【コーヒー豆】の種類と特徴をご紹介!おすすめの銘柄は?

【コーヒー豆】の種類と特徴をご紹介!おすすめの銘柄は?

コーヒーを飲む際、何に注目していますか?コーヒーは焙煎段階や挽き方、飲み方などによって味わいが変わる奥深い飲み物です。中でも味わいを大きく左右するのはコーヒー豆の種類でしょう。今回はコーヒー豆の種類とその特徴を中心にご紹介します。

記事の目次

  1. 1.コーヒー豆の選び方
  2. 2.コーヒーの「ブレンド」と「ストレート」の違いは?
  3. 3.人気のコーヒー豆の種類
  4. 4.酸味が苦手な人におすすめのコーヒー豆の種類
  5. 5.苦みが苦手な人におすすめのコーヒー豆の種類
  6. 6.自分好みのコーヒー豆の種類を探してみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

コーヒー豆の選び方

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

カフェや喫茶店で飲むコーヒーももちろん美味しいですが、自宅でコーヒー豆にこだわって淹れるコーヒーもまた格別なものです。お家時間が増え、自宅でコーヒーを淹れるようになったという方もいらっしゃることでしょう。今回は、コーヒー豆の種類や特徴についてご紹介します。

ブルーマウンテンやキリマンジャロ、グアテマラという名前を聞いたことがある方もいるでしょう。これらは、コーヒー豆の種類を指しています。

コーヒー豆の種類や美味しい銘柄のコーヒー、その種類の特徴などを併せてご紹介します。コーヒー豆はコーヒーショップやカフェなどでも手に入りますが、通販を利用して購入する方法もおすすめです。

コーヒー豆の産地で選ぶ

Photo byPamjpat

コーヒー豆と一口に言っても様々な種類があります。そのコーヒー豆の種類の区別の仕方の1つには、産地の違いがあります。いろいろな種類のあるコーヒー豆ですが、主に北回帰線と南回帰線の間の赤道付近の約70カ国で生産されています。

赤道付近にコーヒーの産地が多く帯のように点在しているので、生産地はコーヒーベルトと呼ばれています。コーヒーベルトの国には、ジャマイカやハワイ島、エチオピア、インドネシアなどが含まれています。

産地によって、香りや味わいが異なるのでコーヒー豆の種類を選ぶときに、産地にも注目してみましょう。また、生産地の中でも一定の条件を満たしたブランドのコーヒー豆の種類も存在します。

コーヒー豆の焙煎具合で選ぶ

Photo byR-steray

また、コーヒー豆自体は同じ種類でも、味わいが異なる分け方もあります。それは焙煎の段階を変えることで、浅炒り、中炒り、深炒りなどの種類に分類する方法です。コーヒー豆は、生豆の状態から火を通し焙煎(ロースト)することで香りや旨味が増します。

一般的に、同じコーヒー豆の種類であれば、浅炒りは酸味が強く深炒りは苦みが強く現れます。同種類のコーヒー豆でも、コーヒー豆の焙煎の仕方で違った味わいに仕上がる点はコーヒーのおもしろい部分です。

コーヒーの生豆も購入することは可能です。よりオリジナルなコーヒーを作りたい方はコーヒー豆の焙煎から試してみてはいかがでしょう。自宅で簡単に出来るコーヒー豆の焙煎方法もあります。

コーヒー豆の挽き方もポイント

Photo byArtturi_Mantysaari

また、同種類のコーヒー豆かつ焙煎段階も同じでも、コーヒー豆の挽き方によって味わいが異なるのもコーヒーの魅力です。一般的に、極細挽き、細挽き、中細挽き、粗挽きという種類で区別されます。極細挽きは苦みがとても強く、粗挽きは苦みが少ない代わりに酸味がやや強く現れます。

コーヒーの飲み方によって、挽き方を変えるという方法もあります。ホットコーヒーとして飲む場合とアイスコーヒーにする場合、エスプレッソにする場合と飲み方にぴったりな挽き方の種類を選択して、味わいを変化させることも可能です。

コーヒーの飲み方から選ぶ

Photo byKIMDAEJEUNG

コーヒーの魅力や奥深さは、飲み方の違いでも現れます。ホットコーヒーやアイスコーヒー以外に飲み方にも様々な種類があります。カフェなどでよく頼むお気に入りの飲み方の種類がある方もいるでしょう。

ホットコーヒーとアイスコーヒーを比較するだけでもコーヒーの淹れ方を変えた方が、それぞれ美味しいコーヒーに仕上がります。例えば、アイスコーヒーを例にご説明します。

氷を追加することで冷す方法を取るのであれば、濃いめにコーヒーを淹れておかなければなりません。氷の水分でコーヒーが薄まってしまい美味しくなくなってしまうことが考えられるので、より味わいが濃厚なコーヒー豆を選ぶことがポイントになるでしょう。

意外と知らない【コーヒー豆】の正しい挽き方を伝授!おすすめの道具はコレのイメージ
意外と知らない【コーヒー豆】の正しい挽き方を伝授!おすすめの道具はコレ
コーヒー豆を自宅で挽いて楽しむ方も多いかもしれませんが、正しい挽き方をご存知でしょうか?コーヒー豆の正しい挽き方をマスターすることで、コーヒー豆本来のおいしさをさらに楽しめるかもしれません。今回はコーヒー豆の正しい挽き方とおすすめの道具を紹介します。
【コーヒー豆】は焙煎(ロースト)で味が決まる!家でできる簡単なやり方は?のイメージ
【コーヒー豆】は焙煎(ロースト)で味が決まる!家でできる簡単なやり方は?
今回は、美味しいコーヒーを味わうための重要な工程であるコーヒー豆の焙煎(ロースト)についてご紹介します。コーヒー豆の焙煎とは、炒って加熱することを指します。なぜ焙煎が必要なのか、その方法や焙煎の種類、お家で出来るコーヒー豆の焙煎方法などもまとめました。

コーヒーの「ブレンド」と「ストレート」の違いは?

Photo by Richard, enjoy my life!

人気の高いおすすめのコーヒー豆の紹介をする前に、コーヒーの注文の際によく目にするであろう「ブレンド」と「ストレート」というコーヒーの注文の種類について詳しくご説明します。実は違いを知らなかった方は、次回からの注文の参考にしていただけること間違いなしです。

コーヒーを一杯注文するにも、様々な種類があって困ったことがある方もいるでしょう。よく目にするブレンドコーヒーとは、その名の通り複数の種類のコーヒー豆が合わさっているコーヒーを指します。それぞれ特徴のあるコーヒー豆の良さを生かし、新たな味わいを生み出します。

対して、コーヒーのストレートとは1つの種類のコーヒー豆から出来るコーヒーを指します。コーヒー豆の種類によって味わいは大きく異なりますので、その豆の本来の味わいが堪能できます。

人気のコーヒー豆の種類

Photo byCouleur

では、ここからは評判の高い人気のコーヒー豆の種類をご紹介します。一度は耳にしたことがあるコーヒー豆の種類も登場するでしょう。おすすめのコーヒーばかりですので、コーヒー豆の種類ごとの特徴を知って、自分の好みに合う種類を見つけてみましょう。

人気のコーヒー豆の種類【ブルーマウンテン】

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

まず1つ目にご紹介する人気のコーヒー豆の種類は、ブルーマウンテンです。ブルーマウンテンは、日本では高級なコーヒー豆の種類として知られています。ブルーマウンテンは知名度が高いので、耳にしたことがある方も多いでしょう。

ブルーマウンテンは、ジャマイカのブルーマウンテン山脈の一部でできるコーヒー豆です。ブルーマウンテン山脈はコーヒーの栽培に適した立地のためコーヒー豆の栽培が盛んですが、ブルーマウンテンと呼べるのはブルーマウンテン山脈の標高800~1200mで生産されたもののみです。

ブルーマウンテンは、苦みと酸味、甘み、コクの調和が見事で黄金のバランスとも呼ばれるコーヒー豆です。キャラメルや焼き菓子と例えられる上品な香りが特徴的です。

人気のコーヒー豆の種類【キリマンジャロ】

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

続いて2つ目にご紹介する人気のコーヒー豆の種類は、キリマンジャロです。キリマンジャロというコーヒー豆の種類は、アフリカの最高峰であるキリマンジャロの麓で栽培されたものを指します。最近では、タンザニアで生産されたコーヒー豆が一般的にキリマンジャロと呼ばれています。

キリマンジャロの特徴は、酸味が強くすっきりとした味わいです。香りは、バニラのような甘くフローラルで魅力的です。また、キリマンジャロはコーヒー豆の粒が大きく、水分をたっぷり含んでいることも特徴的です。

人気のコーヒー豆の種類【グアテマラ】

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

最後となりますが、3つ目にご紹介する人気のコーヒー豆の種類は、グアテマラです。グアテマラ共和国で生産されるコーヒー豆の種類がグアテマラです。適度な降雨量で寒暖差の大きい山岳地帯、豊かな火山灰土壌はコーヒーの生産にぴったりです。

グアテマラは、甘い香りと上品でやや強めな酸味と芳醇な味わいが特徴的です。他のコーヒー豆の種類とも合わせやすいため、ブレンドコーヒーに使用されることも多い品種です。また、グアテマラという品種でも栽培している地域に多様性があるため、味わいが異なるのもポイントです。

酸味が苦手な人におすすめのコーヒー豆の種類

Photo byNickyPe

紹介したブルーマウンテン、キリマンジャロ、グアテマラというコーヒー豆ももちろんおすすめですが、先程紹介したようにコーヒー豆の焙煎段階や挽き方によって香りや味わいが異なります。しかし、コーヒー豆の種類の中でも比較的酸味が少ない種類もあります。

そこで、コーヒーの酸味が苦手な方におすすめの人気コーヒー豆のご紹介です。インドネシア産の「マンデリン」は、ブルーマウンテンが有名になるまでは、世界最高のコーヒーとも呼ばれていたコーヒー豆の種類で、酸味が少なく上品な香りが特徴です。

その他にも、キューバ産の「クリスタルマウンテン」やコロンビア産の「コロンビア」もさんみのすくないコーヒーとして人気があります。

苦みが苦手な人におすすめのコーヒー豆の種類

Photo byCouleur

コーヒーは苦みが好きという方も多くいらっしゃいますが、もちろん苦みが苦手た方もいらっしゃいます。続いては、コーヒーの苦みが苦手な方にもおすすめなコーヒー豆の種類をご紹介します。もちろん先に述べたように、焙煎段階や挽き方によっても味わいが変わります。

コーヒーの苦みが苦手な方には、グアテマラの「グアテマラ」がおすすめです。また、ハワイ島の「コナ」もミルクやシュガーが入っているような甘い香りが特徴的です。ただし、コナは酸味が強いすっきりとした味わいという特徴もあるので、酸味が苦手な方には不向きです。

酸味が少ないコーヒー豆の種類でも紹介した、クリスタルマウンテンやコロンビアは酸味だけでなく比較的苦みも少ないので、気になる方は一度試してみてください。

通が選ぶ美味しい【コーヒー豆】おすすめ11選!いつもの朝をちょっとリッチにのイメージ
通が選ぶ美味しい【コーヒー豆】おすすめ11選!いつもの朝をちょっとリッチに
コーヒー通が選ぶ美味しいおすすめコーヒー豆を厳選してお届けします。美味しいおすすめコーヒー豆、少しリッチなおすすめコーヒー豆、通がおすすめするコーヒー豆などが目白押しです。スタバやカルディ、サザ、無印などのおなじみのコーヒー豆も登場します。
おいしい【コーヒー豆】は通販でも買える!使ってみたいおすすめの通販サイト5選のイメージ
おいしい【コーヒー豆】は通販でも買える!使ってみたいおすすめの通販サイト5選
おいしいコーヒー豆は、通販でも購入可能です!コーヒー豆の種類のおさらいから、コーヒー豆を購入するのにおすすめの通販サイトまでまとめてご紹介します。人気専門店のコーヒー豆を通販で購入して、おうちでのコーヒータイムをグレードアップさせましょう!

自分好みのコーヒー豆の種類を探してみよう!

ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

今回は、コーヒー豆の種類、それぞれの特徴やおすすめのコーヒー豆をご紹介しました。コーヒー豆の種類で味が異なるのはもちろんですが、同じ種類のコーヒー豆でも焙煎方法や挽き方、飲み方などによってもコーヒーの味わいは変化し、これが多くの方を魅力するコーヒーの深さでしょう。

自宅でコーヒーを淹れる機会がある方は、お好みののコーヒーを味わうためにもお気に入りのコーヒー豆を見つけてみてはいかがでしょう。カフェを巡ったり、通販で探したりしてみてください。

SHIORI
ライター

SHIORI

静岡県出身、鹿児島県在住のSHIORIです。美味しいものを食べることが大好きです!趣味は、料理、お菓子作り、釣り、うさぎ、宅トレです。釣りでGETした魚が捌けるよう練習中です!誰もが読みやすい記事になるよう頑張りますので、よろしくお願いします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング