失敗しない簡単な煮込みハンバーグのレシピをご紹介!子供が喜ぶ人気の作り方は?

失敗しない簡単な煮込みハンバーグのレシピをご紹介!子供が喜ぶ人気の作り方は?

ハンバーグは、焼き方やソースづくりが難しく失敗しやすいので、「簡単にできるお手軽メニュー」とは言えません。そんなハンバーグですが、煮込みハンバーグにすると簡単に本格的な味ができます。しかも煮込みハンバーグの方が、初心者でも失敗なく簡単に作れておすすめです。

記事の目次

  1. 1.ハンバーグは子供に大人気!
  2. 2.簡単!煮込みハンバーグレシピを紹介
  3. 3.煮込みハンバーグアレンジレシピは簡単?
  4. 4.煮込みハンバーグ失敗しない方法は?
  5. 5.簡単煮込みハンバーグは子育て世代におすすめ

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ハンバーグは子供に大人気!

柔らかくてジューシーなお肉が人気のハンバーグは、子供が大好きなメニューの一つです。ただしハンバーグを手作りする親の立場から見ると、「美味しくても簡単には作れない特別なメニュー」でもあります。

食卓にハンバーグが並ぶだけで、子供のテンションは上がります。そんな様子を見ると頑張って作ってあげたくなるものですが、毎日時間に追われる生活をしていると、なかなか簡単には作ってあげられません。そんなハンバーグは、子供だけでなく大人にも人気です。

その理由は、株式会社ぐるなび「小学生が好きな食べ物についてのアンケート調査」(2018年4月25日に発表)の結果をみると簡単にわかります。

このアンケートでは昭和生まれ(昭和24年~53年生まれ)と平成生まれ(平成18年~24年生まれ)の小学生に人気のメニューを調査しました。

アンケートの結果を見ると、自宅で作れて人気のメニューTOP3位は、いずれも【1位】カレーライス【2位】鶏のから揚げ【3位】ハンバーグです。昭和生まれが自宅で食べた子供時代の思い出の味が、そのまま平成生まれの子供に受け継がれています。

令和となった今、これらの人気メニューは、家庭で手作りしなくても専門店やレストランで食べられます。さらに本格的な味が楽しめるレトルト商品なら、調理をしなくても温めるだけで簡単に美味しいハンバーグが食べられるようになりました。

そのため昭和時代と比べれば、今はいつでも美味しいハンバーグが食べられます。それでも「一番好きなのは実家の手作りのハンバーグ」という声は根強いです。

意外と種類が多いハンバーグ

「ハンバーグ」と一言でいっても、さまざまなレシピがあるので、「これが美味しいハンバーグです」と断言するのは難しいです。数あるハンバーグをあえて分類するなら、「煮込みハンバーグ」と「ソースあとがけハンバーグ」の2タイプがあります。

煮込みハンバーグは、名前からもわかるように、焼いたハンバーグを煮込んで仕上げます。ソースあとがけハンバーグは、しっかりと焼いたハンバーグを皿に盛り付け、準備しておいたソースを上からかけて食べます。

どちらのタイプも人気のハンバーグレシピですが、自宅では簡単に作れる煮込みハンバーグ、専門店では焼きたてが楽しめるソースあとがけハンバーグのほうが人気です。

Photo bytakedahrs

子供向け煮込みハンバーグでは、トマト煮込みハンバーグが人気です。昭和の頃は焼いたハンバーグの上にケチャップをかける、簡単なトマトソースハンバーグが人気でした。

そんな昭和のハンバーグも時代とともに進化し、トマトソースを使ったトマト煮込みハンバーグも家庭で手作りできるようになります。トマト煮込みハンバーグは、野菜の旨味が染み出た優しい味が子供に人気です。

ソースはトマトベースなので、いろいろな野菜との相性も良いです。野菜を細かくカットするなどちょっとした簡単な工夫をすれば、たっぷりの野菜をスープごと食べられるトマトスープ風煮込みハンバーグにもできます。

トマト煮込みハンバーグは、余ったソースを使った簡単アレンジにもおすすめです。中にはアレンジレシピのために、あえて多めに作ってストックする人もいます。

アレンジが簡単な煮込みハンバーグには、ホワイトソース煮込みハンバーグもあります。ホワイトソースは子どもが大好きな味ですし、牛乳の優しい甘みと肉のジューシーさが同時に味わえるので、大人にも人気です。

ホワイトソース煮込みハンバーグは、シチューのリメイクにもおすすめです。余ったシチューにハンバーグを入れて煮込むだけなので、残ったシチューを簡単にリメイクできます。

Photo by ysakaki

他にも子供に人気のハンバーグには、甘めのしょうゆベースのたれに絡ませるてりやきハンバーグ、タネの中心にチーズを入れて焼くチーズハンバーグ、煮込みハンバーグにスライスチーズをのせるチーズのせハンバーグなどがあります。

またハンバーグソースも、さまざまな種類のソースが市販されています。そのため市販のソースをレシピにあわせて選ぶだけで、簡単・便利で美味しい手作りハンバーグが完成します。

和風やデミグラスソースが人気

子供だけでなく大人にも人気のハンバーグは、ヘルシー系の和風ハンバーグも人気です。ハンバーグは脂がたっぷりの肉汁が魅力のメニューなので、煮込みハンバーグ・ソースあとがけハンバーグ問わず、肉汁に負けない濃いめのソースが使われます。

これに対して和の食材を使った和風ハンバーグは、「あっさりしているから食べやすい」「ダイエット中でも罪悪感なく食べられる」など、さっぱりしているところが人気です。

和風ハンバーグのレシピもさまざまありますが、簡単にアレンジできて美味しいと評判なのが、和風大根おろしハンバーグです。みずみずしい大子のろしをたっぷりのせ、ポン酢をかけて食べると、脂っぽさもなく後味もさっぱりします。

肉汁と大根は相性が良いので、ご飯のおかずのほかに、おつまみにもなります。ひと手間けてネギや大葉を刻んで大根おろしにトッピングすると、見た目でも楽しめます。

甘めの醤油だれを絡ませる照り焼きハンバーグに大子のろしをのせる「てりやきおろしハンバーグ」も、簡単にできるアレンジレシピです。しかもてりやきおろしハンバーグなら、一種類のハンバーグで子供用と大人用が作れます。

子供用はてりやきハンバーグに目玉焼きをのせ、大人用には大根おろしをトッピングします。こうすれば同じ照り焼きハンバーグでも、トッピングの内容を変えるだけで、簡単に二種類の和風ハンバーグが作れます。

フリー写真素材ぱくたそ

自宅で作るハンバーグがいつもより美味しくなると人気なのが、デミグラスソースハンバーグです。デミグラスソースハンバーグは、煮込みハンバーグにも、ソースあとがけハンバーグにもなります。

濃厚なデミグラスソースがハンバーグの肉汁にもよく絡むので、ハンバーグ専門店でも人気のメニューです。専門店では秘伝の作り方で数日かけて作るデミグラスソースですが、自宅では市販のデミグラスソースを使えば専門店の味が簡単に再現できます。

超がつくほど簡単なハンバーグの作り方まとめ!人気のレシピや美味しいソースものイメージ
超がつくほど簡単なハンバーグの作り方まとめ!人気のレシピや美味しいソースも
大人から子どもまでみんな大好きな、ハンバーグの超簡単な作り方をまとめました。手間が多いように感じるハンバーグですが、簡単だけど味は絶品、まるでレストランのような美味しいレシピばかりです。オーブンを使った作り方や、特製ソースの作り方も合わせてご紹介します。
冷凍ハンバーグを美味しく食べる方法まとめ!焼き方やアレンジレシピをご紹介のイメージ
冷凍ハンバーグを美味しく食べる方法まとめ!焼き方やアレンジレシピをご紹介
子供から大人まで幅広く愛されているハンバーグですが、家で作ろうと思うと手間がかかります。でも冷凍ハンバーグなら、思いついた時にすぐ調理することができるのです。この記事では、便利な冷凍ハンバーグの調理法や、おすすめのアレンジレシピについてご紹介していきます。

簡単!煮込みハンバーグレシピを紹介

家族が作る手作りハンバーグは、お店で食べる本格的なハンバーグとは違った魅力があります。そのため子供にも人気のメニューなのですが、作り方を少し間違えただけで失敗してしまう、意外と難しい料理です。

そんな作るのが難しいハンバーグで、子供や家族から「美味しい」とほめてもらいたいなら、簡単で失敗の少ない煮込みハンバーグにするのがおすすめです。

簡単市販ソースで作れる煮込みハンバーグ

誰でも簡単で失敗のない煮込みハンバーグですが、煮込む際のソースづくりに悩む人も多いです。そんな時は市販されている煮込みハンバーグソースを使うと、作り方にこだわらなくても、簡単で美味しい本格的な煮込みハンバーグができます。

簡単に作れる煮込みハンバーグソースを紹介

市販の煮込みハンバーグソースを使うと、簡単・便利のほかにも2つのメリットがあります。1つは「レシピ付きだから安心」ということです。煮込みハンバーグのソースを手作りする場合、ハンバーグの量に対してソースの量や味の調整が初心者には難しいです。

市販の煮込みハンバーグソースは、肉を焼いたフライパンに入れて煮込むだけで、簡単に本格的な煮込みハンバーグができます。パッケージには煮込みハンバーグのレシピがあるので、レシピ通りに作れば初めてでも失敗しません。

煮込みハンバーグソースを使う2つ目のメリットは、「野菜もたっぷり食べさせられること」です。ソースあとがけハンバーグの場合、つけあわせの野菜が残ることがよくあります。

しっかりしたハンバーグにあわせるため、付け合わせの野菜は基本的にシンプルな味付けです。ところがこの調理法だと、野菜が苦手な子供は食べてくれません。

そこで野菜をたっぷり入れた煮込みハンバーグにすると、大好きなハンバーグがあるので、苦手な野菜もきちんと食べます。しかも市販のソースは味がしっかついているので、水分が出る野菜を入れて煮込んでも、ソースが薄くなりません。

パッケージについているレシピには、煮込みハンバーグに適した野菜の種類や目安となる量も書かれています。ですから表示通りに作れば、簡単に美味しい野菜煮込みハンバーグが作れます。

デミグラス仕込み煮込みハンバーグソース

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ハインツの「デミグラス仕込み煮込みハンバーグソース」は、濃厚なデミグラスソースが美味しい、人気の煮込みハンバーグソースです。ハンバーグが焼けたらソースと水を加え、8分~10分煮込むだけで、本格的な煮込みハンバーグが完成します。

デミグラス仕込み煮込みハンバーグソース

参考価格: 1,269円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,269円
楽天

デミグラスハンバーグソース

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

エバラの「デミグラスハンバーグソース」は、洋食店のような濃厚で深みのあるデミグラスソースが特徴です。ハンバーグソースとしても使えるため、やや塩味が控えめになっています。煮込みハンバーグの場合、最後に塩・胡椒で味を調えるのが美味しく仕上げるコツです。

デミグラスハンバーグソース

参考価格: 194円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon194円
楽天

煮込みハンバーグアレンジレシピは簡単?

煮込みハンバーグのアレンジレシピは、とても簡単です。ちょっとしたアイデアで簡単にアレンジ煮込みハンバーグが作れます。さらに余った煮込みハンバーグのソースを使ったリメイクレシピもおすすめです。

パスタに簡単アレンジの作り方

煮込みハンバーグの簡単なパスタアレンジには、「煮込みハンバーグをメインにした簡単パスタアレンジ」と「余ったソースを使う簡単パスタアレンジ」があります。

パスタならワンプレートで豪華に見えるので、煮込みハンバーグをメインするだけで、簡単に豪華なパスタができます。どんな味のパスタでもよいのですが、ソースの種類によってパスタレシピを考えるのがポイントです。

たとえばデミグラスソースの煮込みハンバーグの場合、ボロネーゼ風パスタが簡単でおすすめです。ボロネーゼにはソースにひき肉が含まれていますが、煮込みハンバーグを使えばひき肉の代わりになります。

Photo byyennndesign

茹でたパスタに煮込みハンバーグのソースを絡め、皿に盛り付けます。パスタの上に煮込みハンバーグをのせ、フレッシュパセリを散らせば、簡単にボロネーゼ風煮込みハンバーグの完成です。

デミグラスソースではなくトマトソースの煮込みハンバーグなら、ミートパスタ風にすると簡単で美味しいです。さらに同じトマトソースを使うナポリタンにトマトソースの煮込みハンバーグを添えるのも、簡単で豪華なメイン料理になります。

煮込みハンバーグはアレンジが豊富

Photo by macbsd

中までしっかりと味がしみこんでいる煮込みハンバーグは、パスタのほかにも簡単にアレンジができます。煮込みハンバーグのソースはチーズと相性が良いので、この2つだけで簡単にグラタンが作れます。

作り方も簡単で、出来上がった煮込みハンバーグを耐熱皿に移し、上からたっぷりのチーズをのせてオーブンで焼くだけです。時間もかからず簡単なので、ひとりランチにもなります。同じ要領でホイル焼きにするのも、簡単にできるおすすめレシピです。

作り方は、しめじやマッシュルームと一緒に、煮込みハンバーグをアルミホイルで包み、オーブントースターで加熱するだけです。水が出やすい野菜を使わなければ、キノコ以外の野菜でもできます。

また野菜ではなくチーズをのせてホイル焼きにすると、簡単かつ短時間で調理ができるので、お酒のおつまみにもおすすめです。

ワンプレートで簡単にアレンジする方法もあります。煮込みハンバーグに添えるライスを、バターライスやトマトライスに変えるだけなのですが、見た目が豪華になります。

バターライスやトマトライスを作るのが面倒なら、冷凍チャーハンや冷凍チキンライスを使っても構いません。ご飯の上にたまごをのせると、子供が大好きなオムライス風煮込みハンバーグプレートの完成です。

煮込みハンバーグ失敗しない方法は?

初心者でも簡単かつ失敗せずに作れるのが、煮込みハンバーグの魅力です。ところがソースの作り方とハンバーグの焼き方を失敗すると、せっかくの美味しい煮込みハンバーグが台無しになってしまいます。

ソースを失敗しないコツ

煮込みハンバーグは、ソースを作る前にハンバーグを焼いてください。ソースの中に生のハンバーグを入れると、肉汁がソースに流れ出るだけで、肉そのものにソースの味がしみこみません。さらに形が崩れ、肉がソースに流れ出てしまいます。

またハンバーグを先に焼いてからソースを作り方の場合も、水の量が多すぎると肉が固まらず、形が崩れてしまいます。

ハンバーグは火加減に注意

失敗しない煮込みハンバーグの焼き方は、「軽めに焼く」がポイントです。表面にしっかりと焼き目をつけてしまうと、煮込む際に中に味がしみこまないため、味がつきません。

逆に焼き目が甘すぎると、余分な水分を肉が吸い込むため、うまく固まらず失敗します。きちんと加熱するには、表面に軽く焼き目をつけ、蓋をして5~6分蒸し焼きにするのがおすすめです。

簡単煮込みハンバーグは子育て世代におすすめ

煮込みハンバーグは、簡単&短時間でハンバーグが作れる、子育て世代におすすめのレシピです。ハンバーグは煮込みながら火を通すので、焼き方の失敗も避けられます。市販のソースを使えば、洋食店のような本格的な味が簡単に再現できます。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

デミグラス仕込み煮込みハンバーグソース

サイトを見る

デミグラスハンバーグソース

サイトを見る
akemi
ライター

akemi

小学生の娘の子育てに格闘しつつも、毎日の暮らしがちょっぴり楽しくなることを探すのが趣味です。仕事で全国各地をまわった経験から、街で見かけたおもしろいこと、ステキな景色、珍しいグルメなどを紹介します。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング