熊本の買って帰りたいおすすめ名産品29選!地元の美味しいを紹介します♡

熊本の買って帰りたいおすすめ名産品29選!地元の美味しいを紹介します♡

熊本には、名産品がたくさんあります。綺麗な水と広大な土地、寒暖差もあり、美味しい果物や熊本ならではの名産を作るのに好条件がそろっています。昔からの歴史ある逸品もあり、お土産には最適です。熊本の買って帰りたいお土産、おすそ分けしたい名産品をご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.熊本には垂涎ものの名産品ばかり!
    2. 2.熊本県の名産品~お菓子・7選
    3. 3.熊本県の名産品~海産物・5選
    4. 4.熊本県の名産品~お酒・6選
    5. 5.熊本の名産品~グルメ・6選
    6. 6.熊本の名産品~果物・5選
    7. 7.熊本の名産品はお土産にぴったり!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    熊本には垂涎ものの名産品ばかり!

    Photo byDeltaWorks

    熊本には、よだれが落ちそうな、美味しい名産品がたくさんあります。お菓子、海産物、お酒、果物等、名産品の種類も豊富です。熊本の珍味、ここにしかない逸品、どういう物があるのか気になってしまいます。

    熊本は全国有数の農業県

    Photo byBru-nO

    熊本県は温暖な沿岸地帯や標高の高い山間地域もあり、変化に富んだ地形や気候を活かしていろいろな農産物が生産されています。熊本の一年の平均気温は熊本市で17度、阿蘇では10度前後です。寒暖差も激しく、農作物や果物をより美味しくしてくれます。

    九州山脈を源とする清流と肥沃な土

    フリー写真素材ぱくたそ

    熊本県は、阿蘇山、九州山地に源を発する菊池川、球磨川などの川や豊富な地下水など、水資源が豊富です。山々から湧出る湧水や伏流水が、美味しい農作物作りに役立っています。大自然の力は、農作物作りにとても重要です。

    熊本県の名産品~お菓子・7選

    Photo byDeltaWorks

    「熊本の買って帰りたいおすすめ名産品29選」ここでは、お菓子を7つご紹介します。熊本には、何百年も続いた老舗が多数あります。熊本ならではの保存食のお菓子、地元の名産を使ったお菓子、どれも食べたくなってきます。

    宝餅本舗「こっぱもち」

    Photo byauntmasako

    初めにご紹介する名産お菓子は、「こっぱもち」です。「こっぱもち」の「こっぱ」とは、サツマイモの皮をむき、薄い輪切りにした物をワラに通して茹で、天日干しで乾燥させた物です。古くから、農家の保存食として貴重な物でした。

    宝餅本舗の「こっぱもち」は、サツマイモを煮干した物に、もち米と上白糖を加えた手法で作っています。添加物を一切使っていないので、安心して食べることができます。「こっぱもち」は、こっぱ、黒糖、紫いもの3つの味が楽しめます。

    住所 熊本県天草市牛深町3460-95
    電話番号 0969-73-2769

    香梅「ハッピー誉の陣太鼓」

    Photo by OHTAKE Tomohiro

    熊本の名産お菓子、続いて、香梅「ハッピー誉の陣太鼓」をご紹介します。「ハッピー誉の陣太鼓」は、特製誉の陣太鼓の「くまモンバージョン」です。9個入で1200円します。

    「誉れの陣太鼓」は、風味ゆたかな「北海道産大納言小豆」をたくさん使ったあずき餡で、求肥(餅粉に砂糖や水を加えながら練りあげて作った物)を包んだ熊本の名産お菓子です。

    住所 熊本県熊本市中央区白山1丁目6-31
    電話番号 0120-37-5081

    芋屋長兵衛「いきなり団子」

    Photo by t-mizo

    芋屋長兵衛「いきなり団子」は、サツマイモと生地にこだわったお菓子です。使っているサツマイモは、紅はるかや金時等、甘い品種の物です。甘みを増すために、40日以上熟成しています。

    「いきなり団子」の生地は、モチモチで塩味の効いた生地になっています。温かいときはもちろん、冷めても、モチモチした食感が自慢です。プレーン・よもぎ・桜・紫芋・黒糖の5種類があります。

    住所 熊本県熊本市中央区川端町2-2 レオパレス川端町A-2
    電話番号 0120-355-108

    阿部牧場「阿蘇の草原とぶ牛クッキー」

    Photo byDeltaWorks

    ここでご紹介するお菓子は、阿部牧場の「阿蘇の草原とぶ牛クッキー」です。「阿蘇の草原とぶ牛クッキー」は、阿部牧場の牛乳を贅沢に使った、手作りのミルククッキーです。卵を一切使っていません。卵アレルギーのある人でも、安心して食べられるお菓子です。

    「阿蘇の草原とぶ牛クッキー」には、こうし型クッキー・おやこセット・おや牛9頭セットの3種類があります。阿蘇を代表するあか牛のクッキーも入っています。厳しい阿蘇の寒さをしのぐため、牛が赤いマフラーを巻いる姿が可愛くて、顔がほころぶお菓子です。

    住所 熊本県阿蘇市三久保47-1 
    電話番号 0967-32-0565

    かどの駄菓子屋「黒糖ドーナツ棒」

    Photo byEngin_Akyurt

    続いてご紹介するのは、丸いドーナツが棒状になったお菓子、かどの駄菓子屋の「黒糖ドーナツ棒」です。沖縄の含蜜黒糖を使い、小麦粉、揚げ油にもこだわっています。揚げ菓子なのに油こくなく、優しい甘さが評判のお菓子です。

    「黒糖ドーナツ棒」は、コンパクトで、食べやすいお菓子です。「黒糖ドーナツ棒」には、12本入り・20本入り・40本入り・くまモンパッケージ等があります。

    住所 熊本市北区四方寄町1445-1
    電話番号 096-245-5350

    米白餅本舗「もっちー大福」

    フリー写真素材ぱくたそ

    続いて、明治43年創業、熊本の老舗もち屋、米白餅本舗のお菓子「もっちー大福」をご紹介します。「もっちー大福」は、厳選した熊本産のフルーツと野菜を餅で包んだ絶品大福です。フルーツを使った大福は、柑橘の酸味も程よく、マイルドで食べやすいと人気です。

    「もっちー大福」は種類も豊富です。プリン大福・ひのしずく(苺)・ブルーベリー大福・白桃(桃)・肥後グリーン(メロン)・いもっちー水道町(サツマイモ)等9種類あります。1個130円から140円です。8個入り・12個・20個の箱売りもあります。

    住所 熊本市中央区水道町8-1
    電話番号 096-352-2367

    老舗園田屋「朝鮮飴」

    Photo bytheerab

    最後にご紹介するお菓子は、老舗園田屋の「朝鮮飴」です。初めは、長生飴や肥後飴と呼ばれていたのが、加藤清正が朝鮮出兵の時に持って行き、おいしい保存食として絶賛したことから「朝鮮飴」と呼ばれるようになったそうです。

    400余年「朝鮮飴」の宗家「園田屋」は材料にこだわっています。特にもち米は吟味した純熊本県産を使用し、合成保存料、合成着色料等は一切使っていません。「朝鮮飴」には、200グラム(約16本)と400グラム(約24本)があります。

    住所 熊本市中央区南坪井町6-1
    電話番号 096-352-0030

    熊本県の名産品~海産物・5選

    Photo by bizmac

    次にご紹介するのは、「熊本の名産品・海産物編」です。熊本は野菜や果物が有名ですが、実は海産物も豊富で人気があります。天草近海の海が綺麗で、海産物が育ちやすい環境が整っています。名産品同士をブレンドして作った物から、生の物まで5つご紹介します。

    株式会社丸健水産「うにからすみ」

    Photo by veroyama

    「熊本の名産品・海産物編」でまずご紹介するのは、丸健水産の「うにからすみ」です。「うにからすみ」は、九州の珍味「生からすみ」と、天草近海で獲れた「バフンウニ」をブレンドしたものです。二つの旨味が引き立つよう配合し、低温熟成してうま味を出した海産物です。

    そのまま食べても美味しいのですが、パスタやご飯に混ぜたり、カナッペやサラダにも使え人気があります。珍味の海産物として贈答にもおすすめです。

    住所 熊本県天草市五和町二江4662-5
    電話番号 0969-33-1131

    天草うまかもん市場「いわし明太」

    Photo by kagawa_ymg

    ここでご紹介する海産物は、「いわし明太」です、天草うまかもん市場の「いわし明太」は、新鮮な国産いわしをじっくり煮込んでいるので、骨までやわらかくなっています。明太子のプチプチの食感と辛さがたまらないと、人気の海産物です。

    「天草うまかもん市場」は、天草の新鮮な海産物、スイーツ等、「あまくさ村」だけにあるお土産をまとめた、ネット通販ショップです。海産物のギフトセットもあります。

    住所 熊本県上天草市大矢野町登立910
    電話番号 0964-56-5151

    天草パールセンター「うに椎茸」

    Photo byDemorobi

    続いてご紹介するのは、「天草パールセンター」の「うに椎茸」です。「天草パールセンター」は、水族館、真珠専門店、海鮮料理レストラン、土産館等がある人気の観光スポットです。「うに椎茸」は、土産館で売られている海産物のお土産で人気商品です。

    海産物の「うに椎茸」は「うに」を贅沢に使い、特製味噌と椎茸を絡めて佃煮にしています。「天草パールセンター」のレストランに出されているだけではなく、「天草パールセンター」の公式サイトの「ごっちゃ市場」で、人気の海産物のお土産として紹介されています。

    住所 熊本県上天草市松島町合津6225-8
    電話番号 0969-56-1155

    天草ショップ「活きアワビ」

    Photo bymenglei

    海産物の名産品、続いては「活きアワビ」をご紹介します。豊かな海で育った天草のアワビは養殖です。でも、養殖アワビは天然物より肉厚で柔らかいのが特徴です。値段も安いです。エサにはワカメを使用し、添加物等含んでいません。

    アワビを薄くスライスして刺身に、バターで焼いてステーキに、アワビの酒蒸しもおすすめです。約500gが5個前後で7800円、約2kgが20個前後で2万4300円します。

    住所 熊本県天草市河浦町河浦5183
    電話番号 0969-77-0978

    えびのみやがわ「車エビ」

    Photo byPublicDomainPictures

    海産物の名産品、最後にご紹介するのは、「車エビ」です。えびのみやがわでは、車エビを天草近海で自社養殖しています。いつでも良質な車エビを、驚くほど手ごろな値段で購入できます。

    活き車エビと新鮮な車エビを特産の赤酒と特製味噌にじっくり漬け込んだ、車エビの味噌漬けがあります。活き車エビは、280g(8尾~13尾)5000円から、980g(27尾~44尾)1万4000円です。味噌漬けは、車エビの大きさによって、大中小と種類もいろいろあります。

    住所 熊本県八代市中北町3056
    電話番号 0965-34-5426

    熊本県の名産品~お酒・6選

    Photo by sabamiso

    熊本のお酒が美味しい理由をご存知ですか?美味しいお酒を造るのに必要な物は、上質の水とお米です。阿蘇や九州山地の伏流水をはじめ、湧水に恵まれた熊本には、県内に1000を超える湧水群があるそうです。

    この水が美味しいお米を育み、美味しいお酒造りに役立っています。ここでは熊本の名産品から、お酒6選をご紹介します。

    熊本県酒造研究所「香露」

    Photo byPublicDomainPictures

    最初にご紹介するお酒は「香露(こうろ)」です。「熊本県酒造研究所」は、「きょうかい9号酵母」の元株でもある「熊本酵母」の研究機関で、「香露」の醸造元です。「熊本酵母」は、「きょうかい9号酵母」として頒布され、全国のお酒造りに生かされています。

    「香露」は、甘さをともなう旨味と、発酵からもたらされる心地よい酸味が調和した酒質です。「香露」の大吟醸は、醸造量が少なく高価なお酒です。「香露」は、熊本県酒造研究所では売られていません。大手通販ショップの楽天市場・ヤフーショッピングで購入できます。

    住所 熊本市中央区島崎1丁目7-21
    電話番号 096-354-4888

    山村酒造「れいざん 純米酒」

    Photo byDeltaWorks

    阿蘇のお酒は、霊山阿蘇の外輪山よりこんこんと湧き出る山水を使っています。飲用はもちろん、醸造にも適した伏流水です。「れいざん」は、4週間ほどの発酵期間を経て、上槽(しぼり)の工程になります。しぼりたての原酒はアルコール度数19度と高めです。

    「れいざん 純米酒」は、アルコール度15度で、落ち着いた風味の中に程よい香りが潜み、柔らかな純米酒です。冷や、またはぬる燗がおすすめです。熊本の名酒「れいざん」は、冬限定のお酒です。

    住所 熊本県阿蘇郡高森町高森1645
    電話番号 0967-62-0001

    繊月酒造「繊月」

    Photo byjanrye

    ここでは「繊月」というお酒をご紹介します。「繊月」は、厳選された米と、球磨川(くまがわ)の澄んだ流れが生んだ本格焼酎です。繊月酒造の代表銘柄で、まろやかで旨みのある米焼酎です。繊月には、ビン、紙パック入りの物や1.8L、900ml等があります。

    度数も25度と20度があります。25度はお湯割り・水割り・ロック等、好きな飲み方ができます。20度はそのまま温めたり、冷蔵庫で冷やしたりして飲んでも美味しいお酒です。

    住所 熊本県人吉市新町1番地
    電話番号 0966-22-3207

    鳥飼酒造「鳥飼」

    Photo by km058

    続いてご紹介するお酒は、鳥飼酒造の「鳥飼」です。鳥飼酒造は人吉市で400年以上の歴史を誇る蔵元です。150ヘクタールの谷あいに蒸留所を建て、崩壊した渓流を守る活動を15年以上実施しています。鳥飼酒造の焼酎の特徴は吟醸麹と香りです。

    「吟香(ぎんか) 鳥飼」は、吟醸麹と吟醸酵母による香りが特徴です。女性にも人気の華やかなフルーツのような香りが楽しめる、少し辛口の米焼酎の逸品です。

    住所 熊本県人吉市七日町2
    電話番号 0966-22-3303

    大石酒造場「大石」

    Photo by sakura_chihaya+

    「熊本の名産品・お酒6選」続いてご紹介するのは、大石酒造場「大石」です。大石酒造場は、お米「コシヒカリ」と、酒造用として開発された新品種「吟のさと」の2種類を自家栽培しています。「大石」は、コクがあり、まろやかな口当たりの本格米焼酎です。

    お酒「大石」の「特別限定大石」は、アルコール度数25度、原材料はお米で、1800mlと720mlがあります。「極上大石」は、アルコール度数38度、原材料コーン、内容量600mlです。二つを飲み比べるのも、面白そうです。

    住所 熊本県球磨郡水上村岩野1053
    電話番号 0966-44-0001

    熊本ワイン株式会社「肥後六花」

    Photo byBru-nO

    名産品お酒6選、最後にご紹介するのは、熊本ワインの「肥後六花」です。ワインを身近に感じて欲しいという思いから、熊本の花々をラベルにつけたそうです。例えば「肥後白椿」 は、デラウェア(白・辛口)、「肥後花菖蒲」はナイアガラ(白・甘口)といった感じです。

    「肥後六花」とは、肥後菊、肥後椿、肥後山茶花(ひごさざんか)、肥後花菖蒲(ひごはなしょうぶ)、肥後朝顔、肥後芍薬(ひごしゃくやく)の6つです。熊本ワインでは、巨峰、マスカット・ベーリーA、キャンペル・アーリー、デラウェアを醸造しています。

    住所 熊本県熊本市北区和泉町168-17
    電話番号 096-288-0799(通販専用)

    熊本の名産品~グルメ・6選

    Photo by othree

    熊本の名産品、ここでご紹介するのは、グルメ6選です。熊本は冬が厳しい土地柄、熊本にしかない名産グルメがたくさんあります。昔からの伝統の逸品もあり、歴史の古さを感じます。熊本名産グルメ、ご存知のものありますか?

    黒亭ラーメン「黒亭のお土産ラーメン」

    Photo by Kossy@FINEDAYS

    名産品グルメ6選、はじめにご紹介するのは「黒亭のお土産ラーメン」です。このお土産ラーメンは、「熊本ラーメン黒亭」のお土産版です。麺はお土産専用の半生麺です。お土産用とはいえ、黒亭自慢の焦がしにんにく油も再現できています。お店と同じ味のラーメンです。

    グルメ「黒亭お土産ラーメン」は1食から購入できますが、どれにしようか迷ったら、お試しセットがおすすめです。6食袋で焦がしにんにくがついています。4食入り×2セットや4食入り×4セットも人気です。

    住所 熊本県熊本市西区二本木2丁目1-23  
    電話番号 096-352-1648

    肉工房三協「熊本和牛あか牛ハンバーグ」

    フリー写真素材ぱくたそ

    続いてのグルメは、「日本ギフト大賞2018年熊本賞」を受賞した、肉工房三協「熊本和牛あか牛ハンバーグ」です。あか牛100%で作られたハンバーグは、赤身ならではのジューシーでコクのある味わいが特徴です。低脂肪・高タンパクなあか牛を使用しています。

    健康志向の方、ご年配の方にもおすすめの、職人手作りのグルメハンバーグです。「あか牛ハンバーグ」は、150g×6個入りと120g×8個入りがあります。

    住所 熊本県熊本市田崎町430-11
    電話番号 096-352-7555

    食の彩 ふしみ「おとうふの味噌漬け」

    フリー写真素材ぱくたそ

    次にご紹介するグルメは、お豆腐です。食の彩ふしみの「おとうふの味噌漬け」は、平家の落人達が作り出した保存食だそうです。「おとうふの味噌漬け」は、いろいろなメディアに取り上げられている、人気グルメです。

    田舎で作られている堅いお豆腐に押しをし、熱を加えます。特製のもろみ味噌に漬け込んで熟成させれば、「おとうふの味噌漬け」の出来上がりです。グルメ「おとうふの味噌漬け」は、高千穂峡に近い山間部にある、「食の彩ふしみ」で手作りしています。

    住所 熊本県上益城郡山都町柳井原929-1
    電話番号 0967-83-1720

    珍味かごや「馬刺し燻製」

    フリー写真素材ぱくたそ

    ここでご紹介するグルメは、熊本名産「馬刺し燻製」です。かごやの「馬刺し燻製」は、生の馬刺しが苦手な人も、燻製してあるので食べられそうです。

    そのまま食べても美味しいグルメですが、フライパンで焼いて食べるのも、更に美味しくておすすめです。馬刺し燻製には、シンプルなノーマル味と、ブラックペッパーを加えたペッパー味の2種類があります。ペッパー味にはブロックタイプの燻製もあります。

    住所 鹿児島県鹿児島市武岡5丁目8-2  
    電話番号 0120-44-6363

    高見商店「からし蓮根」

    Photo by inazakira

    名産グルメ6選、ここでは400年前からあるグルメ「からし蓮根」をご紹介します。400年ほど前、蓮根の嫌いな藩主細川忠利公に栄養価の高い蓮根を食べてもらおうと、和尚が考えだしたのが、「からし蓮根」だと言われています。

    蓮根の穴に辛子味噌をつめ、上からころもを着せています。口に入れるとツーンとし、味噌と衣がまじりあって美味しさを奏でています。この辛さが苦手な人は、マヨネーズやお醬油をつけて食べると、辛さが和らぐそうです。

    高見商店の「からし蓮根」には、からし蓮根丸大1本~6本入り・スライスしてある一口からし蓮根・冷凍からし蓮根もあります。

    住所 熊本県八代市大村町880-3
    電話番号 0120-324-753

    志賀食品「たかな漬」

    Photo bytk1

    熊本の名産品グルメ6選、最後にご紹介するのは、志賀食品の「たかな漬」です。寒さが厳しい阿蘇では、冬は作物が育ちませんでした。そのため、常備食として古くから「阿蘇たかな」を各家庭で漬けていたそうです。

    当時「阿蘇たかな」を売りに行っても、まったく売れなかったそうです。昭和39年の阿蘇やまなみハイウェイの開通により、阿蘇に観光客が多くなり、お土産として徐々に広まっていきました。

    志賀食品の「たかな漬」には、「阿蘇たかな漬」を主に、熊本たかな漬、ちりめんたかな漬を販売しています。漬け方が違うたかな、それぞれの美味しさを楽しめます。

    住所 熊本県阿蘇市一の宮町坂梨3001
    電話番号 0967-22-0468

    熊本の名産品~果物・5選

    Photo bysilviarita

    熊本の名産品、最後にご紹介するのは、果実です。熊本が実は、果実の豊富な場所だということをご存知でしょうか。熊本は昼と夜の温度差がとても大きく、果物は寒暖の差が激しい環境で育てられると甘くて質のいいものになるそうです。

    熊本の上水道は栄養豊富な地下水を使っています。ミネラルたっぷりの地下水で果汁がおいしくなります。甘くて美味しい熊本の果物を5つご紹介します。

    「スイカ」

    Photo bystevepb

    熊本の名産品・果物編、最初にご紹介するのは、「スイカ」です。熊本は、スイカの生産量日本一で有名です。出荷のピークは5月の中旬くらいになります。熊本スイカは、果肉は緻密で濃厚な甘さ、食感も最高と人気です。

    「熊本スイカ」は甘みが強く、シャリっとした食感の「春のだんらん」・大玉の「祭ばやし」・甘さ充分の「ひとりじめ」・小玉の「ひとりじめBONBON」も有名です。スイカとは思えないネーミングも楽しいです。

    「不知火」

    Photo byzofhfh225

    次にご紹介する名産品の果物は、「不知火(しらぬい)」です。デコポンと不知火は同じ果物です。ただ一つ違うのは、「デコポン」と呼ばれるのは、熊本県果実連ブランドで、生産者直売品は、「不知火」と呼ばれています。呼び方が違う果物も珍しいです。

    「不知火」は、きよみとポンカンの交配種で、糖度が高く果汁も多くて、人気の高級柑橘です。収穫は2月中旬~5月下旬になります。食べ頃は、果皮が指で押して柔らかくなっている時だそうです。

    「晩白柚」

    Photo byRitaE

    ここでご紹介する果物は、「晩白柚(はんぺいゆ)」です。「晩白柚」はザボンの一種で、柑橘類の果物の中でも特に大きく、直径25cmの物もあるそうです。通常、直径20cmで重さ2kgくらいです。

    「晩白柚」は果汁は少なく、果肉はサクサクとした歯ざわりが人気の果物です。よく熟したものは甘みと酸味のバランスが絶妙で美味しいです。晩白柚は保存性が高く、食べ頃になるまで1か月間ほど置いておくことがでます。

    そのまま食べるのが一般的ですが、厚い皮を砂糖で煮て、ザボン漬け(マーマレード状)にすることもできる果物です。

    「温州ミカン」

    Photo bypixel2013

    熊本は、全国に知られたみかんの里です。いろいろな露地みかんが10月~1月まで次々に出荷されています。なかでも、10月上旬から新早生の温州みかん「豊福早生」、中旬から「肥のあけぼの」が販売されます。熊本の「温州みかん」は、果物の名産品です。

    「温州みかん」の新品種「豊福早生」はとても甘く食べやすいみかんです。「肥のあけぼの」は抜群の甘さで、見た目、果実ともに濃い赤みが特徴です。小袋が薄いのでとても食べやすいみかんで、人気があります。

    「大橘(パール柑)」

    Photo by hazy-moon

    名産品の果物5選、最後は「大橘(パール柑)」をご紹介します。熊本の大橘(おおたちばな)は、グレープフルーツのように爽やかで、肉質は柔らかくさっぱりしている果物です。

    果肉が真珠色に輝いていることと、産地が天草パールラインの近くであることから「パール柑」という名前で、全国に発信しています。

    「パール柑」は15cmくらいの大きさで、重さは600グラム前後の大玉です。色ツヤのいいもの、表面が黄色くなった時が食べごろです。この果物の一番おいしい時期は、3月頃だそうです。

    熊本の名物グルメおすすめ27選!ご当地の郷土料理やお店をまとめて紹介のイメージ
    熊本の名物グルメおすすめ27選!ご当地の郷土料理やお店をまとめて紹介
    熊本にはご当地の名物料理が美味しいお店やB級グルメが美味しいお店、ランチが美味しいお店などがあります。他にもスイーツが美味しいお店、人気のお土産品が買えるお店などがあります。そんな熊本の名物料理が美味しいお店から人気のお土産までまとめてご紹介します!

    熊本の名産品はお土産にぴったり!

    Photo byDeltaWorks

    熊本の名産品をいろいろとご紹介してきましたが、いかがでしたか。恵まれた地形や気候よって、お酒、果物、グルメ等、多彩な名産品が生み出されています。

    熊本に行かれた時には、お土産に買ってみてはいかがでしょうか。親しい人へのお土産にも、喜ばれること間違いありません。

    みいたん
    ライター

    みいたん

    鳥取の田舎町に住んでいるみいたんです。ここから出たことがなく、ジュエの記事を書きながら、私も一緒に旅をしたり、美味しいものを食べた気分を味わっています。素敵な旅になるお手伝いが出来たら嬉しいです。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング