サブウェイはサンドイッチの「パン抜き」ができる!サラダメニューとの違いは?

サブウェイはサンドイッチの「パン抜き」ができる!サラダメニューとの違いは?

たっぷりの野菜と魅惑的なメイン具材で人気のサブウェイのサンドイッチですが、サラダ(「パン抜き」)として注文すると、サラダにできるのをご存知でしたか?この記事ではサブウェイのサンドイッチのサラダ(パン抜き)をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.サブウェイのサンドイッチの「パン抜き」とは?
  2. 2.サブウェイの「パン抜き」の注文方法は?
  3. 3.サブウェイのおすすめ「パン抜き」メニューは?
  4. 4.サブウェイの「パン抜き」で野菜を沢山頂こう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

サブウェイのサンドイッチの「パン抜き」とは?

サブウェイでは、2018年5月のメニュー改定で、「パン抜き」が「サラダ」として初めてメニューに加わりました。それまでサブウェイでは「〇〇(メニュー名)のパン抜き」とオーダーしていたものを「〇〇(メニュー名)のサラダ」とオーダーするようになりました。

サラダメニューとの違いは?

サブウェイのパン抜きとサラダの違いは、メニューとして載っているかいないか、ということがまず挙げられます。レギュラーのサンドイッチはすべてサラダにできるため、サラダとしてオーダーします。

サラダがサブウェイのメニューに載っても、パン抜きはなくなってしまったわけではありません。例えばサブウェイの期間限定のサンドイッチなどの場合は、サラダメニューとして用意されていない場合があり、その時はパン抜きをオーダーします。

【保存版】サブウェイの魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も盛りだくさんのイメージ
【保存版】サブウェイの魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も盛りだくさん
サブウェイはサンドイッチ専門の人気チェーン店で、パンや具材を自由にカスタムできる楽しさが高く支持されています。そこで、サブウェイの魅力を総まとめしました!おすすめメニューやモーニング・ランチをはじめ、お得な情報が満載です。

サブウェイの「パン抜き」の注文方法は?

サブウェイのパン抜きのオーダーの仕方は、基本的にはサンドイッチのオーダーとあまり違いはありません。サブウェイで「サラダ(パン抜き)で〇〇(メニュー名)をお願いします」と言って基本の野菜を盛ってもらい、追加で有料または無料の野菜やトッピングを選んで、ソースを選びます。

ソースはサブウェイの店員さんにおすすめを聞いてみましょう。ソースを間違えるとサラダ(パン抜き)が全体的に美味しくなくなってしまいます。ちなみに野菜を増量した場合、ソースも増量できます。メイン具材は先ほどのメニュー名に応じた具材になります。

例えばサブウェイで「サラダ(パン抜き)で『チーズローストチキン』をお願いします」とオーダーすると、メイン具材はローストチキンで、チーズとともにサラダに添えられます。

値段は?量は?

Photo byAlexas_Fotos

サブウェイのサラダやパン抜きの値段はレギュラーサンドイッチに300円プラスした値段になります。有料のトッピングを選ぶと、さらにプラスになります。値段が高いというイメージがついてしまいそうですが、食べてみれば美味しさ、ボリュームともに損ではないことがわかるでしょう。

サブウェイでは、レタス、ピーマン、オニオン、トマトの基本野菜は追加できます。レタスはサンドイッチの通常の量の4倍入っています。他の野菜も追加OKです。

サブウェイのサラダには、野菜がたっぷりと入っていますが、もっと野菜を食べたい人は「野菜は全部2倍で」とオーダーすると野菜が2倍に増えてどっさり頂けます。1.5倍にも増量できるので、お腹と相談してから決めることをおすすめします。

サブウェイでは、オリーブ、ピクルス、ホットペッパーといったアクセントになる野菜も無料でトッピングしてくれます。

ちなみに、サブウェイで有料トッピングとなるのは、ナチュラルスライスチーズ、クリームタイプチーズ、マスカルポーネチーズとチーズだけでも3種類あります。その他にはたまご、アボカド、エビ、ベーコン、ツナなどと豊富です。

サブウェイのおすすめ「パン抜き」メニューは?

サブウェイの「パン抜き」、つまり、サラダのおすすめを選んでみました。野菜も摂れてたんぱく質も摂れる、並みのサラダ(パン抜き)ではなさそうです。

おすすめ1 エビアボカド

なんといってもメインのエビがぷりっぷり、さらに最強コンビのアボカドのクリーミーな食感と濃厚な味が合わさって、いくらでも食べられそうなサラダ(パン抜き)です。

おすすめ2 ローストビーフ

ジューシーなビーフにしっとりとしたうまみを閉じ込めたローストビーフが絶品です。野菜との相性も良く、お腹いっぱい食べたいサラダ(パン抜き)です。

おすすめ3 BLT

ベーコンとセミドライソーセージにパルメザンチーズをのせたサラダ(パン抜き)です。セミドライソーセージは水分量がやや低いソーセージです。カルパスという種類で、スパイシーなものが多いです。

おすすめ4 ベジーデライト

野菜だけのサラダ(パン抜き)です。たんぱく質の具材がない分、さみしい感じがしますが、糖質制限ダイエットなどしている人には向いているでしょう。

おすすめ5 チリチキン

辛い物がダメな人ちょっと難易度が高いかもしれません。唐辛子とハバネロをチリソースに使い、相当なピリ辛になっています。中には辛さが足らないとソースにチリソースを選ぶ人もいます。

辛さはソースをマヨネーズタイプにするとマイルドになります。食べ慣れると、辛さと背中合わせの旨味がやみつきになりそうで用心したいサラダ(パン抜き)です。

サブウェイの「パン抜き」で野菜を沢山頂こう!

Photo byskeeze

サブウェイのサラダ(パン抜き)についてお伝えしました。サブウェイは野菜がたっぷりでヘルシーなファストフードです。カロリーを摂りたくない人、糖質制限ダイエットをしている人にサブウェイのサラダ(パン抜き)はぴったりのメニューです。

 ※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

mariko0528
ライター

mariko0528

生まれも育ちも現住所も広島市、生粋の広島県人mariko0528と申します。仁義なきこの街の片隅で、音楽と野球とわんにゃんを愛するライターとして暮らしています。好きなバンドのライブに参戦せんがため、博多・大阪・東京に何度も遠征するも、強烈な方向音痴がゆえにどこへ行っても会場にすんなりとたどり着いたことがございません。下北沢を探すこと1時間、ひたすら迷いまくったこともあります。こんな私ですが、ご贔屓にあずかりますよう、よろしくお願いいたします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング