行列ができる小布施堂の「モンブラン」みつけたら即買いの魅力に迫る!

 行列ができる小布施堂の「モンブラン」みつけたら即買いの魅力に迫る!

知る人ぞ知る長野県にある小布施堂(おぶせどう)。デパ地下などに出店すれば行列必至の人気店です。みんなのお目当てはもちろん、ご自慢の栗あんが幾重にも織り重なる「モンブラン」。生クリームとスポンジも相まって和洋どちらの美味しさも味わえる至極の逸品です。

記事の目次

  1. 1.小布施堂とは
  2. 2.並んでも食べたい「モンブラン」を実食
  3. 3.お店の代表銘菓「栗鹿ノ子 ミニ」を実食
  4. 4.絶品「栗羊羹 ミニ(3本入)」を実食
  5. 5.ひと味違ったパウンドケーキ「くりあんケーキ」を実食
  6. 6.商品情報

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

小布施堂とは

小布施堂の「モンブラン」

長野県の小布施町にある和洋菓子屋さん。こだわりの栗あんを使った栗菓子をつくっています。今回はデパ地下への出店やオンラインなどで購入できる「モンブラン」などをご紹介しますが、畑から新栗が届く1カ月間、小布施堂本店・本宅のみで味わえる栗の点心「朱雀(すざく)」も大人気です。

並んでも食べたい「モンブラン」を実食

小布施堂の「モンブラン」

見た目は素朴ですが丁寧な仕上がりに繊細さを感じさせる「モンブラン」は、落ち着きのある和の趣。栗あんには砂糖も使用されていますが、栗本来の甘さも風味もしっかり生きています。この栗あんは、小布施堂さんの代表銘菓である「栗鹿ノ子」や「栗羊羹」にも使われているものです。

小布施堂の「モンブラン」

割ると、生クリームとスポンジがお目見えします。生クリームは、栗あんよりも甘さ控えめで爽やかな美味しさ。そして、スポンジはその2つの味をしっかり受け止めて際だたせています。洋菓子までのこってり感はなく、3つの素材が口の中で混ざり合うと調和のとれたバランスの良い味わいです。

お店の代表銘菓「栗鹿ノ子 ミニ」を実食

小布施堂の「モンブラン」

上品な絵柄の缶詰を開けると、大きな3つの栗が栗あんをたっぷりまとい、ほのかに照りを帯びている「栗鹿ノ子」の登場です。栗あんはとても甘く滑らかな口当たり。本命の栗は、ほっくりとしていてこれがとても美味しい。恐らく高級栗なのでしょう。お抹茶などと一緒に少しずついただくのが贅沢の極み。

絶品「栗羊羹 ミニ(3本入)」を実食

小布施堂の「モンブラン」

こちらも素敵な絵柄の包装。食べきりサイズで、封の開け方によってはそのまま手に持っていただくこともできます。栗あんと寒天のみでつくられた「栗羊羹」は、栗の風味はそのままに、栗鹿ノ子よりも甘さ控えめで一度に2本は完食できそうです。冷蔵庫で冷やしていただくのも良いと思います。

ひと味違ったパウンドケーキ「くりあんケーキ」を実食

小布施堂の「モンブラン」

ケーキの生地は、バターは控えめな感じで栗あんが練り込んであり和らしさがあります。中には粒あんに食感が似ている渋皮栗とご自慢の栗あんが入っています。この「くりあんケーキ」に、苦旨なコーヒーとお気に入りの音楽があれば至福の時が訪れそう。読書のお供にも良さそうですね。

小布施堂の「モンブラン」

ご自慢の栗あんを使った「モンブラン」や和洋菓子の数々。いずれも繊細で品の良い美味しさでした。新栗をつかった逸品を求め、いつか小布施町を訪れるのも素敵ですね。

商品情報

店名 小布施堂(おぶせどう)
商品名/購入価格 モンブラン/600円(税込)
栗鹿ノ子 ミニ/486円(税込)
栗羊羹 ミニ(3本入)/627円(税込)
くりあんケーキ/324円(税込)
購入エリア 神奈川県
購入日 2020年9月6日

PiyoMarron
ライター

PiyoMarron

しっとりふわふわ幸福感。甘いもの好きだけが味わえる特別なヒトトキを、もっともっと楽しみたい。 まだ見ぬ夢のスイーツを追い求め、日夜奮闘する私ことPiyoMarronが、日々出会った極上スイーツをお届けします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング