北海道の動物園は観光にもおすすめ!人気の有名スポットを一挙ご紹介

北海道の動物園は観光にもおすすめ!人気の有名スポットを一挙ご紹介

北海道と言えば、何を思い浮かべますか。広大に広がった緑色の牧場や、身がプリプリの美味しい蟹などさまざまなものが思い浮かぶことでしょう。その中でも有名なのが、北海道の動物園です。自然に囲まれた土地にある動物園は、スケールが大きいことで注目を浴びています。

記事の目次

  1. 1.「北海道の動物園」はバラエティ豊かで飽きない!
  2. 2.北海道で「昔から地元民に人気の有名動物園」がココ
  3. 3.北海道で「珍しい展示で話題沸騰の動物園」がココ
  4. 4.北海道で「エコをテーマにしている動物園」がココ
  5. 5.北海道で「体験や体感型の動物園」2選
  6. 6.北海道で「珍しい動物が見られる動物園」2選
  7. 7.北海道の「離島にある動物園のようなスポット」がココ
  8. 8.北海道で「動物園と同じくらい人気の施設」2選
  9. 9.北海道の「おすすめの動物園」で沢山の動物に会おう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

「北海道の動物園」はバラエティ豊かで飽きない!

北海道は、日本の中でも観光地が多いことで有名な県です。日本で一番大きく、「北海道はでっかいどう」なんと言うだじゃれをよくいう人もいるでしょう。

北海道がどの位置にあるのか、知らない方はいないでしょう。日本の最北端にある県であり、日本で一番大きな県であることから、海外からの観光客の方も多いです。

観光客の多さは、北海道の魅力の多さを物語っています。観光地が多いことはもちろん、グルメやレジャー施設などが豊富にあります。その中でも、北海道の動物園は他の都道府県にある動物園に比べ、大規模であることで注目を浴びています。

北海道の動物園の規模が大きいのには、北海道の土地の広さが関係しています。自然豊かな広大な土地にある動物園は、さまざまな種類の動物が住むことができ、より自然に近い環境で育つことができます。

魅力豊富な動物園の特徴は、とにかく動物の種類が多いことです。バラエティ豊かで、1日中楽しむことができます。また1年中季節を問わず、北海道の動物園を楽しむこともできます。

北海道へのアクセス

北海道は他県の方が多く集まることから、交通網が発達しています。飛行機やフェリー、JRなど交通手段はさまざまあります。移動時間や料金などを考えて、自分に合った移動手段を選びましょう。

北海道から最も遠い都道府県である、最南端に位置する沖縄県からも、北海道へ行くことができます。飛行機で行くことができ、4時間ほどで北海道まで飛んでいくことができます。

また、北海道には9つも空港があります。東京都にある空港からは、北海道にある全ての空港にたどり着くことができます。飛行機を利用すれば、東京都から1時間ほどで北海道に行くことができます。

北海道のフェリー乗り場は、全部で4つあります。最長距離であれば、舞鶴からフェリーに乗ることができます。1泊する必要があるときがあり、フェリー内で楽しい時間をおくることができます。

また新幹線も開通することになって、さらに北海道へ気軽に行くことができるようになりました。新幹線での移動の場合は、駅弁を食べるという楽しみも味わえます。北海道へのアクセス方法は、たくさんあり充実しています。

北海道で「昔から地元民に人気の有名動物園」がココ

北海道にある動物園の良さは、地元の方がよく知っています。飲食店に常連の方がつくように、北海道の動物園にも常連の方がたくさん訪れています。

昔から訪れている常連の方もいるぐらい、人気のある動物園を紹介していきます。平日でもたくさんの方が訪れることが多く、長蛇の列を作るときもあります。チケットを買うまでが長いと言われています。

券売機などでチケットを買うのが一般的ですが、最近ではコンビニやネットなどで事前に、チケットを買うことができます。転売防止で、電子チケットなども買うことができるようにもなりました。

昔から人気のある北海道の動物園には、観光目当てで訪れる方もいます。観光地としては、動物園は迫力のある場所であることでしょう。おすすめのスポットがたくさんあります。

北海道の動物園に行く際には、カメラを持っていくことは欠かせません。動物たちのいい表情を狙っているカメラマンも多くいます。いろいろなジャンルの動物を見ることができる動物園には、多くの人が集まります。

動物たちの可愛らしい様子や野性的な様子を見逃さずに、カメラに収めてみましょう。動物園内ではもちろん、自宅に帰ってからも写真の動物たちに癒されることもできます。

おびひろ動物園

「おびひろ動物園」は、北海道に動物園の中でも昔から愛されている、人気のある有名スポットです。哺乳類や鳥類、爬虫類など動物の種類は数えきれないほどたくさんいます。

動物園内は、動物舎がたくさんあります。25種類もある動物舎の中でも、ライオン舎は迫力があることで人気のあるスポットです。観光スポットとしても、たくさんの方がライオン舎の周りを囲っています。

また月に1回以上は、イベントを行っています。動物の芸を見ることができるイベントや、動物と触れあうことができるイベントなどさまざまです。子どももきっと喜ぶことでしょう。

1年を通して最もイベントが多いのが、夏休みの期間である7月です。人気があるため、募集期間が設けられています。子ども連れの家族の方には、おすすめの動物園です。

また8月には、夜の動物園を楽しむことができるイベントもあります。夜行性の動物の実態も見ることができるので、動物が好きな方におすすめのイベントです。イベントの期間が限られているので、確認しておくことをおすすめします。

おびひろ動物園の近くにある空港は、帯広空港です。帯広空港からバスで行くことができるので、気軽に移動して動物を堪能することができるスポットとしておすすめです。

名称 おびひろ動物園
住所 北海道帯広市字緑ヶ丘2

北海道で「珍しい展示で話題沸騰の動物園」がココ

北海道にある動物園は、他の動物園にはない魅力が隠れています。その魅力の中でも、「珍しさ」が秀でています。珍しい動物や展示が、動物好きの心をくすぐっています。

北海道は日本の中でも、寒い地方に位置している県です。北海道にしか生息していない動物もいます。北海道の動物園では、その北海道でしか見ることができない動物を、目にすることができます。

また他の動物園では体験することができないイベントも豊富にあります。珍しい体験をすることができるイベントなどもあり、子ども連れの家族の方に大人気です。

北海道の動物園は、珍しい動物を目にすることができるスポットとして、たくさんの方々が集まっています。人気のある北海道の動物園は、体験型の動物園と言っても過言ではないでしょう。

旭川市 旭山動物園

「旭川市 旭山動物園」では、動物園で動物たちの生態を勉強しながら、楽しむことができます。動物との距離が近いことで、たくさんの方から人気があります。

旭川市 旭山動物園にあるフラミンゴ舎では、片足で立っているだけではなく、羽を広げはばたく様子も見ることができます。周りは網で囲まれており、フラミンゴが自由に生活できるようになっています。

北海道と言えば、ホッキョクグマが想像されることが多いですが、旭川市 旭山動物園ではホッキョクグマも展示されています。陸の上や水中での様子をじっくり見ることができます。

また北海道産動物舎というものがあり、北海道に住んでいる動物達が展示されています。中に入ることができ、近い距離で動物たちを観察することができます。

北海道産動物舎の魅力は、まるで北海道の森に迷い込んでしまったような感覚を、味わうことができるところです。施設内には、北海道の天然の木も植えてあります。臨場感のある展示として、おすすめのスポットです。

外来種についての問題を、考えさせられるような施設もあります。北海道には数々の外来種が存在します。子どもも大人も勉強になること間違いなしの、観光スポットです。

「夜の動物園」も人気!

旭川市 旭山動物園で開催されるイベントの中には、「夜の動物園」というものがあります。普段は夕方までしか動物の生態を見ることができませんが、このイベントでは夜まで見ることができます。

夜の動物園では、夜にしか見ることができない動物の生態を見ることができます。お昼は寝てばかりの動物も、夜には活発的になります。夜行性の動物が動くところを見たい方に、たいへんおすすめで人気のあるイベントです。

旭川市 旭山動物園の飼育スタッフが、分かりやすいガイドとともに夜の動物を紹介してくれます。お昼にはなかなか見ることができない光景に、子どもはきっと喜ぶはずです。

夜の動物園では動物の生態観察だけではなく、屋台なども楽しむことができます。まるで、お祭りに来ているかのように賑わっています。お腹が空いても、食欲を満たすことができるので飽きることはありません。

屋台では北海道のグルメを楽しむことができます。夜の動物園は、夏休み期間に行われます。暑い夏にぴったりな食べ物も食べることができます。他にも、素敵なプレゼントが当たる抽選も行われます。来園者には必ず抽選券が配られるので、全員が楽しむことができます。

夜の動物園というイベントのため、夏休みのお盆時期は夜9時まで(入園は午後8時まで)開園時間を延長をしています。夜とは思えないほど多くの人で賑わっています。機会があれば行ってみてください。

名称 旭川市旭山動物園
住所 北海道旭川市東旭川町倉沼

北海道で「エコをテーマにしている動物園」がココ

エコをテーマにしている動物園が、北海道にはあります。北海道は緑にあふれている土地なので、その自然が生かされた動物園は、たくさんの方から人気を得ています。

エコをテーマにしている動物園では、他の動物園では体験することができないイベントも行われます。子どもにとっても、大人にとってもいい経験になること間違いなしです。

また緑が広がる光景は、観光スポットとしても有名です。観光客の方は、北海道の良さを感じられる場所に行くことが多いです。その1つがエコをテーマにしている動物園です。

エコと聞くと堅苦しいと感じる方もいらっしゃることでしょう。しかし、エコは動物たちにとっても私たちにとっても大事なことです。簡単にエコを感じることができることから、エコをテーマにしている動物園はたくさんの方におすすめします。

えこりん村

「えこりん村」は庭園が広がっている、人気のある動物園です。えこりん村に広がっている光景は、鮮やかな緑にいろいろな色の花がきれいに咲き誇っています。

思わずカメラを構えたくなるような庭園は、たくさんの方が集まる観光スポットとして有名です。世界的に有名なデザイナーさんが、庭園のデザインなどを手掛けているので、本格的な庭園に仕上がっています。

他の動物園とは違い、動物を放し飼いのようにしているのが、えこりん村の特徴でもあります。無限に広がっているように見える牧場には、おだやかな動物たちが生活しています。

数多くの動物がいる中でも、アルパカは人気があります。アルパカに触ることができ、もふもふの毛はやみつきになってしまうことでしょう。子どもは怖がってしまうでしょうが、優しい性格の持ち主なので問題はありません。

アルパカに触ること以外にも、2匹の犬が羊の大群を誘導する様子を見ることができます。開催時間は、11:00と13:00と15:00です。時間になったら見に行ってはいかがでしょうか。

見ものなのが、ひつじレースです。羊たちが走る可愛い様子を見て、応援するのもいいでしょう。癒されること間違いなしです。天候の変化によって、中止になる場合もあるので注意しましょう。2020年10月現在中止になっているイベントもありますので、詳しい内容は公式HP等でご確認ください。

名称 えこりん村
住所 北海道恵庭市牧場277-4

北海道で「体験や体感型の動物園」2選

北海道の動物園の特徴は、「体験型の動物園」ということです。動物を見るだけではなく、動物と触れ合うことができるのが、北海道の動物園の最大の魅力です。

普段の生活では、なかなか触れ合うことができない動物とも触れ合うことができます。子どもにたくさん貴重な体験をさせたい方は、北海道の動物園で行われるイベントへの参加をおすすめします。

体験型の動物園として有名な動物園は、入園やイベントの参加の際に長蛇の列を作るほど人気があります。家族で訪れている方が多く、小さな子どもたちもはしゃいで、今か今かと待ちわびています。

混雑が予想される場合は、事前にチケットを買っておくことをおすすめします。またレストランや売店などもあるので、お金も十分に用意しておくとより充実するでしょう。

野生のクマを見られる!サホロリゾート ベア・マウンテン

「サホロリゾート ベア・マウンテン」は、まるでジャングルの中に迷い込んでしまったような感覚が味わえる動物園です。飼育されているクマではなく、野生のクマを見ることができるので、迫力のある体験をすることができます。

野生のクマとは、4センチという近さまで近づくことができます。大きなガラス張りのある施設では、大きなクマとのツーショットを撮ることができます。撮れた写真は、自慢できること間違いなしです。

野生のクマは、無邪気に水遊びしたり丸太で遊んだりします。野生のクマならではの生態を見ることができ、動物好きにはたまらないスポットであり、有名な観光スポットでもあります。

ガラス越しにクマを見るだけではなく、バスに乗ってクマたちの生態を見ることができます。バスの場合はガラス越しではなく、網越しに野生のクマを観察することができます。

野生のクマを歩きながら観察することができる、遊歩道も設けられています。のんびりとまったりしながらクマを見ることができ、高い位置からクマの生態を見ることができます。

遊歩道はスロープになっているので、車いすやベビーカーも利用することができます。なので、いろいろな世代の方も利用できるおすすめのスポットです。有名スポットとして、たくさんの方が利用しています。

名称 サホロリゾート ベア・マウンテン
住所 北海道上川郡新得町狩勝高原

ヤギのお散歩やキツネの抱っこも!ノースサファリサッポロ

「ノースサファリサッポロ」は、動物との距離が0センチである、体験型で人気のある動物園です。ほとんどの動物に触ることができ、抱っこなどができるイベントも行われるおすすめスポットです。

広い園内では、可愛いヤギと散歩することができます。マイペースで優しいヤギの散歩は、十分癒されること間違いなしです。子どもでも体験できるので、家族で訪れた際にはぜひ参加していただきたいおすすめのイベントです。

猿やキツネも抱っこすることができます。抱っこしながら、餌やりをすることもでき、たくさんの人が集まる人気スポットの1つです。普段は間近で見ることができない動物を抱っこすることによって、知らなかった可愛らしさを発見することでしょう。

もふもふとした動物の他にも、蛇やワニなどの爬虫類も触ることができます。危険と思われがちの動物も、実は穏やかな性格であることがあります。たくさんの動物の魅力を知ることができるので、ふれあい珍獣コーナーは人気があります。

他の動物園には無いであろうイベントは、キリンと一緒に朝食を楽しむことができるイベントです。間近にキリンの顔があり、食事しているところをじーっと見られることでしょう。

ノースサファリサッポロでは、触ったことがない動物を制覇することができるでしょう。動物との貴重な体験をしたい方は、ノースサファリサッポロに訪れることをおすすめします。

お客さんは「誓約書」を書いて体験

動物と触れ合える動物園では、事前に誓約書にサインしておく必要があります。生き物を相手に触れ合うので、何が起こるのかがわからないのが実際のところです。

また誓約書には、注意すべきことも箇条書きとして書かれています。気軽にたくさんの動物と触れあうことができるので、十分に気を付けることを伝えるためにも必要なものです。

動物とのふれあいの際には、感染症の可能性も大きくなります。手洗い・消毒をきちんとし、動物とのふれあいを楽しむことが大切です。楽しく動物とふれあうためにも、誓約書への記入が必要です。

誓約書はルールを守ってくれるかの確認のためにあるので、ルールを守れば十分に楽しむことができます。堅苦しく考える必要はありません。貴重な体験をすることができる上で必要なだけです。

名称 ノースサファリサッポロ
住所 北海道札幌市南区豊滝469-1

北海道で「珍しい動物が見られる動物園」2選

北海道の動物園には、珍しい動物、いわゆる珍獣を目にすることができる人気スポットがあります。珍獣は家ではなかなか飼うことができない生き物なので、珍しい動物を見ることができると有名です。

珍しい動物を見ることができる動物園は、もはや有名な観光スポットの1つでもあります。あちらこちらでカメラを構えている方が多く、写真スポットとしても注目を集めています。

珍しい動物を見ることができる動物園の中でも、珍獣のふれあいコーナーはたくさんの人を集めています。触ったり抱っこすることができる所では、予約が必要である場合もあります。

特に珍獣の赤ちゃんは、全国的にも注目を浴びます。珍しい動物であれば、テレビのニュースに取り上げられることもあります。珍獣の赤ちゃんは、さらに珍しさが増すので大人気になります。

絶滅危惧種が多く見られる!釧路市動物園

「釧路市動物園」は、合計55種類の動物を観察することができる有名な動物園です。絶滅危惧種の動物がたくさん展示されており、絶滅危惧種だと知らなかった動物も見ることができるでしょう。

釧路市動物園では、絶滅危惧種であるアムールトラという種類のトラを見ることができます。名前はよく聞くけれど、近所の動物園では見られないということがほとんどです。釧路市動物園では、数頭のアムールトラを見ることができます。

またレッサーパンダも絶滅危惧種です。多くの動物園で見られがちですが、実は絶滅危惧種です。釧路市動物園では3匹のレッサーパンダを見ることができ、その中には新たに来園した子もいます。

知っていた動物が、実は絶滅危惧種であったということが多々あります。釧路市動物園では、そのような新しい発見がたくさんできる場所でもあります。

家族ぐるみで訪れる方もいれば、カップルのデートとして楽しみに来る方もいます。いろいろな方が来ますが、来園者全員が可愛い動物の癒しを求めて動物園に訪れていることでしょう。

釧路市動物園は動物好きが集まるスポットとして、おすすめの場所です。また旅行客にとっては、癒されることができる観光スポットでもあります。気軽に立ち寄ることができるので、ふらっと訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 釧路市動物園
住所 北海道札幌市阿寒町下仁々志別11

絶滅危惧種を野生に戻す試み!札幌市円山動物園

「札幌市円山動物園」は、絶滅危惧種の動物や絶滅寸前の動物などを、多く扱っている有名な動物園です。数が減少している種類の動物を育てて、元の野生に戻すという活動もしています。

実際に北海道の雄大な自然では、数多くの種類の動物が住んでいました。しかし徐々に数を減らしていった動物や、急激に数を減らし絶滅した動物などがたくさんいます。

絶滅危惧種が増えていった原因は、さまざまなことが挙げられます。その中でも、私たち人間が原因で絶滅危惧種を増やしてしまっているということは事実です。森林伐採などが大きな原因の1つです。

札幌市円山動物園は、自分たちの手で失った絶滅危惧種たちを、取り戻そうという試みがあります。この試みは全国各地に知られていき、今では多く方から寄付などを受けるようになりました。

素晴らしい試みのおかげで、珍しい動物とも触れ合うことができます。札幌市円山動物園にはたくさんの方が訪れ、珍しい動物を見られるという点で有名な観光スポットでもあります。

札幌市円山動物園では飼育員のガイドに沿って、絶滅危惧種について学ぶことができるイベントも開催されています。他にも楽しいイベントが豊富にあり、そのイベントは毎日開催されます。

名称 札幌市円山動物園
住所 北海道札幌市中央区宮ヶ丘3-1

北海道の「離島にある動物園のようなスポット」がココ

北海道にある動物園には、離島のように別次元に来てしまったと思うような動物園もあります。非日常を味わいたいのであれば、これから紹介する動物園をおすすめします。

海に囲まれたような雰囲気を味わうことができ、より動物たちの自然な様子を見ることができます。地元の方だけではなく、観光客の方にも人気のある動物園として、たいへん人気があります。

離島にある動物園ならではの動物達も展示されています。建物の雰囲気だけではなく、展示されている動物達からも離島の雰囲気を味わうことができます。

他の動物園にはない魅力が隠れているので、ぜひ来園してみてはいかがでしょうか。家族での思い出作りにもふさわしい動物園なので、観光で北海道に訪れた方にもおすすめです。

利尻島 アザラシがいる「仙法志御崎公園」

「仙法志御崎公園」は、利尻島の最南端にあり、アザラシと触れ合うことができる公園です。利尻島には海に囲まれている場所ならではの魅力がたくさんあり、アザラシだけではなくグルメも有名です。

利尻島自体は観光地として有名で、仙法志御崎公園に訪れる方も数多くいます。触れ合うことができるアザラシは、「ゴマフアザラシ」という種類のアザラシです。

アザラシが住むアザラシプールでは、優雅に泳いでいるアザラシの様子を見ることができます。人懐っこく優しい性格の持ち主なので、人の気配を感じれば近寄ってきてくれます。

可愛いアザラシには、アザラシの餌を与えることができます。アザラシの餌は、近くのお土産屋さんに売っています。アザラシはお腹が空いていれば、きっと餌をおねだりしに近づいてくれるでしょう。

他に観光客の方がいなければ、可愛いアザラシの様子を独り占めすることができます。くりくりとした瞳は、多くの人を魅了してきたこと間違いなしです。可愛いアザラシとツーショットを撮ってもいいでしょう。

利尻島に訪れた際には、仙法志御崎公園に立ち寄ってみてください。仙法志御崎公園のマスコットキャラクター的存在の、アザラシに会えるいい機会でもあります。

名称 仙法志御崎公園
住所 北海道利尻郡利尻町仙法志御崎

北海道で「動物園と同じくらい人気の施設」2選

北海道には、動物園の他にも動物と関わることができる施設があります。動物園と同じぐらいの人気度が高く、有名な観光地として知られています。家族におすすめのスポットが多いです。

動物園と同じように、ゴールデンウィークや夏休みなどの大型連休に訪れる方が多いです。動物園と異なる部分は、動物のふれあい以外のものも充実していることです。

グルメやお土産屋さんなど、レジャー施設が充実しています。動物園と同じように、1日中いても飽きません。旅行先に行く場所として、楽しめること間違いなしです。

これから動物園と同じぐらい有名な施設を2カ所紹介します。自然に囲まれているので、美味しい空気を味わいながら楽しむことができ、とてもおすすめの施設です。

北海道幌延町:ほろのべトナカイ観光牧場

「ほろのべトナカイ観光牧場」は、名前の通り数多くのトナカイがいる牧場です。動物園にはトナカイがいないことがほとんどで、北海道内でトナカイを見ることができる場所といえば、ほろのべトナカイ観光牧場です。

実際に間近でトナカイを見たことがある方が少なく、物珍しさからどんどん広まっていき有名になりました。テレビのニュースにも取り上げられたこともあり、それがきっかけで知名度もあがりました。

もともとトナカイは、家畜を目的に飼われていました。しかしいつしか、地域振興を目的に飼われるようになりました。可愛いトナカイの様子を眺めることができます。

ほろのべトナカイ観光牧場には、トナカイの他にもレストランやお土産売り場もあります。ほろのべトナカイ観光牧場のレストランでは、北海道グルメを楽しむことができます。

レストランにあるメニューの中でも、ラーメンの種類が多いです。他にもデザートや飲み物も豊富にあります。トナカイと触れ合った後に一服する場所として、ピッタリの場所です。

お土産売り場には、トナカイに関連しているお土産が多く売られています。フィンランドでは、トナカイは幸せを運ぶ生き物として知られています。なので願いが叶うと言われている、トナカイの角で作られたの商品などが人気です。

名称 トナカイ観光牧場
住所 北海道天塩郡幌延町北進398-1

のぼりべつクマ牧場

「のぼりべつクマ牧場」は、自然に近い環境で飼われているヒグマを、観察することができる牧場です。ヒグマの種類は、「エゾヒグマ」という北海道産のヒグマを見ることができます。

ヒグマと聞くと狂暴なイメージが思い浮かびますが、のぼりべつクマ牧場のヒグマは愛嬌たっぷりです。おちゃめなヒグマの様子を目にすることができ、今までのイメージが覆されることでしょう。

大人のヒグマも可愛いですが、子グマも見ることができます。赤ちゃんらしいたどたどしい感じは、みなさんの心をがっちりと掴む魅力があります。

野生のヒグマとは違い、人に懐いているヒグマばかりです。赤ちゃんの時からのぼりべつクマ牧場で育っているからこそ、人に慣れているのでしょう。

のぼりべつクマ牧場のお土産売り場には、ヒグマにちなんだ商品が多く並べられています。観光客の方は、旅行の記念品として買う方が多いです。おすすめの商品は、ヒグマがデザインされたオリジナルTシャツです。

のぼりべつクマ牧場には、「クマ山食堂」というレストランがあります。このレストランでおすすめのメニューが、「カツカレー」です。シンプルなメニューですが、とても美味しいです。

名称 のぼりべつクマ牧場
住所 北海道登別市登別温泉町224

北海道の「おすすめの動物園」で沢山の動物に会おう

北海道には、たくさんの動物と触れ合うことができる場所がたくさんあります。動物園以外にも、動物と触れ合うことができる施設もあります。北海道に観光巡りに行く際に、動物園に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

家族での旅行先としてもぴったりの場所であり、いい思い出として残ること間違いなしです。動物園で数多くの動物と触れ合いましょう。特に動物好きの方は、北海道にある動物園をおすすめします。

蔭西優愛
ライター

蔭西優愛

こんにちは!ライター歴1年半の子持ち20代主婦です。動物が大好きで自称「動物博士」を目指しています。子供にもわかりやすい記事になるよう、日々精進しています。「調べて・見て・感じる」ような記事を目指しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング