すき家の裏メニュー「キング」は凄い量!持ち帰りなど情報をまとめました

すき家の裏メニュー「キング」は凄い量!持ち帰りなど情報をまとめました

すき家には数多くの裏メニューが存在していますが、中でも注目を集めているのがメガの2倍もある「キング」です。そこでキングの量や値段から持ち帰りまで、気になる情報をまとめました。キング以外で人気のすき家の裏メニューもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.すき家の裏メニュー「キング」って知ってる?
  2. 2.すき家の裏メニュー「キング」の量について
  3. 3.すき家で「キング」ができるメニューは?
  4. 4.すき家の裏メニュー「キング」の値段について
  5. 5.すき家の裏メニュー「キング」は持ち帰りできる?
  6. 6.すき家「キング」以外のおすすめ裏メニュー
  7. 7.すき家でキングを注文してみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

すき家の裏メニュー「キング」って知ってる?

すき家はメニューごとにさまざまなサイズが展開されていて、最大量は牛丼ならメガ、カレーなら特盛りですが、さらにその上の「キング」があることをご存じでしょうか?実はキングは、公式には記載されていない裏メニューとして存在しているのです。

すき家のキングはもともと裏メニューではなく、レギュラーサイズでした。2009年8月から販売が始まり当初は大きな話題となりましたが、1年ほどで公式の情報から消えてしまったため、販売終了という噂を耳にした方もいるでしょう。

ところが実際は、スタッフに言えばすんなりオーダーが通ります。レシートにも「キング牛丼」、「キングカレー」としっかり印字されますから、すき家のキングは実在する裏メニューなのです。

Photo by yuiseki

ただしすき家では、キングのオーダーが通りにくい条件が2つあります。1つ目は、牛肉を始めとした材料の在庫が足りない場合です。

2つ目は、キングのレギュラーサイズでの販売が終了した後にオープンした店舗です。すき家ではサイズごとに器の大きさが決まっていて、キングは専用の超特大容器でしか提供できません。

Photo by sun_summer

そのため、以前から営業していた店舗なら専用の器を置いている可能性が高いですが、比較的新しい店舗は専用の器を準備していないケースがあります。心配な場合は店舗に直接確認するといいでしょう。電話番号は公式サイトでチェックできます。

情報をまとめると、すき家のキングは公式には記載されていませんが、材料や専用器の準備があれば対応可能という状況になっています。

すき家の魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報まで総まとめのイメージ
すき家の魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報まで総まとめ
すき家は牛丼はもちろん、カレーやうな丼、牛カルビ丼など様々なメニューが楽しめるチェーン店です。朝食や子供メニューもあり手軽に美味しい牛丼が楽しめると評判です。すき家のおすすめメニューやお得情報、牛丼のアレンジメニューなどすき家の魅力を徹底的にご紹介します。

すき家の裏メニュー「キング」の量について

すき家の「キング」とは、具体的にどの程度の量なのでしょうか?すき家の並盛やメガとの比較や、肉とごはんの重さをご紹介します。

メガ盛りの2倍

すき家のキングの量は、牛丼の場合メガのおよそ2倍です。すき家の牛丼の量はミニ、並盛、中盛、大盛、特盛、メガの6種類となっていて、メガの肉の量は並盛の3倍とされています。つまりすき家のキングの肉の量は、並盛の6倍ということになるのです。

またキングのごはんの量は並盛の2.5倍ほどありますから、すき家のキングは想像を絶するスケールと考えていいでしょう。

普通の人では食べきれない量

すき家のキングがどれほどすごい量なのかをわかりやすくするために、キング牛丼の重さをみていきましょう。キングの重さは肉が約510g、ごはんが約640gなので、総重量は何と1kg超えとなっています。

一般的にステーキ1人前は200g、男性でも300g食べればある程度お腹にたまる量とされていますから、通常は肉510gだけでも完食するのがキツイ量と言えるでしょう。加えてごはん640gというのは、コンビニのおにぎりに換算するとおよそ6個分に相当します。

Photo bymikuratv

ごはんを始めとした炭水化物や甘い物は早い段階で満腹を感じるため、多くの量を食べ続けるのが苦痛になりやすい食べ物です。炭水化物や甘い物を食べると血糖値が急激に上昇し、脳の中にある満腹中枢が察知して「これ以上食べなくていいよ」と指令を出します。

すると「もうお腹いっぱい」と感じるようになり、食べたいけど苦しいから飲み込めないといった状況に陥ることがよくあるのです。

すき家のキングは、並大抵のことでは食べきれない量ということがおわかりいただけたでしょうか?ごはんはいつも大盛り、あるいは人よりよく食べるという方がお腹を空かせて行ったとしても、簡単にクリアできるようなレベルではありません。

自信がある方は、まずすき家のメガで自らの限界を把握するのがおすすめです。メガの2倍がキングですから、自分のお腹と相談してキングへのチャレンジを決断しましょう。その上でトライを決めた方は、できれば助っ人を連れて行きたいところです。

「万が一食べられなかった場合でも助けてもらえる」という安心感から、落ち着いてすき家のキングと向き合うことができるのでもくもくと食べ進められるでしょう。

すき家で「キング」ができるメニューは?

Photo by MiNe (sfmine79)

すき家のキングは全てのメニューに対応しているわけではありません。すき家のキングをオーダーできるのは牛丼とカレーの2種類です。そこで、すき家のキング牛丼とキングカレーの凄さや、気になるカロリーをご紹介します。

牛丼

すき家の並盛牛丼は肉とごはんの割合が「1対4」なのに対し、キングは「1対1.3」と圧倒的に肉の量が多い1杯になっています。そのため巨大な器でキングが登場した時の外観は超山盛りの肉のみで、ごはんは全く見えません。

もちろん肉の下には、今まで目にしたことがないような量のごはんがぎっしり詰まっていてものすごいボリュームの断面になっているわけですが、しっかりつゆが染み込んでいて底にもつゆが溜まっています。

すき家のキングはつゆだくに近い状態で仕上げられている上に、ごはんに対する肉の量が並盛よりもはるかに多いため、特に配分を考えて食べなくても白いごはんだけが余ってしまうという心配は少ないでしょう。肉好きには嬉しい限りです。

ここで気になるのがすき家のキング牛丼のカロリーですが、驚異の「約2240kcal」とされています。1日に必要な摂取カロリーの目安は、デスクワーク中心の男性なら20代でも2250kcalです。

当然年齢が上がるほど必要な摂取カロリーは少なくなりますから、すき家のキングは成人男性が1日に必要とする摂取目安量とほぼ同量と考えていいでしょう。

すき家のキングを完食する!と決意したからにはカロリーのことを考えないのが鉄則ですが、立ちはだかる巨大な壁を乗り越えるためには実際のボリュームをカロリーとして現実的に捉えておくことも大切です。

並盛「約730kcal」、メガ「約1460kcal」ですから、すき家のキングは並盛の約3倍、メガの約1.5倍のボリューム感ということを心得ておきましょう。

カレー

すき家のキングカレーはごはんが並盛の約3倍、ルーが約4倍と言われています。並盛はごはんが約260g、ルーが約150gと推測できるので、キングカレーはごはんが約780g、ルーが約600gと考えていいでしょう。

つまり、すき家のキングカレーの総重量はキング牛丼を超える「約1.4kg」という計算になります。ごはん780gはコンビニのおにぎり約7個分、ルー600gは一般的なレトルトカレー約3個分に相当する量です。

これほど大量のごはんが豪快に盛られ、お皿から溢れ落ちそうなほどルーがなみなみと注がれた超巨大な1皿は、見ているだけでお腹がいっぱいになります。

箸休めとして重要な役割をしてくれる福神漬けは、2倍の量まで無料サービスとしている店舗もあるので前もって確認しておくといいでしょう。

ではカロリーはというと、並盛の約750kcalから計算するとキングは「約2520kcal」です。2500kcalは1日を通して立ち仕事や営業で動き回っている成人男性が、1日に必要とする摂取カロリーの目安量と同程度になります。

カレーは牛丼よりもサラサラと食べやすく、香辛料が食欲を刺激するため「キングでも完食できそう」という期待が高まりますが、「約1.4kg」の壁はそう甘くはありません。

やはり万全の体制で本番を迎えるためには準備運動が必要ですので、キングカレーへの挑戦は特盛を食べてから決断するのが賢明です。

美味しいと評判の高いすき家のカレー!メガサイズや持ち帰りの情報まとめのイメージ
美味しいと評判の高いすき家のカレー!メガサイズや持ち帰りの情報まとめ
おいしいと評判の高いすき家のカレーは、幅広い世代に人気のメニューです。今回は、すき家のメニューの中でもカレーを中心に、メガサイズや持ち帰り情報、裏メニューのキングサイズについて詳しくご紹介していきます!気になる方はぜひ、すき家のカレーを食べに行ってみて下さい!

すき家の裏メニュー「キング」の値段について

すき家のキング牛丼の値段は「1140円」、キングカレーが「1040円」ですが、並盛と比べてコスパが良いと言えるのか気になるところです。そこで、それぞれの重さと値段を詳しく確認してみましょう。

すき家の牛丼は並盛の値段「350円」、ごはんの重さ「約250g」、肉の重さ「約80g」です。一方キングは値段「1140円」、ごはんの重さ「約640g」、肉の重さ「約510g」です。つまりすき家のキング牛丼全体の重さは、牛丼並盛約2.5杯+牛皿並盛約4皿分が目安と考えることができます。

牛皿並盛は260円なので、牛丼並盛2.5杯+牛皿並盛4皿の値段は「1915円」です。ただし牛丼として注文する場合と、ごはんと牛皿を単品で注文する場合とでは値段や重さに誤差があるため正確な比較ではありません。

あくまでもおおよその値段ではありますが、誤差を考慮したとしてもすき家のキング牛丼は大変お得で、コスパが良いと言えるでしょう。

続いてすき家のキングカレーの値段を比較してみましょう。並盛は値段「490円」、ごはんの重さ「約260g」、ルーの重さ「約150g」です。一方キングは値段「1040円」、ごはんの重さ「約780g」、ルーの重さ「約600g」です。

つまりすき家のキングカレー全体の重さは、カレーライス並盛約3杯+カレールー並盛約1皿分が目安と考えることができます。カレールー並盛の値段を490円-160円(ごはん並盛)=330円と計算した場合、カレーライス並盛3杯+カレールー並盛1皿の値段は「1800円」が目安です。

ただし牛丼と同様、値段や重さには誤差がありますし、カレールーは単品として存在していないので値段は正確ではありません。それでもやはり、すき家のキングカレーも大変お得でコスパが良いと言っていいでしょう。

すき家の裏メニュー「キング」は持ち帰りできる?

すき家のキングは持ち帰りできるのでしょうか?日常生活ではなかなかお目にかかれないボリュームなので、持ち帰りをして食卓に置けばその場が盛り上がりそうですが、残念ながらすき家ではキングの持ち帰りは行っていません。

持ち帰りができない大きな理由は、単純にキング専用の容器を準備していないためと言われています。

自宅ですき家のキング牛丼を楽しみたい場合はメガ(780円)2つの持ち帰りで代用できますが、ごはんの割合が多いので少し減らして調整するというのも1つの方法です。ただし持ち帰りにすると、店内で食べるよりも値段が420円高くなってコスパが悪くなります。

Photo byPexels

そこで利用したいのがネット通販です。すき家の牛丼の具は冷凍食品としてネットショップで取り扱っていて、すき家の店舗で持ち帰りするよりもお得に購入できます。ごはんを準備し、具を温めるだけで憧れのキングを再現できるわけですから、ぜひチャレンジしてみてください!

すき家のキング牛丼をお得に楽しむなら、楽天市場の1食135g×20パック(5500円・送料無料)がおすすめです。4パックでキングと同程度の肉の量になるので、具の値段は1100円になります。

Photo byStockSnap

また自宅で炊いたごはんの場合、1杯(200g)の値段は30円が相場ですから、キングと同じ640gのごはんの値段は約100円です。具とごはんを合計すると1200円になるため持ち帰りするよりはるかにお得ですし、店舗で食べるのとほぼ同じ値段でキングを再現できます。

ただ数量が多い分金額も大きく、20パックを保管できるだけの冷凍庫のスペースも必要になるというデメリットがあります。そのため数人でシェア購入をしたり友達同士でキングにチャレンジしたりと、使い道を決めてから購入するといいでしょう。

すき家「キング」以外のおすすめ裏メニュー

Photo by Party0

すき家にはキング以外にも多くの裏メニューが存在しています。そこで、すき家でおすすめの裏メニュー4選をご紹介しましょう。ただしメニューにはない、あくまでも「裏メニュー」としてのご紹介ですので注文しても断られる可能性があります。お店の迷惑にならないように注意しましょう。

トッピング全部のせ

すき家の牛丼には「トッピング全部のせ」という裏メニューがあり、文字通りトッピングを山盛りに乗せた迫力満点の1杯です。

牛丼にのせられるすき家のトッピングは7種類で、キムチ、ねぎ玉、おろしポン酢、高菜明太マヨ、わさび山かけ、かつおぶしオクラ、とろ~り3種のチーズというラインナップになっています。

とろ~り3種のチーズ自体が公式に記載されていない裏トッピングですが、スタッフにオーダーすればお好みのメニューとの組み合わせが可能です。

7種類それぞれが牛丼と抜群の相性を保証された人気の顔ぶればかりですから、全てを盛り合わせればどれだけ美味しくなるのかワクワクせずにはいられません。ぜひすき家のスタッフに、「トッピング全部のせ」と注文してみましょう。

すると「牛丼を盛るのは大きい器にしますか?」「全部盛り合わせてお出ししていいですか?」「それともトッピングは個別にお持ちしますか?」と提案されるので、好みのスタイルで注文できます。

あっと驚きたい方はすき家のスタッフに盛り付けてもらってもいいですが、7種類のトッピングを自由にのせてオリジナル牛丼を完成させるのも楽しいものです。

ただし並盛の丼ではてんこ盛り状態になってしまうため、ごはんとトッピングをなかなか一緒に食べられないですし、食べる時にボロボロこぼれてしまいます。そのため、注文したサイズよりも大きい器に牛丼を盛ってもらった方がいいでしょう。

見た目の凄いボリュームに反し、チーズと明太マヨ以外のトッピングは野菜中心であっさりしているため、意外とスルスル食べられそうです。

ただし食欲旺盛な男性でもお腹がいっぱいになるほどの食べごたえなので、気合いを入れてオーダーしましょう。トッピング7種類の値段は合計910円です。持ち帰りもOKですから、自宅で人目を気にせずに全部のせを楽しんでもいいでしょう。

つゆだく限界ビシャビシャ

すき家では、牛丼のつゆを好みの量に無料でカスタマイズできます。実はつゆの量は7段階に分けられていて、最もつゆの量が多い裏メニューこそが「つゆだく限界ビシャビシャ」なのです。

7段階のつゆの量は、つゆを入れない「つゆ抜き」、通常の半量の「つゆ少なめ」、通常の1.5倍量の「つゆちょいだく」、通常の2倍量の「つゆだく」、通常の3倍量の「つゆだくだく」、通常の4倍量の「つゆだくだくだく」、そして丼の限界まで入れる「つゆだく限界ビシャビシャ」となっています。

「つゆだく限界ビシャビシャ」はすき家のスタッフが丼から溢れるギリギリまでつゆを入れるサービスなので、つゆの明確な量は決まっていません。店舗や牛丼の内容によって量が異なり、実際に入れたつゆの量は「だく」の数でレシートに印字されます。

例えば「つゆだく限界ビシャビシャだくだくだくだくだくだく」なら、「だく」が6回カウントされているので通常の7倍量のつゆが入っているという考え方です。まるでお茶漬けのような見た目の牛丼が登場しますから、つゆだくファンにとってはたまらない1杯になるでしょう。

ただし、通常の4倍量の「つゆだくだくだく」以降に関しては対応していない店舗もあります。「つゆだく限界ビシャビシャ」をオーダーしたい場合は、前もって確認しておくことをおすすめします。

肉下

すき家の裏メニューの中でも、密かに話題を集めているのが牛丼の「肉下」です。肉下には「チーズの肉下」とオーソドックスな「肉下」の2種類があり、どちらも持ち帰りができます。

チーズの肉下とは、すき家の人気メニュー「とろ~り3種のチーズ牛丼」のチーズを肉の下に盛り付けてもらう方法です。通常は肉の上にチーズがのっていますが、肉下は温かい肉とごはんにチーズがサンドされる状態になります。

そのためチーズが最高にとろとろと溶け、肉・チーズ・ごはんを三位一体にしてくれるのです。さらにすき家の美味しい牛丼のつゆをたっぷり吸ったチーズはコクと旨みが倍増し、ごはんに絡まることでドリアのような味わいも生み出します。

チーズの肉下は驚きと感動を隠せないとっておきの裏技ですから、ぜひ1度試してみてください!見た目はすき家のシンプルな牛丼なので、サプライズでチーズの肉下を持ち帰りすれば、相手はとびきりの笑顔で喜んでくれるでしょう。

続いてオーソドックスな「肉下」とは、すき家の定番牛丼のごはんを上、肉を下に盛り付けてもらう方法です。牛丼を食べていたら、具が先になくなって白いごはんだけが残ってしまったという経験はないでしょうか?

肉下は、そんなごはんだけが取り残されるという問題を解決してくれる画期的なアイデアと言えます。第一印象はごはんしか見えない白一色の丼ですが、下からたっぷりと肉が現れるといつも以上にテンションが上がるものです。

肉下ならごはんが残るどころか、最後の一口を肉で締めくくることもできてしまいます。ただごはんがつゆに浸透しにくいので、時々混ぜながら食べ進めるといいでしょう。食べ慣れたはずのすき家の牛丼に変化が生まれ、自宅へ持ち帰りしても普段とは違った楽しみ方ができそうです。

味噌汁の水割り

すき家の裏メニューでは、味噌汁の熱さや濃さを自分好みに仕上げてもらうことができます。味噌汁の水割りとは通常の味噌汁に水を足したもので、猫舌の方や塩分を気にしている方におすすめの注文方法です。

すき家ではアツアツの味噌汁が提供されて嬉しいのですが、猫舌の場合は飲みたくてもすぐには飲めないため、他のメニューを先に食べながら味噌汁が冷めるのをしばらく待つ必要があります。

その点味噌汁の水割りなら、運ばれてすぐに飲める適度な温かさなので、最初の一口を味噌汁からスタートすることも可能なのです。一方味噌汁の温度は下げずに濃さを薄めたい場合は、味噌汁のお湯割りもオーダーできます。

普段から塩分に気をつけていたり、もともと薄味を好む方はたくさんいるので、すき家へ行ったら気軽に「味噌汁の水割り」や「味噌汁のお湯割り」をオーダーしましょう。

すき家でキングを注文してみよう!

すき家のキングは凄い迫力と、圧倒的なボリューム感の裏メニューです。簡単にはクリアできないサイズだからこそ、見事に完食できれば大きな達成感を得られ、清々しい気分にさえなるでしょう。

持ち帰りはできませんが、ネット通販を利用すればすき家のキング牛丼をお得に再現できます。コスパの良いすき家の「キング」に、ぜひチャレンジしてみましょう!
 

佐藤綾
ライター

佐藤綾

2児の母です。家族で色々な場所へ出かけ、美味しいものを食べるのが一番の楽しみです!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング