関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のコテージが大人気!気になる設備は?

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のコテージが大人気!気になる設備は?

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場は、関西南部の金剛生駒紀泉国定公園の中にある、緑豊かな大自然の中にあります。おしゃれなコテージや木の温もりが優しい関西サイクルスポーツセンターキャンプ場にはパーティガーデンもあり、日帰りキャンプやバーベキューも楽しめます。

記事の目次

  1. 1.関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のコテージが大人気!
  2. 2.関西サイクルスポーツセンターキャンプ場にはバンガローもある
  3. 3.関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のアクセスは?
  4. 4.関西サイクルスポーツセンターキャンプ場で自然を満喫しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のコテージが大人気!

関西サイクルスポーツセンターは、大阪府河内長野市内の自転車を中心としたテーマパークです。関西サイクルスポーツセンターはテーマパークと言っても、金剛生駒紀泉国定公園内にある自然豊かなレジャー施設で、自転車コース以外にプールや子供の遊び場、彩り美しい花のエリアもあります。

金剛生駒紀泉国定公園は、奈良県と大阪府の境目にある生駒山地及び金剛山地一帯の2万415平方メートルと、和歌山県域の2704平方メートルとを合わせると、総面積は約2万3200平方メートルにまで及びます。金剛山地の主峰は1125メートルの金剛山です。

金剛生駒紀泉国定公園はハイキングスポットだけではなく、雄大な自然から流れ落ちる河内長野市の滝畑四十八(しじゅうはち)滝を始めとする滝の観光地です。

また、大阪府民の森くろんど園地やむろいけ園地など、大阪を中心とした自然に溢れる園地が7ヶ所もあります。都会から伸び伸びと解放される、自然の恵みの中に、関西サイクルスポーツセンターキャンプ場があります。関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のコテージには人気が大変あります。

現在、キャンプ場が大人気ですが、関西サイクルスポーツセンターキャンプ場もその一つです。関西サイクルスポーツセンターには広々としたキャンプ場エリアがあり、区画がきれいに整備された中にコテージがあります。

特に木目を全体のデザインに活かしたコテージは、定員8名となっており、設備も充実しています。キャンプ初心者のために、エアコンやIHキッチン・ミニ冷蔵庫があり、大変快適に過ごすことができます。また仕切り用カーテンや鏡台、タオルハンガーにコンセントもあります。

コテージは、宿泊用のため、掛布・敷布・枕も用意されています。優しい木目の室内に、白いテーブルと黒いソファーも置かれ、まるで自分の別荘のような感覚で過ごすことができます。

コテージは、関西サイクルスポーツセンターキャンプ場の入り口からすぐ数棟が並んでいます。またそのエリアから北側右端にキャンプ管理棟があります。関西サイクルスポーツセンターキャンプ場の中央にはバーベキューができる「BBQ会場」があり、BBQ会場の北側にもコテージが並びます。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のコテージのハイシーズンは5月、8月、9月です。今月8月は8月13日~15日まで、また9月は19日~21日です。コテージの定員は8名までです。平日の基本料金は20000円、日祝前日は23000円、ハイシーズンは25000円です。

今年の夏は、混雑を避けた期間を関西サイクルスポーツセンターキャンプ場では「キャンペーン期間」として設定しています。7月10日~8月28日の平日がキャンペーン期間です。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のキャンペーン期間に宿泊予約すると、チェックインの際、「3歳以上の宿泊人数×1000円」をチェックイン時にキャッシュバックとなります。キャンペーン期間と同時に、バーベキュー夕食の際の生ビールを550円で提供するサービスも開始されます。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のほぼ中央には、「パーティガーデン・テラスガーデン」から成る「BBQ会場」があります。関西サイクルスポーツセンターキャンプ場でのお食事場のメインです。

フリー写真素材ぱくたそ

BBQ会場では、主にパーティガーデンのテーブル予約からバーベキューが始まります。パーティガーデンのテーブルは1卓1500円です。大人6名用として設計され、網・スミ・鉄板付きの仕様です。基本的に食材や飲料、紙皿・紙コップ・割り箸などは持ち込みとなっています。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場では、特に食材の用意をしないお客様のために、BBQセットメニューを宿泊7日前から予約受付をしています。ファミリーセット(3~4人前)は「上肉・カルビ肉・海の幸1セット・ミニウインナー6本・野菜盛り合わせ・おにぎり4個」で1パックです。

Photo byRitaE

他には単品メニューとして、2750円で「3~4人前ミックス肉」やそれぞれ1210円で「上肉・海の幸」が販売されています。また、関西サイクルスポーツセンターキャンプ場では「共同炊事場」がBBQ会場、コテージの奥、またバンガローの北側に設置されています。

共同炊事場ではお米を持ち込み、飯盒炊さんもできます。関西サイクルスポーツセンターキャンプ場では、花火やペット同伴は禁止されています。関西サイクルスポーツセンターキャンプ場では、宿泊BBQ利用時間は15:00〜20:00です。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場にはバンガローもある

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場では、日帰りキャンプと宿泊キャンプの2種類の楽しみ方があります。日帰りキャンプの場合は、10:30~14:00が利用時間となっています。施設は建物利用ではなく、BBQ会場と共同炊事場のみです。

また、関西サイクルスポーツセンターキャンプ場はBBQ会場を真ん中とすると、右側がコテージエリア、左側がバンガローエリアです。シックなブラウンの大人びたコテージとは異なり、バンガローは急斜面で水色の屋根が明るく、自然の緑に溶け込んで魅力的です。

バンガローは内部が明るい木目調で、屋根裏には階段で上り、そこで寝ることもできます。広々と開放的な室内では、エアコン・仕切り用カーテン・鏡・タオルハンガー・コンセントが完備されています。コテージ同様、お手洗いは外にあります。また、水道設備がないため、シャワーはありません。

宿泊のためのシーツやお布団は、コテージ同様寝具セットがあります。またコテージと異なり、キッチンとミニ冷蔵庫はありません。

バンガローの定員は6名です。宿泊料金は、平日は16000円、日祝前日は18000円です。またハイシーズンは20000円です。関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のお手洗いは、バンガローエリアの北側に1箇所、コテージエリアの右端、またBBQ会場にそれぞれ1箇所あります。

団体での利用ならジャンボハウスがぴったり

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場では、修学旅行や、大学や高校のサークルなど団体のお客様も想定して、定員70名までの「ジャンボハウス」があります。ジャンボハウスは団体用に、2階建てになっている大型バンガローです。

小窓も1階に3箇所、2階に2箇所あり、明るい室内です。屋内にお手洗いもあり、小さいお子さん連れでも困りません。

プライバシー保護のための仕切りカーテンやエアコン、冷蔵庫(350ℓ)、鏡、タオルハンガー、コンセントが用意されています。ただコテージとは異なり水道設備はないため、ミニキッチンなどはありません。

会社の慰安旅行や親睦旅行などでも、20~40名ほどの団体で関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のジャンボハウスを利用する機会があるでしょう。ジャンボハウスの宿泊料金は、平日は60000円、日祝前日は75000円、ハイシーズンは80000円です。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のチェックインは15:00、チェックアウトは9:30です。宿泊予約の申し込み・お問い合わせは0721-54-3101に、営業時間内にお電話して下さい。8月の営業時間は平日は9:30~17:00、土日は9:30~18:00です。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場のアクセスは?

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場へのアクセスは大変良く、大阪から1時間もかかりません。梅田から地下鉄御堂筋線で「なんば」駅に行き、南海高野線急行に乗車し、30分で河内長野(かわちながの)駅に到着します。

または「なんば」駅から地下鉄御堂筋線で天王寺駅へアクセスし、天王寺から出ている近鉄南大阪線に乗り換え、大阪阿部野橋駅から古市(ふるいち)駅まで乗車します。古市駅から近鉄長野線に乗り換え、河内長野駅で下車します。大阪阿部野橋駅から河内長野駅まで約40分です。

河内長野駅の改札を出て右側がバス乗り場です。平日は南海バス7番乗り場から「滝畑ダム行」に乗車し、「サイクルセンター」バス停で下車します。土日祝は南海バス4番乗り場から「サイクルセンター行」に乗車し、終点で下車します。

車の場合、阪和道(はんわどう)岸和田・和泉(いずみ)ICより、国道170号線を利用します。天野山(あまのさん)トンネルから「滝畑」方面に向かい、関西サイクルスポーツセンターキャンプ場まで約20分で到着します。

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場の駐車場は広く、1000台駐車可能です。宿泊キャンプ予約者の駐車料金は無料です。バイクは、キャンプサイトへの乗り入れ可能です。

名称 関西サイクルスポーツセンター
住所 大阪府河内長野市天野町1304

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場で自然を満喫しよう!

金剛生駒紀泉国定公園といった、雄大で自然豊かな地に開けたキャンプ場である関西サイクルスポーツセンターキャンプ場は、大阪や奈良の人々にとって、大変アクセスしやすいレジャースポットです。過ごしやすいバンガローやきれいなコテージに泊まり、自然の贅沢を感じる夏は最高でしょう。

maronchat
ライター

maronchat

初めまして。歴史、大自然、温泉、文化遺産、そして美味しいものが大好きな好奇心旺盛のmaronchatです。山麓に温泉のある、兵庫県の標高360mの山上に住んでいます。jouerの記事を通して、見応えあるスポット、また生活に役立つ情報をご紹介していきたいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング