食パンでできるおいしいおやつのレシピをご紹介!子どもも喜ぶ簡単な作り方も

食パンでできるおいしいおやつのレシピをご紹介!子どもも喜ぶ簡単な作り方も

食パンは、トーストしての食べ方のほか、おやつにもなる食材です。フライパンやレンジを使った簡単レシピを知ることで、子どもに喜ばれるおいしいおやつを作ることができます。今回は、食パンを使った簡単なおやつのレシピについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.身近な食材を使って簡単でおいしいおやつを作りたい!
  2. 2.フライパンで楽ちん!食パンを使ったおやつレシピ!
  3. 3.トースターで!簡単おいしい食パンのおやつ!
  4. 4.レンジですぐできる!人気の食パンのおやつ!
  5. 5.子ども喜ぶ!アイディア溢れる食パンおやつ!
  6. 6.食パンで簡単においしいおやつを作ってみよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

身近な食材を使って簡単でおいしいおやつを作りたい!

Photo byCouleur

食パンは、手軽に食べられてまとめ買いもしやすい便利な食べ物です。朝食に食べるイメージの強い食パンですが、レシピを工夫すればおいしいおやつにもなります。

食パンはストックしやすく、身近な食材の一つです。食パンは冷凍保存でき、食べたい時はすぐに解凍して使えるため、まとめ買いもしやすいでしょう。手に入りやすい食パンで簡単においしいおやつを作ることができれば、おやつのバリエーションも広がります。

食パンを使った子どもが喜ぶ簡単おやつレシピを紹介

Photo byKalipco28

食パンを使ったおやつのレシピは、子どもがいる家庭におすすめです。食パンは生の状態で口にしても安全なので食材として扱いやすく、子どもと一緒におやつ作りをする事もできるでしょう。子どもが料理に興味を持つきっかけ作りにも、食パンでのおやつ作りはおすすめです。

食パンも形や盛り付けを工夫すれば見た目が可愛いおやつになります。見た目も味も両方楽しめる、食パンを使ったおやつのレシピは買い置きのおやつがない時にも役立つでしょう。

子どもが喜ぶ簡単おやつ特集!短時間でできるレシピや人気のメニューは?のイメージ
子どもが喜ぶ簡単おやつ特集!短時間でできるレシピや人気のメニューは?
子どもが喜ぶおやつの人気レシピをご紹介します。シンプルな材料と簡単な工程で作れるおやつばかりですのでおすすめです。自宅で簡単に作って楽しいおやつ時間にしましょう。子どもと一緒に作れるレシピや、短時間でさっと作れるおやつなどご紹介します。
おやつに食べたい焼きバナナをトースターで作ろう!おすすめのトッピングは?のイメージ
おやつに食べたい焼きバナナをトースターで作ろう!おすすめのトッピングは?
トースターで簡単に美味しい焼きバナナが作れるのを知っていますか?子供のおやつに、おしゃれなカフェタイムに、朝食のメニューにと、美味しい焼きバナナのレシピをご紹介しますのでぜひご覧ください。トースターでとても簡単に美味しい焼きバナナができます。

フライパンで楽ちん!食パンを使ったおやつレシピ!

Photo byjosephvm

フライパンを使って調理する食パンの簡単おやつレシピをご紹介します。フライパンは日常的に使う調理器具なので、トースターを持っていない方やシンプルな作り方を求める方におすすめです。

食パンのおやつは簡単なレシピが多いため、子どものフライパンの練習にもなるでしょう。食パンのおやつは食パン全体ではなく耳だけを使って作るレシピも多数あるので、サンドイッチを作って残った耳を活用する方法としてもおすすめです。

フライパンを使った簡単おやつレシピとして、食パンで作るラスクと甘くておいしいパンプディングの2つをご紹介します。

【食パンおやつ】簡単ラスク

Photo byperusona1004

食パンと砂糖、バターがあればフライパンで手軽にラスクを作ることができます。食パンラスクは、子どもがお腹を空かせている時に手早く作るおやつとして覚えておくと役立つでしょう。

食パンラスクの作り方は、まず食パンを一口サイズにカットします。フライパンを火にかけてあたため、バターを溶かします。バターは、有塩バターと無塩バターのどちらを使っても問題ありません。バターが溶けたら、フライパンに食パンを加えて焼きます。

食パンの水分が抜けてカリカリになってきたら、砂糖を入れます。砂糖の量は食パン1枚に対して大さじ1~2杯程度が目安です。フライパンの中を混ぜながら様子を見て、砂糖が溶けたら火を止めます。フライパンから出して粗熱を取ったら完成です。

【食パンおやつ】パンプディング

Photo bygenniebee512

パンプリンとも呼ばれているパンプディングは、固くなった食パンを有効活用できるおやつです。アレンジをきかせやすいパンプディングは、食べる方の好みに応じて付け加える具材を変えて楽しめます。材料は食パンのほか、バターと卵と牛乳、砂糖にバニラエッセンスがあれば作れます。

パンプディングの作り方は、ボウルに卵を割って牛乳と砂糖、バニラエッセンスを入れ、よく混ぜておきます。一口サイズに切った食パンをボウルに加えてしっかり混ぜます。ドライフルーツなどをアクセントにしたい場合は食パンと同じタイミングでボウルに加えておきます。

フライパンを温めてバターを溶かし、ボウルの中身を流し込んで焼き上げます。底が固まるほど焼けていれば裏返して焼き、中心部が膨らむほど焼けていれば完成です。

Photo by yoppy

おやつにパンプディングを作る際、重要なのは牛乳や卵と食パンの量のバランス、そして焼くのに使うフライパンのサイズです。食パン1枚程度の量からパンプディングを作るなら、卵1個と牛乳100ccを目安にして調節すると好みの食感が探しやすいでしょう。

フライパンのサイズを小さめにすると高さが出て内部に火を通すのに時間がかかりやすいため、しっかり火を通したいなら大きめのフライパンで平たく作るのがおすすめです。

食パンのパンプディングを大人向けの味のおやつにするなら、バニラエッセンスの代わりにラム酒を入れたり、ドライフルーツを多めに加えたりといったアレンジも可能です。いちじくやアプリコットのドライフルーツを入れると栄養価も高くなりヘルシーなおやつになるでしょう。

甘くないパンプディングは朝ご飯にも◎

Photo by Lucy Takakura

パンプディングは、食パンと牛乳と卵さえあれば作ることができます。パンプディングは、材料次第ではおやつだけでなく朝食にもなる料理です。

卵液にツナを加えて食パンと混ぜ、塩こしょうで味付けをすれば手軽に数品目の食品が食べられる朝食用パンプディングを作ることができます。軽く炒めた玉ねぎを加えたり、焼く際にシュレッドチーズをかけて溶かしたりしてもおいしくなるでしょう。

食パンだけよりも栄養面を強化した朝食にしたいなら、甘くないパンプディングを作ってみるのもおすすめです。

トースターで!簡単おいしい食パンのおやつ!

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

食パンを日常的に食べるために、トースターを持っている家庭も多いでしょう。トースターで作ることができる食パンのおやつは、ひと手間加えるだけで作れるので手軽です。

バナナとシナモンを食パンにのせたトーストは、材料もシンプルで手早く作れるおやつです。作り方は、バナナを食べやすいサイズにスライスし、食パンに並べます。食パンの上からシナモンを振りかけ、好みに応じた量の砂糖を加えます。

トッピングを加えた食パンをトースターで焼けば、甘くて食べやすいおやつの完成です。カットするものはバナナだけなので洗い物も少なく、トーストした後すぐに食べられます。アレンジとして、食パンの上にバナナの他マシュマロをのせてもおいしくなるでしょう。

レンジですぐできる!人気の食パンのおやつ!

Photo bytakedahrs

コンロやトースターを使わず安全なおやつ作りをしたいのであれば、レンジを使う方法もおすすめです。フレンチトーストは卵液に食パンを浸すため時間のかかるおやつのイメージですが、レンジを使えば短時間で調理できます。

作り方は、耐熱容器に卵と牛乳、砂糖を加えてよく混ぜ、卵液を作ります。食パンを食べやすいサイズにカットし、卵液に浸します。食パンを裏返してまんべんなく卵液につけ、ラップをふんわりとかけて電子レンジで加熱します。

レンジでの加熱時間は、食パン1枚分であれば500Wで3分程度が目安です。レンジの種類や量によっても異なるので慎重に様子を見ながら加熱し、膨らんだらおやつの完成です。

Photo byblandinejoannic

加熱すると膨らんで器からはみ出す可能性もあるため、使う耐熱容器は大きめのサイズが適しています。マグカップなどで卵液を作ると洗い物を減らしておやつ作りができます。高さのあるマグカップに入れて作ると膨らんでも対応しやすく、見た目の可愛いおやつになるでしょう。

基本の材料の他にアレンジするなら、ココアパウダーを加えてココア味にしたり、シナモンパウダーや黒糖を振りかけたりすればおやつの味のバリエーションが豊富になるでしょう。

加熱後に容器から出して盛りつける場合は、生クリームやフルーツを添えると豪華な印象のおやつになるでしょう。

子ども喜ぶ!アイディア溢れる食パンおやつ!

Photo by toshifukuoka

食パンから見た目や味を大きく変えたおやつを作ることができれば、おやつを食べる子どもの満足感も上がるでしょう。食パンの使い方次第で、食感も味も異なるおやつができあがります。

子どもも喜ぶ食べ応えのあるおやつとして、食パンで作るシナモンロールがおすすめです。材料は食パンとバター、シナモンシュガーがあれば作ることができます。食パンを巻いて作るおやつなので、食パンは8枚切りなどの薄めのものが向いています。

作り方は、食パンの耳を切り落とし全体を薄く伸ばします。溶かしたバターを表面に塗り、シナモンシュガーをまんべんなく振りかけます。生地を2~3つ折程度に折って巻き、アルミカップに1つずつ入れます。シナモンシュガーを上からかけ、オーブントースターで焼けば完成です。

Photo byjackieheaps007

焼き時間は予熱をしたオーブントースターで15分が目安ですが、焦げすぎる可能性もあるため様子を見ながら焼きましょう。食パン以外のボリュームも加えたいなら、中心にバナナを入れて巻いてもおいしいおやつになります。

子どもに食べさせるおやつにする場合は、巻く太さで子どもの食べやすいサイズに調整できます。量や内容を好みに合わせてアレンジできる食パンシナモンロールは、家族全員で楽しく食べられるでしょう。

食パンで簡単においしいおやつを作ってみよう!

Photo bytittans

食パンは身近な食材であるため、食パンを活かしたレシピはおやつに限らず様々な内容が開発されています。各種おやつのレシピは調理器具もフライパンからレンジまで幅広く対応しているので、手軽さや慣れた調理方法で手軽に調理できます。

食パンは薄さや柔らかさ、焼き加減も多種多様です。食パンを活かしておいしいおやつ作りを楽しみましょう。

平井 今日子
ライター

平井 今日子

滋賀県出身、京都在住です。お酒好きなのでお酒が楽しく飲めるスポット探しに日々勤しんでいます。神社やお寺も好きなので、良いところがあればご紹介していければと思います。楽しそう、面白そうが伝わる記事を発信していきたいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング