常備必須!バターのコクでしあわせ♡久世福の「バターが香る あんバター」

常備必須!バターのコクでしあわせ♡久世福の「バターが香る あんバター」

こだわりの逸品をセレクトし、ほかにはないこだわりの商品を取り揃えている久世福商店の人気商品「あんバター」。北海道産小豆とバターを練り合わせた、久世福オリジナルのあんスプレッドは、口の中でほどけるやさしい甘さ。久世福自慢の逸品を実食してみました。

記事の目次

  1. 1.久世福商店「バターが香る あんバター」とは?
  2. 2.実食!組み合わせ自由!朝食やおやつのレパートリーが増える、久世福商店「バターが香る あんバター」
  3. 3.商品情報

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

久世福商店「バターが香る あんバター」とは?

「バターが香る あんバター」

久世福商店は“うまいものセレクトショップ”をコンセプトに、日本各地から目利きの商品が豊富にラインアップされています。経営はジャムや自然派のパスタソースなど“農家の美味しい食卓”をイメージした、おしゃれで素朴な商品が好評のSt.Cousair(サンクゼール)。

長野県のサンクゼール本社では、フランスのブルゴーニュ地方のような、のどかな風景の中にレストランやワイナリー、チャペルもあり、最近では“ドライブスルーセール”も開催。「地方からいいものを」という考えが、地方のお店を応援する流れにマッチし、大注目の企業なんです。

「バターが香る あんバター」

そんな久世福商店の「あんバター」は、オンラインストアでも常に売れ行き上位の人気商品。「和を感じる 抹茶あんバター」や、2020年4月頃からは「あまおうの苺あんバター」も新発売され、まるでいちご大福のようだと話題です。

今回は、一番人気の「あんバター」を実食してみました。カリっと焼いたトーストに、とのこと。トーストした食パンとバゲットで試してみました。

実食!組み合わせ自由!朝食やおやつのレパートリーが増える、久世福商店「バターが香る あんバター」

「バターが香る あんバター」

スライスして焼いたバゲットに塗って、いただきます。口の中にふわあっとやさしい甘さが広がり、思わずにんまりしてしまいます。

北海道産小豆の風味、バターのコクがバランス良くとけ合っています。ためしにクリームチーズと一緒に食べてみると、あんバターの甘さとクリームチーズの酸味が調和し、ワンランク上の味わいになりました。おもてなしにも良さそうです。

「バターが香る あんバター」

次は食パンをトーストして。すると美味しすぎてあっという間に食べてしまいました。「あんバター」は、食パンと一番よく合う、ということが分かりました。

もちろんバゲットなど他のパンでも美味しく食べられますが、小麦の香ばしさが邪魔してしまうのです。その点、食パンは「主食パン」という名の通り、なんにでも合うように作られているため、「あんバター」の風味が引き立ちます。

「バターが香る あんバター」

とてもやわらかくて塗りやすいです。食パンに「あんバター」を塗り、ホイップクリームをはさめば“あんバタサンド”。おうちでパン屋さんの味が再現できます。

飲み物は牛乳が合いました。あんこと乳製品って、なぜこんなにも合うのでしょうか。スコーンにつけて食べたり、クラッカーに載せるなどして色々使えるので、125gの1瓶すぐに食べきってしまいそうです。

「バターが香る あんバター」

久世福商店の「バターが香る あんバター」は、あんことバターというベストな組み合わせを、ふわっと軽い食感なのに、しっかりバターが香る絶妙なバランスでスプレッドに。何につけても美味しいので、家にひとつは常備しておきたい逸品でした。

商品情報

店名 久世福商店
商品名/購入価格 バターが香る あんバター125g/430円(税込み)
購入エリア 長野県
購入日 2020年7月29日

Meow-Meow
ライター

Meow-Meow

猫と珈琲が好きなママライター。コンビニとカフェをこよなく愛するが、2児の子育て中なのでテイクアウトが中心。幅広い世代に読んで楽しんでいただける記事を書いていきます。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング