【さつまいも】のおいしいふかし方を伝授!レンジやフライパンで超簡単に

【さつまいも】のおいしいふかし方を伝授!レンジやフライパンで超簡単に

さつまいものおいしいふかし方を伝授していきます!電子レンジやフライパン、さらには炊飯器などを使ったさつまいもの簡単ふかし方をまとめました。そのままでもおいしいさつまいもを上手にふかして、よりおいしいさつまいもを作ってみましょう!

記事の目次

  1. 1.おいしいさつまいもの選び方は?
  2. 2.さつまいもの甘みを引き出すふかし方のコツ!
  3. 3.基本のさつまいものふかし方:蒸し器
  4. 4.人気のさつまいものふかし方:フライパン編
  5. 5.簡単なさつまいものふかし方:炊飯器
  6. 6.時短!さつまいものふかし方:レンジ
  7. 7.さつまいものふかし方は簡単!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

おいしいさつまいもの選び方は?

Photo by t-mizo

秋の味覚と言えば、きのこや秋刀魚、かぼちゃなどさまざまな食べ物があります。中でもリーズナブルでお腹いっぱいになるさつまいもは、子どもから大人まで人気の秋の食べ物です。

そこで本記事では、さつまいものおいしいふかし方を伝授していきます!さつまいもをおいしくふかせれば、ふかし芋にもなりますし、そこから手を加えてスイートポテトや大学いもなどにアレンジすることができます。

電子レンジやフライパン、炊飯器など、さつまいもの簡単ふかし方を調理家電別にまとめました。おいしいふかし方を参考にして、自宅にある調理家電でさつまいもをおいしくふかしてみてください。

Photo byBrett_Hondow

そんなさつまいもですが、いくらおいしいふかし方を知っていても食材そのものがおいしくないと、なかなかおいしいさつまいもはできあがりません。そこでさつまいものおいしいふかし方を伝授する前に、おいしいさつまいもの選び方についてまとめていきます。

さつまいもの品種にもよりますが、おいしい選び方というものがあります。初めにご紹介するおいしいさつまいもの選び方をしっかりと学び、さつまいもの甘みを引き出したふかし方をしてみましょう!

さつまいもの皮につやがあり凹凸がないもの

Photo byauntmasako

1つ目の選び方は、さつまいもの皮にツヤがあり凹凸がないものです。大自然の中で育つため、どうしても中には傷がついてしまったものや、ヘンテコな形をしたものなどさまざまあります。

その中で甘くねっとりとしたおいしいさつまいもを選びたいならば、まずはさつまいもの表面に凹凸がないことを確認してください。さつまいもの表面を触ると凹凸があるかないか分かるので、誰でも簡単に選ぶことができます。なるべく凸凹していないものがコツとなっています。

また、さつまいもがふっくら、表面がツヤっとしていれば、粘りっけのあるおいしいさつまいもの可能性が高くなります。視覚と感触を駆使するのが、さつまいものおいしい選ぶポイントとなっています。

ひげ根が多いものは避ける

Photo bysdnet01

2つ目の選び方は、ひげ根の多いものは避けるです。さつまいもにはひげ根と呼ばれる根っこが付いています。ひげ根の多いさつまいもは、食べた時に繊維が口いっぱいに広がり食べにくいことがあります。なるべくおいしいさつまいもを食べる時は、ひげ根の少ないものを選んでください。

そもそもひげ根が多いさつまいもは、表面が多少黒っぽいものが多いです。ひげ根が多いか分からない時は、さつまいもの色を手立てにして選ぶのも良いです。また、店頭にあるのが全てひげ根のあるものばかり、という時があるでしょう。そんな時はひげ根が均等なものを選びましょう。

均等にひげ根が生えているさつまいもは、少し繊維があっても気にならず食べることができます。スイーツなどにする際は、こし器でこせば気にならないでしょう。

蜜がにじみ出ているものは甘い!

Photo byauntmasako

さつまいもを触るとわかる時があるのですが、ごく稀にベタベタなさつまいもがあります。さつまいもの表面に付いているねっとりとした液体は、さつまいもの甘みである蜜です。あまりの蜜の多さに、さつまいもの表面に出てしまっているのです。

蜜がにじみ出ているのは、ねっとりとした甘みの高いさつまいもとなっています。乾燥したさつまいもでも、半分にカットすると蜜がたっぷり詰まっていることがあります。購入してみてから分かることもあるので、試しに買ってみるというのも手です。

ねっとりしたさつまいももおいしいですが、ほくほくとしたさつまいもも芋感があり絶品です。お好みのさつまいもを選んでみてください。

さつまいもの甘みを引き出すふかし方のコツ!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

さつまいものおいしいふかし方を調理家電別にご紹介する前に、さつまいもの甘みを引き出すふかし方のコツをお届けします!おいしいさつまいもを選んだかもしれませんが、より食材本来の甘みを引き出すコツというのがあります。

ふかし方のコツを学ぶだけで、圧倒的な甘さのさつまいもに仕上がります。そんなさつまいもの甘みを引き出すふかし方のコツは、弱い火でじっくりゆっくりとむしあげるということです。さつまいもの甘みを引き立てるには、デンプンを糖に変えるということが大切になってきます。

フリー写真素材ぱくたそ

弱火を利用し約40分~約1時間かけて蒸すと、しっかりと糖が増して甘くておいしいさつまいものふかし方をすることができます。「約40分~約1時間かけて蒸すのは無理」という場合は、さつまいもを半分にカットしてから蒸してみてください。

あまり小さすぎると良くないですが、半分の大きさで蒸しても、おいしいさつまいものふかし方をすることができます。さつまいもの甘みを引き出すふかし方のコツは、どのふかし方でも同じですので参考にしてみてください。

基本のさつまいものふかし方:蒸し器

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

はじめにご紹介するさつまいものふかし方は、基本的なふかし方の蒸し器です。通常は蒸籠などでふかす方法がベターですが、さつまいもに関しては蒸し器を使ったふかし方でも一般的となっています。蒸し器を使ったふかし方は絶対に失敗することもないですし、簡単にふかせます。

用意するものは至ってシンプルです。さつまいも1本に対して、水が1000mlにお湯適量、ふかし方に肝心な蒸し器となっています。気になるさつまいものふかし方は、さつまいもを綺麗に洗い、ヘタを切り落としてください。適当な大きさにカットし、水に少しだけさらしておきます。

蒸し器にお湯を入れ沸かしたら、水を切ったさつまいもをふかしてください。さつまいもに竹串を刺して、すんなりと通ったらできあがりです。

人気のさつまいものふかし方:フライパン編

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

続いてのさつまいものふかし方は、誰でも真似しやすいふかし方のフライパンです。先ほどご紹介したふかし方は、蒸し器を持っていなければ真似できない方法です。

蒸し器がないという家庭では、フライパンを使ったふかし方を真似してみてください。ふかし方に用意するものは先ほどと同様、さつまいもにフライパン、フライパンから約2~3cmまでの水となっています。フライパンは少し大きめのものを使用すると、大量のさつまいもをふかせます。

そして気になるふかし方は、さつまいもを綺麗に洗い、ヘタを切り落としてください。フライパンにさつまいもと水を入れて蓋をしたら、沸騰するまで加熱しましょう。沸騰したら弱火にし、20分ほど加熱してください。さつまいもをひっくり返して、再び20分ほど加熱したら完成です。

簡単なさつまいものふかし方:炊飯器

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

次にご紹介するふかし方は、ワンクリックで簡単なふかし方の炊飯器です。通常お米を炊く炊飯器ですが、さつまいももふかすことができるようです。ただし炊飯器の種類によっては、さつまいもをふかせないようですのでご注意ください。ふかし方はシンプルですので、真似しやすいです。

ふかし方に用意するものは、さつまいも2本に対して、水200mlと炊飯器1台です。ふかし方もシンプルですが、用意するものもシンプルですので、おすすめとなっています。

気になるふかし方は、さつまいもをしっかりと綺麗に洗いヘタを落としてください。炊飯器の釜にさつまいもと水を入れ、炊飯ボタンを押すだけです。炊き上がったら、蓋を開け竹串が通るか確認したら完成です。約1時間程度で炊飯が終わるので、低温でじっくりと火を通すことができます。

時短!さつまいものふかし方:レンジ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

最後にご紹介するふかし方は、時短したい時にぴったりなふかし方の電子レンジです。電子レンジを使ったふかし方をすると、かなり便利で時短したい時に優秀となっています。

電子レンジを使ったふかし方に必要なものは、さつまいも1個にキッチンペーパー、ラップ、そして電子レンジです。これまでのふかし方とは違い、必要なものは少し多めですが、お家にあるものでふかせます。ほかの家事をしながらの時は、電子レンジを使ったふかし方をしてみましょう。

気になるふかし方は、さつまいもを綺麗に洗い、軽く濡らしたキッチンペーパーで包んでください。キッチンペーパーの上にラップをふんわりと包んだら、200Wの電子レンジで加熱して完成です。加熱時間はさつまいもの大きさによって違うので、様子を見ながら調節してください。

さつまいものふかし方は簡単!

Photo bysykoo71

本記事では、さつまいものおいしいふかし方を中心に伝授しました!さつまいものふかし方は簡単で、電子レンジやフライパン、炊飯器などの調理家電でふかすことができます。どこの家庭にでもある調理家電でさつまいもをふかせるので、いつでもふかしたてのさつまいもを楽しめます。

そのままのふかし芋でもおいしいですが、大学いもやさつまいもサラダなどにひと手間加えても絶品です。おいしいふかし方をして、秋の味覚であるさつまいもを食べましょう。

りぃ
ライター

りぃ

関東在住の20代女性です。テレビや映画を見ることが好きで、お家でのんびり過ごしています。また、友達と出掛けて食べ歩きや旅行をすることも好きです。毎日の生活が豊かになるように、さまざまな情報をお届けしたいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング