千葉の紫陽花(あじさい)の名所5選!見頃やおすすめの穴場も

千葉の紫陽花(あじさい)の名所5選!見頃やおすすめの穴場も

千葉といえば、観光名所も多く、季節の花が楽しめるスポットがたくさんあります。6月に満開になる「紫陽花」の名所もあり、梅雨時も美しい景色を見ることができます。今回は、千葉の紫陽花が見られる場所でもおすすめの場所を5つご紹介します。

記事の目次

  1. 1.千葉で紫陽花が見られる名所はどこ?
  2. 2.千葉の紫陽花の名所3選
  3. 3.千葉の紫陽花のおすすめの穴場2選
  4. 4.千葉の紫陽花を見に行こう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

千葉で紫陽花が見られる名所はどこ?

Photo byKapa65

東京のお隣の千葉県は、観光スポットも多く、季節の花が楽しめる公園もあります。気候が温暖で、1年中花が見ることができますが、紫陽花の名所も少なくありません。公園の他に、お寺や道の駅でも見られます。

紫陽花ってどんな花?見頃はいつ?

Photo by iyoupapa

日本には、北海道から九州まで紫陽花の名所と呼ばれるスポットがあり、多くの人に愛されている花です。紫陽花の原産地は日本といわれます。日本の気候に合った花の種類といえます。

紫陽花とはアジサイ科アジサイ属の花の総称のことをいいます。紫陽花の原種は、日本で生まれた「ガクアジサイ」といわれます。品種改良をして作られた紫陽花が、いわゆる手毬のような形の「ホンアジサイ」です。

Photo byNennieinszweidrei

紫陽花の花は主に観賞用に栽培され、日本だけでなくアメリカやヨーロッパでも見ることができます。花の時期は6月~7月で、梅雨の頃が見頃になっています。関東地方にある千葉県は6月の初め頃から花が楽しめます。

千葉の紫陽花の名所3選

Photo bymatthiasboeckel

紫陽花は、ブルーもしくは紫が中心ですが、白や赤、ピンク系の花もあります。目にも鮮やかな色とりどりの花の競演も見られます。ここからは、千葉県でおすすめのスポットをご紹介します。

本土寺(千葉県松戸市)

千葉県松戸市の「本土寺」は、千葉県内でも有数の紫陽花の名所です。境内には、10種類約5万株の紫陽花が植えられており、6月中旬頃が見頃になります。

紫陽花以外にも、春は満開の桜、秋は紅葉が見られるお寺で有名です。6月の初めには菖蒲が見頃になり、紫陽花との競演も楽しむことができます。

本土寺は、鎌倉時代から続く日蓮宗の寺院で「乳出のご霊水日像菩薩誕生水の井戸」があるため、安産祈願のお寺ともいわれます。また、宝物殿に収められている「梵鐘」は、千葉県で2番目に古いもので、国の重要文化財にも指定されています。

住所 千葉県松戸市平賀63
電話番号 047-346-2121

服部農園(千葉県茂原市)

山の斜面に咲く紫陽花が壮観なのが、千葉県茂原市の「服部農園」です。いちご農家からスタートした服部農園は、30年ほど前から紫陽花の栽培をを始めました。今では、茂原の「あじさい屋敷」として有名です。

6月1日~7月上旬まで期間限定で営業しており、300種類1万株の紫陽花が見られます。日本の土壌で育てるのが難しい、赤系の紫陽花が多く栽培されています。

服部農園は、小高い丘になっており、山頂から見下ろす景色も美しいことで知られています。紫陽花と絶景の両方が見られるスポットになります。

住所 千葉県茂原市三ケ谷719
電話番号 0475-24-8511

道の駅 多古(千葉県香取郡)

展望ラウンジから眺める景色が素晴らしいのが、千葉県香取郡多古町の「道の駅 多古」です。目の前に流れる栗山川の堤防は「あじさい遊歩道」といい、約1万株の紫陽花を見ることができます。

初夏になるとブルー系をはじめ、ピンク系や白といったカラフルな紫陽花で遊歩道が彩られます。多古町の田園風景が華やかになる季節ともいえます。

紫陽花以外にも、春は菜の花、秋はコスモスというように季節の花々が楽しめるスポットになっています。お花が好きな人にとっては最高の場所といえます。

住所 千葉県香取郡多古町多古1069-1
電話番号 0479-79-3456

千葉の紫陽花のおすすめの穴場2選

Photo by wanko

千葉は、1年中花が楽しめる地域となっており、紫陽花の名所も多い地域です。そのなかでも、穴場的なスポットを2ヶ所ご紹介します。紫陽花の色や品種にこだわって見たいという人におすすめです。

麻綿原高原(千葉県夷隅郡大多喜町)

千葉県夷隅郡大多喜町の「麻綿原高原」は、6月下旬から7月中旬頃まで紫陽花を楽しむことができます。県内の他の紫陽花の名所よりも遅めにシーズンを迎えるため、穴場的なスポットともいわれます。

麻綿原高原の紫陽花は、頂上にある「妙法生寺」の住職が昭和26年に植えたのが始まりといわれます。現在、高原内には2万株の紫陽花が植えられています。

麻綿原高原の紫陽花は「ホンアジサイ」のなかでも、白からブルーに色が変化する品種です。花の咲き始めと終わりの頃では、色が違います。山の中腹から頂上まで、美しい色合いの紫陽花を見ることができます。

住所 千葉県夷隅郡大多喜町筒森1749
電話番号

日本寺(千葉県香取郡多古町)

珍しい種類の紫陽花を見たいという人におすすめの場所が、千葉県香取郡多古町の「日本寺」です。8000株の紫陽花を楽しめる名所として知られており、境内には「あじさい庭園」も設けています。

千葉県内でも色とりどりの紫陽花が見られるスポットで、花の種類も豊富です。参道から境内までの遊歩道にもたくさんの紫陽花が咲いています。

日本寺は、関東三大檀林の一つである「中村檀林」があったお寺でも有名です。境内には僧侶たちの学び舎も残っており、見所の多いお寺といえます。

住所 千葉県香取郡多古町南中1820-1
電話番号 0479-76-3745

千葉の紫陽花を見に行こう

Photo by T.Kiya

千葉には有名処から穴場的な場所まで、たくさんの紫陽花の名所があります。花の時期も6月初めから7月中旬頃まで楽しめます。美しい自然を楽しみたい人は、千葉の紫陽花を見に行きましょう。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

hiramiho
ライター

hiramiho

ヤクルトスワローズ、フィギュアスケート、ミュージカルが大好きです。美味しいものを食べるのが好きで、手頃な値段で味が良いお店を探しています。旅行にグルメに、面白い記事が書けるように頑張ります!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング