東京の沖縄料理店おすすめランキングbest21!あの有名店も

東京の沖縄料理店おすすめランキングbest21!あの有名店も

東京には数多くの沖縄料理店がありますが、本当に素敵なお店をご存知ですか?この記事ではおすすめのお店はもちろん、沖縄料理の歴史や種類、珍しい食材と調味料もランキングを交えて紹介しています。沖縄の食文化に興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

記事の目次

  1. 1.沖縄料理の歴史を知ろう!
  2. 2.こんなに多い沖縄料理の種類
  3. 3.東京のおすすめ沖縄料理店ランキングbest21
  4. 4.東京で沖縄料理店が多い街は?
  5. 5.沖縄料理に欠かせない有名な調味料
  6. 6.沖縄料理には泡盛が合う!
  7. 7.美味しい沖縄料理を東京で味わおう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

沖縄料理の歴史を知ろう!

Photo by ironypoisoning

沖縄は、琉球時代のときから周辺諸国に大きな影響を受けてきました。食べ物に関しても、中国、朝鮮、日本と東南アジアなどから輸入した文化が今でも残っています。沖縄が特に影響を受けたのが中国です。そのため、沖縄では中国と同じように豚肉をよく食べるようになったと言われています。

こんなに多い沖縄料理の種類

Photo by jetalone

沖縄料理と一言でいってもその種類や食材はさまざまで、私たちが東京でよく目にする料理はそのほんの一部です。まずは、沖縄の食べ物をランキング形式でご紹介していきます。気になったものがあれば、ぜひお店を探してみてください。

沖縄料理人気best5

Photo bysthenostudio

誰でも知っているあの有名な料理がランキングに登場しています。東京の沖縄料理店でもほとんどのお店で食べることができますので、沖縄料理に初挑戦する方にもおすすめの品々です。自分で作れそうなものもあるので、インターネットでレシピを探して調理してみるのもいいでしょう。

第5位:ジューシー

Photo by jetalone

ジューシーとは、沖縄風の炊き込みご飯、もしくは雑炊のことです。具は野菜や肉のほか、冬にはイモ類が入ることもあります。作り方も何通りかあって、調理方法によってご飯の硬さが変わるので、炊き込みご飯になったり雑炊になったりするようです。

第4位:タコライス

Photo by shokai

沖縄の多文化性を象徴する食べ物の一つがタコライスです。白いご飯の上にメキシコ料理のタコスの具を載せた料理で、多くの方に人気があります。元々は沖縄に住んでいたアメリカ人向けに作られた料理ですが、今では日本全国に広まっています。

第3位:ラフテー

Photo by ayustety

ラフテーとは豚の角煮によく似た沖縄料理で、調理するときに泡盛と黒砂糖を使うのが特徴です。豚肉が口の中でとろけるような食感が魅力的で、黒砂糖のコクが後を引きます。白米にはもちろん、泡盛にもよく合う料理です。

第2位:チャンプルー

Photo by is_kyoto_jp

東京の沖縄料理店でもいろいろなチャンプルーを提供していますが、オーソドックスで人気なのはゴーヤと豆腐を使ったものです。ゴーヤには夏バテを予防する働きがあり、暑い沖縄にはぴったりの料理になっています。

第1位:沖縄そば

Photo by gatta_m

沖縄料理にはソーキそばやテビチそばなどに代表される、有名な麺料理があります。その中でも沖縄そばは肉が少ないため、最もさっぱりと食べられるものです。

トッピングは少なく、1~2切れの肉とネギなどが定番ですが、かまぼこが載っているものもあります。麺と出汁を純粋に楽しみたい方におすすめです。

珍しい沖縄料理

Photo byJESHOOTS-com

次に、なかなか食べられない少し変わった食材や料理をご紹介します。好き嫌いが分かれるものが多いかもしれませんが、知っているだけでもツウになれる情報です。東京でこれらの料理を見つけたら、是非恐れずに一度チャレンジしてみてください。

臭さが癖になるヤギ汁

Photo by mossygajud

見た目はラフテーと同じようなヤギ肉の煮込み料理です。戦前は市場に出回っていなかった牛肉の代わりとしてヤギがよく食されていました。しかも豚肉よりも値が安かったので、庶民の重要なタンパク源だったようです。ヤギは臭さが特徴的ですが、ヤギ汁ではヨモギや生姜を使ってこの臭みを減らしています。

泡盛に合う豆腐よう

Photo by sabamiso

豆腐ようとは、泡盛や米麹を使って島豆腐を発酵させた食品です。よく発酵された豆腐ようは、チョコレートのような滑らかさがあります。そのまま食べるのも美味ですが、他の食材やドレッシングを合わせて自分のオリジナルレシピを見つけるのも楽しくておすすめです。

幻の食材ヤシガニ

Photo by nirvash_z

天然記念物のヤシガニは、どこでも食べられるというわけではありません。また市場に出回る量がとても少ないので、高価な食材です。沖縄では、このヤシガニを茹でたり焼いたり、汁物にしたりしていただきます。味はカニに近く、甘みとうまみがギュッと詰まっていてお酒も進む味です。

勢力ギンギンイラブー汁

Photo by maijou2501

イラブ―汁と聞いて、どのような料理を想像するでしょうか。実は、イラブ―汁とはウミヘビを使ったスープのことです。

ウミヘビには小骨がたくさんありますが、イラブー汁ではよく煮込まれて柔らかくなっているので心配いりません。一見抵抗があるような見た目ですが、思われるほど臭みはなく食べやすい味になっています。

東京のおすすめ沖縄料理店ランキングbest21

Photo by jetalone

ここからは東京で沖縄料理が楽しめる、おすすめのお店をどんどんご紹介していきます。定番料理はもちろん、珍味も見つけることができるかもしれません。あの有名店もランキング入りしていますので、最後までご覧ください。

東京のおすすめ沖縄料理店(21位~11位)

フリー写真素材ぱくたそ

まずは11位までのお店をまとめました。このランキング内のお店でも、本場の沖縄料理が十分に楽しめますので、足を運ぶ価値ありです。すべて都内の中心地に位置しているので、行きやすいのも大きなポイントになっています。

21位:ゆんたく(青山)

Photo by jetalone

青山にある「ゆんたく」は家庭的な店内と優しいスタッフが評判の、小規模のお店です。ランチは沖縄そば定食のみで、ディナータイムには居酒屋のようになります。少人数でのんびりしたいときにぴったりです。

「ゆんたく」は、みんなが集まりやすい外苑前駅と青山一丁目駅の中間にあり、いろいろな交通手段で向かうことができるのもメリットです。

住所 東京都港区南青山2-6-15 ファミリー南青山ビル1F
電話番号 03-5411-6790

20位:オンド(六本木)

Photo by yosshi

オンドは、上品な六本木によく似合う、オシャレな雰囲気が人気です。恋人との記念日や接待にはもってこいのお店で、ゆっくりと沖縄料理を楽しむことができます。ミッドタウンと新国立美術館のすぐ近くにあるので、見つけやすくて行きやすいお店かもしれません。

住所 東京都港区六本木7-4-8 TKGビル 302
電話番号 03-5411-8818

19位:沖縄倶楽部 源さん(新橋)

フリー写真素材ぱくたそ

「沖縄倶楽部 源さん」は、新橋らしい、リーズナブルで親しみやすい店内になっています。沖縄の味を誠実に守る一方で創作料理にも力を入れていて、何度行っても飽きないお店です。飲食店がひしめく一角ですが、沖縄を感じさせる素朴な外観が目に入ることでしょう。

18位:ちゃんぷるぅ家(銀座)

Photo by jetalone

「ちゃんぷるぅ家」は、お店の内装がにぎやかで、グループにぴったりです。ランチタイムにはお得なセットメニューもあり、お腹も心も満たすことができるでしょう。

六本木の中央通りから少し外れた路地裏で、有楽町駅からも便利な立地にあります。お買い物のエネルギーを補うためにも、こちらでランチなどいかがでしょうか。

住所 東京都中央区銀座3-4-16 銀座サニービルB1F
電話番号 03-5524-2163

17位:南ぬニライカナイ(吉祥寺)

フリー写真素材ぱくたそ

南ぬニライカナイは沖縄の屋台で食事をしているような、特別な雰囲気を存分に味わえるお店です。初めて沖縄料理を食べる方にもおすすめできるメニューが多くあります。

吉祥寺駅から井の頭公園へ向かう道で、「南ぬニライカナイ」を見つけることができます。沖縄感たっぷりの店内を、吉祥寺で楽しみましょう。

住所 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-1
電話番号 0422-46-2900

16位:吉崎食堂 恵比寿店(恵比寿)

Photo by sabamiso

気さくなスタッフと「琉球串揚げ」が有名なのが「吉崎食堂 恵比寿店」です。本場の味ということで癖のある料理も提供しているお店なので、まだ味わったことのない沖縄料理にチャレンジしてみたい方におすすめです。

「吉崎食堂 恵比寿店」は恵比寿駅から西の方へ歩いてすぐ、飲食街の中にあります。夜遅くなっても帰宅しやすく、淋しさがありません。

15位:ぱいかじ 銀座8丁目店(銀座)

Photo by jetalone

「ぱいかじ 銀座8丁目店」は、家庭の味が人気の沖縄料理店で、それぞれの料理も丁寧に作られているそうです。三線の生演奏が、仲のいい友達との食事に華を添えてくれます。

歩くと新橋駅からもすぐに到着することができます。「ぱいかじ 銀座8丁目店」は銀座の中央通りから一本逸れたところで、周りにも有名なお店が立ち並んでいるにぎやかな場所にあります。

14位:藹藹 あいあい(北参道)

フリー写真素材ぱくたそ

隠れ家的な酒場に訪れてみたい方には、琉球酒場の藹藹(あいあい)がおすすめです。名前のとおり和やかな雰囲気のお店なので、お酒と料理をゆっくり愉しめます。

「藹藹 あいあい」は北参道駅、原宿駅、外苑前駅の真ん中あたりにあります。それぞれの駅からは、どれも徒歩10分程度ですので、ショッピングと併せて訪れたい料理店でしょう。

住所 東京都渋谷区神宮前2-19-2
電話番号 03-3403-6615

13位:沖縄スージグァ酒場 香の帆(渋谷)

Photo by uemu

泡盛の種類の多さが自慢のお店「沖縄スージグァ酒場 香の帆」は、数種類の泡盛を飲み比べてみたい方にぴったりです。いろいろなタイプの席があり、少人数でもグループでも利用しやすくなっています。渋谷駅から井の頭通りをNHKホール方面に歩いていくと、ショッピング街を抜けた辺りで見つけることができます。

12位:うみないび(東大井)

Photo by ayustety

「うみないび」は気さくな女将が利用者を魅了している人気店になります。料理の方も家庭の味を大切にしているようで、気を張らないカジュアルさが反響を呼んでいるようです。この料理店は、京急本線の立会川駅からすぐの立地にあります。行きづらい方もいるかもしれませんが、一度訪れてみると、きっとまた行きたいと思わせてくれることでしょう。

住所 東京都品川区東大井2-24-11
電話番号 03-3761-6001

11位:みやら製麺(上野)

Photo by jetalone

上野周辺、湯島駅近くにある「みやら製麺」の看板商品はそばメニューです。優しいだし汁に自家製麺がよく合い、さっぱり味ながらボリューム満点の一品になっています。

湯島駅、末広町駅、御徒町駅などの大きな駅に囲まれた場所に位置してる沖縄料理店です。時間があれば、乗り換えの時間を利用して沖縄そばを一杯いただくのもいいかもしれません。

住所 東京都台東区上野1-2-8
電話番号 03-5577-6622

東京のおすすめ沖縄料理店ランキング(10位~4位)

Photo by Sekikos

いよいよ、ランキング10位以内に選ばれたお店をご紹介していきます。有名なほど予約が取りにくかったり、いい席が予約で埋まってしまったりするので、スケジュールが決まったらすぐに席の確保をしましょう。

10位:沖縄パラダイス(新宿)

Photo byPublicDomainPictures

新宿にある「沖縄パラダイス」は、にぎやかな雰囲気で、わいわい楽しみたいグループにおすすめの沖縄居酒屋です。誕生日会にもよく利用されているそうで、スタッフによる特別なパフォーマンスが見られるかもしれません。新宿駅東口から徒歩10分、西武新宿駅や東新宿駅からも行きやすいスポットです。

9位:青空(三田)

Photo by jlastras

味はもちろんのこと、刺身の新鮮さが有名でランキング入りした料理店「青空」です。泡盛と刺身の相性がいいので、時間をかけて泡盛を堪能したい方はぜひ訪れてみてください。三田駅と田町駅が最寄にあり、少し歩けば赤羽橋駅や芝公園駅からもアクセスすることができます。

8位:海人(練馬)

Photo by Geroithe

ディナータイムから明け方まで営業している「海人」は、夜の時間を沖縄料理と共にじっくりと愉しみたい方におすすめです。練馬駅の目の前で、駅から歩いて数分と立地がいいのに反して値段はリーズナブルなため、リピーターも多いお店のようです。

7位:沖縄そば やんばる(新宿)

Photo by Richard, enjoy my life!

「沖縄そば やんばる」はお酒を飲んだ帰りに、シメの沖縄そばを食べに立ち寄る人も多いそうです。丼や麺のセットメニューが中心のお店なので、時間をかけずにランチや夕食を済ませたい方向けになります。新宿通りと靖国通りの間の飲食街に位置していますが、沖縄そばの看板が目を引いてくれます。

6位:リトル沖縄(銀座)

フリー写真素材ぱくたそ

あたかも沖縄にいるような気持ちになってしまう、そんなコンセプトのお店「リトル沖縄」です。所在地は銀座ですがアットホームで、お客さんとスタッフの会話が盛り上がることもよくあるそうです。

新橋駅から銀座方面へ向かってすぐの一角で、「リトル沖縄」を見つけることができます。シックで落ち着いた外観が目印です。

5位:ぬちぐすい(浅草)

Photo bychadarat

「ぬちぐすい」は、あぐー豚の蒸しゃぶがとっても美味しい、落ち着いた雰囲気の店内です。個室もあり、ビジネスの場にもおすすめの雰囲気になっています。浅草駅から徒歩2~3分というのも、行きやすいポイントになるでしょう。

4位:沖縄料理ズミ(武蔵小金井)

Photo by TAKA@P.P.R.S

夕方のハッピーアワーに少し立ち寄ってみたいお店が「沖縄料理ズミ」です。沖縄の家庭料理を味わうことができ、お値段もリーズナブルなので気軽に寄れるスポットでもあります。駅から北へ向かって5分ほど、落ち着いた地域にある家庭的な料理店です。

東京のおすすめ沖縄料理店ランキング(best3)

Photo byqimono

ついに、ランキングベスト3の発表です。メディアに取り上げられている有名店も多く、東京ではよく知られている場所かもしれません。また、何度も訪れたくなる、秘密にしておきたいというのも、ランキング上位のお店の魅力でしょう。

3位:てぃんさぐぬ花(代田橋)

Photo by Richard, enjoy my life!

とにかく料理の評判が良く、高くない値段で最高の沖縄料理が食べられるとおすすめされているお店「てぃんさぐぬ花」です。食材の新鮮さも、このお店が有名な理由の一つになっています。

新宿駅から京王線に乗れば、最寄りの代田橋駅まで10分もかからずに到着できるでしょう。「てぃんさぐぬ花」は、代田橋駅から歩いて5分の落ち着いた商店街に位置しています。

住所 東京都杉並区和泉1-3-15 沖縄タウンめんそーれ大都市場
電話番号 03-3321-2139

2位:竹富島(銀座)

Photo by is_kyoto_jp

「竹富島」は、グループでの利用に最適な立地と広さを兼ね備えているお店で、メニューの種類も豊富に用意されています。沖縄の珍味が揃っているのもうれしいポイントです。最寄り駅は銀座駅か東銀座駅ですが、近辺の駅からはどこからでも足が届く便利な場所にあります。

1位:抱瓶 ダチビン(高円寺)

Photo by sekido

「抱瓶 ダチビン」は日常を忘れるくらい楽しい空間が有名な理由だそうです。高円寺駅から北西に伸びる商店街の奥に「抱瓶 ダチビン」があります。沖縄の雰囲気を前面に出した入り口に心を奪われるのではないでしょうか。食事の評価はもちろん、温かいおもてなしと陽気な沖縄の雰囲気を存分に味わえる、東京で最高におすすめの沖縄料理店と言えるでしょう。

東京で沖縄料理店が多い街は?

Photo by Hikosaemon

ここまでのランキングにもあるように、東京には有名な沖縄料理店がたくさんあります。どれも便利な場所にあり、訪れやすいというのも大きなポイントでした。しかし、東京の中でも特にお店が密集している場所があるのをご存知でしょうか。街ごと沖縄の雰囲気が楽しめる場所として人気のスポットをご紹介します。

代田橋・沖縄タウンってどんなところ?

Photo by Kentaro Ohno

沖縄タウンは、京王線・代田橋駅のすぐ近くにあります。この辺りは都内でも沖縄出身者が多く住む地域のようで、その特徴を活かして小さな沖縄を作ってしまおうと計画されたのがこの沖縄タウンです。いろいろなお店が提携して沖縄の雰囲気を作り上げています。

アクセス

代田橋・沖縄タウンへのアクセスは、電車の場合は京王線の代田橋駅北口から徒歩5分ほどです。バスで行く場合は、都営バス停留所「代田橋」から徒歩3分、都営バス停留所「和泉一丁目」から徒歩5分ほどで到着します。

沖縄料理に欠かせない有名な調味料

Photo by loveshohie

沖縄料理の味を決めているのは食材だけではありません。独特な調味料もその食味に大きく貢献しています。暑い沖縄の気候ならではの調味料や味の秘密がここに隠されているような気がしますが、和食にも応用できそうなものも見つけることができました。

コーレーグース

コーレーグス 150g

参考価格: 476円

出典: Amazon
Amazon476円
楽天

島とうがらしを泡盛に漬け込んだもので、辛さが癖になります。このコーレーグースを麺類や豆腐に垂らして食べるのが美味しいそうです。とくに沖縄そばのお店では必ずと言っていいほど用意されているようなので、辛いのが好きな方はチャンレンジしてみてはいかがでしょうか。

黒糖

波照間黒砂糖ブロック 300g×6袋

参考価格: 1,898円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,898円
楽天

煮物などに、甘みを出すために使われる調味料です。サトウキビから作られる黒糖は、沖縄の料理に欠かせません。自分で料理をする方は、黒糖を普段の砂糖代わりに使うこともできますし、スイーツに使えば沖縄風にもなるので、常備しておいてもいいでしょう。

ぬちマース

ぬちまーす 250g

参考価格: 1,080円

出典: Amazon
Amazon1,080円
楽天

沖縄の海からできる塩のことを、ぬちマースといいます。こちらの塩はミネラルが豊富で体に優しいことで有名です。「ぬち」が沖縄の方言で「命」を指すとおり、昔から大切にされてきた調味料になります。今では通販などで、本島にいても手にすることができるようです。

あんだんすー

沖縄特産 あぐーあんだんすー 260g あさひ 沖縄の伝統食・あんだんすー あぐー豚肉を使用した贅沢な肉みそ 沖縄土産にもおすすめ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

別名、油味噌とも呼ばれており、お肉と味噌を合わせた調味料のことを指します。暑くて食欲がわかない夏にもぴったりで、白いご飯や麺類など一緒に食べれば食欲をそそること間違いないでしょう。基本的には豚肉で作られているようですが、好みに合わせて材料を変えて作ってみるのも楽しそうです。

ヒバーチ

即日速達出荷 ヒバーチ 瓶入り 20g 海のもの山のもの 甘い香りの島胡椒 希少なスパイス アーユルヴェーダでも使用されるハーブ

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

島胡椒のことですが、普通の胡椒よりもさっぱりと食べられるのが特徴になっています。後味を引かない、料理の味を邪魔しない味だそうです。商品によってフルーツやとうがらしなどでフレーバーが付けられたものもあります。

シマー(泡盛)

泡盛は沖縄では「シマー」という名前で呼ばれており、日本酒が調理に使われるように、泡盛も沖縄料理には欠かせない調味料です。アルコール度数が高いので、肉類をとても柔らかくすることができます。いろいろな料理に使えるのでしょうが、やはりラフテーやテビチに使うことが一番多いようです。

沖縄料理には泡盛が合う!

Photo by nekotank

この記事の中にも幾度となく泡盛が登場しました。泡盛は、沖縄の生活のいろいろな場面で活躍してくれています。沖縄料理と一緒に愉しまれているこちらのお酒について、もっと深く掘り下げていきましょう。

泡盛とは?原料や作り方・飲み方

Photo by JIRCAS

泡盛はタイ米を原料にして作られています。そのため、焼酎や日本酒とは違うお米の甘味が感じられるでしょう。また発酵には、温暖気候の沖縄に適した黒麹が使われているのも独特です。

最近ではいろいろな飲み方レシピが公開されています。しかし泡盛の味を活かしたいときには、やはり水割りが主流のようです。水で割った泡盛も時間が経てば経つほど、角が取れた味になっていきます。

おすすめの泡盛

Photo by rch850

最後に、おすすめの泡盛をご紹介していきます。初心者の方にもおすすめなもの、泡盛ファンの間で有名な銘柄などがありますので、沖縄や東京でこちらを見つけたら、ぜひ試してみてください。飲んでいるうちに、泡盛にハマってしまうこと間違いないでしょう。

瑞泉(瑞泉酒造)

1887年創業の歴史ある酒造所で作られています。仕次ぎ形式で成熟されたこの泡盛は深いコクと豊かな香りがあり、お肉料理と相性が良い泡盛として人気です。沖縄料理の原点を味わえるような泡盛かもしれません。

くら(ヘリオス酒造)

長期熟成させたこの泡盛は、味がとてもまろやかで芳醇なのが特徴的です。また、こだわりの樽と伝統的な製法を用いて、丁寧に作られています。「くら」はヘリオス酒造の商品の中でも長きにわたって人気のある泡盛で、多くの人に愛されているようです。

八重仙(八重仙酒造)

石垣島の自然の中、伝統の味を受け継いで育てられた泡盛になります。飲みやすさが特徴で、シチュエーションを選ばずに愉しめるようです。大勢が集まる場でも、毎日の楽しみにも飲まれているカジュアルな泡盛と言えるでしょう。

菊之露(菊之露酒造)

宮古島のミネラル豊富な水を使用して作られている有名なお酒で、水割りにしても泡盛の風味が失われにくいそうです。ほかの泡盛に比べてアルコール度数が低いようなので、よりお酒の味が感じられやすいのかもしれません。

残波ホワイト(比嘉酒造)

スッキリとした後味で、フルーティーさが口に広がります。泡盛を初めて試してみる方にはおすすめです。飲みやすいですが、風味が強いお酒ではないので、飲み方はロックか水割りのシンプルなものがいいそうです。

カリー春雨(富里酒造所)

複雑な風味を含有し、飲み進めるごとに新しい香りを感じられます。泡盛通におすすめされている逸品です。「カリー」は「めでたい」や「乾杯」を意味する沖縄の言葉のようですので、プレゼントとしても最適な泡盛でしょう。

美味しい沖縄料理を東京で味わおう!

Photo by ironypoisoning

本場の地に足を運んでみるのもいいですが、東京で沖縄の味や雰囲気が体験できるのはとても魅力的です。沖縄料理ファンの方も、まだあまり知らないという方も、ぜひいろいろな料理を試してみてください。

Natsumi
ライター

Natsumi

好奇心旺盛で、旅行が大好き。いつも、次の旅先を探しています。家にいるときは、お気に入りのソファで動物のドキュメンタリー映画を鑑賞するのが趣味です。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング