静岡観光で名所の滝めぐり!有名なパワースポットで大自然を満喫

静岡観光で名所の滝めぐり!有名なパワースポットで大自然を満喫

マイナスイオンに癒され、自然の大きさを感じられる優雅な滝にはパワースポットも多く存在します。日本の中部に位置し、世界遺産に登録された富士山も見える静岡で、たくさんの滝をいくつかめぐってみませんか。今回は、静岡の中でも特に有名な滝をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.静岡の滝の名所めぐりで大自然を満喫しよう
  2. 2.静岡県富士宮市にある滝の名所3選
  3. 3.静岡県静岡市にある滝の名所3選
  4. 4.静岡県裾野市にある滝の名所1選
  5. 5.静岡県伊豆市にある滝の名所2選
  6. 6.静岡県の浜松市にある滝の名所2選
  7. 7.静岡にはパワースポットとして有名な滝がたくさん!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

静岡の滝の名所めぐりで大自然を満喫しよう

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

静岡は東日本と西日本を分割するように断層が数多く集まっているため、地形や環境の違いから滝の特徴は様々です。滝と一括りに言っても、高い所から打ち付ける激しいものもあれば、低い所を穏やかに流れるものなど様々な種類の滝があります。

静岡にはこうした特徴のある滝がたくさんあり、観光名所として有名な滝も存在します。それぞれの滝の特徴を楽しみながら静岡の滝を観光してみましょう。新たな滝の魅力を感じながら、静岡の自然を満喫できるはずです。

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

また、パワースポットで有名な滝や、観光地の近くにある滝など、ロケーションが抜群の滝も静岡にはたくさんあります。様々な滝をめぐりながら、静岡の新たな魅力の発見もできるはずです。今回紹介する滝の中から、興味のある滝を見つけてみてください。

静岡で滝を観光する時に気をつけたいこと

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

静岡の大自然の中で滝を眺めながら癒される時間は、特別で贅沢な時間です。しかし、自然が相手だということを忘れてはいけません。滝を楽しむためには、日中の明るい時間を選びましょう。夕方以降は暗くなり、足元には注意が必要です。

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

気候や気温の変化にも注意が必要です。前もって、観光場所にある滝の周辺の天気は確認しておきましょう。滝のある山などの天気は変わりやすく、あらかじめ知っておくことは重要です。静岡での観光を楽しむために、確認しておきましょう。

また、有名な観光地では特に多くの観光客がいるため、ゴミの処理は大きな問題です。自然の中に捨てたりせずに、必ず自分で持ち帰るなどの処理をしましょう。自然を大切にし、パワースポットや名所を楽しみながらまわりましょう。

滝めぐりの時の服装

Photo bypcdazero

静岡で滝めぐりをする際に、どんな服装にするのかはとても重要な要素です。観光する季節に合わせた服装にプラスで何枚か着ることを考えましょう。気温は都市部よりもだいぶ低めだと考えましょう。羽織るもの一枚と滝の近くで濡れた時の分は用意しておきましょう。

滝めぐりは山登りにも似ています。滝のある場所によっては、下手な登山よりも大変な場合さえあります。吸汗速乾性のある素材のシャツや、少し大きめの動きやすいパンツを選んで、快適な滝めぐりができるように心がけましょう。

Photo byHermann

しかし、滝までの距離を考えた時、歩く距離がある場合は荷物を減らしたいものです。羽織るものも軽くて動きやすいものを選んで、快適に自然の中で過ごせるようにしましょう。また、靴は動きやすく、なるべく防水仕様のものを選ぶようにしましょう。

滝めぐりの持ち物

Photo byPexels

静岡の滝めぐりには、なるべく軽くて丈夫なものを持っていきましょう。例えばリュックサックに食べ物、飲み物、ウェットティッシュ、絆創膏、スマホ、ビニール袋、カイロ、お金などがあると便利です。帽子や雨合羽などもあれば便利なので目的地に合わせて用意しましょう。

しかし、着替えなどもリュックサックに入れられるように、余計な物は極力省き、できるだけ体の負担にならないように気をつけましょう。動きやすさと便利さを心がけ、滝めぐりを思い出深いものにしましょう。

Photo byTama66

また、自然の中は虫や動物などに遭遇することもあります。滝のある場所の周辺情報などをあらかじめ調べておくことも大切です。安全対策をしっかりとって、都会では味わえない体験が楽しく素晴らしいものになるようにしましょう。

静岡県富士宮市にある滝の名所3選

Photo by izunavi

それでは静岡にある、有名な滝を紹介していきましょう。パワースポットと言われる滝や、有名な滝がたくさんありますが、その中でも特に名所と言われる、富士宮市にある白糸の滝、陣馬の滝、音止めの滝を紹介します。

数ある静岡の滝の中でも、特に有名な滝の多いのが富士宮市です。アクセスの良い場所も多く、観光客も多いため、比較的行きやすいかもしれません。まずは有名な滝から行ってみましょう。滝めぐりに魅せられるかもしれません。

富士宮 白糸の滝

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

日本の滝百選にも選ばれ天下の名瀑と言われる白糸の滝は、富士山から流れる雪解け水が湧き出してできた滝です。アーチ形に曲がった絶壁から流れ落ちる滝は美しく、見る者を魅了します。マイナスイオンを浴びながら、パワースポットでもある白糸の滝を楽しみましょう。

Photo by nobu3withfoxy

白糸の滝は、高さが20mあり、幅が150mもある大きな滝です。流れ落ちる滝は繊細な絹糸が何本も重っているように見えます。女性的と表現されることもあり、優しく、幻想的な表情を見せてくれます。

静岡の滝と言われたら、真っ先に挙げられるのが白糸の滝です。訪れる季節として一番おすすめなのは、夏です。透明で透き通った水と空気は涼しい風を感じさせてくれます。美しさと雄大さを兼ね備えた白糸の滝は、必ず訪れるべき滝と言えます。

住所 静岡県富士宮市上井出273-1(白糸の滝駐車場)
電話番号

陣馬の滝

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

富士宮の滝めぐり二つ目は、陣馬の滝です。隠れた名瀑とも言われ、その景観は静かな場所にあり、人混みも少ないため、ゆっくりとした時間を楽しめます。岩肌から流れ落ちる滝の音に耳を澄ませ、自然の素晴らしさを味わえる滝と言えます。

最寄りの駐車場からも近く、気軽に立ち寄れる滝と言えるでしょう。朝陽が差し込む時間帯がおすすめで、光の中に佇む陣馬の滝は幻想的です。水が綺麗で、しばらく眺めていたくなるくらいに居心地のいい空間を演出してくれます。

また、源頼朝が陣を張ったことが名前の由来と伝えられ、毎年8月の終わり頃に陣馬の滝まつりが開催され、地元の人をはじめ、多くの訪問客に人気の滝です。

住所 静岡県富士宮市猪之頭
電話番号

音止めの滝

Photo by MACHIDA Hideki

白糸の滝と対照的だと例えられることもあるのが、音止めの滝です。壮観な佇まいは、轟音と相まって、圧巻の一言です。25mの高さから流れ落ちる滝は、観光名所の一つとしても有名です。日本の滝百選にも選ばれています。

また、蘇我兄弟が父の仇を討とうとした時に密談の際、滝の音が大きく聞き取ることができず神に念じたところ、すぐに音が止んだと伝えられることが名前の由来とされています。滝の近くには、蘇我兄弟が隠れたとされる岩もあります。

そのほかにも、近くには蘇我兄弟に討たれた工藤祐経の墓や源頼朝に由来する泉もあり、滝だけではなく歴史の一端を楽しむことができます。

住所 静岡県富士宮市上井出
電話番号

静岡県静岡市にある滝の名所3選

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

静岡市の滝からは、不動の滝、伊佐布北滝、安倍の大滝を紹介します。どの滝も特徴的であり、滝めぐりを楽しむのにぴったりです。また、有名な安倍の大滝はそばまで行くまでに時間もかかるので、余裕を持って訪れてみましょう。

不動の滝

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

静岡市には不動の滝と呼ばれる滝がいくつかあり、ここでは牛妻不動の滝と呼ばれる滝を紹介します。牛妻不動の滝は近くに綺麗なお堂があり、神聖な空気を感じることのできる場所です。光が差すと神秘的な雰囲気があり、二段に分かれ落ちる滝を楽しむことができます。

住所 静岡県静岡市葵区牛妻
電話番号

伊佐布北滝

Photo by senngokujidai4434

バス停の上伊佐布から山道をしばらく歩いて行くと、高さ10m、幅2mの伊佐布北滝を見つけることができます。ひっそりとした景観ながら、涼しげな雰囲気を持った滝です。伊佐布の滝とも言われ、黄龍が天に昇るように美しく、自然と調和した名瀑です。

伊佐布北滝は、その昔、真言宗の修行の場所として開かれたと伝えられています。水量が多く、迫力があるのが特徴で、上段と下段に分かれた滝を見ることができます。桜や紅葉も楽しめるため、季節ごとの景観を楽しむことができます。

住所 静岡県静岡市清水区伊佐布
電話番号

安倍の大滝

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

静岡市の滝と言えば、安倍の大滝と言われるほど有名で、観光地として多くの人が訪れます。日本の滝百選にも名を連ね、駿河大滝とも呼ばれています。落差のある大滝で、その大きさに目を奪われます。豪快な滝の迫力は、一見の価値ありです。

近くの温泉街から徒歩だと45分ほどかかるため、時間に余裕を持って行きましょう。ハイキングコースには吊り橋などもあるため、自然の中でのスリルも存分に味わえ、滝に着いた時の喜びもひとしおです。雄大な大滝は、まさにパワースポットです。

Photo byFree-Photos

滝の力強さと美しさがあり、マイナスイオンに癒され、パワースポットでもあるため、全てを持ち合わせた大滝と言えます。また、安倍の大滝の滝壺にも近づけるので、滝以外にも満喫できる要素が多いのも特徴です。

住所 静岡県静岡市葵区梅ヶ島
電話番号

静岡県裾野市にある滝の名所1選

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

裾野市の有名な観光地である五竜の滝は、静岡県指定天然記念物に指定されており、裾野市の中央公園にあります。春には桜を見に多くの観光客が訪れるなど、滝の他にも楽しめる場所がたくさんあるので、家族で訪れてみたい場所です。

季節の流れを感じながら、ゆっくりと楽しみたい人にはおすすめです。滝の表情と一体化した雰囲気は、観光するのに最適です。友達を誘って、気軽に楽しく自然を味わうことができる、五竜の滝を紹介します。

五竜の滝

Photo by km058

中央公園の中の散歩コースにあるのが、五竜の滝です。岩の間から流れでる水は、迫力ある音とともに、吹き出ているようです。春には富士山の雪解け水が流れてきます。近くの展望台からも眺めることができ、色々な景観を楽しめます。

明治時代に佐野瀑園と呼ばれていた名瀑で、高さは13mあります。現在の名前は、滝が全部で五条あることに由来しています。本流の三条の滝が雄滝、その隣にある二条は雌滝と呼ばれており、富士山が噴火した時にできた溶岩層の断崖を滝が流れています。

Photo by km058

また、パワースポットとしても有名です。山の中にあるわけではないので、気軽に訪れることができ、市民の憩いの場となっている中央公園は、家族で楽しめるのも魅力です。裾野市の名所ですので、ぜひ訪れてみましょう。

住所 静岡県裾野市千福7-1他 中央公園内
電話番号

静岡県伊豆市にある滝の名所2選

Photo by izunavi

家族連れにも人気のある、伊豆の滝を紹介しましょう。萬城の滝と浄蓮の滝はどちらも観光地として有名で、まさに名所と言える場所です。浄蓮の滝はパワースポットでもあり、伊豆に行ったら一度は訪れたい、大きな滝です。

歌や小説の舞台にもなった名所もあり、滝のことをあまり知らなくても楽しめる場所もあります。歌や小説の世界を楽しんでから滝を訪れたり、滝の雰囲気を感じた後に追想するのも面白いものです。新たな発見にも繋がるかもしれません。

萬城の滝

Photo by izunavi

万城の滝、裏見の滝とも呼ばれ、高さ20mある大きな滝です。裏見の滝とも呼ばれるのは、その言葉通り、裏側からも見ることができるためですが、岩盤が崩れてしまったため今は見ることはできません。

水量も落差もあるので、迫力ある滝を楽しめます。その存在感は圧巻で、見るものを魅了します。しかし、崩落を避けるためコンクリート補強などを行なっているので、自然のままではないのが残念です。危険回避のための処置なので、仕方がないのかもしれません。

住所 静岡県伊豆市地蔵堂767-3
電話番号

浄蓮の滝

Photo by fujitariuji

パワースポットであり日本の滝百選の一つなのが、浄蓮の滝です。伊豆には多くの滝がありますが、伊豆の中でも随一と言われています。名前の由来は近くにあった、浄蓮寺からきています。マイナスイオンを感じながら、滝の大きさを存分に味わえます。

滝の高さは25mあり、幅は7mの大きさです。近くの駐車場は無料ですが、滝は谷をかなり降りた所にあります。気軽に滝を見に行くことは難しいですが、体を動かしながら滝を見に行きたい人には充分に楽しむことができます。

Photo by senngokujidai4434

また、石川さゆりさんの「天城越え」の歌碑があることでも知られています。川端康成の「伊豆の踊り子」の舞台としても有名です。観光客も多く、美しさもある滝を眺めながら、芸術の世界も感じられる名所です。

住所 静岡県伊豆市湯ヶ島892-14
電話番号

静岡県の浜松市にある滝の名所2選

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

静岡県最後の滝は、浜松市の滝を紹介します。どちらも駐車場から近く、知る人ぞ知るというような滝で、夏に訪れたら暑さを忘れるくらいの涼しさを感じることができます。滝が好きな玄人の人も楽しめるおすすめです。

きよたき

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

きよたきは阿多古七滝の一つで、近くには男滝や女滝もあります。阿多古七滝は、阿多古川沿いにある七つの滝の総称です。きよたき自体は水量も少なく、可愛らしい滝です。遊歩道があり、清滝橋を渡ると案内板が目印です。

住所 静岡県浜松市天竜区上野
電話番号

青谷不動の滝

Photo by senngokujidai4434

地元では有名な名所です。近くに鍾乳洞もあり、ハイキングコースにもなっています。小さな滝で、少し神秘的に感じるかもしれません。鍾乳洞とともに観光するのがおすすめです。夏の暑い日に訪れてみたい場所です。

住所 静岡県浜松市天竜区青谷
電話番号

静岡にはパワースポットとして有名な滝がたくさん!

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

静岡にはたくさんの滝があり、滝めぐりをするのに最適な町と言えます。その中でもパワースポットと言われる滝も多く存在し、多くの観光客が訪れます。マイナスイオンにパワースポットを備えた滝は人気が高く、自然の力を感じることができます。

忙しい毎日に疲れたら、静岡の滝めぐりをしてみてはいかがですか。目を閉じて、耳を澄ませば、体全体に自然を感じられるでしょう。パワースポットで力を蓄えれば、きっと明日の活力になるはずです。

melo7
ライター

melo7

趣味は旅行とスポーツ観戦のアラフォー。国内スポットを中心に紹介していきたいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング