くら寿司の注文はタブレットが便利!初心者でもすぐにわかる簡単な操作方法とは?

くら寿司の注文はタブレットが便利!初心者でもすぐにわかる簡単な操作方法とは?

くら寿司には注文に便利なタブレットがあります。写真付きでわかりやすいタブレット注文は気軽に注文でき便利だと評判です。くら寿司はスマホアプリを利用したさらに便利な「スマホで注文」も導入中です。スマホで各自が好きなタイミングで注文できると評判の最新システムです。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

記事の目次

  1. 1.くら寿司の注文用タブレットは子供でも操作簡単!
  2. 2.くら寿司の簡単便利なタブレットでの注文方法
  3. 3.くら寿司の注文はタブレットから進化中
  4. 4.くら寿司の注文はタブレットを使おう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

くら寿司の注文用タブレットは子供でも操作簡単!

無添の美味しい寿司が楽しめるくら寿司は日本全国に400店舗以上を展開する人気の回転寿司チェーン店です。くら寿司は豊富な寿司メニューとサイドメニュー、デザートメニューなどが楽しめる業界第3位の店舗数を誇る人気店です。

新鮮なネタを使った無添のにぎり寿司、ぐんかん、巻寿司などはもちろん、サイドメニューも豊富です。7種の魚介追いかつお醤油らーめんや濃厚味噌らーめんはくら寿司で長年愛される定番人気サイドメニューです。胡麻香る担々麺や特製あさりだしらーめんも評判の高い商品です。

出汁の旨さにこだわった「くら出汁」は寿司のお供に最適な一杯です。「すしやの天丼」に合わせてオーダーし、くら出汁をかけて天茶漬け風にして食べるというくら寿司通の食べ方もあります。

絶品と評判の「すしやの特上うな丼」やきつねうどん、かけうどんなどのメニューもおすすめです。くら寿司の寿司メニューは生ものや魚介が苦手な方にも楽しんでいただけるようなメニュー構成になっています。

例えばにぎり寿司の中には新鮮なネタを使った寿司だけでなく、旨だれ牛カルビやあぶり照り豚チーズ、ハンバーグ、イタリア産生ハムなどの「肉」寿司もたくさんあります。ぐんかんにはサラダ、ツナサラダ、えびマヨ、味玉など小さなお子様にも味わっていただけるメニューがあります。

揚げ物のサイドメニューには人気のもりもりポテトや3種濃厚チーズポテト、煮込みチャーシューコロッケ、ちびころチキンなども子どもに人気の高いメニューです。

くら寿司には新鮮な寿司やサイドメニューの他、食事の〆にふさわしい絶品デザートメニューもたくさん並びます。「北海道みるくシューアイス」や「北海道みるくのプリンタルト」「チョコケーキ」「チーズケーキ」「おいもDEホイップ」は100円で楽しめる食後のデザートです。

アイスクリームやシャーベットも人気ですし、くら寿司特製の「夢のふわ雪」シリーズもとても人気です。夢のふわ雪シリーズはふわふわの雪のようなかき氷のことで、宇治抹茶ホイップやマンゴーホイップなど色鮮やかなシロップがかけられたボリューム満点のかき氷が楽しめます。

最近では「マンゴーミルクタピオカ」や「たっぷりシャインマスカットパフェ」などもデザートメニューの仲間入りを果たしますますくら寿司のデザートメニューから目が離せないと口コミで話題になっています。

今回の記事ではくら寿司のタブレットを用いた注文方法についてご紹介します。くら寿司はタブレットで簡単に且つ便利に注文することができます。

とても簡単な操作でできますのでぜひくら寿司に行って注文操作をお試しください。くら寿司のタブレットの注文方法やくら寿司の注文方法の進化についてご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

くら寿司の魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報まで総まとめのイメージ
くら寿司の魅力を徹底調査!おすすめメニューからお得な情報まで総まとめ
くら寿司は無添にこだわる回転寿司チェーン店です。新鮮で美味しい寿司はもちろん、らーめんや丼もの、デザートなどのサイドメニューも人気です。この記事ではくら寿司のおすすめメニューやお持ち帰りメニュー、公式アプリ、ネット通販、お得なクーポンなどについてご紹介します。

くら寿司の簡単便利なタブレットでの注文方法

くら寿司のタブレットでの注文方法についてご紹介します。くら寿司は最新の機械や設備、システムを導入している最新の回転寿司チェーン店です。

例えばくら寿司の「皿カウンター水回収システム」は食べた寿司の皿をテーブル脇にある「皿カウンター」に投入することで自動的に皿が回収されるという効率的なシステムです。皿が回収されるだけでなく皿の枚数もカウントしてくれますのでお会計がスムーズに進みます。

テーブルの上も常にきれいな状態になりますのでお客様としてもメリットが大きいです。さらにこの皿カウンターシステムでは5枚ごとに「ビッくらポン」というカプセルトイ抽選機に連動し、あたりが出れば人気キャラクターや人気アニメなどとコラボレーションしたカプセルトイがもらえます。

くら寿司オリジナルのグッズがもらえるとあって子供を中心に人気のあるシステムと評判です。くら寿司の便利で簡単なシステムがタブレット注文です。くら寿司のタブレットを使えばお好きなタイミングで気軽に注文することができます。

くら寿司のタブレットは写真付きのメニューで注文数などが大きな文字で表示されますので注文ミスが起こりにくい構造になっています。

スタッフを介しての注文の場合伝達ミスがどうしても起こってしまいますが、タブレットでの注文なら伝達ミスが起こらないのでお客様に正確に商品を届けることにつながります。

くら寿司のタブレット注文なら注文した商品がきちんと提供されたか、もしくは未提供かなども簡単に確認することができます。くら寿司のタブレット注文なら注文した商品の合計金額なども便利に確認することができますので予算などと照し合せて追加注文することが可能です。

くら寿司の注文はタブレットから進化中

くら寿司の注文はタブレットを使用した便利で簡単なシステムだと前章でご紹介しました。さらにくら寿司では便利且つ簡単を追求し、注文のシステムが進化中となっています。

くら寿司の「スマホdeくら」はスマホアプリを起点としたサービスの総称で、座席を予約できる「スマホでテーブル予約」などの機能が搭載されています。スマホでテーブル予約を使用した自動案内機との連動による店員を介さない案内は2020年10月までにくら寿司全店舗に導入予定です。

さらに「スマホで注文」の導入も予定しています。スマホで注文はお客様個人でお持ちのスマホにダウンロードしたアプリがタッチパネルに連動しより気軽にスムーズに注文できるというものです。

順番待ちの間でもスマホアプリから事前注文が可能ですので、席についたタイミングでスムーズに料理が運ばれてきます。

くら寿司のタブレットは回転レーンの上部に備え付けられているタイプのものが多く、複数人でくら寿司に来店した場合、回転レーン側に着席した方に注文を頼んでタブレットで注文してもらうというケースが多く見られました。

タブレットが固定されているので各自がタブレットに触れることが難しかったので当然です。進化した注文システム「スマホで注文」を利用すれば各自のスマホから簡単に自分のタイミングで注文できるのでよりスムーズに便利に注文できます。

スマホで注文は日本語の他、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語の4か国語に対応し、アプリは最大6台まで連携できます。お会計の際には合算会計はもちろん、個別会計にも対応するという徹底ぶりです。このスマホで注文は2020年9月末までに全国のくら寿司約250店舗に導入予定です。

ぜひくら寿司でスマホアプリを利用しより便利にスムーズに注文してくら寿司メニューを楽しみましょう。

くら寿司のメニュー人気ランキング!鉄板の定番ネタからデザートまで!のイメージ
くら寿司のメニュー人気ランキング!鉄板の定番ネタからデザートまで!
くら寿司の人気メニューランキングをご紹介します。添加物にこだわったくら寿司は、ファミリーはもちろんお一人様にも大人気の回転寿司チェーン店です。この記事ではくら寿司の人気ランキングから鉄板の定番ネタ、デザートメニューまでご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
くら寿司の皿「鮮度くん」の取り方をご紹介!安心して食べられる人気システムとはのイメージ
くら寿司の皿「鮮度くん」の取り方をご紹介!安心して食べられる人気システムとは
くら寿司には「鮮度くん」という衛生上安心なシステムがあります。くら寿司の「鮮度くん」の皿の取り方を詳しくご紹介します。くら寿司の「鮮度くん」の皿の取り方はとても簡単です。衛生や鮮度が気になる方はぜひくら寿司の徹底管理された美味しい寿司をご賞味ください。

くら寿司の注文はタブレットを使おう!

くら寿司の美味しい寿司やサイドメニューの注文にはタブレットが便利です。くら寿司のタブレット注文なら写真付きのメニューをタッチするだけで簡単に注文が可能です。お会計などもスムーズにできますのでタブレット注文はとても便利なシステムです。

くら寿司はタブレット注文のほかさらに進化した「スマホで注文」も導入中です。順次導入店舗を拡大中ですのでスマホアプリを介した注文もぜひお試しください。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

nikeyama
ライター

nikeyama

国内旅行、海外旅行、グルメ、キャンプ、街散歩、料理、子育てなどに興味があるママライターです。わかりやすい記事の執筆を心がけています。ご覧いただけると嬉しいです。

こちらもいかがですか?

人気記事ランキング