冷凍卵を使った美味しいレシピをご紹介!おすすめの食べ方は?

冷凍卵を使った美味しいレシピをご紹介!おすすめの食べ方は?

卵は家庭には欠かせない、食材の1つです。卵を使った料理の中でも、冷凍卵を使った料理が話題になっています。冷凍卵を聞いたことがない方も、ぜひ冷凍卵を使った料理を作ってみてください。冷凍卵の作り方や食べ方、美味しいレシピなどを紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.子供から大人まで大好きな卵!
  2. 2.冷凍卵のつくりかた
  3. 3.冷凍卵の解凍方法は?
  4. 4.冷凍卵の美味しい食べ方とは?
  5. 5.冷凍卵のアレンジレシピも紹介!
  6. 6.冷凍卵をお家で味わってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

子供から大人まで大好きな卵!

Photo byOldmermaid

卵はスーパーやコンビニなどに売られている、食材の必須アイテムです。卵を使った料理の種類は豊富で、自炊をする方にとっては当たり前のような存在でもあります。

卵を使った料理は、子供から大人まで大好きです。卵は低価格な食材でもあるので、食費を節約したい方にもおすすめしたい食材です。

Photo bystevepb

卵を使った料理の中でも、冷凍した卵を使った料理が注目されています。冷凍卵を使うことによって、通常の卵を使った料理とは少し違うテイストになるとも言われています。

冷凍卵を使うことによって、調理工程の中でも面倒な手間を省くことができる料理もあります。時短につながることもあるので、特に主婦の方は冷凍卵を活用するといいでしょう。

Photo bycongerdesign

今回の記事では、冷凍卵の作り方やおすすめの調理方法などをお伝えしていきます。冷凍卵を作る際の注意点や美味しいレシピなど、自炊をしている方は必見です。

冷凍卵の保存方法や食べ方など、知らなかったという方はぜひ試してみてください。卵はどこでもいつでも気軽に、購入することができる食べ物です。晩御飯のレシピに悩んでいる方は、ぜひ晩御飯のおかずに活用してみてください。

卵は冷凍保存できる?その方法や食べ方を知ろう!

Photo bycongerdesign

まず卵を冷凍していいのと、耳を疑った方もいることでしょう。卵は冷凍すれば、賞味期限以上に保存することができます。そのため、腐ったからといって捨ててしまうようなもったいないことが起こることがなくなります。

卵を冷凍保存することによって、食べ方の幅も広がります。冷凍卵でしか作ることができない美味しいレシピなどもあります。どれもおすすめの料理ばかりです。

これから冷凍卵の作り方や保存の仕方、解凍の方法までお伝えしていきます。冷凍から解凍までの手順は簡単なので、料理初心者の方でも気軽に試してみてください。

Photo by kynbit

冷凍卵の美味しい食べ方は、たくさんあります。子供も大喜びするレシピも満載です。お弁当の1品や晩御飯のおかずなどに、冷凍卵は大活躍します。

また美味しいおすすめの卵も紹介します。美味しいおすすめの卵を使った冷凍卵で、絶品料理を作ってみましょう。冷凍卵で朝御飯から晩御飯まで、レシピのレパートリーは豊富です。

いろいろな種類の卵を購入して、冷凍卵を作ってみてもいいでしょう。いろいろな冷凍卵を食べ比べしたり、さまざまなレシピに挑み、お気に入りの卵の種類や料理を見つけてみましょう。

冷凍卵のつくりかた

冷凍卵は、思ったよりも簡単に作ることができます。卵を冷凍することによって、調理時間を短縮することができるだけではなく、クリーミーな黄身に仕上がります。

卵を冷凍することによって、より美味しい卵料理に仕上がります。卵料理といえば、「目玉焼き」や「卵かけご飯」などが一般的な卵料理です。どれも冷凍卵を使うことによって、一味違った食べ方ができます。

卵を冷凍する際は、卵を1つずつ分けて冷凍する必要はありません。パックに入ったまま冷凍することがおすすめなので、特別な手間などがかかることもありません。

卵は冷凍すると、卵の殻にひびが入ります。中身が漏れて冷凍庫内を汚してしまうことを防ぐためにも、あらかじめパックごと冷凍することがポイントとなります。

冷凍卵を作る際は、殻つきのまま、冷凍するようにしましょう。殻つきのまま、パックごと冷凍庫に入れるだけで、冷凍卵を作ることができます。とても簡単なので、一人暮らしをしている方の自炊にもおすすめです。

卵にはコリンという成分が含まれています。コリンは認知症にもきく成分とも言われていますが、熱に弱い面があります。冷凍卵は最低限の過熱で済むので、コリンという成分を壊すこともありません。

冷凍卵をつくる際の注意点は?

Photo byMyriams-Fotos

冷凍卵は、とても簡単に手軽に作ることができます。冷凍卵を作る際には、少し注意しておくポイントがあるので、注意点を踏まえて美味しい冷凍卵を作りましょう。

卵を冷凍すると、必ずといっていいほど殻にひびが入ってしまいます。すると冷凍される最中に、卵の中身がこぼれてしまうことがあります。

Photo byAlexas_Fotos

ひびが入って卵の中身が冷凍庫内を汚してしまうことを避けるために、パックに入れたままや別の入れ物に移してから冷凍することをおすすめします。

1番便利な冷凍の仕方は、スーパーで卵を購入して、パックのまま冷凍庫に入れるだけです。数個だけ冷凍する場合でも、場所をあまりとらないので試してみる価値があります。

冷凍卵は、冷凍前の卵に比べて、黄身がしっかりしています。冷凍卵の黄身はとても濃厚で、馴染みのある卵料理も少し違ったテイストで美味しく仕上がります。冷凍卵を活用して、絶品卵料理を作りましょう。

美味しい卵も紹介します!

フリー写真素材ぱくたそ

美味しい卵が収穫される地域には、美味しい水や餌が豊富にあることが1番の条件です。スーパーに並んでいる卵の中でも、高い値段の卵がありますが、産地が卵づくりに恵まれていることがほとんどです。

卵を産むにわとりが口に含むものによって、とても影響されます。さらに、にわとりが暮らす環境も、美味しい卵を作ることができるかどうかにとても関わってきます。

これから通販でも注文することができる、美味しい卵を紹介していきます。ぜひ冷凍卵などに活用して、より美味しい冷凍卵を使った料理に挑戦していきましょう。

1番目に紹介する美味しい卵は、鹿島農場の「つまんでご卵」です。名前から注目されている卵ですが、黄身をつまむことができるほど、弾力がありしっかりしています。

2番目に紹介する美味しい卵は、櫛田養鶏場の「おいしい赤卵」です。櫛田養鶏場で育てられているにわとりたちは、愛知県名物である名古屋コーチンと同じ餌を食べています。質のいい餌を食べているからこそ、質のいい卵を産むことができます。

3番目に紹介する美味しい卵は、大原農園の「さくらたまご」です。黄身だけではなく、白身にも甘みが含まれていると話題になっています。子供の弁当のおかずに冷凍卵を使う方に、とてもおすすめな卵です。

冷凍卵の解凍方法は?

卵を冷凍したものの、解凍する方法が分からないという方がいることでしょう。冷凍卵を解凍する方法もとても簡単なので、冷凍卵をどんどん活用していきましょう。

冷凍庫で冷凍したばかりの卵は、殻にひびが入っていることでしょう。冷凍したら、そのまま殻をむきましょう。凍っているので、簡単に殻むきをすることができます。

殻から取り出した冷凍卵は、黄身をまとっている白身は、少し透明がかっています。そのまま解凍すると、通常の生卵と変わらずに使うことができます。

また冷凍されたまま、調理することも可能です。冷凍することによって、簡単に作れるレシピもあるので、主婦の方は必見です。

1度解凍した卵は、そのまま使うようにしましょう。1度の冷凍で、通常の保存期間より長く保存することができます。通販では1度にたくさんの卵を購入することができるので、冷凍して保存期間を延ばしましょう。

自然解凍がおすすめ!

フリー写真素材ぱくたそ

冷凍卵を解凍するには、「自然解凍」がおすすめです。冷凍庫から卵を取り出し、台所に置いておくだけなので、とても簡単に解凍することができます。

自然解凍するときは、1時間が目安時間です。冷凍卵を作るには24時間かかります。そのため最短でも1日ちょっとあれば、解凍された冷凍卵を食べることができます。

フリー写真素材ぱくたそ

解凍した冷凍卵は、通常の生卵と見た目は変わりません。しかし黄身の濃厚さは冷凍卵の方が上回っており、同じレシピの卵料理でも感じ方が違います。

解凍した冷凍卵で、さまざまな美味しいレシピに挑戦してみましょう。また長い間保存もきくので、卵を買い置きすることもできるようになります。

Photo byNickyPe

卵の一般的な賞味期限は、1週間から2週間です。生卵の場合が1週間から2週間ではありますが、ゆでてしまうと2日から3日ほどしか保存することができません。

冷凍した卵は、冷凍してから1カ月も保存することができます。生卵やゆで卵とは違い、長い期間冷凍保存することができるところは1番の魅力でしょう。

冷凍卵の美味しい食べ方とは?

Photo byesigie

冷凍卵は、生卵と同じように調理に利用することができます。生卵よりも食べ方の幅が広がり、より美味しい卵料理を食べることができるのでおすすめです。

冷凍卵を使った美味しい食べ方はたくさんあります。気軽に簡単に作ることができるずぼら飯や、晩御飯のおかずの1品におすすめな卵料理など、状況に合わせたレシピがさまざまです。

これから気軽に作ることができる、冷凍卵の食べ方を紹介していきます。家庭の冷蔵庫などにある食材でできる料理ばかりなので、今からでも試すことができます。

生卵でもできる料理ですが、冷凍卵を使うことによって、また新たな料理だと感じることでしょう。あえて冷凍卵を使っていると、友達に自慢してみてもいいでしょう。

卵かけご飯やおにぎりにする!

卵を使った食べ方の中でも、「卵かけご飯」が1番王道ではないでしょうか。卵かけご飯は子供でも簡単に作ることができる食べ方で、火を使わずに即席で食べることができる卵料理です。

生卵でも十分美味しいですが、冷凍卵を使うことによって、より濃厚な卵かけご飯に仕上がります。また生卵の白身が苦手という方でも、冷凍卵を使うことによって、ドロドロとした白身の感触を消すことができます。

冷凍して解凍した卵を、醤油に浸しておくと、白米の上で醤油をたらして食べる必要がなくなります。つい醤油をかけすぎてしまい、しょっぱい卵かけご飯になってしまったという方がいるのではないでしょうか。そのような心配も解消されることでしょう。

また卵かけご飯は、納豆との相性も抜群です。それは、冷凍卵でも同じことが言えます。冷凍卵と納豆の卵納豆かけご飯で、しっかりスタミナをつけて栄養をとりましょう。

卵かけご飯の次におすすめする、冷凍卵の美味しい食べ方は「おにぎり」です。シンプルな響きですが、冷凍卵で絶品おにぎり料理に仕上がります。

白米と解凍した冷凍卵、ある方は海苔で絶品おにぎりを作ることができます。冷凍卵は解凍した後に、出汁醤油と酒を合わせたものに20分ほど浸しておきましょう。

白米は、温かい状態で使いましょう。温かいご飯をラップの上やお椀に入れ、真ん中にくぼみを作りましょう。くぼみに味がしみ込んだ黄身を入れ、おにぎりの形に握るとだいたいは完成です。

海苔で包むと、いいアクセントになります。また白米だけではなく、チャーハンやチキンライス、ケチャップライスなどを白米の代わりに使用すると、また一味違った絶品おにぎりに大変身です。

冷凍卵のアレンジレシピも紹介!

フリー写真素材ぱくたそ

冷凍卵を使った美味しい食べ方は、他にもたくさんあります。普段作る料理のレシピに、冷凍卵でひと工夫することもできます。子供もきっと喜ぶことでしょう。

冷凍卵を愛用している方が知る、冷凍卵を使ったアレンジレシピを紹介していきます。晩御飯におすすめのレシピなので、今晩のおかずに悩んでいる方は活用してみましょう。

また作り方や工夫によっては、お弁当のおかずのサイズに作ることもできます。作り置きすることができるレシピもあるので、タッパーなどに入れて保存しておくこともいいでしょう。

これから紹介する冷凍卵を使ったアレンジレシピは、冷凍した卵だからこそ簡単に作ることができます。黄身が固まっているので、扱いやすいという魅力もあります。

固まっているからハンバーグに入れたり天ぷらにも!

冷凍卵をひと工夫することで、絶品料理に変身するメニューは、「ハンバーグ」です。冷凍卵を解凍せずに使うことによって、ハンバーグのタネで卵を包むことが可能になります。

調理方法は通常のハンバーグと同じで、焼き方なども特にこだわる必要はありません。焼いている最中に、ハンバーグのタネの中で冷凍卵は勝手に解凍するので問題ありません。

子供に大人気のハンバーグも、冷凍卵でアレンジすることによって、子供の心をがっちり掴むことができるでしょう。人気定番おかずランキングに、冷凍卵入りハンバーグが上位に入ること間違いなしです。

冷凍卵をハンバーグの中に入れるだけでも、一味違ったハンバーグに仕上がりますが、そこにさらにチーズを乗せてもいいでしょう。美味しいこと間違いなしです。

冷凍卵は、「天ぷら」にも最適です。冷凍庫から卵を取り出し、解凍せずに衣をつけて揚げるだけです。凍っているので、黄身も固まっており天ぷらの衣もつけやすいです。

冷凍卵を天ぷらにする際は、火加減や加熱時間によって、半熟にすることもできます。好みに合わせて加熱し、絶品の卵の天ぷらを作りましょう。

エグロワイヤルは高級卵!コンビニスイーツで手軽に味わえるって本当?のイメージ
エグロワイヤルは高級卵!コンビニスイーツで手軽に味わえるって本当?
コンビニで「エグロワイヤル」のシールが貼られた洋菓子を見たことがある人もいるでしょう。何を隠そう、エグロワイヤルは1個50円相当もする高級卵なのです。普通なかなか食べる機会がありませんが、ご褒美スイーツとして知らない間に食べていたかも?知られざる魅力をご紹介!

冷凍卵をお家で味わってみよう!

フリー写真素材ぱくたそ

冷凍卵は、卵を使って簡単に作ることができます。冷凍卵を使った料理もたくさんあります。一人暮らししている方や、日々家族のためにご飯を作っている主婦の方などは、ぜひ冷凍卵を生かした料理に挑戦してみましょう。

蔭西優愛
ライター

蔭西優愛

こんにちは!ライター歴2年半の20代シンママです!文章を書くことが大好きです。子供にもわかりやすい記事になるよう、日々精進しています。「調べて・見て・感じる」ような記事を目指しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング