【さつまいも】の旬を徹底解説!おいしく食べる方法も

【さつまいも】の旬を徹底解説!おいしく食べる方法も

さつまいもの旬になってくると、スーパーでも安い価格で手に入れることができます。これ機にと思い、たくさんのさつまいもを購入する方もたくさんいるのではないでしょうか。そこでさつまいものをおすすめな食べ方や、種類や旬などを紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.さつまいもの旬はいつ?
  2. 2.さつまいもが作られている地域はどこ?
  3. 3.人気さつまいもの種類とそれぞれの旬はいつ?
  4. 4.おいしいさつまいもの選び方と保存方法
  5. 5.おすすめ!さつまいものおいしい食べ方
  6. 6.さつまいもの旬を知っておいしく食べよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

さつまいもの旬はいつ?

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもの旬はいつと問われると、食欲の秋である秋ごろをイメージする方が多いのではないでしょうか。実際にさつまいものを美味しく食べることができる旬は、秋から冬頃にかけてです。

ただしさつまいもの旬は、さつまいもの種類によって異なるとも言われています。そのためさつまいもの旬を知りたいのであれば、まずは品種名を見てさつまいもの種類を確認するといいでしょう。

またさつまいもは、収穫自体は8月から行われることもあります。さつまいもの収穫時期は、8月から11月と言われています。収穫されたさつまいものはすぐに食べるのではなく、貯蔵しておくことが基本です。

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもの貯蔵期間は、2ヶ月間です。さつまいもを貯蔵しておくことで、甘さが増し子供から大人まで親しまれている味へと変わります。さつまいもを使った、スイーツ作りにもおすすめです。

さつまいもの収穫時期は?

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもの収穫の旬は、8月から11月に行われることが多いです。品種によって収穫の旬も多く異なります。さつまいもを収穫した後は、甘みを増すために貯蔵しておきます。

収穫後には貯蔵期間が設けられますが、8月時点でスーパーなどでさつまいもが販売されている場合は、家で貯蔵しておくことをおすすめします。甘みを増す前のさつまいもが好みの方は、すぐに食べるといいでしょう。

またさつまいもは、家で手軽に育てることができる植物としても知られています。家族でのさつまいも掘りを、毎年の楽しみとしている方々もいるようです。

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもの収穫の旬の時期になると、保育園や幼稚園でも、さつまいも掘りが行事として行われていることもあります。さつまいも掘りは、掘るまでさつまいもの大きさや形がわからないので、ドキドキ感なども楽しむことができます。

さつまいもの食べ頃の旬はいつ?

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもの食べ頃の旬は、収穫の旬から2ヶ月後です。2ヶ月間は貯蔵しておく期間であり、その期間のうちにさつまいもの水分を飛ばしていきます。

食べ頃の旬のさつまいもは、収穫の旬のさつまいものと比べて甘みも増し、シンプルな焼き芋にもおすすめです。スイーツ作りにも大人気で、スイートポテトに使用されることが多いです。

また地域によってさつまいもの収穫の旬も異なるので、その分に地域によってさつまいもの食べ頃の旬もズレてきます。さまざまな地域で収穫されたさつまいもを、食べ比べしてみることもおすすめです。

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもの旬は、収穫の旬と食べ頃の旬の2つの時期があるということになります。1年で2度の旬があるからこそ、収穫の旬であるさつまいもも味わうべきです。

さつまいもが作られている地域はどこ?

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもが主に作られている地域として、鹿児島県が1位であると知られています。2020年におけるさつまいもの収穫量では、鹿児島県が日本全体のさつまいもの収穫量の3分の1を占めているとのことです。

またさつまいもの収穫量第2位が茨城県、3位が千葉県、4位が宮崎県、5位が徳島県です。これらの地域はさつまいもの産地には向いていると言われており、水はけの良い地域であることが好条件です。

さつまいもの収穫量1位の地域である鹿児島県では、安納芋というさつまいもがブランド芋として大人気です。安納芋はさまざまな地域の料理でも使用されており、甘くてスイーツにもおすすめです。

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもをスーパーで購入する際は、収穫された地域にも注目してみると良いでしょう。より美味しいさつまいもを見つけるためにも、記載されている地域もヒントの1つとなります。

人気さつまいもの種類とそれぞれの旬はいつ?

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもにも、品種が存在します。さつまいもの種類によっては、旬が異なったり、味や甘みなどの度合いも違ってきます。そこでさつまいもの種類と、その旬を紹介していきます。

これから紹介するさつまいもの種類の中には、誰もが知っているさつまいももあります。甘みが強いことで知られているさつまいももあるので、ぜひ旬を知って食べごろを狙って購入すると良いでしょう。

またさつまいもの種類は、たくさんあります。人気のある種類もあれば、数少ないレアなさつまいももあります。地域によって販売されているさつまいもの種類も異なってくるので、お近くのスーパーではどの種類のさつまいもが見られるのかもチェックすると良いでしょう。

【さつまいもの種類と旬】紅あずま

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

「紅あずま」という種類のさつまいもは、9月上旬から11月中旬までが収穫時期の旬です。そのため紅あずまの食べ頃の旬は、12月から2月頃と言われています。紅あずまはさつまいもの中では、貯蔵に向いていない種類でもあるので、収穫してから1ヶ月から2ヶ月以内が食べ頃の旬です。

紅あずまは、赤色に近い皮の色をしており、実の部分は濃い黄色が特徴的です。見た目の色の濃さからわかるように、とても甘みが強く、焼き芋にする際に大人気です。

紅あずまは鹿児島県で収穫されていたさつまいもの種類であり、関東859という種類のさつまいもと、コガネセンガンという種類のさつまいもを交配させたものです。現在は鹿児島県だけではなく、茨城県や千葉県でも生産されています。

【さつまいもの種類と旬】安納芋

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

「安納芋」はさつまいもの中でも、人気のある種類として知られています。安納芋の収穫時期の旬は、9月から12月頃です。安納芋は貯蔵期間が2週間から3週間と短く、食べ頃の旬は10中旬から1月と言われています。
 

安納芋は種子島が産地であり、赤いものが「安納紅」、白いものが「安納こがね」と名付けられています。安納芋はさつまいもの中でも特に甘みが強く、旬の安納芋を加熱することで、糖度が40度まで上がるとも言われています。

また安納芋は加熱すると、ホクホク感というよりはネットリ感が強いです。そのため安納芋を使ったスイートポテトや、安納芋入りのソフトクリームなどが大人気です。

【さつまいもの種類と旬】紫芋(アヤムラサキ)

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

「紫芋(アヤムラサキ)」の収穫時期の旬は、9月下旬から11月上旬です。紫芋も貯蔵期間が2週間から3週間と言われているので、食べ頃の旬は10月上旬から1月となります。紫芋は、皮だけではなく実の部分まで紫色です。

紫芋は、「九州109号」というさつまいもの種類と、「サツマヒカリ」というさつまいもの種類を交配させた種類のものです。食べ頃が旬である紫芋でも、甘さが控えめで低糖質であることで知られています。

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

またさつまいもの中ではあまり甘くない紫芋ですが、色味を生かしてペースト状にして調理する食べ方がおすすめです。砂糖や蜂蜜を加えることで甘みを足すことができ、紫色のスイートポテトやモンブランにする食べ方も大人気です。

日本で栽培されているさつまいもの主要品種約60品種

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

2018年に栽培されたさつまいもの品種の数は、約60品種と言われています。先ほど3つの種類のさつまいもを紹介しましたが、他にも人気のある種類のさつまいももたくさんあります。

さつまいもの品種の中で1番作られている種類は、「コガネセンガン」です。コガネセンガンは全体の2割を占めており、育てやすい品種としても大人気です。家庭菜園などでさつまいもを育てたいという方にもおすすめです。

おいしいさつまいもの選び方と保存方法

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもは子供から大人まで人気のある食材ですが、より美味しいさつまいもを見分けたいものです。スーパーなどでさつまいもを選んで購入する時、まず傷がないか見た目で確認してみることをおすすめします。

傷がなく、実際に持つとずっしりと重みのあるさつまいもが美味しいと言えます。傷があるものの、傷から蜜のようなものが垂れていれば、甘みの強いさつまいもである可能性が高いです。

またさつまいもを保存する際は、10度から15度以内の冷暗所で、新聞紙に包んで保存しておくことがベストです。数ヶ月の保存ができますが、18度を超えるとさつまいもから芽が出てきてしまいます。

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

さつまいもは冷凍保存することもできます。冷凍保存する時は、さつまいもを加熱してからラップで包んで冷凍するようにしましょう。ペースト状にしてから、冷凍保存することもおすすめです。

おすすめ!さつまいものおいしい食べ方

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

旬のさつまいもは、焼き芋にするとさつまいもの甘みをダイレクトに味わうことができます。焼き芋には調味料が使用されないので、旬のさつまいもの甘みを生かした食べ方をしたい方におすすめです。

旬のさつまいもの食べ方としておすすめな焼き芋は、160度から180度のオーブンでじっくり90分前後焼くだけで完成します。じっくり熱を通すことで、甘みを引き出すことができます。

また電子レンジで焼き芋を作る時には、さつまいもに濡れたキッチンペーパー、ラップを巻いて200Wで9分ほど加熱していきます。オーブンよりも時短にはなりますが、本格的な焼き芋の食べ方を楽しみたい方はオーブンでの調理をおすすめします。

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

他にも旬のさつまいもを煮物にしたり、揚げ物にしたりする食べ方もできます。さつまいもは根菜類でもあり硬いので、よく火を通してホクホク食感を出すと良いでしょう。

さつまいもの旬を知っておいしく食べよう!

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

これからさつまいもの季節が到来するという時こそ、さつまいもの旬を知って、より美味しくさつまいものを食べましょう。さつまいもは子供から大人まで人気のある食べ物でもあるので、家族みんなでさつまいもを味わうといいでしょう。

蔭西優愛
ライター

蔭西優愛

こんにちは!ライター歴2年半の20代シンママです!文章を書くことが大好きです。子供にもわかりやすい記事になるよう、日々精進しています。「調べて・見て・感じる」ような記事を目指しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング