ロメスパを東京で食べよう!言葉の意味やおすすめのお店をご紹介

ロメスパを東京で食べよう!言葉の意味やおすすめのお店をご紹介

ロメスパは東京で生まれた名物グルメで、言葉の意味やおすすめのロメスパを提供する店を紹介します。美味しいロメスパを味わえる全国の人気店を集めてみました。ロメスパを味わってい無い方や美味しいグルメに目が無い方におすすめの記事です。

記事の目次

  1. 1.ロメスパとは何か?
  2. 2.ロメスパ・言葉の意味は何?
  3. 3.ロメスパの特徴
  4. 4.ロメスパ・東京のおすすめ店と人気メニューを紹介
  5. 5.ロメスパ・食べる時の注意点
  6. 6.ロメスパは東京以外でも!
  7. 7.ロメスパを堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ロメスパとは何か?

Photo by ume-y

ロメスパとは何か、現在話題になっている大盛りのスパゲッティーで、東京を中心に話題になっています。ロメスパについて取り上げます。ロメスパの意味や、特徴、東京のロメスパの代表店などを紹介します。ロメスパを一度味わうと、ボリューム感にクセになると言われ人気です。

洋麺屋五右衛門で絶品スパゲッティーを!人気メニューや店舗情報をご紹介!のイメージ
洋麺屋五右衛門で絶品スパゲッティーを!人気メニューや店舗情報をご紹介!
洋麺屋五右衛門は全国に展開している大人気のスパゲッティー専門レストランです。お箸で食べるスパゲッティーや、キッズメニューが用意されている店舗もあるため家族連れにも好評です。洋麺屋五右衛門のこだわりやおすすめメニューについてご紹介します。

ロメスパ・言葉の意味は何?

ロメスパの意味はどんな由来や、意味を持っているのでしょうか?ロメスパの意味について取り上げて紹介します。

路面スパゲッティーの略

ロメスパとは通称「路面スパゲッティー」の略で、路面スパゲッティとは、立ち食いそばのように味わえると人気のB級グルメです。意味としては、路面スパゲッティのように覆いつくされたスパゲッティーが東京を中心に人気で、人気になっている点からいろいろな店舗が増えています。

お腹一杯に食べたいと思ったときに丁度良いサイズで、路面スパゲッティーの名の通り、スパゲッティーで舗装されたような形のボリューム感が人気です。ロメスパは、数多くの店で提供されており、多くの人気メニューと共に、店の看板として多くのファンを獲得しています。

ロメスパの特徴

ロメスパの特徴を取り上げて紹介します。路面スパゲッティーと言われる由縁はどのような特徴があるロメスパなのでしょうか?

極太麺のスパゲティ

Photo byponce_photography

ロメスパの特徴は、極太麺のスパゲッティーです。極太の麺を利用して通常のスパゲッティーとは違いアルデンテにしていない点は特徴です。路面スパゲッティーと言う名の通り、極太の麺には、ソースは店のオリジナルで、どことなく昔の喫茶店のスパゲッティーのような懐かしさを感じると言います。

しっかり茹でられた路面スパゲッティーは、食感や食べた感覚と共に普通のスパゲッティーとは異なります。路面スパゲッティーは、極太の麺を使っていますが、茹で加減などにはしっかり茹でられていることが多く、全体的にはしんなりとしている形が多いです。

路面スパゲッティーという名は、路面スパゲッティーでは長いので、著名人が「ロメスパ」と訳したところ路面スパゲッティーはロメスパと言われ、東京を中心に広まりを見せています。

ボリューム感かがすごい

路面スパゲッティーの特徴はボリューム感で、普通のスパゲッティーとの違いは、1.5倍~2倍はあると言われています。路面スパゲッティーの通常サイズでは女性は食べきることができないと言われており、圧倒的なボリューム感とスケールの大きさが感じられる一品です。

ボリューム感が凄いことから、SNSなどには大食いを自慢する人が投稿し、瞬く間に拡散、その際に「#ロメスパ」とつけて拡散されました。路面スパゲッティーと言う人は今や少なく、ロメスパが市民権を得て、人気店は東京では行列ができているなど一大ブームになります。

ボリューム感が凄いことから、ロメスパは一人飯の代表格と言われており、1人路面スパゲッティー投稿も数多くあります。路面スパゲッティーはこうしてロメスパとして市民権を得ています。

茹でてあるスパゲッティを炒めて提供

フリー写真素材ぱくたそ

ロメスパは、茹でてあるスパゲッティーを炒めて提供しており、提供するスピードも速いことが特徴です。予め茹でていることが多く、意味なく柔らかめに茹でられていることが多いです。アルデンテの意味とは対照的に外がカリッと、中はモチッとしている食感が絶妙だと言われています。

茹でてあるスパゲッティーを予め用意していることで、回転率も混雑しながらでも比較的早いので、他のスパゲッティー屋よりも売り上げが上がる意味があると言われています。上手に茹でる感覚よりも味の工夫などを意味して、店の差別化を図っており、店にはオリジナルなレシピが存在します。

Photo bynile

美味しいロメスパは、ソースの味が濃い目に付けられていることが多く、普通のスパゲッティーとは意味や特徴が大きく違います。ロメスパと言うと、屋台のスパゲッティーをイメージする人も多いです。ロメスパの意味は、路面スパゲッティーから来た流れを汲むと考えられています。

茹でてあるスパゲッティーを提供する意味は、多くのお客さんに素早く提供し、より効率的にあキッチンを回すためだとかいろいろありますが、意味としては商売繁盛をする意味があります。ロメスパは人気店になりながら、多くの客に手軽に提供できるスパゲッティーが人気です。

ロメスパ・東京のおすすめ店と人気メニューを紹介

ロメスパの東京のおすすめ店と人気メニューを紹介します。ロメスパを提供する東京の人気店にはどのような工夫のレシピが存在するのでしょうか。

ジャポネ

ロメスパの先駆け的な店で、ロメスパを東京で流行らせたのがジャポネです。店内はカウンター席14席と小さめながら常に人が入っており、美味しいロメスパをすする音で店内は活気に満ちています。いろいろなメニューの中でもロメスパを頼まない人はいないと言われています。

営業時間が平日は10:30~20:00と土曜日は10:30~16:00です。定休日は日曜日と祝日、大型連休の休みなどもあります。アクセスはJR山手線「有楽町駅」より徒歩2分です。

おすすめのメニューは?

ジャポネおすすめのメニューの1つ目は、店の名前にもなっているジャポネと言うロメスパで、圧倒的なボリュームと肉とシイタケなどからでる旨みが一体となっている一品です。しっかりと味が付いており、美味しく最後まで飽きることなく食べられると評判です。

ジャポネおすすめのメニューの2つ目は、ジャリコで、海鮮風味のロメスパです。海老などがしっかりと炒めてあり、シソの葉がアクセントになっていると人気の品でいくらでも食べられると言われています。しっかりと濃い風味に対して、あっさり系のアクセントが箸がすすむ一品です。

おすすめのメニューの3つ目は、ナポリタンで、昔ながらの喫茶店の味と言われるロメスパです。通常のスパゲッティーなどとは違い、ロメスパならではの炒めてある味がケチャップの風味をより引き出しており、美味しくボリュームのある一品は、一生懸命食べる人の熱気で満ちています。

ジャポネはロメスパ以外にもカレーライスなども美味しいと評判で、サラダなどを一緒に頼む人も多いです。麺は増量だけ受け付けており、横綱になると完食できる人はほとんどいないと言われています。普通サイズでもかなりのボリュームがあるので、食べられる量を注文しましょう。

住所 東京都中央区銀座西2-2先 銀座インズ3 1F
電話番号 03-3567-4749

ロメスパ バルボア

ロメスパを東京で広げたチェーン店として東京都内に5店舗営業しているロメスパバルボアは、ロメスパ専門店として人気です。各店舗共にアクセスが抜群の場所に構えており、店内は狭く密集していますが、美味しいと評判のロメスパを提供しています。

営業時間等は、公式ホームページより各店舗の詳細を見てください。御徒町アメ横店以外は、土日祝日休みで、御徒町アメ横店は、年中無休です。

おすすめのメニューは?

ロメスパバルボアのおすすめメニューの1つ目は、焼きカルボナーラで、カルボナーラ風の炒めたスパゲッティーに挑戦した、ロメスパバルボアの自信作です。ロメスパには無い滑らかさがあると好評ですが、ボリュームが多いので食べられる人やシェアをする人が多いです。

おすすめメニューの2つ目は、ぼっかけで、牛すじの煮込みが入っているオリジナルのメニューです。牛すじの入ったロメスパは、屋台の焼きそばとも違い、独自の甘辛さが人気を集めています。美味しいと評判で、ロメスパバルボアの人気メニューです。

おすすめメニューの3つ目は、青じそトマトで、さっぱり系の味が人気でいくらでも食べられると言われています。シンプルな味付けが多くのファンを獲得しており、ロメスパバルボアのおすすめメニューの1つです。ボリューミーな品なのに、食べやすいと評判です。

ロメスパバルボアでは店ごとにオリジナルなメニューが存在し、美味しいメニューに店ごとに固定ファンを獲得していると言われています。ロメスパバルボアは大盛りでも食べられるようなあっさり感があるメニューが得意です。

カルボ

浅草にある通称「炒めスパゲッティー専門店」がカルボです。店内は22席とロメスパの店舗の中では広めに作られており、クリーム系のソースが絶品だと言われています。カルボではワインとロメスパを組み合わせることを行っており、ワインのラインナップも多いです。

営業時間が11:30~14:30と17:30~22:00です。定休日は火曜日です。アクセスはつくばエクスプレス線「浅草駅」から徒歩7分です。

おすすめのメニューは?

カルボおすすめのメニューは、店名にもなっているカルボで、カルボナーラの焼きスパゲッティー風の味が人気です。クリーム系が得意なカルボで、美味しいメニューには多くのファンがいます。カルボが一番人気のロメスパで、ボリュームやコスパ共に人気です。

ミートはミートソースを使ったロメスパで、しっかりした肉の味が主張する美味しいメニューには固定のファンがいます。ミートソースのトマト味風は、酸っぱさとしっかりとした塩気が人気の秘密です。ロメスパで炒めてあるのですが、クリーミー感が抜けていない点がカルボの特徴です。

ナポリはナポリタン風のロメスパで、昔ながらの味は浅草を訪れるオールドファンに人気です。年配の人も懐かしさを感じるような味で、昔を思い出すと言われています。ロメスパの特徴として昔のスパゲッティの味に似ている点が、若者だけのブームで終わらない点です。

カルボは客層から全てのメニューに小サイズがあり、普通のスパゲッティーを味わいたい人や年配の人から絶大な支持を受けています。おつまみ系も充実しており、トッピングで付けることができるなど普通のロメスパの店舗とは少し違ったサービスが売りです。

住所 東京都台東区浅草3-42-6 大島ビル 1F
電話番号 03-5603-0203

スパゲッティーのパンチョ

スパゲッティーのパンチョは、フランチャイズ展開をしているロメスパの店舗で、東京都内に数多くの店舗があります。スパゲッティーのナポリタン専門店として人気で、多くのファンがいる店舗です。スパゲッティーにはいくつか種類があり、ロメスパが人気を集めています。

各店舗営業時間などは、公式ホームページを確認してください。イタリアンの店としても人気で、ロメスパの他には、ハンバーグや、ピザなども人気です。

おすすめのメニューは?

スパゲッティーのパンチョのおすすめメニューは、ナポリタンで、ボリュームの割にコスパが良いことが評判です。毎月アレンジナポリタンを提供しており、2020年の3月には、ホルモンを入れたナポリタンが好評です。いろいろなグルメな情報は公式ホームページを確認してください。

スパゲッティーのパンチョおすすめメニューは、ミートソースで、シンプルに肉がゴロゴロとしているソースが美味しいと評判です。新しく作っている味なのですが、昔からあるようなメニューには老若男女問わず人気です。シンプルな味は、何度でも食べたくなると評判です。

スパゲッティーのパンチョでは大盛りの特別メニューの企画なども行っています。大食い自慢の人が良く訪れる店として有名です。シンプルに美味しいメニューに、大食いの人が山盛りのスパゲッティーを食べる姿などを一目見たいと、多くの人がスパゲッティーのパンチョを訪れます。

詳細はホームページなどを確認すると良いです。ロメスパと言うカテゴリーよりも昔懐かしい味を再現しているレシピが人気で、多くのファンを獲得しているロメスパの店がスパゲッティーのパンチョです。

ロメスパ・食べる時の注意点

Photo byPublicDomainPictures

ロメスパを食べるときの注意点をまとめました。どのような心持ちを持ってロメスパの店に行けばよいのでしょうか?

お腹が空いた状態で食べよう

Photo bysilviarita

ロメスパは通常サイズでもかなりのボリュームがあります。また炒めているとはいえ、モチモチしている膨れ上がったパスタには、大食い自慢の人でも食べきるのに苦労することがあります。ロメスパを食べる前には、ボリュームのある食事を控え、なるべくお腹が空いた状態で挑みましょう。

カルボのように、小サイズがある店なら最初は小サイズからチャレンジすると良いです。普通サイズでも食べきれないともったいないので、美味しいグルメをしっかりと味わえるように胃の調子を整えておきましょう。シンプルに美味しいメニューには、ボリュームの割に食べやすいものもあります。

ちょっとした味変を用いても美味しく食べられます。テーブルには味変ができる調味料が置いてある場合には、それを活用するのも1つの手です。

座席数が少なく混雑している店が多い傾向

Photo byFree-Photos

ロメスパの店は座席が少なく、混雑している店が多いです。しかし予約が取れる店もほとんど無いので、混雑している店なら並ぶことを前提として食べに行きましょう。美味しいロメスパの店になるほど昼時を中心に賑わっています。

美味しいロメスパは、ボリュームが多いことから、店の回転率もなかなか上がらず、並ぶと長時間になることがあります。提供までには時間がかからない店は多いですが、食べるのには時間がかかるお客が多いのは覚悟しておきましょう。

ロメスパは東京以外でも!

Photo by ketou-daisuki

ロメスパは東京以外の場所でも楽しめます。代表的な店舗を3店舗紹介します。絶品とデカ盛りのロメスパの特徴などを見てみましょう。

大阪・ミスタースパゲッティ

大阪にあるミスタースパゲッティはロメスパの有名店です。レギュラーサイズでも400gのパスタを使い食べ応えが十分です。大盛りグルメの聖地として認識されており、ロメスパを大阪に広めている店です。多くの人気メニューがあり、多くの人で賑わっています。

おすすめメニューは、ホルモン味噌で、大阪のミスタースパゲッティオリジナルメニューです。味噌味とホルモンが効いた一品には多くのファンがついています。食感のアクセントも美味しい一品で、やや濃いめの味は、飲みものを飲みながら食べるのにちょうど良いと言われています。

その他のおすすめメニューは、カレーで炒めたカレースパゲッティーには多くのファンがいます。いくらでも食べられると評判で、大盛りのサイズに挑戦する人も多いです。ミスタースパゲッティではトリプルサイズまではレギュラーメニューで、それ以上は応相談です。

営業時間は11:00~22:00です。定休日は日曜日です。アクセスは南海電鉄高野線「堺東駅」より徒歩8分です。店内は20席あり、常に活気がある店舗で、お客が途切れることが無いと言われています。

住所 大阪府堺市堺区南瓦町1-21 宏昌センター 1F
電話番号 072-275-4228

福岡・ぼんじょるの

福岡にあるぼんじょるのは、博多駅そばのイタリアンバルです。創作のパスタとしてロメスパが提供されています。お酒を飲みながら楽しむのがぼんじょるの風です。店内は常に人で賑わっており、美味しいイタリアンをワインと一緒にゆったりと語らう人が訪れています。

ぼんじょるののおすすめメニューは、トライアングルと言う創作スパゲッティーで、ミートソースと生クリームのソース、ホウレンソウにタケノコと一旦合わなさそうな組み合わせの食材が絶妙にマッチし、いろいろな味が楽しいとリピートする人があとを絶ちません。

ダイナマイトパスタもぼんじょるのの創作メニューで、辛さが適度なことであとを引く味が人気です。ロメスパと正式にうたっていませんが、ロメスパの味で、カリっとしている外側のパスタとふわふわとしている食感のアクセントが絶妙だと言われています。

他にもエビの逆襲などのネーミングセンスが光る一品が多い創作パスタが得意で、福岡では異色の存在です。営業時間が10:30~22:00で、第2と第4、第5日曜日は10:30~17:00の短縮営業で、定休日は第1と第3日曜日です。アクセスはJR各線「博多駅」より徒歩4分です。

住所 福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1 福岡朝日ビル B2F
電話番号 092-471-9455

福岡・チュルリラ

福岡にあるチュルリラもロメスパを広めている店舗です。ジャポネやジャリコと言ったジャポネのロメスパを再現しているメニューに人気が集まっています。他にもいろいろなメニューが出ており、昔ながらの喫茶店のメニューのラインナップをしていると地元でもディープなリピーターが訪れる店です。

おすすめのメニューは、バジリコで、バジルが鮮烈な風味を出しているロメスパです。ロメスパの美味しさにはいくつかの秘密があり、特にトッピングのオリジナルさでチュルリラは確固たる地位を確立しています。バジル系のソースをロメスパにすると驚くほど合うと言われています。

辛子明太子や辛子高菜も人気のメニューで、パスタとうたっていますが、ロメスパのことをチュルリラでは示します。本場の九州の味を守って作られているオリジナルのロメスパは地元の人だけでなく、観光客などからも絶大な支持を得ています。

営業時間が7:00~11:00と11:30~15:00です。定休日は不定期にあります。アクセスはJR各線「博多駅」より徒歩5分です。日曜日と祝日はランチ営業をしていないという情報があります。詳しくは店舗に確認してください。

住所 福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-29 ホテルラフォレスタ 1F
電話番号 092-483-7733

ロメスパを堪能しよう!

人気のロメスパを堪能してみましょう。美味しいひと時を味わって、炒められて出てくるロメスバは、東京発祥のB級グルメです。外側がカリッとしていて中がモチッとしている食感を味わってロメスパを存分に味わってみると良いです。

ロメスパを食べる際には、ボリュームに注意しましょう。大抵が大きなボリュームで来るので、食事だけでもお腹一杯になります。ロメスパの有名店を訪れてみて、美味しい店ならではのロメスパを味わってみてはいかがでしょうか。

古澤 弘一
ライター

古澤 弘一

フリーライターです。旅と猫好きで、食べ歩き大好きです。「日常のちょっとしたことにプラスになる情報を届ける」をモットーに活動しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング