですが「お玉1杯分(約50cc相当)」です、追加ソースの料金ですが、お玉1杯分の量で113円(税込)です。ココイチの「ポークカレー」や「甘口ポークカレー」、「ビーフカレー」や「ココイチベジカレー」の4種のカレーソースすべてが同じ料金です。

しかし、事前に「追加ソース」をオーダーした場合は、「ご飯が余った時」の「追加ソース」無料サービスは使えません。また「ご飯が余った時」の「追加ソース」無料サービスの量ですが、残ったライスの量にもよるものの「お玉1杯分(約50cc相当)」寄りは少なめです。

最初からカレーソース多めでオーダーするか、ライスが余った時に「追加ソース」無料サービスを使うかが悩ましいところです。

ココイチの「追加ソース」はテイクアウトできる?

上記項目の説明で、ココイチの実店舗ではオーダーしたカレーへの「追加ソース」ができるのは理解できました。そこで、ふと気になるのが、ココイチの「追加ソース」はテイクアウトでもできるかどうか、でしょう。

店内飲食・テイクアウトに関わらず、ココイチのカレールーの量は一般的に多めとされていますが、カレーの種類やトッピングによってはさらに追加ソースしたい時もあるはずです。

ココイチの各種カレーの「追加ソース」のテイクアウトについて、調べてみた結果が以下のとおりです。結論からすると「テイクアウト」はできます。つまり、テイクアウトであっても追加ソースをオーダーすることで、「カレールーが多め」ができます。

参考までに、テイクアウトの「追加ソース」は、お玉1杯で「111円(税込)」になり、店内オーダより2円安くなります。追加ソースの種類も、オーダーしたカレーのベースに合わせた「ポーク」「甘口ポーク」「ビーフ」「ココイチベジカレー」の4種の追加ソースが可能です。

つまり「カキフライカレー・ポークソース・3辛」でのオーダーの場合、「ポークソース・3辛」状態でお玉1杯分の「追加ソース」ができます。

ダブルとトリプルがある

追加ソースができるのは分かりました。さらに追加ソースで「ダブル(2倍)」にしたい人も多いでしょう。実は、ココイチカレーの「追加ソース」ですが、増量もできます。

追加ソースの増量する量も、お玉1杯分×2倍相当の「ダブル:222円(税込)」や、お玉1杯分×3倍分相当の「トリプル:333円(税込)」までが可能です。

いずれも、オーダーしたカレーベースに沿った「ポーク」や「甘口ポーク」、「ビーフ」や「ココイチベジカレー」などの追加ソースも増量ができます。トッピング具材やライスがカレーソースに浸り、ある意味スープカレー状態でぜいたくなココイチカレーが楽しめます。

ココイチの持ち帰りについて徹底調査!ルーだけの注文もあり?のイメージ
ココイチの持ち帰りについて徹底調査!ルーだけの注文もあり?
カレーハウスCoCo壱番屋は大手カレーライス専門チェーン店で「ココイチ」の愛称で親しまれています。ココイチでは店内での食事のほか持ち帰りもできるので人気となっています。本記事では、持ち帰りの予約や注文方法、おすすめの持ち帰りメニューを紹介していきます。
ココイチはビーフソースが美味しい!ポークソースとの違いを徹底調査のイメージ
ココイチはビーフソースが美味しい!ポークソースとの違いを徹底調査
国民食の1つであるカレーは、ビーフ派とポーク派に分かれますが、「ココイチ」で食べるビーフソースは別格の美味しさです。ココイチのビーフソースは若干ピリ辛、基本のポークよりも大人びたテイストとなっています。意外に知る人が少ない、ココイチの隠れた絶品ソースをご紹介!

ココイチでご飯が余ったら「追加ソース」で決まり!

ココイチカレーであっても、ルーが多めが好きな人のテイクアウトは追加ソース「ダブル」や「トリプル」がおすすめです。しかもオーダーしたカレーの辛さを保った状態での追加ソースは、知る人ぞ知る人気サービスともいえます。今まで知らなかった人も多いのではないでしょうか。

実店舗でもココイチカレーを食べていてご飯が余ってしまった人は、ためらいなく追加ソースをおすすめします。また、最初からカレーソースにしたい場合は、有料ですが「追加ソース」を試してみましょう。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

ぬこぬここ
ライター

ぬこぬここ

生まれは福岡県、人生の大半は大阪府、そして現在は滋賀県住みのアラフィフおばさんです。年に1回ペースで国内のどこかへ旅しています。過去に旅した場所や今度旅したい場所について書けたら、と考えています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング