スガラボは会員限定のフレンチレストラン!予約方法や値段について調査しました

スガラボは会員限定のフレンチレストラン!予約方法や値段について調査しました

スガラボは会員限定のフレンチレストランです。予約方法や気になる値段についてまとめています。メニューもほぼ決まっていない自由な発想が生み出す一品が魅力です。スガラボに行ったことが無い人におすすめの記事で、行ったことがある人を探してスガラボへ行きましょう。

記事の目次

  1. 1.スガラボは会員限定予約制の高級フレンチレストラン
  2. 2.スガラボの予約方法
  3. 3.スガラボシェフの「須賀洋介」とは
  4. 4.スガラボ・料理の値段は?
  5. 5.スガラボ・人気メニューを紹介
  6. 6.スガラボのコースについて
  7. 7.スガラボへ行った人をみつけて紹介してもらおう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

スガラボは会員限定予約制の高級フレンチレストラン

Photo by sun_summer

ハイクラスな人が集まる街港区神谷町にあり、ひと際異彩を放つレストランがあります。その名を「スガラボ」と言います。会員制のレストランで、極上のフレンチが味わえると人気の店です。そのようなフレンチレストランの「スガラボ」について取り扱ってみます。

東京で味わう極上フレンチ!おすすめレストランを厳選紹介!のイメージ
東京で味わう極上フレンチ!おすすめレストランを厳選紹介!
東京には美味しいフレンチが楽しめるお店がたくさんあります!ミシュランガイドにも掲載されたクオリティが高いお店、ディナーにおすすめなおしゃれなお店、気軽にランチが楽しめるお店など様々です。そんな東京でおすすめのフレンチを一挙にご紹介します!

スガラボの予約方法

Photo byJESHOOTS-com

まずスガラボの予約方法について取り上げます。スガラボの予約方法について押さえておきましょう。予約方法は特別なルートでないといけません。

スガラボは紹介制度

スガラボは会員限定のフレンチレストランとして名高く、予約は会員限定です。つまり一見さんお断りということです。

会員限定にすることについては、スガラボのオーナーシェフの須賀洋介氏が修行をしたジョエルロブションのシステムに習ったとか、一定のハイクラスの客層だけを集めるためだと言われています。予約方法は会員だけしか知らされていないのです。

ハイクラスな料理を求める層に特別感がうけて、人気の店は会員限定であっても大人気です。会員限定のレストランでも予約は半年は埋まっていると言われています。会員限定レストランにしていることは、食事をその人のペースに合わせて提供したいというオーナーシェフの強い意志があります。

正式な予約方法や電話番号は非公開

Photo byOpenClipart-Vectors

スガラボの正式な予約方法や電話番号は非公開です。会員限定で守秘義務を課されたうえで教えられると言います。予約をするには会員限定特別なルートがあるという噂です。独創的なフレンチレストランとして、スガラボは、多くの会員限定の料理を提供しています。

会員限定レストランはいろいろ都内にはありますが、特に流行っており、予約が取れないのがスガラボです。予約方法を知っていたとしても予約は半年取れないと言われています。予約方法にもこだわりがある会員限定フレンチレストランです。

予約方法が公開されていないことが逆に会員限定のステータスになり、予約方法を伝えない特別感が料理の味に一層の磨きをかけているとなおさら評判となっているのです。

スガラボシェフの「須賀洋介」とは

スガラボのオーナーシェフの須賀洋介氏について簡単に触れておきましょう。須賀洋介氏は、世界的なフレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏の元で若くから才能を見出された持ち主です。その噂を聞きつけて「料理の鉄人」の後継番組である「アイアンシェフ」にもフレンチの鉄人として登場しました。

スガラボは須賀洋介氏が食のイノベーションを掲げ、食材にこだわり食材探しに月に一度休みをもらい全国各地のグルメを集めて、特別なフレンチに仕上げています。日本産の食材にこだわり、斬新なアイデアは、フレンチだけにとらわれず革新的なグルメを提供していると評判です。

一部の人気メニューでも時代の流れに合わせて改変し、常に新しいものを提供するようにしているスタイルはスガラボでも発揮しており、今や会員限定のフレンチレストランとして最新式の日本版フレンチを提供している店です。いろいろな技法は料理の開発と共に多くの限定会員に支持されています。

須賀洋介氏の噂を聞きつけて、日本酒のソムリエやワインのソムリエなど一流のスタッフが周囲を固めています。ただ単に美味しいだけでは済まない新しい感動がスガラボを訪れる度にあると言われています。人気があり、予約が半年は埋まっている店は希少価値です。

スガラボ・料理の値段は?

Photo by yto

スガラボの料理の値段について、噂から推測していきます。正式に言うと予約方法の時に予算を決めることが多いため、値段は決まっていないのです。

値段は1人2~5万円ほど

フリー写真素材ぱくたそ

値段は1人当たり2~5万円ほどだと言われています。多くは食材費が占め、食材を求めてメニューの開発にかかった費用などを含めると、これ以上すると言われています。スガラボの会員は、ハイクラスの人が多く、料理の値段には気にしない人が多いです。

そのようなハイクラスの人でもスガラボの値段は安いと言います。値段以上にいろいろな工夫で料理を楽しませるような上質な空間は、値段に変えようがないと言われています。値段にこだわらない新しい料理のスタイルを確立しているのがスガラボです。

値段についても謎が多く、その日の仕入れによって変わると言われています。値段以上に価値のある料理を提供していると評判です。スガラボはそうして人気を勝ち取っている東京の名フレンチレストランです。繊細なシェフの感性が光る料理を数多く提供して、値段では価値が言い表せないと言います。

値段については会員によっても変えていると言われ、高級な材料にもこだわらずに食材そのものを新しい形でイノベーションしていくスタイルは多くの人の共感を得ています。シンプルなスタイルに多くの限定会員は、魅了され、多くの会員は満足して帰ります。

スガラボ・人気メニューを紹介

スガラボの人気メニューを紹介します。しかし常に新しいことに挑戦しているフレンチレストランです。人気メニューであっても須賀洋介氏の飽くなき探求心によって変わることがあります。実際に味わったレビューなどを参考にしながら、いろいろな料理を見てみましょう。

キャビアたっぷりのじゃがいも

スガラボの人気メニューで多くの人が驚いたとして、印象に残ったメニューとして取り上げている品です。キャビア、じゃがいものきたあかり、それぞれの個性を活かして、長所を引き出すところまで引き出したスペシャリテのメニューです。一口入れると至福に包まれると言われています。

この料理を食べた多くの人は、じゃがいもが調理されていることに驚きます。まるで甘さが極限まで引き出されているようだと言われています。じゃがいもの通常の概念が変わるとも評判です。キャビアの塩気とじゃがいもの甘さのコントラストが口の中で溶け合います。

Photo by TakamiChie

キャビアはキャビアでじゃがいもと出会うことで通常のキャビアよりも味の輪郭がクッキリと浮かび上がると評判です。新鮮な風味で新しい感動を与えてくれるスガラボならではのメニューです。美味しくいろいろな旨さが口の中で跳ねるようにに主張し、旨みが溢れる味には感動を味わっています。

素材から選びに選び、その素材を最大限に生かした腕は須賀洋介氏の真骨頂です。いろいろなスペシャリテのメニューがありますが、キャビアたっぷりのじゃがいももスガラボの人気フレンチレストランにしているメニューです。多くの人が感動の味をレビューして、人気が集まっているメニューです。

Photo byCouleur

シンプルな組み合わせと今までにない組み合わせを整えるのは、須賀洋介氏の確かな舌と、挑戦的な料理への挑むスガラボの精神さながらで、じゃがいもとキャビアで新しい風を吹かせ、多くの人を感動の渦に巻き込んでいます。シンプルに美味しさがより口の中で広がるおすすめのメニューです。

スガラボは、いろいろなメニューがありますが、シンプルに一品一品素材の良さを活かして、個性を上手くはめ込みながら上手に料理をして、感動の一品に仕上げています。フレンチレストランの芸術とも言えるスガラボの自信作は味わっておきたいメニューですが、時期により内容が異なります。

松茸のフライ

松茸をフライにしただけというシンプルな品ですが、松茸の印象がまたさらに良くなると言われている一品です。フレンチレストランで松茸を提供することは珍しいですが、スガラボはこれまでの概念にとらわれることなく、良い材料は良い状態で料理して、新しい感動を与えることに挑戦です。

松茸のフライにはソースがついています。変哲の無いタルタルソースですが、松茸のフライの和のイメージを一瞬でフレンチにかえる一品だと言われています。松茸の良さを活かし、香りを最大限発揮するあえて小ぶりな松茸の調理に挑戦していて、選びに選んでいるのもうかがい知れます。

フリー写真素材ぱくたそ

タルタルソースは秋田産のいぶりがっこや鳥取産のらっきょうなどを刻んでいれた和風のタルタルソースで、タルタルソースそのものが美味しく、味わい深いと言われています。しかし松茸のフライにつけると松茸の味と香り、いぶりがっこやらっきょうの風味とタルタルでまとめていると評判です。

一見何の変哲もないところがタルタルソースをつけることで大変身し、多くの人に感動を与える一品に変わります。驚きと興奮に多くの人がレビューをし、多くの人がシェフの腕とスガラボの真髄を味わえる一品で、スガラボの精神さながらの化学変化を堪能できると言われています。

Photo by omoon

松茸の食感とタルタルソースの食感の計算もされており、歯ざわりや舌ざわりも計算しつくされた一品には多くのファンがおり、スガラボの人気メニューの1つです。スガラボならではの味には、多くの人が驚きを持ってレビューをしており、化学変化を挑戦しているスガラボの味を堪能できます。

シンプルに味わっても美味しいのと、タルタルソースをつけるとまた新しい感動に満ちる一品です。美味しさをどう形容していいか分からないという声もあります。同じように松茸の良い状態の手に入る時期にしか味わうことができない一品には、多くの限定会員が楽しみにしている一品です。

スガラボマカロン

マカロンとありますがスイーツではありません。スガラボのちょっとした遊び心がある一品で、多くの人がスガラボの精神に呼応するようにスガラボオリジナルな一品には人気が圧メニューです。オリジナルなお通しのようなメニューですが、このようなメニューにも気をばっているのがスガラボです。

中身は色々変わるようですが、生のカラスミを入れているのが感動を与えています。マカロン記事の甘さと、カラスミの塩気が絶妙にマッチし、新しい感動を与えてくれる一品です。シンプルに美味しく、カラスミのやや強い塩気が絶妙に角が取れて食べやすくなっている万人受けすると言われています。

Photo by Jun Seita

シンプルに美味しくカラスミの味の輪郭をよりクッキリとさせてくれる一品には、多くの人が感動のレビューを寄せています。素材の良さを化学変化のように斬新なアイデアで料理するスガラボならではの一品で、多くの人が良い印象と新しい感動で満ちている一品には、驚きのコメントがあります。

口コミにはほんの一部ですが、抜粋できる部分があり、もっと多くのスガラボの限定会員には、認知されていることでしょう。スガラボの味や精神を現している一品には、多くのファンがついています。スガラボマカロンは、変哲の無い中に驚きと新しい感動が詰まった一品で、多くの人を魅了します。

出されたときはスイーツだと思う人が多いですが、口の中に入れると絶妙な塩加減が大変に美味しく、バッと広がります。シンプルに美味しく、いろいろ凝っていない点が嬉しい限りの一品です。スガラボの研究の成果が発揮できている一品だと言われており、多くの人が賛辞を送っています。

シンプルに美味しさを追求している一品には、多くのファンがついています。ファンが新しい感動を持ち帰りスガラボのことについて話すと、このスガラボマカロンが話題として出てくることがあります。

他のメニューと同じように今現在はメニューにあるかは分かりません。季節によりメニューの内容が変わるからです。しかし、レビューを見ると食べてよかったという高評価が多い一品です。

土佐ジロー卵プリン

スイーツもスガラボの1つの目玉で、パティシエも須賀氏の意思に同意した一流のパティシエが料理の最後を飾る一品を作ってくれます。スガラボ名物の土佐ジロー卵を使ったプリンは、通常のプリンとは異なり、別次元でスイーツを味わせてくれる一品で、最後の最後まで余韻に浸りながら帰れます。

スッキリと上品な甘さのプリンで、後口の爽やかさは驚き、口の中に入れた瞬間に甘みが広がります。そのあとはスーッと消えていく良い後味の余韻だけが残ると評判です。スガラボの名物グルメの1つがスイーツでパティシエのスペシャリテのメニューが豪華に最後を彩ってくれます。

Photo byGellinger

土佐ジローは特別な卵で、スガラボでは委託して飼育してもらっていると言われいます。シンプルに濃い甘さがしっかりと料理の最後に良い印象でまとめてくれ、須賀氏の料理をより強い印象を残して名物としてくれるグルメは、特別感がある一品です。

土佐ジローもパティシエが全国各地を巡って選びに選んでいる一品です。上質な卵黄の味とフレーバーのあっさりと自然につけてある味が何とも言えないメニューです。いろいろな味は行くたびに変わると言われており、常に新しい発見をデザートにもしてくれるのがスガラボです。

名物のグルメは、いろいろ全国を渡り歩いた賜物で、美味しいものを求めて、各地を巡っているという点は、努力に頭が下がります。自然な味を活かして作っているメニューの数々は、多くのファンを虜にしています。スガラボの最後を飾るのにふさわしいメニューです。

シンプルに美味しいという評判が多く、デザートの概念が変わると言われています。和と洋を絶妙にミックスされた味には単なるフレンチの領域を超えているメニューです。シンプルに美味しい点と最後に食べた印象が強く残っており、沢山料理を食べた後でも味蕾を刺激する味です。

たらば蟹と白トリュフ

Photo bydiddi4

たらば蟹の上にこれでもかと白トリュフを乗せた一品はスガラボの名物グルメの1つです。白トリュフの風味は強いと言われており、香りも強いと言われていますが、たらば蟹が上手に受け止めている一品で、フレンチと和食のコラボレーションを味わえるスガラボの真髄の一品です。

たらば蟹はシンプルに旨みが強いものを選んでおり、やや単調な蟹の風味に出汁をつけて、味を補完していると言われています。たらば蟹を食べても新鮮な味覚を刺激する味で、白トリュフの風味がマッチしており、絶妙な味わいに多くのファンをもっているメニューで、スガラボ名作の1つです。

Photo byWikiImages

蟹のメニューはコースの中には1つは入っていることが多く、旨さを研究して海鮮の中でも蟹が洋食の食材の風味に合うと研究しているからだと聞きます。ただ味わっても目を閉じて味わっても極上の旨みが口の中に広がり、幸せの至福のひと時を堪能できると評判のメニューです。

価格などは度外視で、美味しさを追求しつくした味には、多くのファンがいます。シンプルに美味しい一品と、シンプルに美味しい組み合わせは多くの人をうならせています。食通の人でも黙って黙々とその味を堪能し、しばらく放心状態になる人も多いと評判で、上質な旨みが味わえる一品です。

たらば蟹を選んだのは理由を聞いてみると良いでしょう。スガラボのメニューは常に進化しており、日々新しい化学変化を求めています。たらば蟹と白トリュフも名前だけなく、実に調和の取れているバランスの良い一品は人気です。美味しい一品には、目をつぶって味わいましょう。

スガラボのスペシャリテのメニューの1つで、まだ改良の余地があるというシェフの意見もあります。自信作ですが、シンプルに旨みが強い一品には多くのファンがついています。メニューで出てきたらラッキーだと言われている一品です。スガラボの研究ありきの姿を目にできます。

スガラボのコースについて

スガラボはメニューがありません。予約方法のときに好みを聞くだけです。メニューはコース料理のみで、予約制です。営業も18:00~行っていますがその日によって閉まる時間もまちまちです。会員だけが味わえる特別なコースメニューなどもあります。

スガラボの予約できる会員さんに聞いてもらいましょう。コース料理はオードブルから始まって変幻自在に変化します。形にとらわれることなく、いろいろなグルメが味わえます。

美味しいメニューの一品一品は和と洋の化学変化を掲げており、須賀洋介氏の飽くなき探求心の塊と繊細な感性が生み出している創作です。フレンチと言うジャンルにとらわれず徹底的に旨さを追求し、食材から選びに選んでいる料理の数々がコース料理を彩ります。

最後のスイーツまで一工夫も二工夫もしてあり、シェフにお任せをしていると食の研究と言われるように新しい味覚の神経が研ぎ澄まされるようだと形容しています。シンプルに美味しいだけでも良いですが、この食材とこの食材が合わさるとこんな味に深みが出るのかという驚きに包まれると言います。

メインディッシュなどはその日によって変わりカレーライスなどの家庭料理までメニューに入っていることがあります。しかしスガラボのメニューには新しい発見と味覚の神経を研ぎ澄ますかのようなると言われ、探求心を過ぎた証には満腹感と良い後味が残り、リピートしたいと思わせる店です。

コース料理は季節によっても変わります。その時期によって最善の味覚のものを揃えて、味にこだわり抜いた品が出てきます。素材の良さを活かす和食の良さと、素材を組み合わせて複合的に味を表現するフレンチの良さの両方を取った形のコース料理が続きます。

コース料理については予約方法のときに好みを伝えておくと良いと言われており、嫌いなものでも味わえると評判です。嫌いな食材でもアレルギーが無い場合以外は、挑戦としてメニューに取り込むこともあります。繊細なシェフの感性が光る数々のメニューが彩るコース料理は値段が決まっていません。

スガラボへ行った人をみつけて紹介してもらおう!

スガラボは会員限定の完全予約制のレストランで、フレンチや和食と言ったジャンルにとらわれない料理の数々が人気です。美味しいメニューには、会員しか予約ができないシステムと共にハイステータスの証として、会員によって守られているレストランです。

ドレスコードなども整え、オシャレをしてスガラボを味わってみましょう。行った人を探して、いろいろな味覚を刺激する料理の数々を味わってみてはいかがでしょうか。

古澤 弘一
ライター

古澤 弘一

フリーライターです。旅と猫好きで、食べ歩き大好きです。「日常のちょっとしたことにプラスになる情報を届ける」をモットーに活動しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング