大戸屋のメニューおすすめランキングTOP5!テレビでも話題の人気商品とは?

大戸屋のメニューおすすめランキングTOP5!テレビでも話題の人気商品とは?

大戸屋はテレビのグルメ番組で、ランキング形式でよく紹介される大人気のご飯処です。ランチで利用する人も多いでしょう。しかし、そのメニューがありすぎて迷いませんか?そこで、大戸屋のおすすめメニューをランキング5選にまとめました。興味がある人は、必見の内容です。

記事の目次

  1. 1.大戸屋のおすすめメニューをランキングでご紹介
  2. 2.大戸屋のおすすめランキングTOP5~TOP2
  3. 3.大戸屋のおすすめランキングTOP1
  4. 4.大戸屋でメニューを選ぶならランキングを参考に

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

大戸屋のおすすめメニューをランキングでご紹介

国内で約340店舗以上、海外で約110店舗以上展開する「大戸屋」は、ご存じの通り「一汁三菜」の和食定食スタイルに沿ったさまざまなメニューを提供する「ご飯処」です。国内では関東圏中心にお店が点在しており、地域によってはお世話になっている人も多いでしょう。

鶏や魚、野菜や豆腐などを扱った人気定食メニューを中心に、期間限定や店舗限定メニューやサイドメニュー、美味しいデザートやドリンクバーまでそろえており、世代を問わず気軽に利用できるメニューのラインアップが目をひきます。

よく利用する人は、「お気に入りメニューランキング」と独自で決めている人も多いでしょう。そこで今回は大戸屋の美味しいおすすめメニューをランキング形式で5選をピックアップしてみました。

大戸屋で人気のメニューは?おすすめの定食から一品まで厳選紹介!のイメージ
大戸屋で人気のメニューは?おすすめの定食から一品まで厳選紹介!
和食チェーン店として長年人気を誇る大戸屋には、定食から一品料理までのバラエティに富んでおり、客を飽きさせないラインナップを取り揃えています。そんな大戸屋のメニューの中でも、特に人気のおすすめメニューを厳選してご紹介していきます。
大戸屋で大満足ランチはいかが?人気メニューやランチタイムを解説!のイメージ
大戸屋で大満足ランチはいかが?人気メニューやランチタイムを解説!
楽しいランチタイムを過ごすには、美味しくいただけて寛げるところに行きたいものです。そして健康も考えたメニューを提供してくれるとこならなおいいでしょう。今回ご紹介する大戸屋はまさにそんなお店です。食べたくなる大戸屋のランチタイムの人気メニューをご紹介いたします。

テレビで話題の人気商品や美味しいデザートまでたくさん

例えば、過去にテレビランキング番組で取り上げられた定食メニューのひとつに「四元豚のロースかつ定食」があります。このロース豚は見た目より厚みがあり噛み応えがあることでも有名です。

みずみずしい脂のコクがあり、程良い弾力と口内に広がる豚肉のエキスが癖になります。卵で閉じており上品で優しい味に仕上がっています。重量感とその味が非常に合っており、この定食目的で通いたくなる逸品です。

一方で、季節限定のデザートも非常に凝っており、コスパが良くとランキングされてもおかしくないと大人気です。2018年夏季に期間限定で提供の「いちじくのパフェ」は、以下の通りでした。

「手づくりのいちじくソース」+「ミルクプリン」+「ハチミツ入りの生姜ゼリー」+「店内カットのいちじくピースが3個」で構成され、当時は450円(税抜)で提供されていたのです。

一方で人気商品の「黒酢あんの素」も話題で、大戸屋のあの味もお家で手軽に再現できます。「野菜ドレッシング」や「しそひじきふりかけ」など全7種の大戸屋特製商品が提供されており、大戸屋の各店舗にて購入できます。

テレビで話題になった人気商品から美味しいデザートまで、幅広い商品やメニューが大戸屋で提供されています。

大戸屋のおすすめランキングTOP5~TOP2

大戸屋のランキング第5位~第2位は、いずれのメニューも支持する人が多い大戸屋の定番が並んでいます。他のランキングサイトや口コミサイトでもよく目にするものばかりです。

普段から使っている人なら、馴染みのものと感じるでしょう。なので、大戸屋のランキング第5位~第2位のメニューを今からご紹介します。

第5位.彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食

大戸屋のおすすめランキング第5位のメニューの「彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食」は、大戸屋のグランドメニューのひとつです。10種の野菜のサラダえおジューシーなチキンが盛られた一皿に、しそひじきご飯+みそ汁+お新香が付いた定食です。

ちなみに、しそひじきご飯は、白ご飯や五穀ご飯に変更できます。トマトやブロッコリーや水菜などの葉物や、きのこ類、かぼちゃなどの果菜などの野菜が盛られたサラダはみずみずしく新鮮です。

バジル香るチキンも肉汁がたっぷりで、サラダと一緒に口にするとサッパリ食べられます。かけるドレッシングは大戸屋特製のもので、ややトロみがありスッキリした味です。野菜がたっぷりで十分に満足感が得られるでしょう。

第4位.しまほっけの炭火焼き定食

大戸屋のおすすめランキング第4位のメニューは「しまホッケの炭火焼き定食」です。本来スズキの仲間とされる「しまほっけ」を用いた定食メニューです。焼いた「しまほっけ」に、白ご飯(五穀ご飯)+みそ汁+ひじき+漬物が付いた、健康的なメニュー構成です。

ちなみにカロリーは624kcalあります。炭火でふっくら焼いた「しまほっけ」は、真ほっけより脂のりが良く、別途盛った大根おろしの辛みと相性が秀逸です。

健康志向の人や、ダイエット中の女性にも嬉しい優しいメニューです。居酒屋などで提供される「ほっけ」とは全然違い、ホッコリして柔らかくしっとりしています。大戸屋で魚料理が食べたい時に真っ先におすすめしたいメニューです。

第3位.大戸屋ランチ

大戸屋のおすすめランキング第3位のメニューは「大戸屋ランチ」です。わりと価格設定が安価の大戸屋メニューで最もリーズナブルな定食です。かぼちゃのコロッケと鶏の竜田揚げに「きみだま」の一皿にご飯(五穀ご飯)+みそ汁+一品がセットになっています。

ちなみにカロリーは865kcalあります。決して良くある味ではなく肉汁たっぷりに揚がった鶏肉と、ホッコリ美味しい少々珍しいかぼちゃコロッケのコラボは、お値段以上で充分な満足感が得られます。

また「きみだま」は、目玉焼きにすることも可能で、最後にご飯の上にのせて食べてみるをいう楽しみ方もできます。「安くてうまい!」を地でいく定食です。ランチとありながらも、店舗によっては終日オーダーが可能です。

第2位.チキンかあさん煮定食

大戸屋のおすすめランキング第2位のメニューは「チキンかあさん煮定食」です。土鍋に入った「野菜とチキンカツの卵とじ」にご飯(五穀ご飯)+みそ汁+一品がセットになっています。

ちなみにカロリーは842kcalあります。熱々のチキンカツに昆布のうま味が加味され、しょうゆたれが染み込み味に深みが増します。追加で生卵をプラスして、少々冷ましたチキンカツを浸して楽しむのがおすすめです。

かあさん煮という斬新な名前ですが、誰もが実母を思い出すホッとする味に癒されることでしょう。大根おろしやなめたけ、れんこんやニンジン、じゃがいもの素揚げやほうれん草なども盛られており、充分に栄養が取れるメニューです。

大戸屋のおすすめランキングTOP1

大戸屋のおすすめメニューランキング第1位は、テレビのグルメランキング番組やネット上の他ランキングサイト、または口コミサイトでも高い確率でトップや上位ランキングに入る、定番の定食メニューです。

関連商品まで作られ販売されており、いかに大人気で認知度が高いメニューなのかがうかがえます。その大戸屋のメニューをご紹介します。

第1位.鶏と野菜の黒酢あん定食

大戸屋のおすすめランキング第1位のメニューは「鶏と野菜の黒酢あん定食」です。ある意味大戸屋を象徴する定食メニューのひとつです。「鶏と野菜の黒酢あんかけ」にご飯(五穀ご飯)+みそ汁+ミニサラダのセットになっています。

ちなみに、カロリーは1006calであり、冒頭でご紹介した大戸屋の商品「黒酢あんの素」を提供する、きっかけにもなった大人気メニューです。大きく切った鶏肉と歯応えがある野菜とのバランスが巧妙で、かかっている黒酢あんにより食欲が刺激され、無意識にご飯が進んでしまう一皿です。

なすやトマトやいんげん、キャベツや人参、れんこんやたまねぎやじゃがいもなど8種の野菜が使われています。野菜の種類が多いので、不足しがちな栄養素が補填できます。

お家で作るとかなり手間がかかってしまうこの料理が1000円以内で堪能できるので、身も心も満足感が得られるのは間違いありません。大戸屋一番の大人気メニューという声も多く、初めて大戸屋を利用する人には特におすすめしたいメニューです。

大戸屋でメニューを選ぶならランキングを参考に

大戸屋のメニューに迷えば「まずは黒酢メニュー」の声が多いですが、黒酢を苦手とする人もいます。ですが、大戸屋にはランキングにあるように他の人気メニューも豊富でしっかりと支持されています。大戸屋のメニューで迷うなら、本記事のランキングを参考に楽しんでみてはいかがでしょうか。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

ぬこぬここ
ライター

ぬこぬここ

生まれは福岡県、人生の大半は大阪府、そして現在は滋賀県住みのアラフィフおばさんです。年に1回ペースで国内のどこかへ旅しています。過去に旅した場所や今度旅したい場所について書けたら、と考えています。

関連記事

人気記事ランキング