意外と知らない【コーヒー豆】の正しい挽き方を伝授!おすすめの道具はコレ

意外と知らない【コーヒー豆】の正しい挽き方を伝授!おすすめの道具はコレ

コーヒー豆を自宅で挽いて楽しむ方も多いかもしれませんが、正しい挽き方をご存知でしょうか?コーヒー豆の正しい挽き方をマスターすることで、コーヒー豆本来のおいしさをさらに楽しめるかもしれません。今回はコーヒー豆の正しい挽き方とおすすめの道具を紹介します。

記事の目次

  1. 1.コーヒー豆は挽き方次第で味が変わる!
  2. 2.【コーヒー豆の挽き方】抽出法によるグラインド
  3. 3.【コーヒー豆の挽き方】ポイント
  4. 4.【コーヒー豆の挽き方】挽き方に合わせたおすすめの道具
  5. 5.自分好みのコーヒー豆の挽き方をマスターしよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

コーヒー豆は挽き方次第で味が変わる!

Photo byEngin_Akyurt

今回は、正しいコーヒー豆の挽き方について紹介します。最近は、自宅で専用器具を用いて自分でコーヒー豆を挽いて出来立てのコーヒーを楽しむという方も増えてきています。しかし、正しいコーヒー豆の挽き方を理解していない方もいるかもしれません。

コーヒー豆はやり方により香りは変わります。目を粗くする挽き方もあれば、最小限にきめ細かくする挽き方もあります。電動ミルや手動のミルなどコーヒー豆を挽く道具によっても違いが生まれます。それぞれ香りや味が変わるので、自分にあったおすすめを見つけるのが理想的です。

やり方を変えることで、コーヒー豆の香りや味にどんな変化があるのか、また電動と手動のミルでどんな挽き方の違いがあるのか紹介します。自分に合ったおすすめを見つけましょう。

粗く豆を挽くと味も香りも出にくい

Photo byChristoph

コーヒー豆を粗く加工することで、香りも味も出にくくなります。抽出をする際に熱湯がコーヒー豆になじむ時間が短くなり、すぐに透過して早くなるため、濃厚な味やしっかりした香りができくくなります。挽き方でもコーヒー豆の味わいは大きく変わります。

反対に、細かくするとしっかりと味と香りは出てきますが、抽出を行う際に目詰まりを起こしやすくなります。また、コーヒー豆に含まれる雑味をしっかりと含んでしまうことになり、人によっては香りと味に違和感を感じるケースもあるかもしれません。

コーヒー豆の挽き方のきめ細かさを変えることは、仕上がりの違いに直結するので、人それぞれの好みによって使い分けるという考え方がおすすめです。

意外と知らない【コーヒー豆】の賞味期限を徹底解説!未開封なら長い?のイメージ
意外と知らない【コーヒー豆】の賞味期限を徹底解説!未開封なら長い?
お気に入りのコーヒー豆があれば、おうち時間も楽しくなります。そんなコーヒー豆には賞味期限があり、保存方法や保存期間によって賞味期限が変わるのをご存じでしょうか?そこでコーヒー豆のおいしさを長く楽しむために知っておきたい、コーヒー豆の賞味期限を解説します。

【コーヒー豆の挽き方】抽出法によるグラインド

Photo byCouleur

コーヒー豆の挽き方を考える際に、一般的には5段階の目の粗さに区分されます。それは、極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽き・粗挽きの5種類です。それぞれの加工具合に合わせたぴったりなコーヒーの種類やおすすめの抽出道具の選択をすることが重要です。

コーヒー豆の挽き方ごとにおすすめの抽出法があります。極細挽きの場合は、エスプレッソの抽出方法と相性が良いです。細挽きは、ウォータードリップにする場合においしく仕上がります。中細挽きの場合はペーパードリップや一般的なコーヒーメーカーで抽出をする際に適しています。

中挽きの場合はフレンチプレスやサイフォンなどがおすすめです。粗挽きは金属フィルターでのドリップと相性が良いです。やり方による違いをしっかりと理解しましょう。

【コーヒー豆の挽き方】ポイント

フリー写真素材ぱくたそ

続いて、コーヒー豆の挽き方で注意するべきポイントについて紹介します。コーヒー豆の粗さをどうするかにかかわらず、一般的に気を付けるべき点があります。同じ素材を利用するにしても、挽き方における注意点をしっかりと押さえておけば、仕上がりは大きく変わります。

コーヒー豆を挽くことは、時間もかかるし手間もかかります。しかし、嗜好が高い人には、コーヒー豆を挽く時間も穏やかにかつじっくりと楽しめる方が多いです。挽き方一つにこだわってじっくりと取り組める方のほうが、自分でコーヒー豆を挽く作業に向いているのかもしれません。

おいしい出来立てのコーヒーを楽しむために、コーヒー豆の挽き方にこだわりを持って、正しいやり方を覚えましょう。ぜひ毎日のコーヒーライフに役立ててください。

「挽きムラ」を作らない

Photo byPublicDomainPictures

コーヒー豆の挽き方を考えるうえで重要なポイントの1つ目は、挽きムラを作らないことです。コーヒー豆を挽いたあとの粒の大きさがばらばらだと抽出する際に、バランスの良い抽出ができず、味と香りにムラのあるコーヒーに仕上がってしまう恐れがあります。

コーヒー豆の挽き方においてムラができるのは、ミルなどの専門用具を利用する際に雑に利用することが要因であるケースが多いです。ゆっくりと落ち着いて挽いていくことで、均一な状態になることが理想的です。豆を挽く行為自体を楽しんで、ムラの出ないようにしましょう。

またミルが手動か電動か、あるいはコーヒー豆を粉砕するミルの歯の種類によっても仕上がりは変わってきます。道具の種類への配慮もする必要があります。

コーヒーを入れる直前に必要な分だけ挽く

Photo byeliasfalla

コーヒー豆の挽き方を考えるうえで重要なポイントの2つ目は、コーヒーを作る直前に必要量だけにとどめておくという考え方です。ミルなどの道具は、後片付けや洗浄などの手間が結構かかります。そのため、まとめてたくさんのコーヒー豆をたくさん挽く人がいます。

しかし、この挽き方はおいしいコーヒーを飲むためにはおすすめできません。飲む分量だけのコーヒー豆を用意して、挽いた後はできるだけ時間をおかずすぐにコーヒーの抽出をする方法がおすすめです。毎回ミルを用意して行う挽き方は面倒ですが、こだわり1つで仕上がりは変わります。

挽き方自体ももちろん重要ですが、素材を最大限に活かすため、新鮮で劣化が進まない状態で楽しむというのはどんな食品でも同じく重要なことです。

コーヒー粉は劣化スピードが速い

Photo bycocoparisienne

コーヒー豆を挽いた後のコーヒー粉の状態では、劣化が非常に早くなってしまうからです。正しい挽き方を取り入れたとしても、粉の状態でそのまま放置してしまえば、すぐに品質が劣化して、おいしいコーヒーを作ることができなくなってしまいます。

豆の形状と、粉になった状態とでは、表面積が大きく変わります。それだけ空気に触れる面積が大きくなるということなので、劣化のスピードは大幅に上がってしまいます。コーヒー豆の挽き方を考えるうえで、量に気を付けることがとても重要です。

あっという間に風味が落ちていく食品なので取り扱いには十分注意しましょう。どうしても保管しなければならないときは密閉できる容器を利用しましょう。

熱を出さない

フリー写真素材ぱくたそ

コーヒー豆の挽き方を考えるうえで重要なポイントの3つ目は、挽く最中で熱をできるだけ出さないことです。利用するときには、どうしても摩擦などで熱を発生させてしまいます。しかし、この熱をコーヒーが受けると風味が大きく損なわれてしまいます。

コーヒー豆にとって熱は大きな敵です。コーヒーとして抽出するまではできるだけ熱を加えないことが非常に重要になります。特に手動でなく電動ミルを利用している場合は、知らず知らずのうちに熱が発生してしまい、コーヒーの劣化を進めてしまう恐れがあります。

電動ミルによるおすすめのコーヒー豆の挽き方は、5秒間器具を作動させた後、一度動作を止めて器具を少し手で持って降ることで熱が拡散されます。

【コーヒー豆の挽き方】挽き方に合わせたおすすめの道具

Photo byfancycrave1

最後に、コーヒー豆の挽き方に合わせたおすすめの道具を紹介します。コーヒー豆の挽き方を考えるうえで、どんな道具を取り入れるかというのは大きなポイントです。自分に合ったぴったりのコーヒー豆の挽き方を見つけるために、道具にもこだわりを持って選びましょう。

道具は、大きく分けて手動のミルと電動のミルに分かれます。コーヒー豆の自分に合った挽き方を考えるうえで、どちらのタイプのミルを選択するのか、お互いのメリットとデメリットをしっかりと理解して、使いやすいほうを選びましょう。挽き方の違いが大きな仕上がりの差を生みます。

挽き方にこだわる方は、昔のレトロな道具を利用する方も多いですが、便利な挽き方を求める方は近代的な電動を利用するケースが結構あります。

手動タイプのミル

Photo byArtturi_Mantysaari

まず、手動で活用するタイプを紹介します。手動タイプの場合は、備え付けられているハンドルを回してコーヒー豆を砕いていきます。電動タイプよりも手間と時間がかかりますが、途中の香りの良さや挽いていく感覚を手で直接感じられるというメリットがあります。

1人や2人程度の少人数でコーヒーを楽しみたいケースに適しています。さらに、デザインが非常にレトロで、おしゃれに見える魅力があります。インテリアとしても適しており、リビングや台所に置いているだけでとても雰囲気の良い部屋になるというメリットもあります。

昔は手動での対応が一般的でした。コーヒー豆を自分の手でコリコリと粉砕していく感覚に人気が起こっていました。昔らしく懐かしい雰囲気のある方法です。

電動タイプのミル

Photo byFoundry

次に、電動タイプのミルを紹介します。電動タイプの場合は、自動でコーヒー豆を砕いていく挽き方になるので、自分で稼働させる必要がなく手間がかかりません。短時間で完成してくれる挽き方なので、忙しい方や時間を取るのが難しい方でも使用が可能です。

電動タイプのミルには歯が3種類あります。それぞれ目の粗さや均一な仕上がり具合など挽き方に違いがあるので、自分に合った品質のものを選びましょう。また電動タイプの場合は挽いている最中に熱がこもりやすく風味が失われやすい挽き方になるので注意しましょう。

コーヒー豆の挽き方に、絶対の正解はなく、自分の好みで楽しめる方法が理想です。様々な手法や道具を試してみて、違和感なく楽しめる方法を採用しましょう。

通が選ぶ美味しい【コーヒー豆】おすすめ11選!いつもの朝をちょっとリッチにのイメージ
通が選ぶ美味しい【コーヒー豆】おすすめ11選!いつもの朝をちょっとリッチに
コーヒー通が選ぶ美味しいおすすめコーヒー豆を厳選してお届けします。美味しいおすすめコーヒー豆、少しリッチなおすすめコーヒー豆、通がおすすめするコーヒー豆などが目白押しです。スタバやカルディ、サザ、無印などのおなじみのコーヒー豆も登場します。
【美味しいコーヒー】おすすめランキングTOP7!人気のギフトやインスタントものイメージ
【美味しいコーヒー】おすすめランキングTOP7!人気のギフトやインスタントも
インスタントやドリップなど、コーヒーには様々な種類があります。ギフト品に限らず、スーパーやコンビニでも美味しいコーヒーを入手することは可能です。今回は美味しいおすすめのコーヒーについて、おすすめ順にランキング形式でご紹介します。

自分好みのコーヒー豆の挽き方をマスターしよう!

Photo byDaria-Yakovleva

コーヒー豆の挽き方について紹介をしてきましたがいかがでしたでしょうか。挽き方一つで仕上がりに違いが生まれます。また道具によっても挽き方が変わってくるので、自分の好みや使用頻度、使用目的に合ったおすすめのコーヒー豆の楽しみ方を見つけましょう。

コーヒー豆の挽き方に詳しくなることは、生活にゆとりをもたらしてくれます。優雅なカフェタイムを楽しむためにもコーヒー豆の挽き方にこだわりましょう。

yokatayama
ライター

yokatayama

サラリーマンとして得た知識と経験で読みやすい記事を提供します。日常生活で役に立つ実践的な情報をたくさん提供していきたいです。お店のお得な利用方法も紹介したいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング