大阪・長居公園は1日中楽しめるレジャースポット!人気の遊具や植物園をご紹介

大阪・長居公園は1日中楽しめるレジャースポット!人気の遊具や植物園をご紹介

大阪市内にある長居公園は、スタジアムや競技場、プールや植物園もある広大な公園です。大阪を代表する総合公園である長居公園は、スポーツ施設が充実しているのはもちろん、植物園や博物館などもあり、1日中楽しめるスポットです。長居公園の魅力をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.大阪・長居公園は1日中楽しめるレジャースポット
  2. 2.長居公園・こどもの広場の遊具が人気
  3. 3.長居公園には植物園もある
  4. 4.自然を感じるなら長居公園がおすすめ

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

大阪・長居公園は1日中楽しめるレジャースポット

Photo by jinkemoole

大阪市東住吉区にある長居公園は、総面積65.7haの広さを誇る大阪を代表する都市公園で、競技場などの大きなスポーツ施設が複数あり、様々な大会やイベントなどが行われるスポットです。

中でも長居公園の中にある長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)は、大阪国際女子マラソンやサッカーJリーグの試合、コンサートなど大規模なイベントが実施されることで知られています。また長居公園には、植物園や自然史博物館、こども広場など、レジャーで楽しめる施設も色々あります。

長居公園の植物園のあるエリアには、いたるところに様々な木や花などの植物が植えられ、1年を通して沢山の自然に触れられる人気のレジャースポットでもあり、市民の憩いの場でもあります。

スポーツ施設がたくさん

長居公園には、色々な施設がありますが、特にスポーツ施設が充実しています。長居公園には、ヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)、ヤンマーフィールド長居(長居第二陸上競技場)といった大型の施設があります。

その他、長居球技場、長居相撲場、長居庭球場、長居プール、長居運動場、長距離走路、ヤンマースタジアム長居トレーニングセンター、サクラダンススタジオ、といった合計10もの運動施設があります。

特に、ヤンマースタジアム長居は、長居陸上競技場としても親しまれ、毎年行われる大阪国際女子マラソンや、サッカーJリーグの試合が行われたり、コンサート会場で使われることもあるスポットです。

名称 長居公園
住所 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-1

長居公園・こどもの広場の遊具が人気

Photo byyu62ballena

長居公園には、こども広場が複数あるので、こども連れで沢山遊ぶことができます。長居公園の園内4カ所にあるこども公園には、それぞれ色々な遊具がおいてあり、それぞれの特徴があります。

ヤンマーフィールド長居の南側には「南こども広場」があり、大型の遊具が沢山あります。アスレチックとすべり台が一緒になった遊具や、石づくりすべり台などの大型遊具だけでなく、ジャングルジムやブランコなど小さいお子様でも遊べる可愛い遊具も色々あります。

長居植物園の南東側には「南東こども広場」があります。子供たちの健やかな育成に向いた健康遊具があります。大人も一緒に健康づくりを楽しめます。

Photo bytaniadimas

長居植物園の北東側にある「北東こども広場」は、木に囲まれた落ち着いた雰囲気の公園です。子供たちに人気の石山のすべり台や、ジャングルジムやブランコ、砂場などがあります。

ヤンマースタジアム長居の北側には、大きな木に囲まれた「北こども広場」があります。すべり台とうんていが一体になっている小さい遊具や、鉄棒・砂場などがあります。

長居公園のこども広場はそれぞれ違った遊具や特徴があるので、どこで遊んでもこどもたちは元気いっぱいに遊べます。長居公園で一日中遊んでも満足できそうです。

長居公園には植物園もある

長居公園の一角には、長居公園の敷地面積の3分の1以上を占める長居植物園があります。長居公園は、スタジアムやプールなどスポーツ施設が多いため、運動公園のイメージが強いですが、広大な植物園のエリアも沢山の自然が楽しめるおすすめのスポットです。

長居公園にある大阪市立長居植物園は、大阪市内という都市部の立地にも関わらず、広い敷地内に一年を通して楽しめる様々な植物が植えられており、沢山の自然を感じられる都会のオアシスと言えます。長居植物園には約1200種類の植物があり、バラ園やアジサイ園など11の専門園が作られています。

季節ごとの植物としては、春には、サクラ・ハクモクレン・ボタンなどが楽しめます。夏には、色とりどりのアジサイやヒマワリが楽しめ、池では水上いっぱいに咲くスイレンが見られます。秋には、コスモスやバラが沢山咲き誇る様子が見られます。

冬には、ツバキやサザンカ、スイセンなどが楽しめ、冬の終わりにはウメの花も楽しめます。園内にあちこちにある花壇には、季節ごとに様々な花が植え替えられていて、園内の散策を彩っています。

その他、池や芝生広場、万葉の道、林など、都会とは思えない自然に囲まれた園内は、歩いているだけでも癒されるスポットです。また、植物園園内にある自然史博物館では、大阪の植物の歴史なども学ぶことができる、植物園・博物館一体となった自然観察・学習スポットとなっています。

自然を感じるなら長居公園がおすすめ

長居公園は、大阪市内にもかかわらず広大な敷地がある総合公園です。スタジアムやプールなど、スポーツ施設が複数あり、大規模な大会やイベントが行われることが多いので、スポーツ施設として知られていますが、植物園や博物館、遊具のある公園など自然を満喫できるレジャースポットでもあります。

長居公園は自然に囲まれた都会のオアシスとして沢山の人に親しまれて、一日中過ごせるレジャースポットなのです。

ayako.
ライター

ayako.

神奈川在住。中学生と小学生の2人の子供がいるママライターです。大阪・名古屋にも在住歴あり。新しいスポットや、話題のスポットに出かけるのが大好きで、人気のグルメやスイーツ、雑貨にも注目しています☆

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング